【フリーランス必見】ベビーシッターに必要な保険とは?のサムネイル画像

ベビーシッターの業務では子供を預かる特性上、さまざまなリスクが存在します。親から大切な子どもを預かるため、担当者の信頼性と安全性が非常に重要です。一方、予期せぬ事故やトラブルが発生した場合、とくに子供がケガをしたり、預かり中に物品が破損したりした場合、賠償責任や修理費用が発生する可能性があります。


そこで活用できるのが「保険」です。しかし、どのようにあらかじめ対処すべきかはもちろん、何の保険に加入すべきかにも悩む方も多いのではないでしょうか。


本記事では、ベビーシッターが加入すべき保険の種類と選び方について詳しく解説します。


・ベビーシッターとして独立して活動しているが、保険の必要性を感じている方

・ベビーシッターサービスを提供する企業の経営者で、従業員の安全と顧客の信頼を確保したい方


が本記事を参考にすると、ベビーシッターに最適な保険の選び方や、リスクを最小限に抑えるための方法がわかります。


内容をまとめると

  • ベビーシッター事業では「ベビーシッター賠償保険」や「施設賠償責任保険」等の加入を検討しておくべきである。
  • マッチングアプリのベビーシッターは個人で保険に入る必要はない。
  • 事業所によってはベビーシッター賠償保険に加入している場合があるので確認すべきである。
  • しかし、保険の加入や見直しには専門知識が必要となるので、独断で判断するのは危険。
  • そのため、ベビーシッター事業におけるリスクや損害保険について「法人保険のプロ」へ無料で何度でも相談ができる「マネーキャリア」を使う人や会社が急増している。
「谷川 昌平」

谷川 昌平 フィナンシャルプランナー

株式会社Wizleap 代表取締役。東京大学経済学部で金融を学び、金融分野における情報の非対称性を解消すべく、マネーキャリアの編集活動を行う。ファイナンシャルプランナー証券外務員を取得。
>> 谷川 昌平の詳細な経歴を見る

この記事の目次

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「最適なリスク対策ができているか不安…」

業態業種問わず、法人保険のプロに無料で何度でも相談ができる「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベビーシッターを取り巻くリスクとは


子供の命を預かるベビーシッター事業は、安心安全でなければなりません。


しかし、思いもよらぬ事故が経営に大きな影響を与えかねないため、考えられる事業リスクに備えておくことが大切です。

  1. 提供した飲食物が原因となるリスク
  2. 施設や設備で怪我を負うリスク
  3. 預かっている子供が死亡するリスク
万が一のことがあった場合、過失を問わず高額な損害賠償請求に発展することのあるベビーシッター事業では、様々な角度からリスクマネンジメントが必要です。

法人向けの損害保険に加入することで賠償リスクに備えることはできますが、それぞれのリスクに合致した補償でなければ、どんなに良い損害保険に加入していても意味がありません。

ベビーシッター事業を取り巻く3つのリスクを理解したうえで、補償内容を検討するようにしましょう。

①提供した飲食物により子供が体調を悪くするリスク

食事やおやつを提供するベビーシッターでは、子供に与えた飲食物が原因で、損害賠償が発生するケースがあります。

  • 食中毒を起こしてしまうリスク
  • 口のなかにケガを負ってしまうリスク
他人の子供を預かる以上、口にするものには最大限の配慮が必要で、特に食中毒の三大原則は徹底して管理しておかなければなりません。

三大原則予防方法
清潔・洗浄食事には細菌をつけない
迅速・冷却細菌を増やさない
加熱・殺菌細菌を消す

しかし、どんなにベビーシッターが気をつけていても、ヒューマンエラーや管理不行き届きの責任を問われてしまうこともあるのです。


飲食物の事故では、子どもが重症化した場合、慰謝料や治療費が高額になるケースもあります。

このような損害賠償に備えるためには、「PL保険(生産物賠償責任保険)」へ加入し、万が一の損害賠償に備えておきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「最適なリスク対策ができているか不安…」

業態業種問わず、法人保険のプロに無料で何度でも相談ができる「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

②施設や設備が原因で子供が怪我をするリスク

ほんの少し子供から目を離したすきに、怪我を負わせてしまうケースもベビーシッターではよくある事故です。

  • 子供が調理器具に触りヤケドを負った
  • 落下してきた家具でケガを負った
つかまり立ちの赤ちゃんが転んで家具のかどに頭をうちつけ、8針も縫う大ケガを負い、多額の医療費と慰謝料を請求されたケースも実際に起こっています。

