県民共済のがん保険の口コミ・評判は?デメリットも解説のサムネイル画像
▼この記事を読んで欲しい人
  • 県民共済のがん保障に関心のある方
  • 保険料を最小限に抑えつつ、がん保障を求める人
  • 保険料が定額の保障を望む人
  • 保障の手厚いがん保険を探している人

▼この記事を読んでわかること
  • 県民共済のがん保険の保障内容
  • 県民共済以外の生命保険の選択肢
  • 県民共済のがん保険のメリット・デメリット
  • 県民共済のがん保険が合う人、合わない人
  • 保険を個別のニーズに合わせて検討する重要性

今がん保険で悩みがある人、どんな保険に入ったらいいのか悩んでいる人は、一度プロに相談してみるのがおすすめです。


マネーキャリアなら、保険の専門知識のあるFPがあなたにあった最適な保険を提案してくれます。


予算はいくらに納めたいのか、家計の中で無理なく払える保険料について相談することも可能。


スマホ1つで自宅にいながら相談できるため、小さなお子様をお持ちの人や、仕事が忙しい人にもおすすめです。


また、マネーキャリアの相談は何度でも無料


ぜひこの機会に、がん保険について相談してみてはいかがでしょうか。

がん保険について専門家に無料で相談する

県民共済のがん保障はおすすめなのでしょうか。メリットやデメリット、口コミ評判から県民共済のがん保障の掛け金、保障内容にいたるまで細かく解説しています。この記事を読むことで県民共済のがん保障がどのような人におすすめなのかが分かる記事です。

この記事の監修者「井村 那奈」

この記事の監修者 井村 那奈 フィナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー。1989年生まれ。大学卒業後、金融機関にて資産形成の相談業務に従事。投資信託や債券・保険・相続・信託等幅広い販売経験を武器に、より多くのお客様の「お金のかかりつけ医を目指したい」との思いから2022年に株式会社Wizleapに参画。
>> 井村 那奈の詳細な経歴を見る

この記事の目次

目次を閉じる

県民共済のがん保険の口コミや評判を紹介!

現在、口コミや評判は調査中です。


本記事では、そんな信頼度の高い県民共済のがん保険のメリット・デメリットや、おすすめな人について詳しく解説していきます。


これから県民共済のがん保険を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


また、「県民共済以外にどんながん保険を選んだらいいかわからない」「家計の見直しと一緒に、今加入しているがん保険でも見直しておきたい」という人は、マネーキャリアがおすすめ。


マネーキャリアなら、保険選びのお悩みから、見直し、家計のこと、お金のことまでまとめてご相談いただけます。


FPとの相談は何度でも無料なため、以前相談した、という人もお気軽にお問い合わせください。


そもそもがん保険が不要か必要かを検討したいという方は以下の記事を参考にしてください。

がん保険は不要?必要?のサムネイル画像

がん保険は不要?必要?不要論やいらない人の特徴を解説!|知恵袋やブログの声も!

マネーキャリアで専門家に無料で相談!

県民共済のがん保険はおすすめできない?デメリットを口コミから解説




都道府県民共済は、相互扶助の精神に基づき加入者の助け合いにより保障制度が軸となった共済です。

全国生活協同組合連合会(全国生協連)が、消費生活協同組合法(生協法)に基づき、厚生労働省の認可を受けて実施しています。 

すべての都道府県にあるため日本全国どこでもサービスを受けることが可能で、掛け金が安価であることが特徴の1つですが、県民共済のがん保険はどのような内容なのでしょうか。

デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

詳しく解説していきたいと思います。

保障がシンプルで不十分な場合がある

県民共済のがん保険のデメリットの一つ目は、「保障がシンプルで不十分な場合がある」という点です。

県民共済の特徴としてシンプルな保障内容という点があります。

例として県民共済のがん特約の保証内容をみてみると、月掛け金1000円の場合、以下のようになっていました。
保証内容18〜60歳まで60〜65歳まで
がん診断50万円25万円
がん入院1日5000円1日2500円
がん通院1日2500円1日1500円
がん手術
(組合の定める手術)
5万
10万
20万
2.5万
5万
10万
がん先進医療
(組合の基準による)
1万〜150万円1万〜100万円

