メルカリの取引メッセージは何を送る?出品者・購入者の例文を紹介のサムネイル画像

メルカリ利用者の中には、取引メッセージは送ったほうがいい?何を送るべき?と迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。メルカリの取引メッセージは購入者・出品者どちらにも共通する悩みの種です。この記事では、出品者・購入者それぞれが使えるテンプレを紹介します。

この記事の目次

目次を閉じる

メルカリの取引メッセージは何を送るべき?テンプレは?

こんにちは、マネーキャリア編集部です。


先日20代の女性の友人から、こんな相談がありました。


メルカリのアカウントを作成したんですけど、取引メッセージは何を送るべきやテンプレを教えてほしいです。

日本では、フリマアプリを上手に活用できていないと聞きます。 


実際、メルカリ総合研究所が実施した、「2020年度フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査によると、20代の利用開始者の約7割が「フリマアプリでは定期的に稼げないため、全くバイトの時間を減らすことができない」と回答しているのです。


今回は、取引メッセージは何を送るべきかについてや、出品者・購入者のテンプレについて、実際にメルカリを使っている私が体系的に解説していきます。


どのような取引メッセージを送ればいいのか、トラブルが発生した時の取引メッセージは何を送ればいいのか、で悩んでいる方の道しるべになれば幸いです。  

メルカリ取引メッセージのテンプレを購入者・出品者別に紹介


まずは、メルカリ取引メッセージのテンプレを購入者・出品者別に紹介します。


紹介するメルカリ取引メッセージのテンプレを参考にして、最小の手間で最高の関係を構築しましょう。


メルカリ取引メッセージのテンプレを参考にすることで、具体的に以下のメリットを得られます。

  1. 高評価の獲得
  2. 信頼の獲得
  3. リピーターの獲得
  4. 効率が良くなる

取引回数が少ない購入者・出品者の場合は、どんな取引メッセージを送信すればいいのかわからずに不安だと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

メルカリ取引メッセージのテンプレを紹介【購入者側】


この項目では、購入者側のメルカリ取引メッセージのテンプレを紹介します。


購入者側のメルカリ取引メッセージのテンプレは、以下6つです。

  1. 購入前に値下げ交渉・質問をするときのメッセージ例文
  2. 購入するときのメッセージ例文
  3. 落札が完了したときのメッセージ例文
  4. 支払いについて知らせるときのメッセージ例文
  5. 発送完了の連絡を受けたときのメッセージ例文
  6. 商品受け取り後のメッセージ例文

それぞれ紹介していきます。

①購入前に値下げ交渉・質問をするときのメッセージ例文

購入前に値下げ交渉するときのメッセージ例文


はじめまして、コメント失礼いたします。


こちらに掲載されている商品を購入しようと考えているのですが、○○円に値下げしていただけないでしょうか?


もし値下げしていただけるのであれば、値下げ後に購入させていただきます。


ご検討のほどよろしくお願いいたします。


購入前に質問するときのメッセージ例文


はじめまして、コメント失礼いたします。


こちらに掲載されている商品の購入を検討しているのですが、サイズを確認したいので教えていただけないでしょうか?