子供は怪我をしたときの状況を上手に説明できないため、子供に怪我を負わせてしまった場合は、ベビーシッターの過失を問われることが多くなってしまうのです。

命を預かるベビーシッターには、怪我のないよう施設や設備に対して細心の注意を払い、予知予見をしながら保育をしなければなりません。

しかし、必ずしもベビーシッターが安全な状況下でおこなわれるとは限りません。

施設内や設備を原因としたトラブルに備えるためには、「施設賠償責任保険」を利用して、医療費や慰謝料に備えておきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「最適なリスク対策ができているか不安…」

業態業種問わず、法人保険のプロに無料で何度でも相談ができる「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

③預かっている子供が死亡するリスク

ベビーシッター中に外出する場合、屋外では様々なリスクも考えられます。

  • 外出先で交通事故に巻き込まれる
  • 公園の遊具から転落

最悪の場合、命にかかわる大事故に繋がってしまうリスクもあり、死亡事故になると高額な賠償請求が発生します。


過失割合などが生じれば、弁護士を雇う必要性もあり、賠償に関連する費用は経営を圧迫する可能性もあるのです。


このように、ベビーシッター事業にかかわるリスクを考えるなら、日常的なトラブルだけでなく、最悪なケースまで含めたリスクマネジメントが必要だと言えます。


万全な体制で業務をおこなっていたとしても、アクシデントはつきものであり、必ず大きなトラブルが避けられるとは限りません。


ベビーシッター業をおこなう事業主として、法的な賠償責任を負ってしまった場合、賠償保険は必ず加入しておくべきだと言えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「最適なリスク対策ができているか不安…」

業態業種問わず、法人保険のプロに無料で何度でも相談ができる「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベビーシッターに起こった損害事例


幼児に多い事故にの1つに誤飲があり、ベビーシッター事業においては大きなリスクだと言えます。


特に0歳~2歳半までの子供は、大人が考えられないようなものでも口に入れてしまい、誤飲してしまう可能性があるのです。

誤飲の事例割合
たばこ40.7%
医療品・医薬部外品
11.5%
玩具10.6%
金属製品6.6%
プラスチック製品4.8%
洗剤・洗浄剤4.5%
化粧品3.0%
硬貨2.9%
電池2.4%
食品類2.0%

携帯電話の充電接続部に付属しているプラスチックや部品や、レジ袋、芳香剤など、自宅にあるものを口に入れてしまい、子供が体調不良に陥ったケースもあります。


保育園などであれば、子供が口に入れそうなものを排除したり、手の届く場所に置かないようにしたりなどで誤飲を避けることができますが、自宅には幼児にとって危険なものがたくさんあるのです。


ベビーシッター事業は、子供にとって誤飲の可能性が多い環境で保育をおこなうため、気をつけていても一瞬の間で誤飲が発生してしまうことがあります。


参考:厚生労働省「家庭用品等に係る小児の誤飲事故に関する報告」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「最適なリスク対策ができているか不安…」

業態業種問わず、法人保険のプロに無料で何度でも相談ができる「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベビーシッターに起こる損害を補償する保険


近年は、法人だけでなく個人契約でベビーシッターを請け負うフリーランスも増えてきています。


ベビーシッターをおこなう場合、賠償責任が発生してしまったときに備えて、賠償保険への加入を検討しておきましょう。

  1. ベビーシッター補償保険
  2. PL(生産物賠償責任保険)
  3. 施設賠償責任保険
保険の名前だけ見てみると、ベビーシッターとは関係のない保険のように思えますが、実はベビーシッター中に起こりうる損害を補償してくれる保険となっています。

法人契約だけでなく、個人契約でも加入できる保険も販売されているため、ベビーシッターにおけるリスクと、リスクに対する補償内容を検討すべきなのです。

①ベビーシッター賠償保険

ベビーシッター賠償保険は、公益社団法人看護家政紹介事業協会の正会員事業所(※)が加入できる賠償保険で、ベビーシッターでおこりうるトラブルに対する補償を備えられます。

  • 子供に怪我をさせてしまった
  • 家具を落として破損させてしまった
  • 調理した食事で子供が食中毒になってしまった
  • 外出先で繋いでいた手を強く引いてしまい子供が転倒して怪我をした
子供の怪我や食中毒などに対する補償だけでなく、財物を破損させてしまった場合も補償の対象となるのがベビーシッター賠償保険の特徴です。

「PL保険(生産物賠償責任保険)」と「施設賠償責任保険」がセットになっているため、ベビーシッター事業の幅広いリスクに備えた法人保険となっています。

※「正会員」とは、厚生労働大臣の許可を受け、家政婦(夫)や看護婦の職業紹介事業者であることが条件になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「最適なリスク対策ができているか不安…」

業態業種問わず、法人保険のプロに無料で何度でも相談ができる「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

②PL保険(生産物賠償責任保険)

