法人の損害保険料・保険金の経理処理についてわかりやすく解説!のサムネイル画像

内容をまとめると

  • 「損害保険料」と「損害保険金」では経理処理の方法が異なる 
  • 事業用の損害保険料は全額経費として計上できる 
  • 損害保険料の仕訳方法は契約期間によって異なる 
  • 損害保険金の仕訳方法は保険金の受取人がだれかによって異なる 
  • 個人事業主はプライベートと事業用で分けて考える

法人として損害保険に加入した場合、保険料は保険の契約期間が1年以内もしくは、1年以上なのかにより、経理処理の方法が異なります。また、もしものことがあり損害保険金を受け取った場合、受取人が法人もしくは役員や従業員、親族なのかにより、経理処理が異なります。

この記事の目次

法人の損害保険料と損害保険金の経理処理や仕訳について



法人が加入する損害保険ですが、経理処理はどのように行えばいいでしょうか。

損害保険契約をすると、加入時に支払う「損害保険料」と、事故があった場合に保険会社から受け取る「損害保険金」が発生します。

「損害保険料」と「損害保険金」では経理処理の方法が異なりますので、それぞれみていきましょう。

この記事では以下について解説します。

  • 損害保険料の経理処理と仕訳
  • 損害保険金の経理処理や仕訳
  • 【参考】個人事業主の場合の経理処理
損害保険料をできるだけ節約したい、税金の節税対策についてよくわからないので相談したいという方も多いのではないでしょうか。

国内最大級のオンライン保険相談サービス「マネーキャリア」では、法人保険のプロに無料で相談ができます。

損害保険のことから、税金対策まで幅広く相談対応していますので、ぜひ一度ご相談ください。

自社の税金対策を相談する

損害保険料の経理処理と仕訳


まずは損害保険料についてみていきましょう。


損害保険料は支払った保険料の全てを経費として処理していきます。


以下の損害保険料は、経費の対象とすることができます。

  • 火災保険料(事業用)
  • 自動車保険料(事業用)
  • 損害賠償保険料(事業用)
個人宅の火災保険料のように、事業用途でない場合は経費として処理できませんのでご注意ください。

また、個人宅の火災保険などは、経費として処理することはできませんが、所得税の控除の対象とすることはできます。

例えば以下のような損害保険料は所得税控除の対象となります。
  • 火災保険料(自宅用)
  • 地震保険料(自宅用)
  • 生命保険料

仕訳については、それぞれ以下にわけて処理していきます、
  • 契約期間が1年以内の場合の経理処理
  • 契約期間が1年以上の場合の経理処理
  • 貯蓄性がある損害保険の経理処理
経理処理方法がわからない、法人保険の加入について専門家に聞いてみたい、という方も多いのではないでしょうか。

マネーキャリア」では、無料のオンライン相談を受け付けています。
法人や個人事業主の方など、さまざまな業種の方から相談を受けていますので、累計相談件数は80,000件です。

経理処理について、法人保険についてなど、あらゆる疑問にお答えしておりますので、お困りの方はぜひいちどご相談ください。

契約期間が1年以内の場合の経理処理

保険期間が1年以内の場合は、保険料精算したタイミングで全額を経費として計上することができます。


例えば、3月1日付で1年契約の自動車保険料を支払った場合は以下のようになります。

日付借方貸方摘要
2023年3月1日損害保険料55,000現金55,000自動車保険料

1年契約の場合は、毎年更新になりますので、毎年上記のように処理します。

契約期間が1年以上の場合の経理処理

保険期間が1年以上の場合は、先に資産として「前払費用」として支出日付けで計上します。その後、保険期間で毎年分を按分することで経費として処理していきます。


例えば、保険期間が10年の火災保険料15万円を、7月31日に支払った場合の経理処理は以下のようになります。

日付借方貸方摘要
2023年
7月31日
前払費用
150,000
普通預金
150,000
火災保険料
(10年分)
2023年
12月31日
損害保険料
6,250
前払費用
6,250
火災保険料
(5か月分)
2024年
12月31日
損害保険料
15,000
前払費用
15,000
火災保険料
(当年度分)
2025年
12月31日
損害保険料
15,000
前払費用
15,000
火災保険料
(当年度分)
2033年
12月31日
 損害保険料
8,750
前払費用
8,750
火災保険料
(当年度分)

