お金がないのに借りれない!どうしようもない時の最終手段14選のサムネイル画像

お金がないのに金融機関から借りれない!助けて!このような悩みを持つ方は多いのではないでしょうか。お金がないのに借りれないと生活に困ってしまいますよね。この記事では、お金がないのに借りれないという事態に陥ったときに使える最終手段14選を紹介します。

記事監修者「谷川 昌平」

この記事の監修者谷川 昌平
フィナンシャルプランナー

東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

この記事の目次

目次を閉じる

お金がないのに借りれない時はどうする?最終手段は?

お金がないのに借りれないときは、これからどうしたら良いか不安になりますよね。

誰にも相談できずに思い詰めていると、切羽詰まって犯罪行為や闇金などの言葉が頭に浮かんでくるかもしれません。

しかし、できればそのような手段は使わず、今より少しでもお金の不安を減らし、以前の生活に戻りたいですよね。

そこで今回は、お金がないのにどうしてもお金が借りれない時の最終手段や借りれない原因の解明、そして絶対にやってはいけないことをご紹介します。

今回の記事のポイントは
  • お金を用意する手段はたくさんある
  • お金が借りれない原因
  • お金がないからといって危険な橋を渡るべきではない
といった内容です。

今現在本当に困っている方はもちろん、まだ問題ないけれど今後困りそうな方もぜひご一読ください。

本記事に記載してある方法を使えば、お金がないけど借りれないという問題は一時的に解決することができます。

しかし、長期的に見てお金に困らないような生活に修正しないと、またお金がないという状況を繰り返してしまいます。

そこで、皆さんが将来どれくらいのお金が必要なのか把握できるように、マネーキャリアでは無料ライフプラン相談サービスを始めました

お金のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)が、一人一人に合わせてオーダーメイドのライフプランを作成しするため、いつまでにどれくらいのお金が必要なの火が明確になります。

将来お金に困らない生活をしたい方は、一度お金のプロに相談してみましょう。
ライフプラン相談の詳細はこちら

お金がないのに借りれないときに使いたい最終手段14選!


「お金がない」と焦っていると、視野が狭くなりがちです。


しかし、実際にはさまざまな方法でお金を作り出すことができます


まずはどのような手段があるのか確認しましょう。

  1. まずは大手の消費者金融に申し込む
  2. 中小消費者金融から借りる
  3. クレジットカードのキャッシングを使う
  4. 公的融資制度を利用する
  5. 定期預金を担保にする
  6. 生命保険の契約者貸付制度
  7. 債務整理を行う
  8. いらない所持品を売る
  9. 質屋を利用する
  10. バンドルカードを使う
  11. 自分のスキルを活かしてお金を稼ぐ
  12. 単発バイトや副業をする
  13. 従業員貸付金制度を利用する
  14. 信頼できる家族や友人から借りる

それぞれの方法について見ていきます。

①まずは大手の消費者金融に申し込む


銀行や信用金庫で借入の審査が通らないのであれば、まずは大手の消費者金融に申し込みましょう。


消費者金融と聞くと、一度借りると借金が膨らみ続けて返済できず、自宅に怖い人が取り立てにくる、そんなイメージを持つ方もいるかもしれません。


過去にはそのようなこともありましたが、2010年に試行された「貸金業法」という法律により、安全にお金を借りることができるようになりました。


貸付業法とは


賃金業法では以下のようなことが定めらており、お金の借りすぎや貸しすぎになどよる問題が防がれるようになっています。


貸付業法には以下の3つの法律があります。

  • 総量規制・・・借入残高が年収の1/3を超える場合、新規の借り入れができなくなる。借り入れの際には年収を証明する書類が必要になる
  • 上限金利の引き下げ・・・法律上の上限金利が29.2%から、借入金額に応じて15%~20%に引き下げられる
  • 貸金業者に対する規制の強化・・・法令順守の助言・指導を行う国家資格のある人が営業所にいる必要がある

