光熱費45,000円を国が支援 政府による家計負担緩和策のサムネイル画像

政府が光熱費45,000円を国が支援する政策について発表しました。しかし、この政策は短期的なものでしかないため、根本的な光熱費の見直しが必要とされています。今回の記事では、政府が発表した政策や、電気代やガス代の節約術について紹介しています。

この記事の目次

目次を閉じる

どのような政策が決定したのか

2022年10月28日に、電気・ガス料金の支援についての政策が政府から発表されました。

ガソリン補助金の期限延長とともに、2023年の1月から9月にかけて総額6兆円をかけて世帯あたり約45,000円の支援を行い、各家庭の光熱費の負担を減らす政策となっています。

この政策は、電気・都市ガスの小売業者が値下げした分を、政府が補助金で支援する仕組みです。


それでは、電気代とガス代それぞれの支援について見ていきましょう。

電気代の支援

まずは、電気代の支援です。

電気料金は直近1年間で上昇しています。
家庭用が約2割、企業用は約3割の電気料金が上昇しましたが、2023年の春以降はさらに値上げされるとされています。

そのため、政府は2023年1月から9月の9か月間、各家庭と企業に対して電気料金の支援を行うことを決定しました。

家庭向けには7円/1kWhの支援、企業向けには3.5円/1kWhの支援をする予定です。
家庭向けの1kWhあたり7円の支援は、標準的な家庭では月々約2,800円の負担軽減につながりますので、光熱費の負担が減ることになります。

ガス代の支援

次に、ガス代の支援です。

2022年12月の都市ガスの料金が、2021年12月と比較して35%の上昇し、標準的な家庭で6,750円となる見込みです。

特に地方で多く利用されているプロパンガスについては明確な支援が決まっていませんが、都市ガスを使っている家庭にはガス代の支援が行われます。

家庭と1,000㎥未満の年間契約を行っている企業に、30円/㎥を支援することで、標準的な家庭では月々約900円の負担軽減につながり、光熱費の負担が減ることになります。

家計支援策に対し、街の声は?


街の声をいくつか紹介します。


  • この政府の経済対策は、目先の効果しかありません。

9か月間の支援が終わったら光熱費が上がり、家庭の負担が増すことが懸念されています。 目先だけではなく、将来にわたって負担軽減となる政策が必要とされています。


  • 極端な話、たくさんの子供を抱え生活している家庭と、大学生の冬休みで家に引きこもり暖房の効いた部屋で1日中ゲームするだけの青年一人への支援が同じくらいってどう考えてもおかしいでしょう。

また、各家庭に合わせた支援額を検討することで、全ての家庭において平等な光熱費負担軽減がされることを望んでいる声が多いようですね。


  • 本気で経済対策したいのであれば税金軽減を即座に実行してほしい。
各家庭の光熱費の負担を下げるのではなく、増税されていく税金に目を向けてほしいという意見です。

全体的に、今回の政策については反対の声が多いようです。
9カ月という短い期間の政策ではなく、各家庭が長期で支出を軽減できる政策を考える必要があるのかもしれませんね。


電気代・ガス代の節約方法

電気代・ガス代の節約方法について順番に見ていきましょう。

全て実践できれば、年間の光熱費が8万円以上節約できますので、細かくチェックしてみてください。


  1. 電気代

まずは電気代の節約術です。


  • 家電を古いものから新しいものに買い替える

電気代を削減して光熱費節約につなげるための一つ目の方法は、家電を古いものから新しいものに買い替えることです。

買い替える家電年間の光熱費
照明器具をLEDにする▲14,808円
15年前のエアコンを新品にする▲6,021円
10年前の冷蔵庫を新品にする▲6,615円
10年前の洗濯機を新品にする▲7,785円
合計
▲35,229円

このように、古い家電を最新の家電にすることで電気使用量が減り、光熱費の節約につながります。


  • 契約プランや電力会社を切り替える

電気代を削減して光熱費節約につなげるための二つ目の方法は、電力会社を切り替えることです。


スマートフォンの通信費を見直すのと同様の考え方で、電気代も契約プランや電力会社を切り替えることで、電気代を削減し、光熱費の節約につながります。


電力会社が提供しているサービスの中には、クレジットカードと連携したプランやポイントが貯まるプランが用意されているものもあります。


そのようなお得なプランを利用してポイントを貯めることで、支出を軽減できます。


  • 家電の使い方を見直す

電気代を削減して光熱費節約につなげるための三つ目の方法は、家電の使い方を見直すことです。


家電年間の光熱費
洗濯機▲8,500円
エアコン▲6,110円
テレビ▲1,180円
冷蔵庫▲4,510円
ポット▲2,900円
トイレ▲2,020円
炊飯器▲1,240円
合計
▲26,460円

使っていないときに電源を切る、時間帯によって電気代が割安になるプランに加入して、家電を使用する時間帯を変えるなどの工夫をすることで、無駄な電気代の使用を減らし、光熱費の節約をすることができます。


  1. ガス代

次に、ガス代の節約術です。


  • お風呂の入り方を見直す

ガス代を削減して光熱費節約につなげるための一つ目の方法は、お風呂の入り方を見直すことです。


見直す内容年間の光熱費
追い炊きを1日1回減らす▲6,190円
シャワーの時間を1日1分減らす▲2,070円
合計
▲8,260円

毎日の積み重ねで、光熱費の節約につながります。


  • 料理の仕方を見直す
ガス代を削減して光熱費節約につなげるための二つ目の方法は、料理の仕方を見直すことです。

見直す内容年間の光熱費
乾燥付き食洗器を使う▲8,570円
野菜の下茹でに電子レンジを使う▲3,000円
食器を洗う際に低温にする▲1,430円
強火ではなく中火で加熱する▲390円
合計
▲13,390円

毎日行う料理や食器を洗う際の心がけで光熱費の節約につながりますので、日々の意識が大切ですね。


  • プランを見直す

ガス代を削減して光熱費節約につなげるための三つ目の方法は、プランを見直すことです。


2017年のガス自由化で、電力会社と同様に、都市ガスの会社を自由に選べるようになりました。

各家庭に合った料金プランに切り替えることで、光熱費の節約を図っていきましょう。


参照:https://enechange.jp/articles/saving-utility_cost

まとめ


電気・ガス料金の支援について政府から発表された政策は、2023年1月から9月の9か月間で、各家庭の光熱費を約45,000円支援する政策です。


しかし街の声を紹介した通り、これは目先の効果しかなく、長期的な目線で改善されるわけではありません。


長期的な目線で家計の収支を改善するにも、電気・ガス料金の支援に頼らない根本的な光熱費の見直しが必要でしょう。

記事監修者「谷川 昌平」

この記事の監修者谷川 昌平
フィナンシャルプランナー

東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。