ベビーシッターが提供した食事が原因で、第三者の身体状態に影響を与えた場合の損害賠償に備えるためには、「PL保険(生産物賠償責任保険)」が必要です。


食中毒を引き起こす病原菌は、種類によって様々な症状を発症し、なかにはボツリヌス菌のように神経症状があらわれる場合もあります。


症状が酷ければ入院による治療が必要となり、医療費に加えて入院費や雑費、慰謝料など高額な賠償を請求されるケースもあるのです。


特に夏場に発生しやすい食中毒における賠償には、PL保険(生産物賠償責任保険)に加入することで備えることができます。


食材に注意していても、ベビーシッターをするスタッフが感染している場合、大人には症状が出なくても、幼児にうつると重症化してしまう恐れもあるため、個人契約でベビーシッターを営むひとも、必ず加入しておくべき保険だと言えるでしょう。


PL保険について詳しい内容を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

PL保険についてのサムネイル画像

PL保険とは?適用補償や対策費用等をわかりやすく解説!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「最適なリスク対策ができているか不安…」

業態業種問わず、法人保険のプロに無料で何度でも相談ができる「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

③施設賠償責任保険

第三者に怪我を負わせたり、財物を損壊してしまったときの賠償責任を補償してくれる保険が「施設賠償責任保険」です。

  • 手がすべって子供の衣類を汚してしまった
  • 子供と遊んでいるときにおもちゃを壊してしまった
  • ドアを閉めるときに子供の手を挟んで怪我をさせてしまった
ベビーシッター中、財物を壊してしまった場合の修理や弁償費用、子供に怪我をさせてしまった場合の治療費など、賠償に対する費用を保険金で賄うことができます。

特に、子供と留守番しながらベビーシッターをする場合、高価な家具を壊してしまったり汚してしまったりすることも考えられるため、「施設賠償責任保険」は、PL保険と合わせてベビーシッター事業に必要な保険であると言えるのです。

施設賠償責任保険についても、詳しい内容を解説している記事を公開しています。気になる方はそちらの記事をご覧ください。

施設賠償責任保険についてのサムネイル画像

施設賠償責任保険とは?支払い事例や保険料の相場も解説

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「最適なリスク対策ができているか不安…」

業態業種問わず、法人保険のプロに無料で何度でも相談ができる「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベビーシッター賠償保険の種類とは


ベビーシッターとして働く場合、個人で事業をおこなう以外に、ベビーシッター事業に登録して働く方法があります。


登録できる場所は様々ですが、個人間でベビーシッターの契約ができるシステムや、事業所として登録する方法などを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. キッズラインの登録者向けの「損害保険」
  2. 公益社団法人日本看護家政紹介事業協会の「ベビーシッター賠責」(個人や請負形態の事業所は保険加入は不可)
  3. KIDSNA.シッター登録者向けの「ベビーシッター専用保険」
サービスによっては、資格を保有していなければベビーシッターとして登録できないこともあるため、保険種類とともに確認しましょう。

①キッズライン登録者向けの損害保険

オンラインのマッチングサービス「キッズライン」では、ベビーシッターや家事代行を探せます。


キッズラインに登録されているベビーシッターのなかには、保育士や看護師資格を持った人もいるため、安心して任せられますが、絶対にトラブルが起きないという確証はありません。


個人間で契約することができるキッズラインですが、万が一のときには損保ジャパンの賠償責任保険へ加入しているため、ユーザーとサポーターのトラブルには対人・対物保険で補償してもらえます。

トラブルに対する補償補償の有無
提供した食事で食中毒になった
子供に怪我を負わせた
サポーターが家具を壊した
子供が自宅の器具を壊した
子供がサポーターの私物を壊した
子供がサポーターに怪我をさせた

様々なトラブルに対して補償される賠償責任保険へ加入していますが、キッズサポートを通さず個人間でベビーシッターの契約を取り交わした場合には、保険を適用してもらえません。


また、自動車の運行に起因する怪我には保険が適用されないので、子供の送迎を車で依頼する場合には注意しておいてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「最適なリスク対策ができているか不安…」

業態業種問わず、法人保険のプロに無料で何度でも相談ができる「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

②ベビーシッター賠責

「施設賠償責任保険」と「生産物賠償責任保険」の補償をあわせ持ち、怪我や食中毒などのリスクに備えられる保険が「ベビーシッター賠責」です。


公益社団法人日本看護家政紹介事業協会の正会員となる事業所(請負形態の事業所や個人は加入不可)や、その事業所に登録されているベビーシッターや家政婦(夫)が、補償の対象となります。


事業所で加入する法人保険の場合、名簿などの提出は必要なく、1日あたりの乳児預かり人数に応じて年間保険料が決定します。

1日あたりの平均預かり乳幼児数
(事業所単位)
年間保険料
1人~30人30,000円
31人~60人60,000円

ベビーシッター賠責は、預かっている子供に対する賠償責任を負うものであり、ベビーシッター自身が怪我を負った場合には補償されません。


そのため、業務中の怪我に対する補償は、事業所において労災保険の適用などを検討する必要があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「最適なリスク対策ができているか不安…」

