経営計画書をわかりやすく作成できるテンプレート5選のサムネイル画像

事業運営の目線合わせを従業員と統一したり、会社のミッションを共有し実務へ落とし込むために、経営陣で作成される書類が「経営計画書」です。書式は任意であるものの、社内や社外へ資金の状況を踏まえて作成しなければなりません。


経営計画書の作成にはテンプレートを活用すると、作成時間を短縮でき、ファイルとして残しやすいメリットがあります。しかし、どのようなテンプレートを使えば良いか悩むうえ、テンプレートが見つからずに困る方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、「経営計画書の作成に使えるわかりやすいテンプレート5つ」を中心に紹介します。


・なかなか良い経営計画書のテンプレートが見つからない

・経営計画書の策定とともに、事業運営上のリスクがあればあらかじめ対策しておきたい


方は本記事を参考にすると、自社の経営計画書に使えるテンプレートを見つけられ、事業リスクや資金繰りに関する悩みを解消できる方法もわかります。


内容をまとめると

  • 経営計画書の作成にはテンプレートを活用するとすぐに作成できるが、自社の業務業態や目的に合わせてカスタマイズが必要。
  • 1から作成する場合でも、会社概要や経営方針、リスク管理などの必須項目は漏れなく記載しなければならない。
  • 自社の従業員との目線合わせや、第三者機関からの信用獲得など、目的を持って経営計画書を作ることが求められる。
  • 今日では、経営計画で洗い出した自社のリスクに対して、対策を検討・実施するにはマネーキャリアのような「法人保険のプロ」に何度でも無料で相談できるサービスを活用する会社も増えている。
この記事の監修者「谷川 昌平」

この記事の監修者 谷川 昌平 フィナンシャルプランナー

株式会社Wizleap 代表取締役。東京大学経済学部で金融を学び、金融分野における情報の非対称性を解消すべく、マネーキャリアの編集活動を行う。ファイナンシャルプランナー証券外務員を取得。
>> 谷川 昌平の詳細な経歴を見る

この記事の目次

目次を閉じる

経営計画書の作成に使えるわかりやすいテンプレート5選


ここでは、「経営計画書」の作成に使える、かつ使い勝手もわかりやすいテンプレート5選を解説します。作成作業に時間をかけないためにも、テンプレートを使って、経営計画書のフォーマットをあらかじめ定めておくのが鉄則です。

産創館の経営計画書のテンプレート

産創館の経営計画書のテンプレート画像

引用:経営お道具箱|経営相談室|大阪の中小企業支援。大阪産業創造館(サンソウカン)


こちらは、16ページから成る、産創館の中期経営計画書のテンプレートです。


最低限の項目のみがまとまっている分、さまざまな業態業種で柔軟に変更しながら作成できる点が特徴です。


また、Word・Excelのフォーマットが選べるうえ、記入例も合わせてダウンロードできることから、はじめて作成にテンプレートを使う場合でも安心です。


幼保経営サービスによる経営計画書のテンプレート

幼保経営サービスの経営計画書テンプレート

引用:経営計画様式集|株式会社 幼保経営サービス


こちらは、株式会社幼保経営サービスによる、保育園・幼稚園専用の中期経営計画書になります。


中期経営計画に関してはA4一枚で策定できるので、作成の工数をかけたくない方におすすめです。また、年度経営計画書のテンプレートでは4月〜来年3月までの行動計画をシンプルに管理できます。


いずれのテンプレートでも予算および実績の入力欄が設けられており、資金繰りに関しての良し悪しも判断できることがポイントです。


ビズ研の事業計画書テンプレート

ビズ研の事業計画書テンプレートの画像

引用:すぐに使える事業計画書・収支計画書テンプレート(Word・PDF)


こちらはA4一枚でまとめられる、ビズ研による事業計画書のテンプレートです。


創業目的や動機などもまとめられるので、これから法人を立ち上げる段階でも使えます。見直しの欄も備わっており、期間を決めて振り返りも可能です。


また、同サイトには「収支計画書」や「アイデア評価シート」などのテンプレートもあるので、併せて使うと効果的です。


いそざき税理士事務所の経営改善計画書のテンプレート

いそざき税理士事務所の経営改善計画書のExcelテンプレート画像引用:経営改善計画書 - いそざき税理士事務所(千代田区神田)