(参照:千葉県民共済

上記をみてみても、シンプルで分かりやすい反面、特約が豊富ではなかったり、終身保障を選択できなかったりと、必要な保障が実は足りない可能性もあります。 

県民共済では、年齢によって保障金額が少なくなる場合もあるため、年齢を重ねた際に保障が手薄になってしまったということが起きないよう注意しておきましょう。

国立研究開発法人国立がん研究センターの研究結果からも、一般的に年齢が上がるにつれてがんのリスクは高まっていくことがわかります。

必要な保障がどの程度のものなのかをきちんと把握し、不足のないようよく確認することが大切です。

また、がん保険に必要な保証についてもよく知っておくようにしましょう。
がん保険に必要な保障は?データから考える保障選び

生涯つづく保険ではない

県民共済のがん保険のデメリットの二つ目は、「生涯つづく保険ではない」という点です。


県民共済は現在、終身保障の商品は扱っておらず最大で85歳までの保障です。


現在の日本の平均寿命は、男性79歳、女性86歳となっており女性については2人に1人は90歳まで生きると言われています。


1955年〜2019年の平均寿命の推移をみてみると、以下のようになっていました。


平均寿命の推移

平均寿命の推移

厚生労働省では、2040年の平均寿命を男性で83.27歳、女性で89.63歳と推計。

(参照:厚生労働省平均寿命の推移


近年では人生100年時代とも言われており、30年前より100歳まで生きる人が50倍も増えていると厚生労働省の調査で分かっています。

厚生労働省 100歳まで生きるが当たりまえの時代に?


年齢を重ねれば重ねるほど病気のリスクも高くなるため、老後の保証に不安がある人は、終身保障のある保険を検討してみるのもおすすめです。 


また、終身保険の必要性については以下の記事で詳しく紹介しています。


こちらも参考にしてみてくださいね。

終身のがん保険は必要か?定期型とどっちがいい?違いも解説

特約であるため見直しが不便

県民共済のがん保険のデメリットの三つ目は、「特約であるため見直しが不便」という点です。

県民共済のがんの保障は単体での加入ではなく、総合医療保障など通常の医療保険に特約という形でがんの保障を付加することになります。

がん保険単体ではないため、やはりがんに特化したものではありません。

そのため、細かいがんの保障部分の選択や見直しがしづらいという点がデメリットに感じるところもありそうです。 

また、特約としての保証のため、通常の医療保障部分を解約してがんの保障だけ残すということもできません。

保険の見直しという観点では少し取り扱いづらいという点は認識しておくようにしましょう。

がん保険のみ契約したい人には不向き

県民共済のがん保険のデメリットの四つ目は、がん保険のみ契約したい人には不向きという点です。

先ほどもお伝えした十り、県民共済のがんの保障は特約としての扱いになります。

すでに医療保険には入っており、がんの保障だけ別に加入したい、保障を追加したいと考えている方には残念ながら向いていないと言えそうです。

医療保険と一緒に加入する必要のない、がん保険も現在は様々な保険会社が取り扱っています。

手厚いがん保険を考えている方はその保障に特化した民間の単体で加入できるがん保険を検討した方がよいかもしれません。

また、マネーキャリアではFP監修の「がん保険の正しい選び方は?ステップごとに解説!」という記事も公開しています。

がん保険の選び方で悩んでいる人は、ぜひこちらも参考にしてみてくださいね。

高齢時の保障額は減るが、がんの罹患率は高くなる

県民共済のがん保険のデメリットの五つ目は、高齢時の保障額は減るが、がんの罹患率は高くなるという点です。

県民共済の保障については、18歳~60歳、60歳~で保障の内容が変わります。掛け金は変わりませんが、60歳以上では保障が大きく減少してしまいます。

それぞれの給付金の違いをまとめると、以下のようになっていました。(月掛け金2000円の場合)
保証内容18歳〜60歳
60歳〜65歳
がん診断100万円50万円
がん入院1万円
(1日あたり)
5000円
(1日あたり)
がん通院5000円
(1日あたり)
3000円
(1日あたり)
がん手術
(組合の定める手術)
10万円
20万円
40万円 
5万円
10万円
20万円
がん先進医療
(組合の基準による)
1万円~300万円1万円~200万円