出典:貸金業法の基本


法律が制定されたことで、消費者金融はクリーンな営業をするようになっており、安心してお金を借りることができます。


大手消費者金融の特徴


大手消費者金融では概ね以下の点が共通しています。

  • Web上で簡易診断可能
  • Web契約なら来店不要
  • 最短30分審査
  • 最短即日融資
  • はじめての利用なら無利息期間あり(SMBCモビットのみなし) 
  • 原則担保・保証人不要 利用対象は満20歳~69歳(レイクALSAのみ70歳まで)

それでは、代表的な大手消費者金融5つの利用可能額と利率を確認しましょう。

消費者金融利用可能額利率
アコム1~800万円3.0~18.0%
プロミス1~500万円4.5~17.8%
アイフル1~800万円3.0~18.0%
SMBCモビット
1~800万円 3.0~18.0%
レイクALSA1~500万円
4.5~18.0%

利率はほぼ同じなため、利用金額に応じて好みで選択しましょう。


お金がないとき、簡単かつ安心に融資が受けられる消費者金融ですが、借金であることを忘れず計画的に返済していくことが大切です。


もし仮に踏み倒しなど行った場合は信用に傷がつき、今後借り入れることができなくなる可能性があります。

②中小消費者金融から借りる


大手消費者金融でお金を借りれない場合は、中小消費者金融からお金を借りることを検討しましょう。


大手と中小では審査基準が異なり、大手の審査に通らなくても中小であれば審査に通る可能性があるからです。


それでは、主要な中小の消費者金融について利用可能額と利率を確認しましょう。

消費者金融利用可能額利率
フタバ1~50万円14.959~17.950%
アロー1~200万円18.00%
ユニーファイナンス(無担保ローン)1~300万円12.0~17.95%
関東信販(フリーローン)5~99万円19.98%
フクホー1~200万円7.30~18.0%
セントラル1~300万円4.80~18.0%
アスト(アストローン)5~100万円14.9285~17.9215%
ショーエイ1~100万円15.0~20.0%

それぞれ業者によって「最短即日融資」や「無利息期間」などの特徴があります。


無利息期間があるのは、アロー及びセントラルのみです。

③クレジットカードのキャッシングを使う


クレジットカードには、買い物に利用できるショッピング枠と、現金を引き出せるキャッシング枠があります。


手元にクレジットカードがある場合は、クレジットカードについているキャッシング枠を利用して、ATMなどでお金を借りることができます。


退職後であってもこれまでの利用実績が良好であれば、問題なく利用可能です。

仮に無職となり収入が途絶えた場合でも、偽らずに申告しておきましょう。


便利なキャッシングですが、気をつけるべき点もあります。


キャッシング枠の多くは金利が15~18%程度に設定されており、消費者金融のカードローンと比較すると下限金利が高いという特徴があります。


そのため、カードローンが利用できるのであればカードローンを利用するのが良いでしょう。

④公的融資制度を利用する


その日のうちにお金を借りれないとしても構わないのであれば、公的期間に頼ることもできます。


国や自治体は生活困窮者のための支援制度を複数用意しています。

これを公的融資制度といいます。


公的融資制度には、主に以下のような種類があります。

  • 生活福祉資金貸付制度
  • 求職者支援資金融資制度
  • 母子父子寡婦福祉資金貸付
  • 年金担保貸付
  • 緊急小口資金貸付
  • 教育一般貸付(国の教育ローン)

それぞれ内容を確認していきましょう。


生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度内訳支援内容
総合支援資金
(生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費)
失業や収入の減少により生活の
再建などが必要な場合の貸付
福祉資金
(福祉費、緊急小口資金)
福祉に関わるさまざまな経費のための貸付
教育支援資金
(教育支援費、就学支度費)
低所得世帯に属する者が高等学校、大学又は高等専門学校への入学や就学に際し必要な経費を貸付
不動産担保方生活資金
(不動産担保型生活資金、要保護者世帯向け不動産担保型生活資金)
低所得や要保護の高齢者世帯に対して、一定の居住用不動産を担保として生活資金を貸付

