【必見】従業員の退職金の準備は生命保険がおすすめ?のサムネイル画像

従業員の勤労意欲向上や福利厚生の充実のために「退職金制度」を設けている企業もありますが、退職金の金額は大きくなりがちなので、自社の事業継続に支障がないように準備しなければなりません。


従業員向け退職金の準備方法として、生命保険の活用が挙げられるものの、「そもそも生命保険が自社に合うのか」「生命保険で退職金を積み立てるのはおすすめなのか」と疑問に感じる方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、「従業員の退職金に生命保険はおすすめなのか?」のトピックを中心に、退職金の準備に使える生命保険の種類や、最適な保険がわかる方法まで紹介します。


・従業員の退職金を預金で管理しているが不安

・インターネットなどの情報を参考に退職金の準備をしているが、本当に合っているか疑問


な方は本記事を参考にすると、退職金原資の確保に必要な生命保険がわかるうえ、自社の保険の見直しも正しくできるようになります。

内容をまとめると

  • 従業員の退職金に必要な金額は1人あたり「100万円弱から1,000万円ほど」であり、企業にとっては大きな支出である。
  • 従業員の退職金の準備に、中小企業退職金共済や確定拠出年金などの「社外制度」を使う方法がある。
  • しかし、損金参入できる、預金との棲み分けが可能、人材採用への効果の観点から、社内で積み立てる生命保険がおすすめ。
  • 法人向け生命保険は「定期保険」「終身保険」「養老保険」などの種類がある。
  • 生命保険を使った従業員の退職金の積み立て方はさまざまであり、事業ステージや企業規模に合った生命保険の選定が必要なので、マネーキャリアを使って法人向け生命保険の無料相談をする企業が増えている。

監修者「谷川 昌平」

監修者 谷川 昌平 フィナンシャルプランナー

株式会社Wizleap 代表取締役。東京大学経済学部で金融を学び、金融分野における情報の非対称性を解消すべく、マネーキャリアの編集活動を行う。ファイナンシャルプランナー証券外務員を取得。
>> 谷川 昌平の詳細な経歴を見る

この記事の目次

目次を閉じる

従業員の退職金に必要な金額の目安

従業員の退職金は基本給や退職の形式(自主退職もしくは会社都合)など、企業によって変わるものの、勤続年数が長くなるほど金額が上がります。


また、一般的に社内で積み立てる従業員の退職金は「退職一時金」と呼ばれる一方で、年金制度を設けている企業もあります。


実際に、東京都産業労働局の「中小企業の賃金・退職金事情(令和2年版)」によると、「高校卒・高専もしくは短大卒・大卒」のケース別で、以下のとおりにわかれています。



引用:中小企業の賃金・退職金事情(令和2年版)


いずれのケースでも、従業員1人あたり100万円から1,000万円の支出となるので、自社規程の確認および急な支出に対応できるように、準備しておく必要があるのです。

従業員の退職金には生命保険がおすすめ?

従業員の退職金準備にさまざまな方法があるなかでも、生命保険の活用はおすすめの積み立て方法です。


中小企業退職金共済や確定拠出年金をはじめとした「社外制度」を使う方法もありますが、保険金が掛金として社外に出てしまうため、支出分は企業には戻りません。しかし、生命保険を使えば、保険金の一部は損金算入できる流動性があります。


さらに、生命保険は預金で退職金を積み立てるよりも、資金との棲み分けが可能なので「退職金が支払えないケース」が起こりにくかったり、福利厚生としての魅力から人材採用がしやすくなったりする効果も見込めるのです。


ただし、生命保険の一部を損金算入しても、解約した際に受け取る解約返戻金は益金として計上されるので、「生命保険に節税効果があるわけではない」点に注意しましょう。

従業員の退職金の種類

退職金には「生存退職金」と「死亡退職金」の2種類があり、それぞれの違いは以下のとおりです。


  • 生存退職金:従業員の退職後の生活を保障するための退職金
  • 死亡退職金:従業員が亡くなってしまった場合に、遺族へ支払われる退職金

生存退職金はあらかじめ準備できるものの、死亡退職金は突発的に発生するので、準備できなければ企業の事業継続にも悪影響を及ぼす可能性があります。


とくに、高所での作業が多い建設業や、常に交通事故の危険がある運送業などでは、突発的な危険に晒されがちです。そのため、万が一に備えて生命保険を活用して退職金を積み立てておく企業も多いのです。

従業員の退職金の準備に使える生命保険の種類とは?

