お金の勉強はどこから始める?東大卒FPが語るお金を学ぶの勉強術を徹底解説のサムネイル画像

お金の勉強はどこからどこまで?初心者は何から勉強したら良い?効率的に勉強する方法はあったりするの?そんな悩みを抱える方に、東大卒FPが勉強方法を徹底レクチャーします。おすすめの本・無料セミナー・情報発信SNSを紹介しています。

この記事の目次

目次を閉じる

お金の勉強って何を学べば良い?どこからやるのが効果的?

こんにちは、マネーキャリア編集長の谷川です。


先日20代の女性の友人から、こんな相談がありました。

年金とか税金とか、お金の勉強をしたことがないんだけど、不安だし損している気がするから基本から教えてほしいです。

ここ数年、2000万円問題に端を発する将来の年金の受取額、資産形成に関する疑問や、所得税(源泉徴収って?なども)・住民税などの税金に関する興味関心にのお金のご相談が非常に増えています。


「お金の勉強の方法は学校で教えてもらいたかった。」


日本では、学校でお金の勉強、金融教育が不十分との声を聞きます。

実際、日本証券業協会の学校の教師に対するリサーチによると、中学校、高校での金融教育の授業時間の確保状況について不十分であると考えています。


今回は、学校でも教えてもらえなかったお金の勉強について、東大卒FPとしての勉強方法を体系化して解説していきたいと思います。


どこから勉強すれば良いか、何から勉強すれば良いか、で悩んでいる方の第一歩のお手伝いになれば幸いです。

お金の勉強はまずその目的を決めることから始める

まず、お金の勉強に関わらず、勉強の基本は「目的意識」です。東大受験でも、会社の研修でも、まずは目的を持って勉強することが何よりも重要です。


勉強における目的の意義

当初の悩みの解消に向かっているのか、定期的にチェックできる

自分ごと感が増し、学びの質が大きく変わる

方法論にとらわれず、継続して勉強を続けることができる

お金の勉強とはいっても、知識として身近な節約や家計管理だけではなく、税金や資産形成、保険など、難しい内容も含んできます。


最初は楽しく勉強できていても、難しい内容の理解になると、どんどん学びのモチベーションは落ちてきます。目的が薄いと、最後まで本を読みきれない、オンラインのセミナーに参加しても頭に入ってこない、なんてことになってしまうと思います。


継続して高い質のお金の勉強をするために、ぜひまず目的を設定してみましょう。例えば「年金や税金のニュースが理解できる程度に勉強する」などの簡単なものでも良いと思います。


そもそも、「ふるさと納税の仕組み」など難しい内容については勉強しない、と決めておくのも良いと思います。

お金の何から勉強すれば良いのかの全体像を知ること

目的が立てられたら次はお金の勉強の計画です。


とはいえ、多くの人がどこからどこまで勉強すれば良いのか、何を勉強すれば良いのかがわからないと思います。


一般的なお金の資格には、FP資格(ファイナンシャルプランナー技能資格)というものがあります。FP資格を取得するまでに必要な知識をまず一般的な知識とすると、下記のものがあります。


FP資格試験の内容

  1. ライフプランニング
    社会保険(健康保険や失業保険など)・公的年金・税金 
  2. リスク管理
    生命保険、損害保険、リスクマネジメントの方法
  3. 金融資産運用
    預貯金、投資信託、株式投資など
  4. 税金
    所得税や住民税の算出方法、税金の制度全般
  5. 不動産(応用知識です)
  6. 相続(応用知識です)

の6項目です。


初心者のお金の勉強には、1~4の項目で十分な内容だと思います。必ずしもこの順番に丁寧に勉強すべきという意味ではなく、お金の勉強の全容を把握する上での一覧なので、その点には注意しましょう。


今勉強すべき、お金の知識の重要テーマ

目的にもよりますが、少なくとも理解しておかないと今後困るであろう3テーマは

  • 年金の受取額の把握(年金制度と私的年金)
  • ライフプランの設計と資産形成
  • 所得税、住民税、などの税金の基礎知識

の3点になります。


お金の勉強の流れ


お金の勉強の流れは、知識をつけ実践をする、こと以外にはありません。


ここで多くの人が止まってしまうのが、「実践をする」ということをやりません。例えば、ライフプランの知識をつけて、保険の見直しや資産形成をやってみる、例えば、投資の勉強をして、実際に投資のポートフォリオを組んでみる、例えば、税金について勉強して、ふるさと納税や不動産投資などで節税してみる、などです。