前払費用は、一度資産として計上されますが、これは減価償却の対象とはなりません。

貯蓄性がある損害保険の経理処理

貯蓄性がある損害保険の経理処理について解説します。


貯蓄性がある損害保険とは、例えば積み立て火災保険があります。


満期になると保険金を受けれますが、支払保険料のうち、積立部分のみが満期まで資産計上されます。


例えば、保険期間5年の積立火災保険についてみていきましょう。


保険料が100万円で、そのうち、損害保険料部分が6万円、積立部分が94万円の場合は以下のようになります。


損害保険料6万円のうち、今期分のみが損害保険料として計上されます。

借方借方
保険積立金
94万円
普通預金
100万円
損害保険
2,000円
 
長期前払費用
58,000円

今期分の損害保険料は以下です。

6万円÷60か月(5年)×2か月(11月、12月分)=2,000円

残りは、長期前払費用として計上します。


満期返戻金を受け取った場合はどうでしょうか。


120万円の満期返戻金を受け取った場合は以下のようになります。

借方貸方
普通預金
120万円
保険積立金
100万円
雑収入
20万円

満期返戻金との差額の20万円が雑収入として計上されます。

損害保険金の経理処理や仕訳


損害保険金の経理処理や仕訳について解説します。


万が一の事故の際に保険会社から受け取ることができるのが「損害保険金」です。損害保険金は、原則非課税ですが、受取人によって経理処理方法が異なります。


ここからは以下について解説します。

  • 保険金受取人が役員・従業員・遺族の場合の経理処理
  • 保険金受取人が法人の場合の経理処理
事業をはじめたばかりの人など、経理処理にお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