参考:生活福祉資金貸付条件一覧


上記4つの制度を利用可能な対象は低所得世帯高齢者世帯障害者世帯です。

受付は市区町村の社会福祉協議会にて行われています。


求職者支援資金融資制度

職業訓練受講給付金を受講することが決定している方を対象として、職業訓練受講給付金だけでは生活費を賄うことができない場合に貸付を行う制度です。


毎月5万円または10万円に受講予定訓練月数をかけた金額の融資を受けることができます。

貸付利率も年3.0%と非常に低金利ですが、借金であることは変わらないため、計画的な返済を行いましょう。


参考:求職者支援資金融資のご案内


母子父子寡婦福祉資金貸付

20歳未満の児童を扶養している配偶者の以内女子または男子、寡婦に対して、経済的自立や生活の安定などを目的として貸付を行う制度です。


男子父子寡婦福祉資金貸付制度ではさまざまな種類の貸付を行っており、地方強団体の福祉担当窓口に問い合わせることで申請できます。

参考:男子父子寡婦福祉資金貸付制度


年金担保貸付

年金だけでは生活することが難しい方を対象として、福祉医療機構による審査のもと貸付が行われる制度です。


融資は年2.8%と低金利で、年金受給者であれば申請可能ですが、使い道は限定されているため注意が必要です。


また、制度の終了が予定されており、令和4年3月末で受付が終了するため早めの申請必要です。

参考:年金担保貸付制度


緊急小口資金貸付

生活の維持が困難で、今すぐお金が必要な低所得世帯が対象として、1週間程度で無利子で融資を受ける事ができます。


新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少した場合は休業状態になくても貸付を受けることができます。


 申し込み期限は令和3年6月までのため、お住まいの市区町村社会福祉協議会に問い合わせてみましょう。

 参考:進学コロナウイルス感染症の影響で収入が減少し生活に困窮する方へ


教育一般貸付(国の教育ローン)

問い合わせや資料請求は教育ローンコールセンターが受け付けている制度です。


金利は1.68%と低く設定されており、子供1人あたり最大350万円の融資を受けられます。

教育に関わるさまざまな用途に利用することができ、奨学金との併用も可能です。

参考:教育一般貸付(国の教育ローン)

⑤定期預金を担保にする


契約者貸付制度という制度を利用して定期預金を担保にお金を借りる手段もあります。


限度額は解約時に払い戻される金額の70~90%程度で、お金を借りた事実が信用情報機関に記録される心配もありません。 


ただし、貸付元金と利息の合計は、払戻金の額を超えないように借りる必要があります。


お金がないからといって借りすぎて契約がきれないように注意しましょう。

⑥生命保険の契約者貸付制度


生命保険の解約払戻金を担保として保険会社から審査なしで融資を受けることもできます。


融資を受ける際は、解約払戻金の7~9割であれば自由に借り入れ可能で面倒な審査がなく信用情報機関への登録もないため、比較的容易に借り入れることができます。


また、解約払戻金を担保としているからといって保険が無効になるということはなく、保証は継続して受けることができます。


積み立てタイプの保険であれば良いため、解約払戻金があるものであれば生命保険の他にも下記のような保険を担保として融資を受けることができます。

  • 学資保険
  • 個人年金保険
  • 養老保険
  • 終身保険


さらに、利率も比較的低めに設定されています。


大手生命保険4社は年率3%程度で融資を受けることができます。


大手生命保険4社の契約者貸付利率はこちらです。


ここまでメリットばかりご説明してきましが、注意すべきこともあります。


例えば、融資を受ける際に元利合計(借入額と利息の合計)が借入可能額を超えた場合は保険が解約となります。


また、返済が滞った場合にも保険は解約となります。

当然ですが、保険が解約となれば保険会社からの保証を受けることができなくなります。

⑦債務整理を行う


借金が増えすぎてもう返済できなくなってしまった場合は、政務整理を行うことで人生を1からやり直すことも可能です。


債務整理は借金の金や職業の有無、年齢にかかわらず利用可能な手段です。


債務整理の主要なものは以下の4種類です。

  • 過払い金請求
  • 民事再生(個人再生)
  • 自己破産
  • 任意整理

過払い金請求

2010年以前に借金を完済している方は、本来の利息金額よりも多く支払っている可能性があります。

日本には利息に関する法律として「利息制限法」と「出資法」という2つの法律があります。

2010年6月17日以前では、「出資法」で定められてる上限金利が「利息制限法」で定められている上限金利よりも高く設定されていたため、出資法で定められている高めの利息で返済を求められていました。