お手数ですが、ご返信いただけますと幸いです。

②購入するときのメッセージ例文

はじめまして、コメント失礼いたします。


こちらに掲載されている商品を購入させていただきますので、取引が完了するまでの間、どうぞよろしくお願いいたします。

③落札が完了したときのメッセージ例文

こちらに掲載されている商品を購入させていただきました。


取引が完了するまでの間、どうぞよろしくお願いいたします。


商品が届くのを楽しみにしております。

④支払いについて知らせるときのメッセージ例文

こちらに掲載されている商品を購入させていただきました。


明日の午前中にコンビニで支払いを済ませる予定ですので、取引が完了するまでの間、どうぞよろしくお願いいたします。


支払いが完了いたしましたら、再度ご連絡差し上げます。

⑤発送完了の連絡を受けたときのメッセージ例文

商品発送のご連絡ありがとうございました。


受け取りましたら、商品確認の上、速やかに受け取り評価をさせていただきます。

⑥商品受け取り後のメッセージ例文

お世話になっております。


先ほど商品を受け取り、中身を確認したのですが、掲載されていた商品とは異なる物が届きました。


届いた商品を返品したいと思っておりますので、ご対応いただけないでしょうか。


ご返信をお待ちしております。


メルカリ取引メッセージのテンプレを紹介【出品者側】

この項目では、出品者側のメルカリ取引メッセージのテンプレを紹介します。


出品者側のメルカリ取引メッセージのテンプレは、以下5つです。

  1. 値下げ交渉・質問をされたときのメッセージ例文
  2. 購入してもらったときのお礼メッセージ例文
  3. 入金についてのメッセージ例文
  4. 発送完了を知らせるメッセージ例文
  5. 購入者への評価メッセージ例文

それぞれ紹介していきます。

①値下げ交渉・質問をされたときのメッセージ例文

値下げ交渉をされたときのメッセージ例文


はじめまして。


コメントありがとうございます。


ご希望の○○円に値下げ可能です。


該当商品の値下げを行いますので、ご購入の手続きをよろしくお願いいたします。


質問をされたときのメッセージ例文


はじめまして。 


コメントありがとうございます。


そちらに関しましては○○でございます。


他にもご不明な点がございましたら、遠慮なくお尋ねください。

②購入してもらったときのお礼メッセージ例文

この度はご購入いただき誠にありがとうございました。


ご入金が確認でき次第、商品を発送いたしますので、ご入金をお待ちしております。


ご不明な点がございましたら、遠慮なくお尋ねください。

③入金についてのメッセージ例文

お世話になっております。


ご入金いただきまして、誠にありがとうございます。


発送の準備が整い次第、発送いたしますので、今しばらくお待ちください。

④発送完了を知らせるメッセージ例文

お世話になっております。


先ほどご購入いただいた商品の発送手続きを完了いたしました。


追跡番号は○○になります。


お手数ですが商品がお手元に届いた際に、注文商品をご確認の上、受け取り評価をよろしくお願いいたします。


この度はご購入いただき誠にありがとうございました。

⑤購入者への評価メッセージ例文

この度はお取引いただき誠にありがとうございました。


ご購入者様の丁寧かつ迅速な対応により、スムーズに取引を終えることができました。


購入商品に何か問題点がございましたら、遠慮なくお伝えください。


また機会がございましたら、その時はよろしくお願いいたします。

トラブルが発生した時に使える例文・テンプレートを紹介


この項目では、トラブルが発生した時に使える例文・テンプレートを紹介します。


トラブルが発生した時に使える例文・テンプレートは以下6つです。

  1. 【購入者側】商品を発送してもらえないとき
  2. 【出品者側】発送の遅延・ミスをしてしまったとき
  3. 【出品者側】発送したのに届かないと言われたとき
  4. 【出品者側】商品に対してクレームを言われたとき
  5. 【出品者側】出品者評価・受取評価をしてもらえないとき
  6. 【購入者・出品者両方】返信がこない・無視されたとき