知識と実践は本来セットのはずで、どこからどこまでお金の勉強すれば良いのか、という質問をいただいたら、「実践までです」と答えるようにしています。

具体的なお金の勉強方法について

今回の記事では

  1. お金の勉強のための本
  2. 初心者向けのマネーセミナー
  3. お金の情報発信をしているSNS
をメインにまとめていきます。
各注意点もまとめているので、最後まで読んでいただければ幸いです。

お金の勉強はどこから?本で学ぶならおすすめしたい5冊

まず最初に勉強しようと考えるのが、お金の勉強になる本などを購入して読んでみよう、かと思います。


しかし、お金の勉強の初心者の方が本を読んで勉強しようとすると。ミスしがちなポイントが2点あります。

  • 難しい本を選んでしまい、挫折する
  • たくさん本を選んでしまい、全部読めない

FP資格が欲しいわけじゃないけど、勉強になるから、FP3級の本を買ってみて読んでみた、などという方は要注意です。まずは、全体を網羅的に知識を入れる、というよりは興味関心度の高いお金のテーマを知り、継続的に勉強ができる方が優先です。

ですので、今回は、読みやすい、サクッと読める、理解しやすい、を中心に厳選した3つをご紹介します。どんな方におすすめなのか、簡単な書籍レビューも行います。

マネーキャリアが無料でお金全般のガイドブック本を公開


マネーキャリアでは、ライフプランの教科書、というお金の基本本を無料でプレゼントしています。


プレゼント条件としては、マネーキャリア公式の無料LINEに追加することで、LINE上でライフプランの教科書を閲覧することができます。


どこから勉強した方が良いのか悩んでいる、という方には最適な一冊と自負しています。


ぜひご連絡いただけたらと思います。


「初心者におすすめ」編では、ライトにお金の基本や構造を学べる本を、「初心者から脱却」編では、より体系的にまとまった専門的な本を選びました。最後に、本の選び方の注意点を自分なりにまとめていますので、参考にしてみてください。

初心者におすすめ①:漫画バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金

マネー本の原点とされる、「バビロンの大富豪」(ジョージ・S・クレイソン著)を分かりやすく漫画化した本です。


古代において、世界で最も裕福だった都市バビロンの大富豪の、お金に対する考え方が物語形式でまとめられています。100年以上前に書かれた本ですが、「お金に愛される」という非常に本質的なことが書かれているため、今でも読み継がれています。


内容としては、貧乏にならないためにするべき、

  • 正しいお金の貯めかた
  • 正しいお金の使いかた
  • 正しい働きかた

の3つの要素が「5つの黄金法則」として説明されています。


この本の特徴は、マンガであることです。1~2時間ほどで読めてしまうと思うので、気になる方はぜひお読みください。


amazon:「漫画バビロン大富豪の教え」

30代女性


「バビロン大富豪の教え」の読者

読んで良かったと思える「お金」のお話は初めてでした。

これは良き心を持っていて、ちゃんとした目を持てば、なんとかなりそうなそんな明るい気持ちになる本です。

いつもなら「お金」をテーマとした本は難しかったり、実際に行動するまでのハードル高かったり、動けなかったり、この人だから成功出来たんでしょ、と思うものでした。

お金の厳しさ、人の厳しさ、人生における身近な人の死も書いてあるものです。

しかし「1割を貯蓄する」というシンプルな教えから、「お金」を生み出す仕組みが書かれています。

あまり記載はされていませんが、ところどころに出る主人公の人柄からも学ぶことがありました。

初心者におすすめ②:いま君に伝えたいお金の話(村上世彰)

「いま君に伝えたいお金の話」は、投資家の村上世彰著のお金の社会的機能について書かれた本です。中高生でも理解できるように、わかりやすい言葉で書かれています。


本書は、

  • お金の機能
  • お金の使い道
  • お金に関して日本人が抱える問題点

の3つの要素で構成されています。


例えば、「お金の機能」は以下の3つであると述べられています。

  1. 何かと交換できる
  2. 価値を測ることができる
  3. 保管することができる

考えてみれば非常に当たり前なのですが、これらの要素について深く考える機会は少ないです。筆者は、「日本人は『3.保管することができる』の機能を重視しすぎていて、社会にお金が存在するメリットを最大限に引き出せていない」と指摘しています。