しかし現在は法律が改定され、上記2つの上限金利が統一され、今まで払いすぎていた利息は請求しても良いと判決が出ています。

過払い金請求は正当な権利です。
返ってこなくても良い方でなければ請求しておくことをお勧めします。

民事再生(個人再生)

企業が経済的に行き詰まった場合は、民事再生を行いましょう。

裁判所に再生計画を認可してもらうことで、借金を最大10分の1に減額した上で原則3年の分割払いにより返済していくことができます。

減額された借金を期限内に支払うことができれば、原則として減額される前の借金全額が免除されます。

民事再生は財産の処分が必須ではなく、資格などの制限がないというメリットがありますが、ブラックリストに登録されてしまうというデメリットもあります。

自己破産

お金を借りている本人が自主的に破産手続き開始の申し立てを行うことです。

借金の返済義務がなくなる代わりに、ブラックリストへの登録や財産処分、さらに引っ越しや旅行の際に裁判所の許可をえなければならなくなります。
また、郵便物も破産管財人(裁判所から選任された弁護士)によって管理されます。

任意整理

裁判所を通さず、債権者と債務者の話し合いで返済を調整する方法です。

弁護士を代理人として債権者と交渉を行い、うまく取りまとめることができれば取り立てが終了します。

任意整理もブラックリストに登録されます。

⑧いらない所持品を売る


いらないものや、なくても困らないものは売ってお金に変えましょう。


ある程度生活の質を落としても生きていくことはできます。


すぐにお金が欲しいのであれば、リサイクルショップを利用したり、友人知人に売却したりしましょう。


また、最近ではフリマアプリやオークションアプリをダウンロードして簡単に不用品を売却することができます。


自分では不用品であると思っていたとしても、人によっては思いも寄らない掘り出し物として高値で買い取ってもらえる可能性があります。

⑨質屋を利用する


日常生活に絶対に必要ではないけれど、売って手放すことはしたくないという方は質屋の利用を検討しましょう。


質屋では、宝石屋ブランドのカバンの他、パソコンやカメラなど価値の高いものを担保に、即座にお金を借りることができます。


その代わりに金利は非常に高く、最高金利は年利109.5%ほどです。


返原則として3ヶ月以内の返済のため質屋を訪れると年利での表示はなく月利で表示されていることがほとんどです。


下記に主要な質屋の借入金額と利息を調査しました。

大黒屋

借入金額利率(月利)
1000万円以上の融資0.95%
100万円以上1000万円以内の融資1.25%
10万円以上100万円未満1.5%
10万円以上の融資各店舗確認


東京ぶらんど

借入金額利率(月利)
100円以上の融資
3%
20万円以上の融資4%
10万円以上の融資5%
3万円以上の融資7%
3万円未満の融資8%


須賀質店

借入金額利率(月利)
100万円以上の融資
1.2%
30万円以上100万円未満の融資1.5%
10万円以上30万円未満の融資1.8%
10万円未満の融資2.3%

売りたくないけれど生活に使えるお金がない、といった場合にすぐ融資を受けられる手段となる質屋ですが、1点注意すべきこともあります。


それは、返済期限をもし過ぎてしまった場合、預けたものは「質流れ」として質屋の所有物になってしまうことです。


返済期限を守るのは当然のことですが、失いたくないものなのであれば早めに返済してしまいましょう。

⑩バンドルカードを使う


少額のお金が必要な場合はバンドルカードを利用しましょう。


バンドルカードは、審査や年齢制限なしで作れるプリペイドカードです。


また、バンドルカードアプリで利用できる「ポチッとチャージ」により、少額であれば後払いでお金を使うことが可能になります。


ポチッとチャージは3,000円~50,000円で1000円単位での申請が可能です。


ポチッとチャージの手数料一覧

申し込み金額
手数料
3,000円510円
11000円~20,000円815円
21,000円~30,000円1,170円
31,000円~40,000円1,525円
41,000円~50,000円1,830円