それぞれ紹介していきます。

【購入者側】商品を発送してもらえないとき

お世話になっております。


発送通知が届いておりませんので、今回ご連絡させていただきました。


商品を購入させていただいてから既に○日経過しておりますが、商品の発送予定はいつになりますでしょうか。


お忙しいところ恐縮ですが、一度ご連絡いただけると幸いです。

【出品者側】発送の遅延・ミスをしてしまったとき

【出品者側】発送の遅延をしてしまったとき


お世話になっております。


連絡が遅くなってしまい大変申し訳ございません。


○日の発送を予定しておりましたが、仕事の都合で発送ができなかったため、誠に勝手ながら○日の発送に変更させていただきます。


ご理解のほどよろしくお願いいたします。


【出品者側】発送のミスをしてしまったとき


誠に申し上げにくいのですが、こちらの不手際で「購入した商品とは異なる商品」を発送してしまいました。


大変申し訳ございません。


お手数ですが、お手元に届いた商品を着払いで返送していただけないでしょうか。


急いで購入商品を再発送させていただきますので、今しばらくお待ちいただければ幸いです。


なお、配送料はこちらで負担いたしますので、よろしくお願いいたします。

【出品者側】発送したのに届かないと言われたとき

お世話になっております。


追跡番号を確認したところ配達中となっておりますので、今しばらくお待ちいただければ幸いです。


ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。

【出品者側】商品に対してクレームを言われたとき

ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。


詳しく状況確認を行いたいので、お手数ですが、詳細をお聞かせ願えますでしょうか。


こちらの過失であった場合には、返品対応をいたしますのでよろしくお願いいたします。

【出品者側】出品者評価・受取評価をしてもらえないとき

この度はご購入いただき誠にありがとうございました。


受け取り評価が完了していないため、お手数ですが、受け取り評価を行っていただければ幸いです。


ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

【購入者・出品者両方】返信がこない・無視されたとき

○日以内にお返事がいただけない場合は、コメントを削除させていただきます。

また、商品が売り切れる場合もございますので、ご了承ください。


メルカリの取引メッセージに関するQ&A8選

この項目では、メルカリの取引メッセージに関するQ&A8選を紹介します。


メルカリの取引メッセージに関するQ&A8選は、以下のとおりです。

  1. 毎回必ず返信しなければいけない?終わり方は?
  2. 返信なしの相手にはどうすればいい?無視されたら?
  3. 取引メッセージで住所・本名を教えるのは問題ない?
  4. 写真添付はできる?方法は?
  5. メッセージは送信取り消しできる?削除の仕方は?
  6. 取引メッセージはいつまで利用できる?非公開になるって本当?
  7. 深夜・早朝にメッセージを送ってもいい?
  8. ため口・誹謗中傷・嫌がらせをされたときの対処法は?

それぞれ紹介していきます。

①毎回必ず返信しなければいけない?終わり方は?

毎回必ず返信しなければいけないのか


返信の義務はありませんが、毎回返信したほうが相手が不安を感じることなく取引することができます。


メルカリでは、学生から高齢者まで幅広い年齢層のユーザーが登録しており、取引未経験者から取引経験者まで様々な人が利用しています。


利用者全員が取引に慣れている経験者ならまだしも、あまり慣れていない利用者が大半ですので、いたるところで不安を感じるでしょう。


そのため、相手の不安を解消する目的で毎回返信をしたほうがいいです。


とはいえ、毎回、取引メッセージの内容を考えるのは時間・労力がかかるため、前項で紹介したメルカリの取引メッセージの例文を活用しましょう。


メッセージの終わり方はどうすればいいのか


終わり方は、「最低限のお礼」を伝えるだけで大丈夫です。


出品者であればお礼を伝えるのと同時に、また利用してもらえるようなメッセージを添えておきましょう。


たとえば、「また機会がございましたら、その時はよろしくお願いいたします」や「またのご利用お待ちしております」などで問題ありません。


難しく考えずに、率直な感謝の気持ちをメッセージで表現しましょう。

②返信なしの相手にはどうすればいい?無視されたら?

時間が経ってから再度メッセージを送信しましょう。


メルカリの取引メッセージでは、返信がないことも少なくはありません。


そのため、メッセージは返ってこないものと認識しておいたほうがいいです。


再度送ったメッセージが無視されたら?


出品者・購入者のどちらの場合でも、再度送ったメッセージが無視されたら取引を諦めましょう。


本当に悪質なユーザーだと判断したときには、ブロックすることも視野にいれたほうがいいです。

③取引メッセージで住所・本名を教えるのは問題ない?

取引メッセージで住所・本名を教えるのは問題ありません。


メルカリの取引メッセージでは、出品者購入者メルカリ事務局にしか見られない仕様になっているため、他のメルカリ利用者に見られることはないからです。


どうしても匿名配送にできない場合には、取引メッセージで住所・本名を教えましょう。


取引メッセージで個人情報を伝える際の注意点


ただし、匿名配送であるにもかかわらず住所・本名を聞かれた場合には、取引メッセージで教えないよう注意しましょう。


あくまで取引に必要な場合にのみ、教えることが大切です。

④写真添付はできる?方法は?