こちらは、ExcelのA3サイズでまとめられる、いそざき税理士事務所の経営改善計画書のテンプレートです。


自社の強みと弱みを言語化しつつ、問題点や資金繰りなどの事実を左ページにまとめ、具体的な資金の動きを右がわに記載していきます。


そのため、シビアに経費さ空言や赤字部門を抽出して、該当の原因を特定したいときにも使えます。


中小企業庁による経営行動計画のテンプレート

中小企業庁の経営行動計画のテンプレート画像

引用:経済産業省 中小企業庁


こちらは経済産業省が管轄の中小企業庁による、経営行動計画書のテンプレートです。


Excelで1ページでまとめられており、公的機関が提供しているテンプレートなので、基本的には流れに沿って空欄を埋めると経営企画書が完成します。


もし、書き方に不安がある際には同サイトから「書き方の見本」も併せてダウンロードができることからも、すぐに作成しやすいフォーマットといえます。


経営計画書の作成に必要な8項目とは


ここでは、経営計画書の作成で押さえておくべき「項目」を8つ解説します。過不足なく経営計画書を作成するには、以下の項目の抜け漏れがないかを確認しましょう。



会社概要:会社名や所在地は正確かつ明確に記載し、信頼性を高めましょう。業種や設立年月日を明確にすることで、ビジネスの背景を説明しやすくします。


ビジョン・ミッション:ビジョンは具体的でありつつ鼓舞力のある内容にすることで、社員やステークホルダーが共感しやすくなります。ミッションは会社の存在意義を明確にするため、ビジョンと整合性が取れるようにします。


経営方針:経営理念は社内外に向けて共有しやすい内容にすると、イメージが伝わりやすくなります。分析手法のひとつである「SWOT分析」を通じた現状分析を使う場合は、客観的評価を行うため、正確な情報収集が重要です。


売上目標:収益目標は数値だけでなく、背景や計画の根拠を説明し、達成可能性を示します。期間を適切に設定すると、目標達成の進捗を適切に管理できます。


事業計画: 主要商品・サービスは特徴や競合分析を含め具体的に記載し、差別化ポイントを明確にします。ターゲット顧客層を特定することで、効果的なマーケティング戦略を展開できます。


財務計画: 予算は現実的かつ具体的な数字を示すことで、資金の運用や調達計画を適切に立てられます。資金繰りを適切に計画すれば、資金不足などのリスクを予防できます。


人材計画: 組織構造は情報伝達や役割分担を明確にし、効率的な業務遂行が可能となります。 採用計画や教育・育成計画は人材の育成と定着を促すために重要です。


リスク管理: リスク要因は客観的な評価と対策策定が重要です。法人保険などを活用したリスク回避や軽減策はあらかじめ定めておかなければなりません。


経営行動計画のベースとなる項目となるので、漏れなくまとめておく必要があるのです。


経営計画の作成目的とは


ここでは経営計画の作成目的および用途についても解説します。経営計画を現場に正しく落とし込んでいる会社は、以下の3つの事項が正しく押さえられているといえます。

社員と事業の方向性を一致させるため

まずは、社員と事業の方向性を一致させるためにも、経営計画は正しく定めなければなりません。


仮に、経営計画書が策定されていないまま事業運営を進めてしまうと、目標が高頻度でかわり、現場の社員によるパフォーマンスが低下してしまうのです。また、事業運営を口頭ベースにて共有されたとしても、認識齟齬が発生するケースがあります。


事業承継の観点でも、後継者が経営方針を理解しないまま経営参画することになるため、のちに意図しない労働トラブルなどへと発展する可能性も無視できません。


したがって、社員との目線合わせができるように、四半期ごとの経営計画作成、および振り返りは正しくおこなう必要があります。


会社のビジョンを浸透させるため

会社のビジョンを浸透させる目的でも、経営計画書の作成は有効です。

経営計画書をベースに説明すると、自社の社員もMVV(ミッション・ビジョン・バリュー)が把握できるので、「何の目的で、どのような仕事をするのか」がより明確となります。