業態業種問わず、法人保険のプロに無料で何度でも相談ができる「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

③ベビーシッター専用保険

マッチングアプリサービス「KIDSNA.シッター」は、保育士資格や幼稚園教諭免許、看護師免許を持つひとのみがベビーシッターとして登録されています。


保育園や学童への送迎や、子供が病気で預けることができないときにベビーシッターを依頼するなど、様々なときに利用できるサービスです。


「KIDSNA.シッター」でも、万が一に備えて損保ジャパンの損害賠償責任保険へ加入し、「施設所有管理者特約」と「生産物特約」を付帯して万が一に備えています。


そのため、フリーランスとして働くひとが自分で保険に加入する必要はありません。ただし、通勤時間や業務時間外は補償の対象外となるため、自分自身で備えておく必要があると言えるでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「最適なリスク対策ができているか不安…」

業態業種問わず、法人保険のプロに無料で何度でも相談ができる「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベビーシッターが最適な損害保険に加入する方法とは


以下では、ベビーシッターが費用対効果高く、最適な損害保険に加入する方法を紹介します。


法人だけでなく、フリーランスとして働くベビーシッターも、万が一の賠償問題に備えて損害賠償保険へ加入する必要性が高いです。ベビーシッターに関係する保険は、大きく分けて「PL保険(生産物賠償責任保険)」と「施設賠償責任保険」であるものの、検討する際にはリスクと補償内容の確認が大切です。 


そのため、損害賠償保険に加入していても、以下のケースで万が一のときに補償が不足していては意味がありません。

  • どのような賠償責任に対して損害保険で補うか
  • 検討している保険商品で補償内容に不足はないか
  • 損害保険で補償されない場合はどんなケースか

とくにフリーランスの場合、法的な賠償責任を負うと個人の負債が高額になる可能性があり、将来の不安に直結します。しかし、自身で最適な保険を選ぶのは専門知識が必要になるので、忙しいなかでミスのできない判断をするのは得策ではありません。


そこで、今日ではベビーシッターの間でも「法人保険のプロ」へ無料で何度でもリスク対策を相談できる「マネーキャリア」の活用が必須となっているのです。


丸紅グループが運営するマネーキャリアでは、個人事業主や経営者からの相談が毎月30件を超えており、損害保険のプロが、ベビーシッター事業に必要な補償を比較しながらアドバイスを受けられます。相談実績は80,000件以上、満足度は98.6%と非常に高い水準を誇る点からも安心して使えます。

リスク対策や最適な損害保険の無料相談が何度でも可能:マネーキャリア(丸紅グループ)

保険に関する全ての悩みにオンラインで相談できる

マネーキャリア:https://money-career.com/


<マネーキャリアのおすすめポイントとは?>

・お客様からのアンケートでの満足度や実績による独自のスコアリングシステムで、法人保険のプロのみを厳選しています。

・保険だけではなく、総合的な事業リスクへの対策を踏まえて「自社の理想の状態を叶える」提案が可能です。

・マネーキャリアは「丸紅グループである株式会社Wizleap」が運営しており、満足度98.6%、相談実績も80,000件以上を誇ります。


<マネーキャリアの利用料金>

マネーキャリアでは、プロのファイナンシャルプランナーに 「無料で」「何度でも」相談できるので、相談開始〜完了まで一切料金は発生しません。

マネーキャリアに無料相談する▶

まとめ:ベビーシッターにも損害保険は必須


ベビーシッター事業をおこなうなら、損害保険への加入は必須です。

  • ベビーシッター事業では「ベビーシッター補償保険」や「施設賠償責任保険」等で備えることが大切
  • ベビーシッターとして働く場合の損害保険を知っておく
  • マッチングアプリのベビーシッターは個人で保険に入る必要はない
  • 事業所によってはベビーシッター賠償保険に加入している場合がある
  • ベビーシッター事業におけるリスクや損害保険について相談するなら「マネーキャリア」がおすすめ

もしも預かっている子供が事故にあってしまった場合、高額な賠償責任を負うことになってしまいます。


マッチングサービスを利用して個人間の契約ができるベビーシッターなら、個人で損害保険に加入する必要はありません。しかし、補償されない場合などをよく確認することが大切です。


しかし、正しく保険に加入するには専門知識が必要なので、損害保険のプロに「何度でも無料で相談できるマネーキャリア」を利用するベビーシッターも急増しているのです。


無料相談予約は30秒で完了するので、ぜひマネーキャリアを使い、安心して事業に専念できる環境構築をしましょう。

マネーキャリアに無料相談する▶