50代の平均年収は?職種・業種・地域別に徹底解説!転職は可能?のサムネイル画像

「50代の平均年収を知りたい」「50代から年収を上げることは可能?」このような悩みを抱える人は多いでしょう。そこで本記事では50代の平均年収を職種別・地域別に紹介、年収を上げる方法についても解説します。ぜひ最後までご覧ください。

この記事の目次

目次を閉じる

50代の平均年収は?

こんにちは、マネーキャリア編集部です。


この前、50代の男性友人からこんな質問を受けました。


「自分の年収は平均的な金額か不安?」

「同じ50代の平均年収はどれくらい?」


50代は社会人人生の集大成となります。

会社の同僚や、同級生たちとのお酒の席で、いろんな話題で盛り上がることでしょう。


また、定年を迎えるまであと少し。

お世話になった会社へ最後のご奉公を、と気持ちになるかたわら、同年代のは「いったいいくらもらっているのだろう」と正直気にもなります。


そこで編集部では、いろんな視点から、50代の年収平均をまとめてみました。


この記事の内容は、

  • 50代の平均年収(年収900万円の割合は少ない)
  • 50代の職種平均年収の比較
  • 50代の都道府県別平均年収の比較
  • 50代が年収を上げる方法
  • 50代が年収アップのため転職は可能?
5つの内容から、自分の年収が納得できる金額なのか、知ることが出来ます。


また、今からでも大丈夫!年収アップの方法や、転職の相談・資金の運用相談など、知りたい内容をわかりやすく紹介します。


この記事を通して、50代ならではの悩みの解消に、役立ててもらえたら幸いです。

50代の平均年収!年収900万円の割合は少ない!


気になる50代の平均の年収は、510万円~570万円と統計で発表されています。

国税庁の発表では、年齢層で一番高い平均年収は、50代の方だそうです。


ではこの中で、年収が900万円の割合がどの程度あるのか、ある転職サイトの調査によれば50代の7%が年収900万円~1000万円未満で、1000万円以上は21%になります。


これらから推測すると、50代の年収900万円の割合は、およそ13%前後となるでしょう。


(参照:総務省統計局調査)


ここからは、50代の年収をテーマに沿って紹介します


  • 1歳ごとの50代の平均年収
  • 50代の手取り平均額
  • 雇用形態別の50代の平均年収
  • 学歴の違いによる50代の年収の違い
では、一つずつ紹介していきます。

1歳ごとの50代の平均年収

ここでは、1歳ごとの50代の平均年収をまとめた表を紹介します。

項目を、正社員の男女で年齢別にまとめてみました。


年齢男女別
50歳【男性】 630万円
【女性】 423万円
51歳【男性】 641万円
【女性】 423万円
52歳【男性】 641万円
【女性】 416万円
53歳【男性】 666万円
【女性】 444万円
54歳【男性】 701万円
【女性】 434万円
55歳
【男性】 676万円
【女性】 437万円
56歳【男性】 687万円
【女性】 429万円
57歳【男性】 691万円
【女性】 422万円
58歳【男性】 696万円
【女性】 471万円
59歳【男性】 772万円
【女性】 484万円

参考:【年代別・年齢別】平均年収ランキング最新版 転職ならdoda

50代の手取り平均額

この表の参考データを現金給与額※をもちいて算出しました。

現金給与額は、税金や保険料などが引かれる前の給与額です。


就業先の個人で差がありますが、現金給与額から税金等で20%引いた額を表にしました。


50代男性・女性・男女計でまとめましたので参考にしてください。


50代男性

年代別金額
50代前半(50~54歳)36万5200円
50代後半(55~59歳)35万2080円
50代女性
年代別金額
50代前半(50~54歳)
22万9360円
50代後半(55~59歳)22万2080円
男女計
年代別金額
50代前半(50~54歳)
31万9840円
50代後半(55~59歳)30万9920円
参考:比較Plus

この表でわかることは、50歳後半が手取りが減っていることです。
その特徴は、企業の多くが取り入れている「役職定年」の影響と考えられます。

50代後半になると、手取り額が減ることを頭に置いておきましょう。

※現金給与額とは、厚生労働省がまとめている賃金構造基本統計調査の中の「年齢階級別きまって支給する現金給与額」という項目があります。
この現金給与額には税金等差し引く前であり、各種手当なども含めた総額となります。