マネーキャリア」では、厳選されたFPが多数在籍しておりますので、幅広い業種の方からご相談を受けています。

無料で何度でも相談できますので、顧客相談満足度は98.6%です。

経理処理や、節税対策など、お困りのことがあれば一度ご相談ください。

保険金受取人が役員・従業員・遺族の場合の経理処理

保険金受取人が役員・従業員・遺族の場合とはどういった場合が考えられるでしょうか。


例えば、従業員の労災上乗せ保険、従業員の出張時の海外旅行保険などは、保険金受取人を法人ではなく、本人や家族としているでしょう。


ここでは以下の場合について解説します。

  • 保険料の支払:法人
  • 保険金の受取:役員・従業員・遺族

保険料について

例えば旅行保険では、旅費の一部としても、損害保険料としてもどちらでも処理することができます。

これは、会社のルールで勘定科目を統一していれば問題ありません。

また、業務の遂行上必要な費用とみなすことができれば、全額損金として計上できます。

保険金について

保険金は非課税となりますので、個人が受け取っても受け取った従業員や役員に課税されることはありません。

また、受取人が個人ですので、法人が受け取った保険金について経理処理する必要もありません。

保険金受取人が法人の場合の経理処理

保険金受取人が法人の場合の場合とはどういった場合が考えられるでしょうか。


例えば、火災保険や、自動車保険など、法人が所有しているものに保険をかけている時は受取人が法人となっていることがほとんどです。


ここでは以下の場合について解説します。

  • 保険料の支払:法人
  • 保険金の受取:法人

保険料について

保険料は上記で解説した通り、業務の用に供する限り、全額経費となります。保険期間によって経理処理をしましょう。

保険金について

保険会社から受け取った保険金は「雑収入」として仕訳します。

例えば、自動車保険で保険金を300万円受け取った場合は以下のようになります。

日付借方貸方摘要
2023年
10月1日
普通預金
300万円
雑収入
300万円
自動車保険金

【参考】個人事業主の場合の経理処理


個人事業主の場合の経理処理について解説します。


個人事業主の場合であっても、保険会社に支払う「損害保険料」と、事故があった際に受け取る「損害保険金」とで経理処理方法が異なります。


ここでは以下について解説します。

  • 損害保険料の経理処理
  • 損害保険金の経理処理
個人事業主の方で経理処理にお困りの方も多いのではないでしょうか。

マネーキャリア」では、法人だけでなく、個人事業主の方からも経理処理や損害保険の加入についてなど多数ご相談を受けています。

無料で何度でも、厳選されたFPに相談ができるため、ご納得いく相談結果が得られるはずです。

顧客満足度も98.6%ですので、ぜひいちどご相談ください。

経理処理について相談する

損害保険料の経理処理

個人事業主の場合であっても、損害保険料は基本的には全額損金扱いとなります。


例えば以下のような費用は全額損金計上が可能です。

  • 火災保険料(事業用)
  • 自動車保険料(事業用)
  • 賠償責任保険料(事業用)

一方で、以下のような費用は、損金計上できませんので注意しましょう。
  • 火災保険料(自宅用)
  • 地震保険料(自宅用)
  • 自動車保険料(個人用)
自宅と店舗を兼ねている場合や、プライベート使用と業務使用で自動車が一緒の場合などは、その使用実態に応じて按分することで、事業用の部分のみ損金計上することはできます。

自動車保険料5万円を10月31日付で支払った場合は以下のようになります。

日付借方貸方摘要
2023年
10月31日
損害保険料
50,000
普通預金
50,000
自動車保険料
個人の預金から支払った場合は、勘定科目は普通預金ではなく「事業主借」になります。

長期契約の場合は、上記の法人の場合で解説した通り、その年度分の保険料のみ経費として計上することになります。

損害保険金の経理処理

では、損害保険金の経理処理はどのようになるでしょうか。


損害保険金は、万が一の事故が起こった際に保険会社から受け取るお金となります。損害があったものを補てんするのが損害保険金ですので、税金はかかりません。


例えば10月31日に、損害保険金500万円を受け取った場合は、以下のように仕訳ます。

日付借方貸方摘要
2023年
10月31日
普通預金
500万円
事業主借
500万円
損害保険金受取

事業に関係しない収入ですので、「事業主借」の勘定科目を使用します。


また、500万円の損害保険金を受け取ったけれど実際に修理は400万円で済んだ、という場合も、差額の100万円には税金がかかりません。


一方で、損害保険金のなかには税金がかかるものもありますので注意しましょう。


以下の場合は、受け取った損害保険金が売上を補てんするものとみなされるため課税されます。

  • 商品に対する損害保険金
  • 休業保険金

例えば、10月31日に、商品が焼失した分の損害保険金を300万円受け取った場合は以下のようになります。

日付借方貸方
摘要
2023年
10月31日
普通預金
300万円
売上高
300万円
損害保険金受取

まとめ:法人の損害保険料・保険金の経理処理について

この記事では、法人の損害保険料・保険金の経理処理について解説しました。

まとめです。

  • 「損害保険料」と「損害保険金」では経理処理の方法が異なる
  • 事業用の損害保険料は全額経費として計上できる
  • 損害保険料の仕訳方法は契約期間によって異なる
  • 損害保険金の仕訳方法は保険金の受取人がだれかによって異なる
  • 個人事業主はプライベートと事業用で分けて考える
経理処理はとても重要な作業ですが、どうしてもわからないことが発生したり、仕訳たものの、あっているか不安に思う方もいるのではないでしょうか。

国内最大級のオンライン保険相談サービス「マネーキャリア」では、厳選されたFPに経理処理などあらゆる事業関連の悩みについて相談することができます。

無料で何度でも相談できますので、ぜひ一度ご相談ください。

自社のリスク対策を相談する