(参照:千葉県民共済

上記をみてみると、掛け金2000円の保険ではがん診断給付金で50万円もの差があることがわかりました。

60歳からさらに保証を充実したいと考えた場合、県民共済では物足りないと感じる可能性も。

また、年を重ねてから新たな保険に加入すると、保険料も高くなってしまい経済的な負担も大きくなることが考えられます。

保証内容をよく吟味しながら、先のことまで検討しておくようにしましょう。

県民共済では、シンプルな保険である反面、保証の物足りなさや終身保険ではない不安などが考えられました。


「もっと安心できる保険はある?」「充実したがん保険も検討したい」そう考えている人は一度マネーキャリアにご相談ください。


マネーキャリアなら、上記で説明したデメリットをカバーする方法や、あなたにあったがん保険を提案可能。


保険選びに迷った際には、専門家の力を借りてみるのもおすすめです。


マネーキャリアでは、経験豊富なファイナンシャルプランナー(FP)が、あなたのライフスタイルやニーズを細かく分析し、家計にあった保険からその保証内容までを詳しく説明します。


FPとの相談は完全無料で、スマホひとつで行うことが可能。


安心の保険選びのための第一歩、マネーキャリアの公式サイトを今すぐチェックしてみてください。

無料で保険相談する

県民共済のがん保険はおすすめ?メリットを口コミから解説


ここまで、県民共済のがん保険のデメリットについて解説してきました。

一方で県民共済はおすすめなのか、どのようなメリットがあるのか気になっている人も多いですよね。

県民共済は多くの人が加入する人気のある共済。人気があるということは良い点が多くあるということですね。

デメリットについて把握しておくことは重要なことですが、メリットも大きいはずですのでどのような点が優れているのかしっかりと確認していきましょう。 

県民共済のメリットはこちら。
  • 掛金が安いため継続しやすい
  • シンプルな保障を求める人向き
  • 保障から外れやすい上皮内がんも対象!
  • 入院・手術だけでなく通院や再発・転移時も保障
  • 高額になりがちな先進医療も保障
それぞれ詳しく紹介していきます。

掛金が安いため継続しやすい

県民共済のがん保険のメリットの一つ目は、掛金が安いため継続しやすいという点です。

掛け金が安い、続けやすいのは県民共済の特徴であり最大のメリット

県民共済の年齢ごとの掛け金は以下のようになっています。
年齢掛け金
0歳〜満14歳1000
〜2000円
満15歳〜満64歳2000
〜5000円
満65歳〜満69歳
(保障は85歳まで継続)
2000〜
4000円
(参照:埼玉県民共済

上記は埼玉県民共済を参考にしています。

がんになっても入れるのか、何歳までいくらでどのような保証が受けられるかはお住まいの地域の県民共済で確認してみてください。

参考までに埼玉県民共済の規約は、こちらのページで確認が可能です。

県民共済は、加入者の利益を最優先に健全で効率的な経営という事業運営を掲げており、事業によって出た利益は割戻金として加入者に返金するなど、営利目的の事業ではないのが特徴。

掛け金は割安に設定されており、年齢があがるにつれて保険料もあがるという仕組みではないこともメリットです。

さらに事業で利益が出た場合は割戻金もあるため、実質の保険料の負担は少なく済みます。

そういった面からも多くの方が無理なく継続していける点は大きなメリットであるといえるでしょう。

シンプルな保障を求める人向き

県民共済のがん保険のメリットの二つ目は、シンプルな保障を求める人向きという点です。

生命保険の選択肢が多様化する中で、シンプルながら信頼性の高い保障を求める人々にとって、県民共済は魅力的な選択肢と言えます。

シンプルな保障プランを提供しているため、契約内容を理解しやすく、保険金の受け取りもスムーズ

さらに、県民共済は健康状態に関する厳格な審査が少ないため、既存の健康問題を抱えている人も利用しやすいメリットもあります。

要するに、県民共済はシンプルながら効果的な保障を提供し、予算に合わせた柔軟なプランを提供することで、多くの人々に支持されています。

信頼性の高い保険を探している方にとって、検討すべき選択肢の一つです。

保障から外れやすい上皮内がんも対象!