今日では、どの業態業種であっても取り巻く環境が日々変化しつつある状況です。また、ビジョンがあれば現場の社員としても、自身の仕事が「どのようにビジョンに結びついているのか」がわかるので、モチベーションを低下させずに業務へ取り組めるのです。

信用を獲得するため

銀行などの第三者機関から信用を獲得するためにも、経営計画書は必要です。


経営計画書には予算計画も記載しつつ作成するので、第三者にとっても会社の経営状況が一目でわかります。「自治体への助成金申請」や「銀行からの融資」では、経営計画書が求められるので、信用を得やすくする目的でも作成されるのです。


また、金融機関からの融資を受けやすくする戦略として、経営計画書を軸に近況報告をしたり、成長性を明示する手段としても使われます。


一方で、第三者機関からの融資を受ける際には、自社のリスク対策への取り組みを見られる可能性も高いです。そのため、マネーキャリアをはじめとしたプロのファイナンシャルプランナーへの無料相談サービスを活用し、経営計画書と一緒に準備を進める企業も増加しています。


無料でマネーキャリアに相談する▶︎


労働トラブルや事業リスクに備えるべき対策がわかる方法


以下では、経営に伴う「労働トラブルや事業リスク」に備えるべき対策がわかる方法を紹介します。


経営計画書は目的や項目を押さえつつ作成しなければならない一方で、作成に時間をかけることは避けるべきです。また、経営計画書の作成時に、「リスク管理」も含めなければならないので、事業運営に関わるリスクも併せて洗い出さなければなりません。


今日のビジネス環境では変化が早いので、いつどのようなリスクが発生するか読めないなか、法人保険を使って経営計画とリスク対策を同時進行する企業も多いのです。しかし、自社に最適な保険を経営陣自身で調査しても得られる情報は少なく、特定の保険会社に相談しても限られた選択肢でしか対策できません。


そこで、今後の事業リスクに備える方法として、法人保険のプロに「無料で何度でも」相談できるマネーキャリアの利用一択です。


マネーキャリアは法人保険に関するプロが中立の立場で、企業ごとにオーダーメイドの提案が可能であり、相談実績80,000件以上・98.6%の満足度を誇ることからも安心して利用できます。

事業リスク対策の保険が無料で簡単にわかる:マネーキャリア


マネーキャリアの法人向けLP画像

お金に関する全ての悩みにオンラインで相談できる

マネーキャリア:https://money-career.com/


<マネーキャリアのおすすめポイントとは?>

・お客様からのアンケートでの満足度や実績による独自のスコアリングシステムで、優秀なFPのみを厳選しています。


・保険だけではなく、資産形成や総合的なライフプランの相談から最適な解決策を提案可能です。


・担当する専門家のFP資格保有率は100%であり、満足度98.6%、相談実績も80,000件以上を誇ります。


<マネーキャリアの利用料金>

マネーキャリアでは、プロのファイナンシャルプランナーに 「無料で」「何度でも」相談できるので、相談開始〜完了まで一切料金は発生しません。


無料でマネーキャリアに相談する▶︎

経営計画書に使えるテンプレート5選のまとめ


ここまで、5つの「経営計画書に使えるテンプレート」や最低限必要な項目、注意点などを紹介しました。


経営計画書をテンプレートを使って作成すると、時間の短縮ができるうえに、過去と比較しての振り返りも簡単です。ただし、「会社概要」や「基本方針」など、必須の項目に漏れがないように注意しましょう。


また、第三者へ公開する際にも、信用を得やすくなったり従業員のモチベーションアップにもつながったりするので、わかりやすく作成する必要があります。一方、今日では経営計画書の作成とともに、事業リスクへの備えもマストになるのです。


そこで、マネーキャリアのように「事業リスク対策をプロのファイナンシャルプランナーへ何度でも相談できる」無料相談窓口を使うと、時間をかけずに自社を守ることにもつながります。


無料登録は最短30秒で完了するので、ぜひマネーキャリアを使いながらスムーズな事業運営をする準備を進めましょう。

無料でマネーキャリアに相談する▶︎