今日からできる節約術!貯金がみるみる増える生活方法で素敵な生活をのサムネイル画像

貯金を貯めたい!今日からできる、効率的な節約術を知りたい!と誰しも考える時がありますよね。この記事では、今からアクションできる具体的な節約術と、無理せず続き、挫折しない方法を解説します。貯金・節約を習慣化し、将来素敵な生活ができる手助けとなれば幸いです。

この記事の目次

目次を閉じる

今日からできる効率的な節約術とは?貯金がたまる倹約術の基本とは

普通の節約術ではなかなか継続できない、もっともっと節約してお金を貯めたいと、節約術について調べられていることでしょう。


今すぐ始められて、無理なく継続できる節約術を実践してみたいですよね。 


この記事では、以下のポイントで「今日からできて無理なく継続できる節約術」」をたっぷり紹介します。 

  • 節約には、目的意識が不可欠 
  • 節約を始めるにあたっての注意点や習慣化のコツ
  • 節約術を実践するにあたってのメリット・デメリット 
  • 節約は何から始める? 

大学生や一人暮らしを始めたばかりの新社会人の方はもちろん、生活費のやりくりに悩む主婦の方にも参考にして頂きたい内容です。ぜひ最後までチェックしてみて下さい。 


節約ができないという方はまず節約できない人の特徴をまとめた記事があるので、そちらの記事をご覧になってから読むと、節約に関する知識がより身につくと思います。

無理せずに節約術を実践し継続するには心構えが肝心

節約を始めるにあたっては、最初の心構えが肝心です


節約を突き詰めていくと、どうしても窮屈な生活になってしまったり、反動でついつい無駄遣いをしてしまったりと、すぐに挫折してしまいます。 


次項以降では、今日から始められる節約術を実践するにあたって、何を重視すればよいのか、どうすれば節約生活を継続できるのかのコツをお伝えします。


やみくもに始めてから後悔することのないように、ぜひチェックしてみてください。

節約術の基本は目的を決め覚悟を持って行うこと

節約は、目的・目標を決め覚悟を持つことが大切です。


何となく生活を切り詰めるのでは、モチベーションは継続しませんし、途中で挫折する可能性も高くなります。 


継続するためのコツとしては、始める前に 

  • なぜ節約が必要なのか? 
  • 節約術を実践して、何を実現したいのか? 
  • 節約を通して達成したいことは何か?

を明確にしておきましょう。また、出来るだけ具体的に、「○○年○○月までに××円貯めて、△△をする」と目標設定しておくのが続けるためのコツです。


また、 

  • あれこれ多くの目標を立てず2・3個の目的・目標に絞ってから始める 
  • 目的・目標は小まめに振り返りを行い達成状況を確認する 

ようにすると、ストレスなく節約生活を続けていくことが出来るでしょう。

節約をして将来のお金の設計をしたい場合におすすめ

LINEで簡単に将来のライフプラン設計ができるサービスをリリースしました。(現在α版)