上で紹介した本「バビロン大富豪の教え」は、どちらかというと個人が使うお金にフォーカスしていました。一方こちらの本「いま君に伝えたいお金の話」は、社会におけるお金の話について書かれています。


amazon:「いま君に伝えたいお金の話」


50代男性


「今君に伝えたいお金の話」の読者

村上世彰氏が子ども向けに本を書いたという意外性にひかれて読んでみた。

村上氏の言っていることは至極真っ当であり、子どもたちの純粋な心に響いて、将来、お金というものと正面から向き合うときに大いに役立つことだろう。

そして、この本は、子どもたちだけではなく、大人にも読んでもらいたい。 残念ながら、日本ではお金に関する教育がなされることはほとんどなく、お金が大事なわけじゃないという綺麗事を並べながら、実際にはお金に縛られている大人が多いのではないだろうか。

お金と正面から向き合い、お金に縛られない生き方をするためのヒントとして、大人にとっても意味のある本だと思う。

初心者におすすめ③:働く君に伝えたい「お金」の教養(出口治明)

「働く君に伝えたい「お金」の教養」は、ライフネット生命の創業者である出口治明著がお金に関する知識全般を対話形式で説明した本です。


タイトルにある5つの講義の内容は、お金を

  • 知る
  • 使う
  • 貯める
  • 増やす
  • 稼ぐ

ことについてです。


それぞれの講義では、時代背景を含めながら、考え方や注意点がまとめられています。


例えば、「3.貯める」では、日本人は世界的に見て貯金が多い民族だが、必要最低限(収入の1年分)の貯金以外は貯める必要がないと述べています。日本人に貯金しがちな国民性があることの背景として、戦後間もない時期の話が紹介されています。


当時の政府は復興資金を調達するために、国民が金融機関に預けたお金を復興資金に当てる政策を打ち出したそうです。そのため国民は、政府によって預金することを推奨されました。いまでもその政策の影響があり、日本人はお金の多くを預金するそうです。


また、20代におすすめのお金の勉強方法についてまとめた記事もありますのでそちらもあわせて読むとこの本の理解が深まるでしょう。


amazon:「働く君に伝えたい「お金」の教養」

20代男性


働く君に伝えたい「お金」の教養(出口治明)

題名から、お金についての本のように見えるが、これはお金の本であり、生き方の本だ。

それは、お金をどう使うかという事が、どう生きるかという事に直結しているからだ。 本の帯には、年収200万円から1000万円まで、と書かれているが、これもまさにその通り。 出口先生のすごいと思う所はたくさんあるけど、この本について出口先生のすごい所は、 1つ目は、さすが保険業界の生き字引、年収も性格も何もかもバラバラの何百万人の人達に共通する、原理原則を知っておられる事。 2つ目は大量の読書を通して、古今東西の人間社会の本質を理解されている事。 3つ目は、出口先生の理解した事を、とても分かりやすい言葉で、丁寧に教えて下さる事。

初心者から脱却①:3級FP技能士テキスト(きんざい)

「最短合格FP技能士3級」は、お金に関する資格の代表格であるFP資格(ファイナンシャルプランナー技能資格)の3級を取るための参考書です。図表を多様していて、過去の出題傾向から厳選された箇所が解説されています。


FP資格は1~3級まであり、特に3級についてはお金に関する知識を網羅する内容となっています。


専門性はそれほど高くなく、資格としてのポテンシャルは低めではありますが、生きていく上で大切な知識を身に着けるという観点では最高の資格です。


一般に3~6ヶ月で取得できると言われているので、日々の隙間時間に勉強してみてはいかがでしょうか。


また、お金に関わる資格についての記事もありますのでそちらもあわせて読むと、自分に合った資格について勉強することができます。


amazon:「最短合格FP技能士3級」

20代女性


「「最短合格FP技能士3級」」の読者

こんばんは。

私はこの5月に3級受けました。

使用したテキストは金財の「最短合格FP技能士3級」です。

このテキストは、ひとつひとつが見開きページ(つまり2頁)で完結しているので取り組みやすいですよ。

実際の試験の解答合わせをしましたら、学科及び実技ともほぼ満点でした。また生活の知識が、勉強する前とした後では全然違うので、FP試験自体を受けることはとってもおすすめですよ。

また、今度は9月の2級を取得しようと思っていますが、このテキストの知識で、金財の2級過去問(学科のみ)を解いてみたら、7割取れましたので、この先も級を進めるのにもピッタリだと思ってます。