県民共済のがん保険のメリットの三つ目は、保障から外れやすい上皮内がんも対象であるという点です。

県民共済は、そのシンプルな保障内容だけでなく、特定の疾患に対する保障もしっかりとカバーが可能。

その中でも、上皮内がんに対する保障が県民共済の魅力の一つです。 

一般的な生命保険プランでは、がんの診断には進行がんが含まれますが、早期のがん段階である上皮内がんは保障対象外とされることがあります。

しかし、県民共済はこの点で異なり、上皮内がんにも保障をしてくれます。

上皮内がんは進行性がんに比べて治療が容易で、早期発見が可能な場合が多いため、保険金の受け取りが早く、治療費用のサポートとして大変重要。 

高齢になるほどがんのリスクが増加するため、上皮内がんを含むがんに対する保障があることは大きな利点と言えます。

入院・手術だけでなく通院や再発・転移時も保障

県民共済のがん保険のメリットの四つ目は、入院・手術だけでなく通院や再発・転移時も保障されるという点です。

県民共済は、入院や手術に限定されることなく、通院や再発・転移に対する保障も提供している点で優れた生命保険と言えます。 

まず、通院に関して言えば、多くの生命保険プランは入院や手術に対する保障が主要な項目であり、通院費用はカバーされないことが一般的です。

しかし、県民共済は通院に関連する費用もカバーしてくれます。 

がんは再発や転移のリスクがある疾患であり、そのような状況下でも治療が必要です。

県民共済は、初回のがん診断後も、再発や転移に対する治療費用をサポートし、共済金を給付可能。 

このように、県民共済は入院や手術だけでなく、通院や再発・転移時にも包括的な保障を提供することで、がん患者やその家族にとって安心できる内容と言えるでしょう。

高額になりがちな先進医療も保障

県民共済のがん保険のメリットの五つ目は、高額になりがちな先進医療も保障してくれるという点です。

先進医療は、最新の医療技術や治療法を用いた治療を指し、高額な費用がかかりますが、県民共済はこうした状況に対応するために設計されています。 

がんで必要になる代表的な先進医療の種類と費用は以下を参考にしてみてください。
先進医療の種類費用
陽子線治療約265万円
重粒子線治療約316万円

(参照:厚生労働省

上記のように、一般的な健康保険ではカバーされない、高額で特別な治療や手術に必要な費用が、県民共済では共済金として支給されます。

県民共済は全国にあるため茨城県や埼玉県、東京都など自分の住んでいる県で確認してみてください。

先進医療はがん治療において特に重要であり、最新の治療法を受けることで治療成功の確率が高まります。

県民共済の保障で治療の選択肢が広がりますので、先進医療まで保証してもられることはメリットであると言えるでしょう。

このように県民共済にはさまざまなメリットがありますが、他のがん保険と比較したい人や、色々な保険の保証を知っておきたい人も多いのではないでしょうか。


がん保険についての疑問・お悩みがあるなら、保険のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するのがおすすめです。 


経験豊富なFPに相談すれば、ご自身の健康状態や収入、家族構成などを分析し、あなたに最適な保険を見つけてくれます。 


FPへの無料相談を希望する人は、まずはマネーキャリアにお問い合わせください。


マネーキャリアなら、あなたに合ったFPを無料で紹介してくれ、FP相談も完全無料で受けられます。 


スマホ1台でオンライン相談も可能ですので、興味のある方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

無料で保険相談する

県民共済に「新がん特約」「新三大疾病特約」を付けられるプランは?