写真添付はできる?


メルカリの取引メッセージでの写真添付はできません。


手元に届いた商品に不備があったときに、取引メッセージに写真を添付して説明したいところですが、残念ながらできない仕様になっています。


ただし、取引メッセージではなく別の方法で写真を掲載することなら可能です。


写真を掲載する方法は?


確認用として商品を出品することで写真を掲載することができます。


たとえば、

  • 商品名:確認用
  • 商品説明文:○○様確認用の掲載商品です。
  • 金額:999万円(第三者の購入を防ぐ金額を設定)

のように設定することで、出品者に該当箇所を確認してもらうことが可能です。


掲載した後に、メルカリの取引メッセージにて写真を掲載したことを伝えましょう。

⑤メッセージは送信取り消しできる?削除の仕方は?

取引メッセージは送信取り消しできる?


取引メッセージは送信取り消しできません。


ですので、誤って送信したメッセージを訂正するために、謝罪文を添えて正しいメッセージを送信しましょう。


たとえば「間違ったメッセージを送信してしまいました。こちらが正しいメッセージになります。申し訳ございません」という感じで、一言謝罪を添えて正しいメッセージを送ることが大切です。


取引メッセージは送信取り消しできませんが、商品のコメント欄にあるコメントは取り消しすることができます。


コメント削除の仕方は?


コメントの削除の仕方は、以下のとおりです。

  1. 商品を押す
  2. 「すべてのコメント見る」を押す
  3. コメントの右側にあるゴミ箱マークを押す
  4. 「削除」を押す

取引メッセージではなく、コメントなら削除できることを覚えておきましょう。

⑥取引メッセージはいつまで利用できる?非公開になるって本当?

メルカリの取引メッセージは、「取引完了」または「最後に送信した取引メッセージ」から2週間経過するまでは利用できる仕様になっています。


ですので、受取評価後でも取引メッセージを活用して、商品交換の希望を伝えることが可能です。


また、メルカリの取引メッセージは、2週間経過した後に非公開になります。


そのため、再度取引メッセージを確認したくても確認することができません。


注意しておきましょう。


ただし、商品のコメント欄は商品を削除するまで確認することができます。

⑦深夜・早朝にメッセージを送ってもいい?

なるべく深夜・早朝にメッセージを送らないほうがいいでしょう。


もちろん深夜・早朝にメッセージを送ってはいけないルールはありませんが、世の中にはビジネスマナーというものが存在するため、控えた方が賢明です。


例外


ただし、どうしてもその時間帯にしかメッセージを送れない場合や緊急性が高い連絡の場合は、その旨を伝えてメッセージを送るべきでしょう。


たとえば、以下のような場合です。

  • 仕事が激務で深夜・早朝にしかスマホを触れない場合
  • 商品の発送が困難になった場合

「深夜・早朝にしかメッセージを送れない」ことがわかっている場合には、了承を得るために事前に伝えておきましょう。

⑧ため口・誹謗中傷・嫌がらせをされたときの対処法は?

ため口をされたときの対処法は、「ブロック」です。


「これ以上、タメ口を使う場合にはブロックいたします」と警告し、それでも改善されない場合には、ブロックしましょう。


なぜなら、非常識なユーザーは誠実な対応をしない可能性が高いからです。


トラブルが発生する前に出品者・購入者と関係を断つことが大切になります。


誹謗中傷・嫌がらせをされたときの対処法は?