雇用形態別の50代の平均年収

50代の平均年収を正規雇用と非正規雇用で表にしました。
男性と女性で分けています。

男性・正規雇用/非正規雇用
正規雇用非正規雇用

50歳/661万円 

50歳/310万円  
51歳/677万円51歳/309万円
52歳/688万円52歳/308万円
53歳/694万円53歳/308万円
54歳/700万円54歳/307万円
55歳/702万円55歳/306万円
56歳/700万円56歳/306万円
57歳/693万円57歳/309万円
58歳/675万円58歳/315万円
59歳/645万円 59歳/330万円
女性・正規雇用/非正規雇用
正規雇用非正規雇用
50歳/464万円
50歳/245万円
51歳/467万円51歳/245万円
52歳/470万円52歳/245万円
53歳/471万円53歳/244万円
54歳/470万円54歳/243万円
55歳/468万円55歳/241万円
56歳/466万円56歳/241万円
57歳/460万円57歳/240万円
58歳/453万円58歳/241万円
59歳/441万円59歳/244万円

学歴の違いによる50代の年収の違い

50代の年収の違いを、学歴で分けた表を作りました。
男女別で前半・後半に、高卒、高専・短大卒、大卒で分けています。

50代前半

学歴男性女性
高校卒556.8万円506万円
高専・短大卒654.4万円459.2万円
大学・大学卒870.4万円752万円

50代後半

学歴男性女性
高校卒506万円322万円
高専・短大卒571万円402万円
大学・大学卒752万円534万円

参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」

職種別に50代の年収を比較

職種別で50代の年収を比較した表を作りました。


50代の年収・職種別

職種金額
専門職
(コンサルティングファーム・ 専門事務所・監査法人)
770万円
企画・管理系761万円
技術系(IT・通信)691万円
技術系(電気・電子・機械)680万円
金融系専門678万円
営業系676万円
 技術系(メディカル・化学・食品)637万円
技術系(建築・土木)567万円
クリエイティブ系 540万円
事務・アシスタント
416万円

参考:【年代別・年齢別】平均年収ランキング最新版 転職ならdoda

50歳で年収1000万を超える可能性がある仕事・職種

50歳で年収1000万を超える可能性がある仕事は、経営者を除いた職種で、医師弁護士公認会計士などを例に挙げて紹介します。


収入が高いイメージがあるのが、やはり医師ではないでしょうか。

その勤務の形態や、受け持つ科などによって収入に差がありますが、開業医でなくても、厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」では、医師の平均年収は1100万円以上となっています。



弁護士や公認会計士など、「士」の付く専門性の高い職種は年収が1000万円を超えると有名です。特に弁護士は大手の法律事務所で「インハウスローヤー」として活躍、実績を積むと1000万円以上の年収は軽く超えていきます。


また、一般企業でも平均年収が1000万円前後の企業では、50歳代の年収は1000万円を超えます。

サントリー食品インターナショナル(株)公表している2020年度の平均年収は1118万円。その中で、50代の平均年収は1300万円以上になると公表されています。

50歳の公務員(地方公務員・教師など)の年収給与を紹介

公務員といえば、国家公務員地方公務員に分けられますが、公務員全体の平均年収は682万円(令和1年度)と公表されています。


内訳として、

  • 国家公務員の平均年収が698万円(人事院発表)
  • 地方公務員の平均年収が666万円(総務省発表)

参考:「平均年収JP」


50歳代の平均年収は800~900万円前後ですが、地方公務員でも1000万円を超えるケースはあります。

東京都の職員では、課長級で1000万円前後部長級では1200万円を超える年収モデルが公開されています。(東京都人事委員会公表)