県民共済のがんの保障は、通常の医療保険に「特約」という形で付加するということをお伝えしましたが、そもそもの医療保険の内容について解説していきたいと思います。


県民共済は0歳~満69歳の健康な人であればだれでも加入ができます。年齢に応じて3つのタイプに分かれています。


<0歳~満17歳まで>

こども型

※こども型はがんの保障は付加できません。


<満18歳~満65歳まで>

総合保障型


<満65歳~満69歳まで>

熟年型


ここでは総合保障型、熟年型について解説していきます。

18歳~64歳は3つのプランがある!総合保障1型がおすすめ

満18歳~満64歳が加入できる総合保障型は大きく3つのプランがあります。

※総合保障型は18歳~65歳までが保障の期間です。


プラン保障内容詳細プラン
総合保障型入院保障から死亡保障までをカバー総合保障1型
総合保障2型
総合保障4型
入院保障型入院保障を手厚くカバー入院保障1型
入院保障2型
総合保障型+入院保障型手厚い入院保障と死亡保障でしっかりカバー総合保障1型+入院保障2型
総合保障2型+入院保障2型


どのプランを選択してもがんの保障を特約として付加することは可能ですが、総合保障1型は月の保険料が1000円とかなりリーズナブルです。


がんの保障を付加したいと考えている方にとっては検討しやすい金額なのでおすすめです。


なお、総合保障1型への申し込みは申し込みは満18歳〜満59歳と制限があるので少し注意が必要です。詳細は各都道府県民共済のホームページをご確認ください。

65歳~69歳は熟年型・熟年入院型・熟年型+熟年入院型がある!おすすめは?

続いて、満65歳~満69歳までが加入できるプランは熟年型です。同じくプランが3つに分かれていますので見ていきましょう。

※熟年型のプランは65歳~85歳までが保障の対象です。


プラン保障内容詳細プラン
熟年型入院保障から死亡保障までをカバー熟年2型
熟年4型
熟年入院型入院保障を手厚くカバー熟年入院2型
熟年型+熟年入院型手厚い入院保障と死亡保障でしっかりカバー熟年2型+熟年入院2型


熟年型になるとプラン自体は総合保障型と同じプラン形態になりますが、保障の内容が小さくなります。その分掛け金は総合保障型と同じです。


死亡保障が必要かどうかによって熟年型、熟年入院型のおすすめが変わりますが、死亡保障は不要ということであれば熟年入院型がおすすめといえるでしょう。

詳細は各都道府県民共済のホームページをご確認ください。

保険選びで迷っていませんか?


ファイナンシャルプランナー(FP)なら、あなたのライフスタイルや将来のビジョンに合わせて最適な保険をアドバイス。 


だけど、信頼できるFPを探すのは大変… 


そんな時は「マネーキャリア」などの無料FP相談窓口を利用しましょう。


マネーキャリアでは経験豊かなFPを無料でご紹介しています。 


さらに、FPとの相談も0円!手軽にスマホからオンライン相談も予約が可能。 


以下のボタンから公式サイトをチェックして、保険の悩みを解消しましょう。

無料で保険相談する

県民共済のがんを保障をする特約「新がん特約」「新三大疾病特約」とは?


県民共済の通常入院保障の内容について解説してきました。


県民共済では「医療特約」「新がん特約」「新三大疾病特約」「長期医療特約」の4つの特約が存在します。


ここで県民共済のがんの保障をする特約である、「新がん特約」「新三大疾病特約」について解説していきたいと思います。


保障の内容や掛け金など検討ポイントについて詳しく紹介していきたいと思います。

「新がん特約」の掛け金や特徴は?

まずは「新がん特約」についてです。

新がん特約は2つのコースがあります。


新がん1型特約 掛け金<月1000円>


新がん2型特約 掛け金<月2000円>


新がん特約の特徴

  1. 入院日数無制限
  2. 通院も保障対象
  3. がんと診断確定されたときに共済金のお支払い
  4. 上皮内がんも保障の対象
  5. 2度目のがん診断にも共済金をお支払い
  6. 手術や再発もしっかりカバー
  7. 先進医療にも対応

「新三大疾病特約」の掛け金や特徴は?