初心者から脱却②:元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いたこれからの投資の思考法(ウェルスナビ柴山和久)

「元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いたこれからの投資の思考法」はウェルナビCEOの柴山和久著の、投資の知識全般に書かれた本です。


遠くない未来、退職金や年金だけでは暮らせない時代が来るかもしれません。そんな中、投資に目を付ける人が多くなってきました。お金の勉強の中の、投資分野に関する本であるため、投資・資産運用について詳しく知りたいと感じた方にはおススメです。


以下のポイントについて書かれています。

  • 著者の投資失敗談
  • 具体的な資産運用法
  • 人間の脳の特徴
  • 未来の在り方

本では、資産運用を人間がするのではなく、ロボットに任せる時代になっていると主張されています。データ、グラフを用いて、資産運用を考える上で必要な思考法について解説されているので、気になる方はぜひお読みください。


amazon:「元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いたこれからの投資の思考法」


30代男性


「ここからの投資の思考法」の読者

いわゆる「自分はこうやって資産○億を作ったぜ!」というようなテクニック本では全くなく、老後を安心して過ごすために、どのように資産形成すれば良いのかということを、非常にわかりやすく書かれています

。20代から50代くらいまで、幅広くためになる内容だと思い、家族はもちろん、若手社員にも薦めたいなと...。

また、著者自身の投資失敗事例についても触れられているため、「財務省、ハーバード、マッキンゼー」のような華麗な経歴の人でも、投資では自分たちと同じような失敗をしているのか…!」と安心して読み進めることができます。

個人的にはウェルスナビ創業のエピソードにも胸を打たれました。

私自身、起業家した当初は本当にお金がなかったので、「フラペチーノ事件」のくだりはとても共感できます… 今日の昼頃にAmazonから届いて、一気読みしてしまいました。(気づけば外が暗くなっている!)

正直、「もっと早く読みたかった!」というくらい良い本です。 

お金の参考書の選び方の注意点

「お金の知識に関する●●」というラベルでFPやインフルエンサーが本を出版しています。


私個人として、金融本を購入する上では、「誰が書いているのか」を重視視します。もちろん、本を実際に読んでみてその内容で最終的には判断しています。


本とは、その人の経験が濃縮されて体系的にまとめられたもの、という認識なので、「その人がどんな経験を経ているのか」が特段重要になってくると思います。


お金の勉強本でよくあるのが、独立系のFPが書きました、YouTubeで情報発信している製作者が書きました、など、実際の金融実務に関わっていない方が中にはいる可能性があることです。一般的な内容については問題ないのですが、主義主張や思想が偏っているケースが散見されるので注意が必要です。


本当に正しい知識を学びたいのであれば、金融実務をこなしていた方、もしくは金融庁などの公的機関の情報発信の本を参考にするのが良い気がしています。

初心者向けマネーセミナーでFPからお金の勉強方法を知る

その他の方法として、初心者向けのマネーセミナーに参加することもできます。


マネーセミナーでは、お金に詳しいFP(フィナンシャルプランナー)の方が30~90分にわたり講義をしてくれます。ほとんどはオンライン上で開催されていて、気軽に参加できるものが多いことが特徴です。


マネーセミナーに参加するメリットとして、

  • 加入している保険内容を見直すポイントがわかる
  • 現在の株や医療制度を知ることで、現在の経済状況が分かる
  • 金融商品の種類や、資産運用のメソッドを知ることで、お金の増やし方を学べる

があります。


いずれの目的にせよ、プロの方の話を聞ける機会はあまりないので、参加してみてはいかがでしょうか。

マネーキャリアが運営する無料マネーセミナー【初心者におすすめ】

マネーキャリアでもマネーセミナーを開催しています。


月1度のペースで開催していて、講義時間は約1時間、参加者は平均して200人ほどです。前回は「マネープラン」に関するセミナーをオンライン上で開催しました。


初心者にとって非常に参加しやすいものとなっています。ポイントは以下の5つです。

  • 参加費無料
  • オンライン開催
  • 当日に公式LINEから送られてくるURLをクリックするだけで参加できる
  • 参加予約はなく、途中入退室自由
  • 勧誘やセールスがない

