メルカリの売上金のおすすめの使い方とは?3つの使い方を解説!のサムネイル画像

メルカリ売上金の使い方とは?どの使い方がおすすめ?メルカリえ出品して売上金が出た時にこのような疑問をもつ方は多いのではないでしょうか。ここでは、3つの売上金の使い方・おすすめの使い方・

この記事の目次

目次を閉じる

メルカリ売上金の使い方は?おすすめの使い方はある?


メルカリで出品したものが売れて入った売上金。せっかく売上金が入ったのはいいけど、その後どうやって使えばいいのかわからない

公式のガイドラインを見ても、いろいろ書いてあるけど、一体どんな使い方があって、何が違うのかピンとこない。

そんな悩みにお答えします。

メルカリ売上金の使い方は3つあります。
  • メルペイ残高にチャージする
  • 振込申請をして現金化
  • メルカリポイントにする
3つある使い方についてどうやって手続きをすればいのか、どこで使えるのか、メリットデメリットについても解説します。

最後までみるとメルカリ売上金の使い方で、何が一番お得なのかわかりますよ

メルカリ売上金の使い方は「メルペイ残高」がおすすめ!


3つある売上金の使い方で一番おすすめなのは「メルペイ残高」です。なぜ「メルペイ残高」がおすすめなのか、その理由は後で説明します。


メルペイとはフリマアプリ「メルカリ」に搭載されているスマホ決済サービスのことです。

メルペイは、メルカリアプリ内での買い物に使えるほかに、スマホと連携してiD決済に対応のお店で使ったり、メルペイコード決済に対応のお店で、一部のネットショップで使えます。


「iD決済」とは店頭にある端末にかざすして支払いをする方法。面倒なアプリの立ち上げも不要なので、 スピーディにお支払いができます。


「メルペイコード決済」とは支払い用QRコード・バーコードを利用して支払いをする方法。コードを読み取るだけで、かんたん便利に決済できます。


「アプリでかんたん本人確認」をしておけば、使った分だけを、翌月にまとめて支払うことができるサービス「メルペイスマート払い」にも使えます。その月の支払いが難しい場合に便利なサービスです。


売上金の使い方は「メルペイ残高」の他に、売上金をあらかじめ登録してあった銀行口座に振り込むことや、個人登録なしで直接メルカリポイントを購入することも出来ます。


個人登録してある場合は、自動でメルペイ残高になります。


まずはメルカリ売上金の3つの使い方、「メルペイ残高にする」「振込申請して現金化」「メルカリポイントにする」についてそれぞれ次の点に注目しながら解説していきます。

  • どこで使えるのか
  • 売上金を変更するための条件
  • 口座に振込する時にかかる手数料
  • 手続きの方法
についてまとめながら見ていきましょう。

メルカリ売上金の3つの使い方を解説!

使い方使い道条件手数料手続き
メルペイの残高にするメルカリ内・メルペイ加盟店での買い物など本人確認または口座登録が必要0円必要なし
振込申請をして現金化すべての買い物に使える振込口座の登録が必要200円振込申請

メルカリポイントにする

メルカリ内での買い物・メルペイ加盟店での買い物本人確認または口座登録をしていない人限定
0円ポイント購入

①メルペイの残高にする


「メルペイ」とは、株式会社メルペイが提供する、メルカリアプリを使った決済サービスの事です。メルカリやメルペイ加盟店での支払いに利用できます。

あらかじめ「アプリでかんたん本人確認」もしくは「お支払い用銀行口座の登録」をしていると、売上金は自動的にメルペイ残高になります。

「アプリでかんたん本人確認」

「アプリでかんたん本人確認」はマイナンバーカード読み取りで行う方法と、スマートフォンで本人確認書類に加えご自身の顔を撮影することで行う方法で行うことが出来ます。

「メルペイ>使い方>本人確認>設定をはじめる」より申込みを開始することが出来ます。
利用可能な本人確認書類としては、マイナンバーカード ・運転免許証 ・パスポート・在留カードがあります。ただし2020年2月以降に発行された新デザインのパスポートは対応していないので気をつけてください。