続いて「新三大疾病特約」についてです。


新三大疾病1.2型特約 掛け金<月1200円>


新三大疾病2.4型特約 掛け金<月2400円>


新三大疾病特約の特徴

  1. 入院日数無制限 
  2. 通院も保障対象 
  3. がんと診断確定されたときに共済金のお支払い 
  4. 上皮内がんも保障の対象 
  5. 2度目のがん診断にも共済金をお支払い 
  6. 手術や再発もしっかりカバー 
  7. 先進医療にも対応
  8. 心筋こうそく・脳卒中による入院や手術も保障

参考:がん特約以外の医療特約で先進医療や手術の保障は足りる?

新がん特約、新三大疾病特約以外に医療特約という特約があります。


先進医療や入院、手術の保障を手厚くする特約です。この医療特約でがんの保障をまかなえるのでしょうか。


医療保障特約の保障内容を見てみましょう。


医療保障特約 例18歳〜60歳の場合

掛け金月1000円

共済金
入院一時金20000円
手術5万円・10万円・20万円
先進医療1万円〜150万円 
在宅療養40,000円
疾病障害100万円


このように入院一時金が出たり、手術給付金が上乗せになります。


また、先進医療についても対象になりますので、手術や先進医療については、この特約で保障できると言えるでしょう。


ですが、入院の保障については、入院一時金が上乗せになりますが、日額保障はありません。


新がん特約、新三大疾病特約では入院は無制限でしたので、入院の保障については少し足りないと感じるかもしれません。

県民共済のがん保険が必要なのはどんな人?


メリットやデメリット、県民共済のがん保険の保障内容についてわかってきたところで、ここからは県民共済のがん保険が必要なのはどんな人なのかという点について解説していきたいと思います。


県民共済のがん保険が必要な人は、こんな人です。

  • 掛け金重視で最小限の保障で十分な人
  • 掛け持ちで手厚い保障を求める人
  • 加入しやすい保険を探している人
  • 医療保障とがんの保障をまとめて管理したい人