チャージ額は翌月末までにコンビニ、ネット銀行、銀行ATMから返済できます。


また、ポチッとチャージの後にもうひと手間加えることで、現金を手に入れることができるのです。


バンドルカードはAmazonカードのショッピングに使え、Amazonギフト券の購入も可能です。


そのため、ポチッとチャージ完了後、Amazonギフト券(Eメールタイプ)を購入し、買取業者に販売することで現金を得ることができます。

⑪自分のスキルを活かしてお金を稼ぐ


お金がない状態でも、自身のスキルや知識を活かしてお金を得る方法があります。


例えば、自身の経験や知識を元にレクチャーをすることでお金を得ることができます。


最近では、教えて欲しい人と教えてあげたい人を繋げるウェブ上のサービスが発達し、誰でも気軽に先生になることができるようになりました。


そのようなサービスに経歴や資格、スキルなど登録しておいて連絡を待つのも良いですし、こちら側から声をかけてみるのも良いでしょう。


自分にとって当たり前にできていることでも、誰かにとっては貴重なスキルである可能性は十分あります。

⑫単発バイトや副業をする


その日のうちにお金が欲しい方は単発のアルバイト、すぐでなくても良いのでまとまったお金が欲しいのであれば副業を検討しましょう。


単発バイトは日払いに対応していることも多く、働いたその日にお金を手に入れることができます。


日中に本業があっても日払いのバイトが厳しくても、夜間のアルバイトや内職などさまざまな方法があります。


また、「⑪自分のスキルを活かしてお金を稼ぐ」でもご紹介した通り、Web上であなたのスキルを求めてる人がいるかもしれません。


そのようなサービスにも登録しておくことで、根本的にお金がない状態を打破できる可能性もあります。

⑬従業員貸付金制度を利用する


会社の福利厚生制度で「従業員貸付制度」がある場合は、会社からお金を借りることができます。


貸付金額は会社の規模によって異なりますが、まずは制度があるかどうか確認してみましょう。


また、従業員貸付制度が利用できない場合は、給料の前借りや前払いも検討しましょう。


前借りは「まだ働いていない分のお金を借りること」、前払いは「すでに働いた分の給料を先にもらうこと」です。


特に、前借りは従業員が災害・出産・疾病などの緊急事態の場合、会社には支払い義務がありますので遠慮なく申し出ましょう。


ただし、どちらを選択しても翌月の給料日に振り込まれる給料は減ってしまうため、普段よりも慎重にお金を使うことをお勧めします。


また、繰り返し会社からお金を借りるようなことがあれば、金銭感覚を疑われて信用を失いかねません。


当然ながら返済できなくても信用は失われます。


失った信用を取り戻すには時間がかかりますので計画的に返済しましょう。

⑭信頼できる家族や友人から借りる


身の回りの人間にはバレたくなかったけれどもう後がない、という方は信頼できる家族や友人に頼んでお金を借りましょう。

あなたが困っているのがわかれば、1度や2度くらいは助けてくれるかもしれません。

ただし、関係性が崩れるのを防ぐため絶対に返済してください。

言葉だけでは後々トラブルの種となる可能性もあるため、借用書を作成することを強くお勧めします。

借用書を作ることは、相手に対して誠意を見せることにもつながります。
ライフプラン相談はコチラ

そもそも金融機関でお金が借りれない原因とは?


ここまでお金をなんとかして用意する手段を解説してきました。


しかし、金融機関でお金を借りることができない方もいたことでしょう。


ここでは、そもそもなぜあなたがお金を借りれないのか、その原因を考えていきます。


大前提として、金融機関はあなたの返済能力をみています。

そのため、返済能力がないと判断されれば審査には落ちてしまいます。


返済能力としてみられる点は、こちらの5つです。

  1. 安定して収入を得ていない
  2. 他社から多くの借り入れをしている
  3. 過去に長期延滞・滞納や債務整理をした経験がある
  4. ブラックリストに載っている
  5. 収入に見合わない金額の借入を希望した

順番に解説していきます。

①安定して収入を得ていない


安定した収入がない場合、返済能力がないとみなされ審査に落ちる可能性が非常に高いです。


安定収入がな方の例としては

  • 未成年
  • 無職
  • 専業主婦
  • 転職直後の会社員

などが挙げられます。


ただし、以下の場合は審査が通る可能性があります。

  • アルバイトやパートで安定収入を得ている
  • 配偶者が安定した収入を得ている場合(配偶者貸付)