10数個の質問に答えるだけでライフプランの診断結果が見れ、必要に応じて匿名で専門家と相談をすることができます。


まずは詳細をチェック

今日からできる節約術を実践する際に守ることと習慣化のコツ

節約術を実践するにあたって、注意すべきポイントと習慣化のコツをお伝えします。


これらを守らずに始めてしまって、失敗に終わってしまうのを防ぐためにも、要チェックです。 


具体的な注意点・ルールですが、 

  • お試し期間として、自分に合うかどうかを確認する 
  • 健康を最優先にして、ストレスを貯めないようにする 
  • 気持ちを味方につけるような計画を立てる 

を紹介します。 


節約術を楽しみながら成功させるための注意点は、事前にしっかり確認しておくことが大切です。

まずは試しに短期間やって自分に合ってるか知る

節約には制約事項も多く、体にも精神的にもストレスがかかります。そのため、いきなり長期間に渡って続けるのはやめましょう。 


まずは数日間から初めて、1週間・2週間と徐々に実施期間を延ばしていくようにするのがポイントです。


お試し期間として短期間実施してみる中で、自分に合うかどうか、キツイところは別のやり方に変えられないか、など試行錯誤してみます。

無理せず継続するためには健康を犠牲にしないようにする

食費を気にして食事を抜いたり、電気代を気にして冷暖房を使わなかったりと、健康を犠牲にするようなやり方は絶対にしてはいけません。


極度な生活を続けて、病気になってしまうことがないように、体の異変を感じたらすぐに節約生活をやめて、通常の生活に戻して様子を見ましょう。

充実していると感じるように計画を立てる

節約は、やみくもに続けていると心身ともにストレスがかかります。上手に続けるコツは、節約術を実践している生活が「充実している」と感じられるようにすることです。 


例えば、 

  • ○○日間××を継続する 
  • △月△日までに□□円を貯める 

など具体的な計画や目標を立てることで、達成感や充実間が得られるようになります。ぜひ試してみてください。

節約から得られるメリット&恩恵

節約生活を実践するにあたっての心構えや注意点を紹介したところで、メリットや恩恵に目を向けてみます。


単純にお金がたまる以外のメリットもありますので、この記事では、 

  • 節約生活によって自分に自信がつく 
  • 資金の余裕が出来ることによって視野が広くなる 

の2つのメリットを紹介します。ぜひ最後までチェックしてみてください。

節約生活によって自分に自信がつく

まず一つ目は、自分に自信がつくというメリットです。節約生活は、キツイものですが、その分達成感や充実感は大きいです。


スポーツや勉強などと同じように、「やり遂げられた」や「こんなにもお金を節約できた」と何かをクリアしたときに感じる達成感や自己肯定感は、自分の自信につながります。 


節約生活で達成感や充実感、自己肯定感を少しずつ積み重ねていくことで、気持ちが前向きになったり、他のことに目を向けられるようになったりと、メリットは大きいでしょう。

資金の余裕が出来ることによって視野が広くなる

節約術の最大のメリットは、お金をしっかり貯められることにあります。よほどお金に困っていたり、借金やローンがあって急いで返済が必要な場合を除いて、いつもより余分に多く使えるお金が増えます。 


前から興味のあったものを購入したり、新しい趣味を始めてみたりと、いつもと少し違ったことをすることで、自分の知識や経験が増えますので、自然と視野や興味も広がっていくことでしょう。

節約生活によるデメリット

節約を行うことでのデメリットはどのようなところにあるのでしょうか?


この記事では、 

  • 疲労によりストレスが溜まってしまう可能性がある 
  • 節約期間中は忍耐強さが求められる 

の2点で解説します。 


大きなメリットを得るためには、多少のデメリットはつきものですが、事前に知っているかどうかで気の持ちようが違ってきます。デメリットを軽減するための対策方法も併せて紹介しますので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

疲労によってストレスが溜まってしまうことがある

節約術を実践するにあたっては、体調管理が必須です。普段と異なる生活方法を試す中で自然と行動に制限をかけなくてはならないので、自覚はなくても疲労やストレスが蓄積していきます。


放っておくと体調を崩したり、病気になってしまうので注意しましょう。 上手に節約生活を続けるためには、小まめに息抜きをしたり、発散させられるようなものを予め準備しておくことが大切です。

節約期間中は忍耐強さが求められる

節約生活を続けるためには、多少なりとも我慢が必要です。


食費を極限まで抑えるので好きなものを食べられなかったり、水道光熱費節約のために便利家電の利用を控えたりと、普段と違う生活を強いられるので、忍耐強さは必須です。 


 ただし、「節約するからには我慢すべきだ」「節約生活は辛いものだ」とネガティブに考えてしまうと続けるのは難しくなってしまいます。


予め期限を決めて置いたり、短期間で達成できるような目標・ゴール・ご褒美を設定したりと、楽しみながら続ける工夫が大切です。

今日から始められる効率的な節約術の方法を解説

今日から始められる節約術とはどのようなものがあるのでしょうか?この記事では、 

  • 水道光熱費 
  • 食費(食材選びや節約レシピ) 
  • 被服費

の3大出費について、節約術をたっぷり紹介します。


身近な費用ほど、ムダが多いところなので、しっかり節約してお金を貯められるようにしましょう。大学生や一人暮らしのサラリーマンは必見です、ぜひ最後までチェックしてみてください。

今からできる:水道代・電気代を見直して少しでも節約

水を出しっぱなしにしないや、電気は小まめに消す、コンセントは使う時だけ差すなどの方法もありますが、どれも節約できる金額は小さめです。今回紹介する節約術では、よりガッツリ水道光熱費を節約する方法を取り入れましょう。 

水道代 

東京都水道局の調査によると、家庭の中で最も多くの水が使われるのは、風呂(40%)、トイレ(21%)、炊事(18%)となっています。多くの水が使われるところを対策するのが効果的です。 


 風呂は浴槽に水をためた場合、シャワーで済ますのと比較すると約3.3倍もの水を利用するため、節約期間中はシャワーを利用します。また節水シャワーヘッドに取り換えることで、更に50%削減することも可能なので検討してみてください。 


トイレは、音を消すための「二度流し」や「大小レバーの使い分け」など、基本的な使い方を見直す方法が有効です。 


電気代 

一人暮らしの平均電気代は毎月4,000円程度といわれています。節約術を実践するなら、月1,000~2,000円程度で収まることを目標に取り組みましょう。 


電気代がかかる大きな要因は、エアコンなどの冷暖房装置です。窓の開け閉めや衣服で調整するのはもちろん、日中は職場や公共施設で過ごすことで、光熱費を大幅に削減できます。また、炊飯器・掃除機・洗濯機などの便利家電も、手を使えば代替が可能です。


更に、電気会社の契約アンペア数を引き下げると基本料金が安くなります。自分の使用状況に合わせて定期的に見直しをすることが大切です。

普段のご飯もお弁当!食費を減らすための究極の節約レシピを紹介

食費も節約で大きな削減効果が期待できる分野です。平均的には一人暮らしの食費は月3万円程度といわれていますが、節約を実践するなら1万円以下に抑えることを目標にしましょう。 