県民共済があっているかどうかは、現在の自分の環境などによっても変わってきます。


とくに必要であると考えられる人、おすすめできる人の特徴についてまとめているのでぜひ参考にしてください。

掛け金重視で最小限の保障で十分な人

県民共済は、がん保障を必要とする人々にとって、異なるニーズに応える柔軟性があります。

その中でも、掛け金を最小限に抑えつつがん保障を求める人々には、理想的な選択肢と言えます。 

掛け金を最小限にすることで、保険料の経済的な負担を軽減しながら、がんに対する基本的な保障を確保できます

県民共済は、シンプルな保障内容であるため、保険料がリーズナブルであり、予算に合わせた支払いプランを提供しています。 

このプランでは、がんの初診断時に一時金が支給され、がん治療にかかる諸費用をカバーします。

がん治療は高額な医療費がかかることがあるため、この保障は大きな助けとなります。 

掛け金を最小限に抑えることで、がんに対する基本的な保障を持ちながら、家計に余裕をもたらすことができます。 

掛け持ちで手厚い保障を求める人

県民共済は、がん保障を必要とする人々に対して、異なるニーズにも対応できる柔軟な生命保険です。

掛け持ちを活用して、手厚いがん保障を求める方々に焦点を当てましょう。 

がん保障を重要視する方々は、県民共済を他の生命保険と組み合わせることで、より包括的な保障を手に入れることができます

一つの保険プランでは限られた保障しか得られない場合でも、複数の保険を組み合わせることで、リスクに備える幅が広がります。 

掛け持ちによる多様な保障を組み合わせることで、がんに関する不安を軽減しながら、健康面や経済面でのリスクを最小限に抑えることができます。

手厚い保障を求める方々にとって、県民共済は重要な選択肢となるでしょう。

個々のニーズに合わせて、最適な組み合わせを検討することが大切です。

加入しやすい保険を探している人

生命保険に加入する際、手軽に加入できる保険を探している方々にとって、県民共済は魅力的な選択肢と言えます。

がん保障が必要な人々にとって、その手軽な加入プロセスは大きなメリットです。 

県民共済は、健康状態に関する厳格な審査が少ないため、既存の健康不安を抱える方でも加入しやすいです。

他の一般的な生命保険と比べて、加入ハードルが低いため、健康状態に不安のある方でも安心して利用できます。 

また、保険料もリーズナブルであり、予算に合わせた支払いプランを提供。

これにより、経済的な負担を最小限に抑えつつ、がんに対する保障を手に入れることができます。 

さらに、加入に関する煩雑な手続きや長い審査期間も少ないため、迅速に保険を利用できます。

がんのリスクに備えるために、スピーディーな加入が求められる場合にも適しています。 

医療保障とがんの保障をまとめて管理したい人

県民共済は、医療保障とがんの保障を一つのプランで統合的に提供するため、保険をまとめて管理したい方々に最適な選択肢です。 

県民共済は、その包括的な保障内容により、医療保障とがんの保障の双方を一つの保険でカバーできるため、管理を簡素化します。 

このプランでは、通院、入院、手術、がん治療に関連する費用が包括的にカバーされ、保険の管理を容易にします。

同時に、がんに関する保障も手厚く、がん診断時には一時金が支給されます。

これにより、総合的な健康リスクに対する保護が確保され、経済的な負担を軽減します。

さらに、加入から保険金給付までの手続きがスムーズで、保険をまとめて管理する際の利便性が高いです。

県民共済は医療保障とがんの保障を効果的にまとめて管理したい方々にとって、非常に便利な選択肢です。

保険を簡略化し、リスクに備えつつ経済的な安心感を持ちたい方におすすめします。

県民共済のがん保険が合わない人

県民共済のがん保険が合わない人は、どのような人なのでしょうか。


県民共済のがん保険が合わない人は以下のような人です。

  • 十分な医療保険に加入している人
  • 掛け捨てではない保険がいい人
  • 終身で保証が欲しい人
県民共済のがん保険は、保証が一生涯続く保険ではないため長い目で見たときに注意が必要です。

また、高齢になってからのがん保険は必要かどうか悩んでいる人は、マネーキャリアの「高齢者にがん保険は必要か?必要性の高い人・不要な人を60代から80代まで解説」も参考にしてみてください。

十分な医療保険に加入している人

県民共済のがん保険が合わない人は、十分な医療保険に加入している人です。


今現在十分な医療保険に加入していて、それでも保証を手厚くしたいと考える人は県民共済では満足な保証が得られない可能性があります


例えば

  • がん保証を手厚くしたい
  • がんに特化した保険に入りたい
  • 今の医療保証だけでは補償額が十分ではない
という人は、がんのサポートが手厚い保険を検討するのがおすすめ。

また「がんに特化した保険を知りたい」という人は、マネーキャリアにご相談ください。

数多くる保険の中から、あなたにあった保険をFPが提案してくれますよ。

がん保険について聞くならマネーキャリア

掛け捨てではない保険がいい人

県民共済のがん保険が合わない人は、掛け捨てではない保険がいい人です。


上記でも説明したように、県民共済のがん保険は掛け捨てのため、割戻金はありますが貯蓄性は低いです。


そのため、貯蓄性のある保険がいい人は県民共済はあっていないといえます。


保険と一緒に貯蓄もできる商品がいい人は、貯蓄型の保険を検討するのがおすすめ。


掛け捨ての保険は保険料が安く入りやすいメリットがありますが、毎月の保険料が無駄になってしまう可能性もあります。


掛け捨ての保険について詳しく知りたい人は、「がん保険の相場はいくら?平均月額を掛け捨て型・貯蓄型で比較!」の記事も参考にしてみてくださいね。

終身で保証が欲しい人

県民共済のがん保険が合わない人は、終身で保証が欲しい人です。  


県民共済の保険は、85歳までしか継続保証がないためそれ以上に年を重ねたときに保証がなくなってしまうデメリットがあります。


80歳を超えてから新たな保険を探すのは、保険料が高額になるリスクもあるため悩んでしまう人も多いですよね。 


県民共済とその他に医療保険に加入している人は、もうひとつの保険が終身保証なのか確認しておくのがおすすめ。 


また、一生涯保証してくれる保険がいい人は終身タイプの保険を検討するようにしましょう。

県民共済のがん保険以外も検討するべき人は?