もちろん、全員が1000万円を超えるわけではなく、部長局長クラスの役職によります。


教師の場合は、小学校・中学校・高校で差があります。

内訳として、

  • 小学校教員の平均年収は676~700万円
  • 中学校教員の平均年収は676~700万円
  • 高校教員の平均年収は700万円

参考:「平均年収JP」


その中で50代の平均年収は、

  • 小学校教員の平均年収は782~898万円
  • 中学校教員の平均年収は708万円
  • 高校教員の平均年収は823~859万円

50代平均年収では、管理職になると一般職に比べ100万円ほど高額になります。


参考:総務省「地方公務員給与の実態」

都道府県別50歳の平均年収ランキング

47都道県別の、50歳の平均年収をランキングにしました。


順位都道府県平均年収
1東京都784万円
2大阪府672万円
3

神奈川県
愛知県
616万円

5福岡県
宮城県
茨城県
栃木県
群馬県
千葉県
石川県
福井県
長野県
静岡県
三重県
滋賀県
京都府
兵庫県
奈良県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
560万円
24北海道
岩手県
山形県
福島県
埼玉県
新潟県
富山県
山梨県
岐阜県
和歌山県
鳥取県
島根県
香川県
愛媛県
高知県
長崎県
熊本県
大分県
鹿児島県
504万円
43
青森県
秋田県
佐賀県
宮崎県
沖縄県
448万円

年収は地域によって、当然変動します。

比較した結果、50歳平均年収が一番高いのは東京都で784万円

その逆で一番低いのは沖縄県ほかで448万円でした。

50代が年収を上げる方法を紹介

地域に限らず50代から年収を上げるには、もっているスキルアピールして転職する方法。または、独立に向けた資格取得が有効でしょう。


この章では、50代が年収を上げるために役立つ資格を、独立と転職に分けて紹介します。


50代でも年収アップが期待できる資格とスキル


資格の種類
独立に役立つ資格・宅地建物取引主任者
・ファイナンシャルプランナー
・中小企業診断士
・土地家屋調査士
・税理士
・弁護士
・弁理士
・行政書士
転職に役立つ資格・簿記1級
・社会保険労務士
・TOEIC
・VBAエキスパート
・情報セキュリティマネジメント検定
・MOS(マイクロオフィススペシャリスト)
・フォークリフト運転免許
・調理師

50代でも年収アップを目指すおすすめ転職サイト


資格の種類
スカウト・紹介型サイト・キャリアカーバー
・ビズリーチ
・JACリクルートメント
・リクルートエージェント
・dodaエージェントサービス
・パソナキャリア
・From40スカウト
求人検索型サイト・From40
・リクナビNEXT
・エンミドルの転職
・doda

今もっているスキルを活かして、転職で年収アップを実現させましょう。

50代でも役立つ資格やスキル

自分に役立つ勉強を始めることは、50代からでも遅くありません。

本人のやる気があれば、スキルアップは十分可能です。


ここからは、50代からでも役に立つ、資格スキルを3つ紹介します。

  • ファイナンシャルプランナー
  • 税理士
  • 行政書士

ここで紹介するファイナンシャルプランナー(FP)とは、独立型FP・勤務型FP・副業型FPの3つ、簡単に紹介します。


勤務型FPとは、今働いている会社で、知識やスキルを活かして働く方法です。

金融・保険・不動産・証券関係などで、FPの資格を取り業務に活かしたり、資格手当が支給され、給与アップの目的でもあります。


独立型FPとは、文字通り独立して収入を得る目的のための資格取得です。


副業型FPとは、本業と兼務しながら、FPの仕事をする方法です。その内容は、セミナー講師や金融商品販売代行、文筆活動などで収入を得る方法があります。


FPの資格は、将来独立を目指す場合でも、本業と兼務しながらできるので、FPの経験を積みやすいメリットがあります。


税理士の資格取得の方法は、科目選択制度を利用し、全11科目から5科目自由に選択しまます。税理士資格を取得するには、その5科目すべてに合格する必要があります。


しかし、一度合格した科目は、永久に有効となる科目合格制度を利用できるため、一度に5科目の試験に合格する必要はありません。


そのため、自分の状況に合わせて、試験合格のためのスケジューリングが必要不可欠です。働きながら勉強する時間の確保や、科目選びを綿密に行えば合格の可能性がグッとあがるでしょう。