以下では、従業員の退職金準備に使える生命保険の種類を解説します。自社の規模や規程によっても入るべき生命保険が異なるので、正しく押さえておく必要があります。

定期保険

定期保険は主に「解約返戻金がある定期保険」と「解約返戻金のない定期保険(掛け捨て)」があります。 (表はスクロールできます)

保険料特徴
解約返戻金がある定期保険割高
・保険期間が経つほど保険金が増えるタイプの逓増定期保険や、期間が短いものは10年未満、長いものは30年などさまざまな種類がある
・保険期間の満了時には解約返戻金が0になる
解約返戻金がない定期保険割安・従業員の死亡など、突発的な退職金の支払いを想定して加入されるケースが多い保険

いずれのタイプでも保険料は損金算入できるものの、解約返戻金がある定期保険は「当該保険の最高解約返戻率」による一方で、解約返戻金がない定期保険は「全額損金算入」が可能です。

終身保険

終身保険とは、加入者に万が一のことが合ったケースに保険金が支払われる保険です。


定期保険とは異なり保険期間の定めがなく、保険料の支払い期間は「有期もしくは無期」で設定できます。いずれも一生涯保障ではあるものの、支払い期間が有期の方が保険料は割高になります。


一方で、保険金の受け取りを「個人の遺族」ではなく「企業」にした場合は損金ではなく資産計上となり、逆に「個人の遺族」にした場合は給与計上となる点に注意しましょう。

養老保険

養老保険とは従業員が亡くなった場合に「死亡保険金」を遺族に支払えるうえ、保険期間を満了すると、生存中に「満期保険金」が受け取れる保険です。


上記の特徴から「万が一の事態への保障」と「貯蓄性」を両立した保険です。しかし、死亡保険金と満期保険金のいずれも、支払った保険料は下回るケースが多く、支払額と同額が戻ってくるわけではない点に注意しましょう。


そして、満期保険金受取人と死亡保険金受取人が存在し、いずれの種類も「受取人が誰になるか(法人もしくは遺族)」によって、経理処理が変わります。

  • 法人が満期保険金も死亡保険金も受け取る:保険料は法人が全額資産計上
  • 法人が満期保険金を受け取り、死亡保険金は被保険者遺族が受け取る:保険料を50%損金算入できる
  • 被保険者が満期保険金、被保険者遺族が死亡保険金を受け取る:保険料の額は給与計上

また、養老保険は福利厚生プランとして普遍的加入(会社すべての従業員や役員が保険に加入)を前提としている商品が多いうえ、全員が加入するので保険料が膨らみがちです。そのため、マネーキャリアをはじめとした無料相談を使っていずれの保険に加入すべきか、もしくは見直すべきかを判断する企業も多いのです。

退職金準備に使う生命保険の保険金の使い道とは?

従業員の退職金準備に活用する生命保険に関して、保険金の受け取りを「企業」としているケースであれば、使い道は企業に委ねられています。


一方、従業員のなかには実際に退職金がいくらになるか、そもそも退職金があるのか、などの疑問を抱える社員も少なくありません。そのため、生命保険の加入の検討と同時に、自社の「就業規則・規程の見直し」も必要なケースもあるのです。


のちのトラブルを避けるためにも、自社の従業員へは適切な説明が必要です。

従業員の退職金準備に最適な保険がわかる方法

以下では、従業員の退職金の準備に最適な保険がわかる方法をご紹介します。


従業員の退職金は大きな支出になるので、事業を進めるなかでも支払い計画は立てておかなければなりません。そこで役に立つのが「生命保険」ではあるものの、法人向けの商品だけでも数が多く、自社の事業ステージ(創業期・成長期・安定期)によっても加入すべき保険は異なります。


しかし、事業推進と並行して「自社にどのような保険が最適なのか」を判断するのは難しく、もし経営陣の保険知識が少なければ誤った保険に加入してしまう可能性もあるのです。


そのため、プロのファイナンシャルプランナーによる法人向け生命保険の提案が「何度でも」「無料で」受けられるマネーキャリアへの相談一択です。


マネーキャリアは高い満足度と豊富な相談実績を誇る「無料相談サポート」を展開しています。企業規模や業種、事業ステージなどを問わず、オーダーメイドで最適な保険の提案が可能です。

従業員の退職金準備に必須の相談サービス:マネーキャリア


お金に関する全ての悩みにオンラインで解決できる

マネーキャリア:https://money-career.com/


<マネーキャリアのおすすめポイントとは?>

・お客様からのアンケートでの満足度や実績による独自のスコアリングシステムで、優秀なFPのみを厳選しています。

・保険だけではなく、資産形成や総合的なライフプランの相談から最適な解決策を提案可能です。

・担当する専門家のFP資格保有率は100%であり、満足度98.6%、相談実績も80,000件以上を誇ります。


<マネーキャリアの利用料金>

マネーキャリアでは、プロのファイナンシャルプランナーに 「無料で」「何度でも」相談できるので、相談開始〜完了まで一切料金は発生しません。

無料でマネーキャリアに相談する▶︎

従業員の退職金の準備に使える生命保険の種類まとめ

ここまで、従業員の退職金の準備に使える生命保険はおすすめか、のトピックから自社に最適な生命保険がわかる方法までご紹介しました。


結論として、従業員の退職金の準備に生命保険はおすすめです。また、生命保険には「定期保険」「終身保険」「養老保険」の種類があり、それぞれ特徴も異なります。


一方で、生命保険であればどのような保険でもよいわけではなく、自社の規模や事業ステージなどを考慮して、正しく選ばなければなりません。


そこで、マネーキャリアのように「無料で何度でも法人向け生命保険に関して相談できるサービス」を使うと、経営陣で保険に関する検討時間を削減しつつ、事業推進に集中できます。


無料登録は1分で完了するので、ぜひマネーキャリアを使いつつ、従業員の退職金準備のための生命保険をスムーズに決めましょう。

無料でマネーキャリアに相談する▶︎