誹謗中傷・嫌がらせをされたときの対処法は、「コメントの報告」「ブロック」です。


メルカリでは、以下8つ迷惑行為を禁止しています。

  1. 誹謗中傷 
  2. 脅迫行為 
  3. 荒らし行為 
  4. スパム行為 
  5. いたずら行為 
  6. 出会いを目的とする行為 
  7. その他、事務局が不適切と判断したもの 
  8. 短時間で大量に出品する行為

誹謗中傷・嫌がらせは上記の迷惑行為に該当するため、メルカリ事務局にコメントの報告をしましょう。


メルカリ事務局が違反を確認した場合は、取引キャンセル・商品削除・利用制限になる可能性がありますが、今後関わることがないように、念のため「ブロック」しておくことが大切です。


取引メッセージを使うときのポイントをメルカリユーザーが解説【評価upにつながる!】

この項目では、評価upにつながる「取引メッセージを使うときのポイント」をメルカリユーザーが解説します。


取引メッセージを使うときのポイントは、以下3つです。

  1. ボタンを押すだけでなく一言添える
  2. すばやく・丁寧に対応する
  3. 感謝の気持ちを忘れない

それぞれ解説していきます。

①ボタンを押すだけでなく一言添える


メルカリの取引メッセージを使うときのポイント一つ目は、「ボタンを押すだけでなく一言添えること」です。


一言添えたほうが、無言のときよりも丁寧な印象を与えることができます。


さらに安心感にもつながりますので、評価が向上しやすいです。


基本的には何をするにしても、取引メッセージに一言添えるようにしましょう。

②すばやく・丁寧に対応する


メルカリの取引メッセージを使うときのポイント二つ目は、「すばやく・丁寧に対応すること」です。


取引メッセージの返信が遅かったり雑だったりすると、それだけで評価が下がります。


なぜなら、「不安が解消されずに気持ちの良い取引ができないから」です。


メルカリの取引メッセージを使うときは、すばやく・丁寧に対応することを心がけましょう。

③感謝の気持ちを忘れない


メルカリの取引メッセージを使うときのポイント三つ目は、「感謝の気持ちを忘れないこと」です。


感謝の気持ちがあることによって、その気持ちが取引メッセージに自然に表れるようになります。


逆に感謝の気持ちがないと、その気持ちが取引メッセージにでてこなくなります。


感謝の気持ちは評価を上げるために必要なものですから、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

まとめ:メルカリの取引メッセージをうまく活用しよう

この記事では、取引メッセージは何を送るべきかについてや、出品者・購入者のテンプレについてをお伝えしてきました。

  • メルカリ取引メッセージのテンプレを使うことで「①高評価の獲得」「②信頼の獲得」「③リピーターの獲得」「④効率が良くなる」の四つのメリットを得られる
  • 購入者側のメルカリ取引メッセージのテンプレは「①購入前に値下げ交渉・質問をするときのメッセージ例文」「②購入するときのメッセージ例文」「③落札が完了したときのメッセージ例文」「④支払いについて知らせるときのメッセージ例文」「⑤発送完了の連絡を受けたときのメッセージ例文」「⑥商品受け取り後のメッセージ例文」の六つ
  • 出品者側のメルカリ取引メッセージのテンプレは「①値下げ交渉・質問をされたときのメッセージ例文」「②購入してもらったときのお礼メッセージ例文」「③入金についてのメッセージ例文」「④発送完了を知らせるメッセージ例文」「⑤購入者への評価メッセージ例文」の五つ
  • トラブルが発生した時に使える例文・テンプレートは「①【購入者側】商品を発送してもらえないとき」「②【出品者側】発送の遅延・ミスをしてしまったとき」「③【出品者側】発送したのに届かないと言われたとき」「④【出品者側】商品に対してクレームを言われたとき」「⑤【出品者側】出品者評価・受取評価をしてもらえないとき」「⑥【購入者・出品者両方】返信がこない・無視されたとき」の六つ

メルカリの取引メッセージは、すばやく・丁寧に対応することが大切です。


その際に、上記で紹介したメルカリ取引メッセージのテンプレをうまく活用しましょう。


高評価や信頼、リピーターを獲得できるだけでなく、効率よく返信することが可能になります。


これからもメルカリを利用するみなさんの悩みを解決できるような記事を投稿していきますので、私たちと一緒に学んでいきましょう。

記事監修者「谷川 昌平」

この記事の監修者谷川 昌平
フィナンシャルプランナー

東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。