行政書士とは、国家資格の一つで法律家です。仕事内容は、書類作成や申請代行の業務を担う仕事で、会社設立の登記・相続手続きなど、法律にかかわる業務内容となります。


資格取得の方法は、試験は毎年11月にあり、内容は行政書士の業務に関する法律と文書理解で、合格の目安は、300点満点の180点以上で合格となります。


独学でも、もちろん合格可能ですが、予備校を利用することをおすすめします。

50代の転職に役立つ資格やスキル

この章では、転職に役立つ資格やスキルの中で、簿記・社労士・調理師につて話をします。


簿記の資格では日商簿記が有名です。初級から1級までの4段階あり、基本的には3級から始め、ある程度知識や経理の経験がある方は、2級から始めるといいでしょう。

1級取得には難易度が高いですが、取得していることで転職率は格段に上がるでしょう。


社会保険労務士は、難関資格の中で役に立たない代表格ともいわれています。

その理由は、「お金にならない資格」のイメージが強いようですが、その資格とスキルを活かし働く場所はあります。


年金事務所・ハローワーク・労働基準監督署などがあり、コンサル・講師なども手掛けることができます。転職にも役立ちますが、独立もしやすい資格の一つです。


転職に役立つ資格の一つに調理師があります。

資格を取得するためには、2つの方法があります。

  • 調理師試験に合格し免許申請取得する方法
  • 調理師養成施設を卒業し免許申請取得する方法
試験の合格率は60%くらいで、国家試験の中では比較的低い難易度です。

しかし、受験資格があり、調理師専門学校に通学するか、実務経験が2年以上ないと受験できないので注意が必要です。


免許取得で、レストランやホテル、給食施設などへの転職に有利になります。また、将来独立してお店を持ちたい方などにとっては、取得しておきたい資格の一つです。

50代の年収アップには副業も効果的

年収アップには副業が有効です。 

近年では、兼業・副業を認めている企業も増えてきました。勤務先で許されるのなら、副業で収入を増やすのも方法の一つです。 


年収を上げる理由としては、 

  •  老後資金の積み上げ 
  • 本業以外での収入源の確保 
まずはスキマ時間を有効に使って、稼ぐ方法を見つけましょう。


おすすめの方法とは、

  •  空き時間を使ったアルバイト 
  • フリーデリバリーに登録して働く
  • 代行業に登録して働く 
  • クラウドソーシングで働く
  • 趣味感覚でネットで稼ぐ 
副業といっても、自分にあった仕事でなければ稼げません。また、会社に申請の義務や、競合する副業はNGの場合もあるでしょう。 


注意点が一つ、副業の所得20万円を超えたら確定申告が必要です。

副業でもらった給料は「給与所得」、経費が認められる収入は、「事業所得」「不動産所得」「雑所得」の3つ。 


収入元が2か所以上になると、確定申告を必ず行いましょう。 

50代から少額投資も可能

50代から始める投資で思い浮かぶのは、どのようなものでしょうか?

例えば、

  • 株式投資
  • 債券投資
  • 仮想通貨
  • FX
他にもありますが、50代から小額で投資ができるとなると限りがあります。

投資といえば、「リスク」がつきものです。少額でも投資するとなれば「リスク」は回避したいと誰もが考えます。


そこで考えるポイントは、投資に回す金額もそうですが、一番大切なのは「投資の目的」は何かです。


目的で考えると、年金や退職金に積み増しをして、「老後の資金の足しにする」というの考え方がベストといえるでしょう。その目的で考えると、iDeCoNISAなど、50代からはじめても、充分にメリットのある投資商品です。


セカンドライフをさらに充実させるために、50代からの小額投資も十分可能です!

50代が年収アップのために転職するのは可能?


50代が転職を考える理由の一つは、年収アップです。


年収アップを目指すなら、今の自分を正しく評価してくれる会社への「転職」を考えるのも方法の一つです。


50代は、管理職・専門職としての経験や、豊富な知識・スキルを持ち合わせた方が多いでしょう。ご自分のキャリアとマッチする転職先を見つけることが最優先となります。


この章では、好条件で「転職」を可能にするために、3つのポイントを紹介します。

  • キャリアを見つめ直して希望条件を絞る
  • 豊富な知識やスキルを求める企業は多い
  • おすすめの転職エージェントを紹介
最大の準備をして、転職に活かしましょう。