学生や主婦(主夫)だからと諦めず、まずは検討しているカードローンなどの申し込み条件を満たしているか確認してみましょう。

②他社から多くの借り入れをしている


他社から多くの借入をしている場合も、審査に通らない可能性は高いです。


他社から借入をしている方は、多重債務者として扱われ、返済能力が低いと判断されます。


カードローンや消費者金融だけではなく、住宅ローンやマイカーローンなども審査対象となり、特に3社以上の借入があると審査に不利となります。

③過去に長期延滞・滞納や債務整理をした経験がある


過去に長期遅滞や滞納、債務整理をした場合は審査通過率が低いです。


1日2日の返済遅れはそれほど影響はありませんが、返済が3ヶ月以上の長期の遅滞となると審査が通り辛くなります。


また、債務生理などを経験した場合ブラックリストに載ってしまい、最低でも5年以上はまつ必要が出てきます。


そのため、契約が完了してからは5年から10年程度おいて信用情報から記録がなくなるまで待つのが良いでしょう。

④ブラックリストに載っている


ブラックリストに載っているとカードローンなどの審査には通りません。


ブラックリストに載る条件としては主に下記の4つが該当します。

  • 3ヶ月以上の長期延滞
  • 保証会社による代位弁済
  • 債務整理(自己破産、個人再生、任意整理)
  • カードの強制解約

また、実際に自分がブラックリストに載っているかどうかわからない方は、信用情報報告書の開示請求によって確認することができます。


ネットからでも開示可能なため、国が認定している指定信用情報期間3つを確認してみましょう。

ブラックリストに載っているとカードローンなどは借りることはできませんが、生命保険会社から借金をすることは可能です。

⑤収入に見合わない金額の借入を希望した


借入先が1つであったとしても、借りている金額が年収の3分の1を超える場合は「総量規制」に抵触する可能性があります。


借り入れる場合は必要最低限の額を申請しましょう。


年収300万円であれば上限100万円、この100万円は他社の借入金額も審査の時に考慮されます。

他社から80万円借りていれば残りは20万円までしか借りることはできないため注意しましょう。

参考:お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について)

お金がないのに借りれないときにしてはいけないこと6選


お金が必要なのに借りれないときは、焦っていて普段であればしないようなことをするかもしれません。


しかし、以下の6つの方法は絶対に手をつけてはいけません。

  1. SNSで知り合った人からお金を借りる
  2. 闇金からお金を借りる
  3. クレジットカードを現金化する
  4. 審査を通るためにウソをつくいくつもの金融機関に申し込む
  5. 犯罪行為をしてしまう

①SNSで知り合った人からお金を借りる

SNSなどを見ていると「お金貸します」という書き込みが散見されます。

しかし、これらは全て詐欺のため絶対に手を出してはいけません。


もしもお金を借りるために個人情報を渡してしまうと、詐欺や性的被害、闇金への誘導などさまざまな最悪の事態を招きかねません。


事件に巻き込まれないために、そのような情報に近づくことも控えましょう。

②闇金からお金を借りる


お金がないからといって闇金からお金を借りた場合、人生が破滅します。


絶対に手を出さないようにしましょう。


もし闇金に手を出せば法外な利息を請求され、一生かかっても借金を返済できず、取り立てから逃げ続けるだけで人生を終える可能性があります。


最も悪質な業者になると、完済間近に電話が繋がらなくなり返済期日を超過させるなどして絶対に完済させない、などの手法をとられることもあります。


最近ではソフト闇金と呼ばれ、一見すると普通の企業を装ったような闇金も存在します。


ネットで検索するとたくさん表示されますが、ソフト闇金も通常の闇金より恐喝的ではないだけで、法外な利息を請求される点で実質的には闇金と変わりません。


ソフト闇金にも絶対に手を出さないようにしましょう。

③クレジットカードを現金化する

クレジットカードを現金化することもやめましょう。


クレジットカードにはカードを利用して現金を借りられる「キャッシング枠」と、買い物の際に現金がなくても商品が購入できる「ショッピング枠」の2つが存在します。


ショッピング枠をカード決済のためではなく、現金入手のために使用することをクレジットカードの現金化と呼びます。


クレジットカードの現金化は以下の2種類であり、一見すると手軽に現金が手に入り便利ですが、クレジットカードの規約に触れる上に犯罪に巻き込まれるリスクも含むため手を出してはいけません。