ここまで、県民共済のがん保険が必要と考えられる人について解説してきましたが、県民共済のがん保険以外も検討するべき人はどのような人なのでしょうか。


ここからは、県民共済のがん保険以外も検討した方がいい人はどのような人なのか、以下に分けて紹介していきます。

  • 30歳以下の若年層の人
  • 保険料が定額で一生涯同じ保障を希望する人
  • 保障の手厚いがん保険を探している人

不要なのではなく、ライフステージや現在の状況により別の保障や別の保険を考えた方がいい場合もありますね。


なにを優先すべきなのか、どこに手厚く保証をかけるのかということをしっかりと考えると今の自分に必要な保障というものが見えてくるのではないでしょうか。

30歳以下の若年層の人

県民共済のがん保険以外も検討するべき人の特徴一つ目は30歳以下の若年層の人です。

20代であれば掛け金が安い県民共済と同程度の保険料で加入できる医療保険やがん保険が豊富にあるからです。

20代の内であれば
  • 県民共済にはない終身の保障
  • がんに特化した保険
  • 手厚い保証を選べる保険
などに、安価な保険料で加入することが可能。

若い世代はがんの発症リスクがまだ低く、他の生命保険も考慮すべきです。

20代の内にがんに対する保障を充実させるべきか、ほかの保障や資産形成に回すなどその時の経済状況やライフステージにあわせて検討したほうがよいでしょう。

保険料が定額で一生涯同じ保障を希望する人

県民共済のがん保険以外も検討するべき人の特徴二つ目は、保険料が定額で一生涯同じ保障を希望する人です。

県民共済は保険料は同じであるものの、保障が18歳~64歳までと65歳以降で変動するため、一生涯同じ保障を希望する方には他の選択肢が適しています。 

 一般的な終身保険は、保険料が契約時に定められた金額で一生涯変わりません。 

このような保険では、保険料が一生涯変わらないことで、将来の予算計画が安定し、経済的な安心感を得ることが期待できます。

そのため、保険料の変動を避けつつ一生涯の保障を希望する方には、県民共済以外の終身保険を別途検討するのがおすすめ

個別のニーズに合わせて最適な保険プランを見つけることが大切です。

保障の手厚いがん保険を探している人

県民共済のがん保険以外も検討するべき人の特徴三つ目は、保障の手厚いがん保険を探している人」です。

保障の手厚いがん保険を求める方々にとって、県民共済以外の生命保険を検討することも選択肢の一つです。

一般的ながん保険は、がんの診断から治療、リハビリテーションに至るまで、包括的な保障を提供します。

これに対して県民共済は、がん保障を一部として提供し保障は限定的です。 

したがって、がんに対する手厚い保障として抗がん剤の治療給付金や自由診療の保障などを望む方は、専用のがん保険を検討したほうがよいかもしれません。

このように保障の手厚いがん保険を探している方には、県民共済以外のがん保険を検討することをおすすめします。

まとめ:県民共済のがん保険の口コミ・評判は?デメリットも解説

県民共済のがん保険の口コミや評判、メリット、デメリットについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 

本記事のポイントはこちら!
  • 県民共済はシンプルな保険で分かりやすい
  • 終身保証ではないため不安のある人も
  • 保証が十分ではない場合もある
  • 県民共済は掛け金が安いのが魅力
  • 掛け捨ての保険では珍しく割戻金も受け取れる
県民共済は、非営利目的の共済制度のためお手頃な掛け金とシンプルな保障が魅力の商品です。

特約として加入できるがんの保障もありおすすめではありますが、ご自身でどのくらいがんの保障が必要なのか、最低限でいいのか手厚くしたいのかなどによって良し悪しは変わってきます。

ご自身の保障の必要性とあわせてよく検討することがおすすめです。 

また、がん保険について悩んでいる人、いろいろな保険を検討したい人はマネーキャリアにご相談ください。

マネーキャリアなら専属のFPがあなたの状況・家計にあった最適な保険を提案可能。

保険に関するさまざまな疑問や相談もできますので、お気軽にお問い合わせくださいね。
がん保険の相談ならマネーキャリア