キャリアを見つめ直して希望条件を絞る

まずは、これまでの自身の職歴を詳しく整理してみましょう。

今までのキャリアは、アピールしなければ応募先には伝わりません。時間をかけて自身のキャリアを見つめ直してみましょう。


転職する際に考えるのが、「できるだけ好条件で」と誰もが考えます。

しかし、転職においては希望する条件を絞ることが重要です。求める条件をハッキリと決め、希望条件を絞り込み、優先順位を決めることが大切です。


自身が求める条件が決まると、求人情報のチェックがより具体的になり、応募先選びがスムーズになること間違いナシです。

豊富な知識やスキルを求める企業は多い

50代での転職は、若い世代での転職よりも厳しいのが現実です。

しかし、転職先が求める条件さえクリアできれば、歓迎され転職することができます。


現実的に、ベテランを求める会社は意外と多いです。

求める内容は、

  • 培ってきた知識と経験
  • 専門的な高いスキル
  • 若手社員の教育・指導役
など、職場内のまとめ役を任せてもらうケースも多いです。

そのため、50代での転職はマッチングがうまくできれば、好条件で採用される可能性が高くなります。

おすすめの転職エージェントを紹介

ここからは、50代におすすめの転職エージェントを紹介します。
転職エージェントは、今のキャリアで役職はもちろん、専門的に高いスキルを持ち、その経験が長い方におすすめです。

とくに年収が高いハイクラス層の方や、役員・管理職経験者のエグゼクティブ層の方は転職エージェントを利用し、転職先を紹介してもらうことをおすすめします。

そこで、編集部がおすすめする2つの転職エージェントを紹介します。


JACリクルートメント


JACリクルートメントの強みは

  1. 外資系・グローバル企業に強い
  2. 業界特化型のアドバイザーによる的確なアドバイス
  3. ハイクラス向けの転職支援に特化


ビズリーチ


ビズリーチの強みは

  1. 1,000万円以上の求人が3分の1以上
  2. 厳選された企業、採用企業数15,500社
  3. 一定の基準を満たした優秀なヘッドハンター
転職エージェントをうまく活用する方法は、複数のエージェントに登録をして、無料でアドバイスを受けましょう。最終的に2つ程のエージェントに厳選していくと、納得いく形で転職活動が進められます。

資産運用について迷ったらお金のプロに相談すべき理由

50代で今から「資産運用」をと考えている方は、多いと思います。

しかし、「多少興味はあるけど…」「今から始めるのはどうなの?」など、不安を抱えている方もいると思います。


資産運用や投資をためらう理由は、

  • 知識が少ない
  • 時間が取れない
  • まとまった資金がない
  • 損したくない

また、実際に資産運用を始めると考えるば、こんな不安もあるのは事実でしょう。


  • 50代ではじめても実際資産はどれくらいふえるの?
  • 何に投資すればいいのかわかりづらい

そこで、編集部がおすすめするのは、「迷ったらお金のプロに相談する」ことです。

マネーキャリアでは、無料のFP相談サービスがあり、資産運用について様々な知識の中からアドバイスできます。


例えば、

  • 金融機関の選び方・取引先について
  • 取引先で扱う商品の違いについて
  • 加入後の費用やコストについて
  • 資産運用商品の組み合わせ
など、相談についてアドバイスを無料で受けることができます。


マネーキャリアは、3,000以上のFPと提携し、FPのプロ集団で運営しています。スマホで簡単にサービスを利用できるのも魅力の一つです。


相談は何度でも無料!顧客満足度93%を誇る、マネーキャリアの無料FP相談サービスが気になる方は、下記のボタンから詳細をチェックしましょう。

マネーキャリアの無料FP相談の詳細はコチラ

まとめ:50代からも年収アップを目指せる

この記事では、50代の平均年収について、様々な内容をわかりやすく解説してきました。


また、50代からも年収アップ目指せることについても、紹介してきました。

おさらいすると、

  • 50代が年収を上げる方法とは
  • 年収アップのために転職は可能
  • 資産運用について
この記事で、50代からでも年収アップを実現できると、理解いただけたのではないでしょうか。また、実践することでキャリアアップも含め、転職独立も可能になり、さらにやる気に満ち溢れることでしょう。


50代といえば、「人生の成熟期」ともいわれています。これまでの経験を、この先にどう活かしていくのか、重要な世代でもあります。


そんな50代の方に、マネーキャリアでは他にも参考になる、読んでいただきたい記事が、数多く掲載されています。是非、ご覧になりご自身の糧になると幸いです。

記事監修者「谷川 昌平」

この記事の監修者谷川 昌平
フィナンシャルプランナー

東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。