  • 買取式
  • キャッシュバック式

①買取式

ショッピング枠を利用して自分でブランドものや金券、チケットなどを購入し、買取業者に売って現金を得る方法です。


自分1人で行え、時間をかけずに現金を得られる方法としてクレジットカードの現金化の中でも手軽な方法として紹介されていることがあります。


しかし、買った値段より売った値段の方が低いためこの時点で損をしており、最終的にショッピング枠の返済が訪れ結果的に苦しむことになります。


②キャッシュバック式

現金化を行っている業者から商品を購入しその業者から現金をキャッシュバックされる方法です。


業者を挟むため、買取式よりもキャッシュバックされる現金は少なり、買取式よりもさらに損をすることになります。


また、買取式・キャッシュバック式の両方とも犯罪に巻き込まれるだけでなく、あなた自身が犯罪者になる可能性があります。


クレジットカードの規約で禁じられていることをわざわざ行う業者は悪質である可能性が非常に高いです。個人情報やクレジットカード情報を犯罪に使われたり、そもそもお金が振り込まれないなどさまざまな事態が発生します。


そのほか、クレジットカード会社側から不正と判断されれば借入額の一括返済を求められたり「不当な債務負担行為」を行ったものとして、自己破産ができなくなる可能性があります。

④審査を通るためにウソをつく


どうしても審査に通りたいからといっても嘘はついてはいけません。


虚偽申告が発覚した場合、詐欺未遂となり逮捕される可能性があります。


仮に契約できたとしても、後に発覚すれば詐欺罪として逮捕され、借入額も一括返済を求められることになります。


審査の際は主に下記の4点を確認されていますが、

そのいずれもウソをついたところでバレるようになっています。

  • 指名や年齢(本人確認書類の確認)
  • 年収や収入(収入証明書類の確認)
  • 勤続年数(会社へ在籍確認)
  • 他社借入件数や他社借入残高(信用情報期間への確認)
ウソはバレるだけでなく、今後の信用にも関わるため審査が通りづらくなります。

絶対にウソはつかないようにしましょう。

⑤いくつもの金融機関に申し込む

1つの金融機関でお金を借りれないからといって、複数の金融機関で同時に借入の申し込みをするのは危険です。


同時に申し込みを行うと相当お金がない状態とみなされ返済能力を疑われたり、何か不正利用するのではないかと疑われたりして審査に通らなくなる可能性があります。


どれだけ焦っていても、1社ずつ申し込みをするようにしましょう。

⑥犯罪行為をしてしまう

どれだけお金がない状態で困っていても、犯罪行為に手を染めることはやめましょう。


名義貸しや預金口座を売って金銭を得ることも犯罪になります。


名義を貸したことで勝手に契約され、結果的に多額の借金を背負う可能性もあります。


勧誘を受けて応じた場合も責任逃れをすることもできません。


お金がない状態や、借りれない原因を解明すればお金がない状態を打破できるかもしれません。


絶対に犯罪には手を出さないようにしましょう。

参考:無職でお金がない人必見!無職でもお金は借りられる

お金がないのに借りれない!と本当に困っているものの、無職だからという理由でカードローンや消費者金融で審査が通らない、、、。


そんな場合でもお金を借りる方法があります。


その方法は、無職でもお金を借りる方法についてまとめた記事で詳しく説明していますので、合わせてご覧ください。

まとめ:銀行や金融機関でお金が借りれないときも解決策はある

お金がないのに借りれない状態でもお金を用意する方法と、お金を借りれない原因、絶対にやってはいけないことについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイント

  • お金を用意するための14の方法
  • なぜお金が借りれないのか
  • お金がなくても絶対にやってはいけないこと

といった内容でした。


焦っていると、どうしても視野が狭くなりがちです。


しかし、絶対に犯罪行為や危険な橋を渡るようなことはせず、お金がない状態や、なぜ借りれないのかをきちんと理解し、行動に落とし込んでいきましょう。