具体的なやり方として、 

  • 節約レシピ・かさましレシピを活用する 
  • 外食費を抑えるために、自炊を徹底する 

上記2点を紹介します。 


節約レシピ・かさましレシピを活用する 

材料費の安い、卵や豆腐、もやし、鶏むね肉などを使って節約レシピを作ることで、食費を大幅に抑えることが出来ます。


レシピ例としては、牛肉や豚肉の代わりに豆腐や鶏むね肉を使ったハンバーグや、卵だけで天津飯はいかがでしょうか。 


 味が淡泊で物足りないと感じるなら、調味料でアクセントを付けたり、もやしや玉ねぎなどのかさまし食材でボリュームアップさせると満足感もが得られます。 


外食費を抑えるために、自炊を徹底する 

節約生活において、お金のかかる外食は禁物です。レストランやカフェでのランチをやめて、少し手間はかかりますがお弁当を持っていくだけでも大幅な食費削減が期待できます。また、毎日はお弁当を作るのが大変な場合は、例えば白ごはんだけを持参し、おかずは購入するなどの工夫で外食費を抑えることが可能です。

普段の買い物の食材選びを徹底する

普段の買い物の仕方にも、節約のコツがあります。節約生活をするのなら、食材は無駄なく全て使いきれるようにするのを意識しましょう。


買ってはみたものの、使い方が分からず冷蔵庫の中で眠ってしまう食材を減らしていきます。 


節約生活にオススメな、安くて使い回しのきく食材は、 

  • 豆腐 
  • 卵 
  • キノコ 
  • 鶏肉(特に鶏むね肉は安いのでオススメ) 
  • もやし 

などが良いでしょう。それぞれ100円以内で購入できますし、どんな料理にも合うので、ぜひ活用していきましょう。

身だしなみはしっかりと保ちながら被服費を節約する

節約すべき出費の3つ目は被服費です。


2019年度の家計調査結果によると単身世帯の年間被服費は、平均71,819円です。個人差もあり金額はまちまちなので、あくまで目安金額ですが、支出の大きな割合を占める費用なので、節約生活の中で見直しをしてみましょう。 

(参考:総務省統計局 2019年家計調査) 


ただし、被服費を節約するといって、身だしなみを疎かにしてはいけません。服がシワシワだったり、黄ばんでいたり、穴が開いていたりと清潔感がなければ、自分だけでなく周囲の人を不快にします。 


服選びが苦手だったり、おしゃれが不得手な場合は、白シャツと黒ズボンを何枚も用意して、制服のように毎日同じ服装で過ごす方法もあります。ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らしなら節約術として家賃を考慮する

出費を最大限に抑えたいなら、住宅費用の削減も一つの手です。家賃は一般的に手取り収入額の3割程度といわれていますので、家賃が平均指標を超えている場合は、見直しをしてみましょう。 


家賃を徹底的に抑えるためには、 

  • 家賃の安い地域を選ぶ
  • 契約時に大家さんと家賃交渉をする 
  • 駅からの距離や住宅設備などの条件を妥協し、家賃の安い家を探す 

などがあります。 


家賃の金額は大きいので、安いところに引っ越せば当然支出は抑えられますが、引っ越し費用や入居時の敷金礼金など一時的に出費が増えてしまうので、慎重に検討しましょう。

もっと節約するために専門家にライフプラン相談する

節約においては、個別の支出費用を重点的に対策するのはもちろんですが、収支全体を見渡して「お金のかけすぎ」や、逆に「お金をかけていなさすぎて将来が心配」な箇所を見つけて調整することも大切です。 


なんとなく難しい感じもしますが、お金の専門家である「ファイナンシャルプランナー」に相談するのが簡単です。、あなたのお金を使い方を様々な角度から収支バランスを分析し、改善の手助けをしてもらえるでしょう。 


マネーキャリアでは、ベテランのファイナンシャルプランナーとオンラインにて無料相談が可能です。将来的なライフプランを応援するパートナーとして、ぜひ気軽に利用してみて下さい。

まとめ:今日から始められる節約術について

今日から始めてずっと継続できる効率的なの節約術について解説しました。 


この記事のポイントは、 

  • 節約でなにを得たいのか?始める前によく考えよう 
  • 節約術は、まずは短期間からスタートし、ストレスを溜めないような工夫が大切 
  • 節約生活によるメリットは、達成感や充実間の獲得と、視野の拡大 
  • 節約生活のデメリットとして、ストレスで心身にダメージを受ける可能性がある 
  • 水道光熱費の節約は日々の生活で注意するだけで、すぐに実践できる
  • 食費の節約は節約レシピの活用や、自炊が効果的 
  • 被服費を節約する場合も、身だしなみは常に心がける 
  • ファイナンシャルプランナーに相談してみるのもおすすめ 

でした。 


お金が貯める以外にも、メリットの多い節約生活ですが、くれぐれもストレスで体を壊すことのないよう、注意して取り組んでください。 


マネーキャリアでは、他にも読んでおきたい保険の記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

記事監修者「谷川 昌平」

この記事の監修者谷川 昌平
フィナンシャルプランナー

東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。