マネーセミナーに興味があるけれど、どのマネーセミナーがよいかわからないという方は、マネーキャリアのマネーセミナーに参加してみてはいかがでしょうか。

初心者には気をつけて欲しいマネーセミナーの注意点

では、マネーセミナーに参加するにあたって注意すべきことはなんでしょうか。それは以下の4点です。

  • ある程度は勧誘される
  • セミナー後にたくさんメールが送られてくる
  • 必要のない契約を結ばないようにする
  • 講師によってセミナーの質が変わる

セミナーは基本無料で行われていますが、企業側からすればセミナーで集客して収益を上げたい思いもあるはずです。そのため、勧誘が完全にないわけではないことを知っておきましょう。もし勧誘されたときのため、断り方も考えておくのもよいと思います。


繰り返しになりますが、セミナーには企業側の集客目的があります。よって、セミナー後には大量のメールが送られてくるかもしれません。もしメールを受け取りたくない場合、サブのメールアドレスでセミナーに登録することをおススメします。


セミナーで契約を結ぶ場合、本当に自分が求めている契約かどうかを真剣に考えてから契約しましょう。もし必要のない契約を結んでしまうと、のちのちトラブルに発展する可能性があります。


また、講師によってセミナーの質や内容が変わってしまうことは避けられません。事前にセミナー講師の情報を調べたり、口コミ情報を確認したりして、講師の質を見極めましょう。


お金の勉強ができるセミナーについての記事もまとめましたのであわせてご覧ください。

SNS(インスタ、YouTube)から学ぶ方も

本の他に、SNSでお金の勉強をしてみてはいかがでしょうか。


SNSならお金もかかりませんし、難易度としてはとても低いと思います。SNSで勉強するにあたり、注意すべきポイントが2つあります。

  • ただ見るだけになってしまい、アクションをとらない人がいる
  • 偏った思考に陥りやすい

情報を取り入れることはもちろん大事ですが、取り入れた情報をもとにアクションをとることも大事です。そうすることで、本当の意味であなたの助けになります。


また、SNSは本と比べて発信している人が信頼できる人なのかどうかの判断が難しいです。その人の経歴などを参考にしつつ、「情報の信頼性」という言葉を常に頭の片隅に用意しておくことが重要です。


今回は、わかりやすい、信頼できる、すぐ読める、を中心に厳選したSNSアカウントを2つご紹介します。

Youtube「両学長リベラルアーツ大学」

30代のIT会社経営者・投資家である両学長が、お金にまつわる基礎教養について発信しているYoutubeチャンネルです。


チャンネル登録者数102万人、総視聴回数1.6億回を誇ります。


書籍「本当の自由を手に入れるお金の大学」を執筆していて、Amazonレビューでは☆4.7の高評価を得ています。


動画の再生リストには、「増やす-資産を増やす力を育てよう」「人生論」「お金の勉強-初級編-初めての方はこちら」などがあります。


それぞれの動画では、スライドショーではなくマインドマップを用いられていることも特徴的です。


人気の動画では、「第49回【月3万円の配当金の1歩】日本の高配当株投資の始め方」「第57回 【誰でも月5万円稼げる】超初心者向け『楽天ポイントせどり』の攻略法」「第58回 10年以上『金のなる木』を買い続けた結果」などがあります。


気になった方は一度ご覧ください。



お金の勉強をする目的が決まっている方は、お金の勉強の目的別にYouTubeチャンネルをまとめた記事がありますのでそちらもご覧ください。

Instagram「まるきお金の勉強|時短家事|つくりおき」

まるきお金の勉強|時短家事|つくりおき」さんは、2人の子供を持つワーキングママさんです。投稿数は202、フォロワーは8.6万人です。


Instagramで以下の情報を随時発信しています。

  • ふるさと納税
  • 資産運用
  • 公的規制度
  • 家事の知恵
  • 料理のレシピ

Instagramの投稿は写真と文字に加え、表や図も使用されていて、非常に凝ったものが多いです。投稿例としては、「楽天スーパーセールの準備できていますか?」「鶏むね肉下処理」「iDeCoを知りたい!」などがあります。


個人的な印象としては、生活に直結する投稿が多く、日々の暮らしに役立つことは間違いないと思います。また投稿がとても工夫されていて、インスタグラマーの人の中で、得られる情報量が多いなと感じました。


気になる人はぜひフォローしてみてください。

東大卒FPがおすすめ!お金の勉強になるゲーム2選

実は、おすすめなのがオンラインゲームやボードゲームでお金の運用の重要性を体感する方法です。


知識として勉強できるとうわけではありませんが、ゲームだと勉強をしている感がなく、体感的に学習することができます。さらに、子どもと一緒にゲームをすることもできるので、親子で楽しみながらお金の基礎を学ぶことができます。実は知育にも有効であると考えています。


そこで数あるゲームの中から、東大卒FPがおすすめしたい2つのゲームを紹介します。家族や友達とゲーム感覚で楽しみながら、お金の流れを学んでみましょう。

オンラインゲームから:桃鉄(桃太郎電鉄)


2020年にSwitch版が販売されて多くの方が遊んだであろう、桃太郎電鉄シリーズです。不朽の名作ですね。

ゲームの概要

ゲームのプレイヤーは鉄道会社の社長になり、サイコロを振りながら、全国各地の物件を購入しつつ指定されたゴールを目指します。指定したゲームの年数が終了した時に、最終的に総資産が一番多い人が勝利するゲームです。


1台のSwitchで家族や友達と4人までプレイできたり、ネットでフレンドとオンライン対戦をすることもできます。


ゴールをしたら終了ではなく、ゴールをするたびに新しい目的地が指定されていきます。物件が販売されているマスに止まると、所有金の範囲内で物件や鉄道を購入する事ができます。物件を所有していると、年に1回の決算時に利益としてお金がもらえます。所持している物件が多いほど、決算時にもらえるお金は増えていくので、多額を現金で保有しているよりも、計画的に物件を購入して運用する方が、最終的に現金を増やす事ができます。 


またランダムでイベントが発生して、貧乏から一気にお金持ちになったり、たくさんあった現金がすっからかんになることもあります。

このゲームを通して、不動産投資(物件購入)、リスク管理(損害保険カードやパトカードなど保険要素)、銀行の役割の重要性(スリの銀次対策)など、資本主義社会の仕組みを体験することができます。


おまけに、ゲームをしていくうちに日本全国の地名と物産品を自然と覚えるので、地理の学習にもなりますね。 

ボードゲームから:モノポリー


アメリカで発売され、いまや世界中で愛されているボードゲームです。

モノボリーは、日本語訳すると「独占」という意味であり、資本主義の権化のようなマネーゲームといえます。

ゲームの概要

プレイヤーは最初に配られた現金を運用しながらマスを進めていき、最終的に資産を独占し、他のプレイヤーを全員破産させることで勝利できるゲームです。プレイ人数が2〜8人なので、大人数で楽しむ事ができます。


土地や会社のマスに止まると、土地や会社を購入して権利書を得ることができます。自分が所有する土地や会社に他のプレイヤーが止まると、権利書に書いてあるレンタル料を徴収することができるので、勝利するためには積極的に物件を購入する必要があります。


モノポリーは他のプレイヤーに交渉を持ちかけて、権利書を交換したり売買する事が可能です。自分がゲームを有利に進めるために必要な土地の権利書を他のプレイヤーが所持していた場合、積極的にお互い納得する対価を交渉して交換する戦術も必要になってきます。  

ゲーム内で現金を減らすまいと行動しない人は破産を避ける事ができません。それは現実でも言えます、行動しない人は必ずお金持ちにはなれません。


ゲーム内でお金持ちはお金が入りやすく、貧乏人はお金が消えていくという資本主義社会のルールを体感することができます。


また、相手が納得する取引を持ち込める交渉力や、所有資産の管理能力、未来を予測し備える能力などを、ゲームを通して体感することができます。

まとめ:どこからお金の勉強をするかはあなた次第

この記事では、お金の勉強方法をするにあたりどこから手を付ければよいかをお伝えしてきました。


まず勉強する目的を定めましょう。別に簡単なものでかまいません。自分がなんでお金の勉強をしたいのか、自分に言い聞かせましょう。そうすることが、モチベーション維持につながります。


次に自分にあった勉強方法を実践しましょう。特にこの記事では、以下の3つの方法を紹介しました。

  • 本で学ぶ
  • セミナーで学ぶ
  • ゲーム学ぶ
  • SNSで学ぶ

自分にあった勉強方法を見つけるのは正直難しいです。どうしても見つからない人は、この3つの中で少しでも興味が沸いたものを選ぶとよいでしょう。興味が沸いたということは、自分にあっている可能性が高いです。


お金に関して少しでも知識を持っておくことが、よりよい人生を送ることにつながるはずです。

記事監修者「谷川 昌平」

この記事の監修者谷川 昌平
フィナンシャルプランナー

東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「マネーキャリア」「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。