「お支払い用銀行口座の登録」

「お支払い用銀行口座の登録」は、「アプリでかんたん本人確認」を行っていない場合は行なえません。事前に「アプリでかんたん本人確認」を済ませましょう。

「アプリでかんたん本人登録」を行ったあと、「メルペイ>使い方>銀行チャージ>口座を登録する」より登録を開始することが出来ます。

支払い用銀行口座に登録しておくことで、いつでも必要な時に現金化することが出来ます。その際は、手数料がかかることに注意してください。現金化したい金額に手数料を足した金額で申請をしましょう。

「アプリでかんたん本人確認」と「お支払い用銀行口座の登録」のどちらかで登録をしておくと、 自動でメルペイ残高になるので、売上金で支払いをしているような感覚で買い物ができますね。

 「メルペイ残高」は現金化できるほか、スマートフォンと連携すれば、「iD決済」でコンビニの支払いなどで使えますし、「モバイルSuica」で公共交通機関に乗れるようになります。

②振込申請で現金化


メルカリ売上金は、あらかじめ登録した銀行口座に売上金を振り込んでもらい現金化することもできます。

振込申請の手続きは、「振込申請」の項目を選び、口座情報を確認し、手数料を含めた金額を入力、確定します(お急ぎ振込を希望される場合は、手数料400円を含めた金額を入力し、お急ぎ振込を選択確定してください)。金額を入力する際は希望する金額ではなく、手数料込みの金額であることに注意してください。

振込申請の際は、振込手数料が200円(お急ぎ振込の場合は400円)かかります。メルカリ内やメルペイ加盟店ではなく売上金を使いたい方は振込申請をするとよいでしょう。

ただし振込申請してから銀行口座に振り込まれるまで、通常で最低4営業日(お急ぎだと最低1営業日)と、すぐに現金化はできないので気をつけてください。

売上金は、180日以内に振込申請をしない場合、失効してしまうので注意してください。
万が一、売上金が失効してしまった場合は、本人名義の口座登録や修正を行ったうえで事務局までご連絡をすることで再発行出来ます。

売上金は合計ではなく、発生した売上金ごとに期限がありますので気をつける必要があります。最近取引をして入金があったとしても、古い売上金がそのままだと古い売上金は失効してしまいます。

③メルカリポイントにする


メルカリポイント本人確認をしていない人限定のポイントです。


メルカリ売上金をメルカリポイントに替えることで、 P1=¥1として、メルカリやメルペイでの買い物に利用することができるようになります。 


メルペイ残高と、メリカリポイントの両方がある場合、iD決済またはコード決済での支払い時は、メルカリポイントが優先的に使用されます。理由としてはメリカリポイントは有効期限があるのに対してメルペイ残高は無制限だからです。


 メルカリポイントには、2種類あり 「購入するポイント」「友達招待やキャンペーンなどでもらえるポイント」です。


購入するポイント

メルペイ画面から購入することが出来ます。売上金を購入する際の手数料はかかりません。 一度購入されたメルカリポイントを、売上金に戻すことは出来ないので注意しましょう。

友達招待やキャンペーンなどでもらえるポイント

メリカリポイントは期間限定のキャンペーンや友達紹介をすることなどでも貰うことが出来ます。いろいろなキャンペーンが行われているので、常にチェックして利用していくと良いでしょう。
また、dアカウント連携をおこなうことで、dポイントをメルカリポイントと同様に 1P = 1円としてメルカリの購入にご利用いただけます。

ポイントには有効期限があり、「購入したポイント」が購入日か365日間、「友達招待やキャンペーンなどでもらえるポイント」が獲得日より180日間です。再発行出来ないことに注意してください。


本人確認または口座登録をしている人は自動でメルペイ残高になります。個人情報を登録しないで使いたい場合はすべてメリカリポイントで使っていくことになります。

売上金の3つの使い方のメリット・デメリットをそれぞれ紹介


売上金の3つの使い方がわかりましたね。

  • メルペイ残高にする
  • 振込申請で現金化
  • メルカリポイントにする
「アプリでかんたん本人確認」もしくは「お支払い用銀行口座の登録」をすることで自動的にメルペイ残高になる。

売上金を直接、登録しておいた銀行口座に売上金を振り込んでもらい現金化する。

本人確認なしで売上金でメルカリポイントを購入する。

使いみちがわかったところで売上金の3つの使い方、それぞれのメリット・デメリットについても説明していきます。

自分にあった売上金の使い方がどれなのかわかりますよ。

①メルペイ残高にするメリット・デメリット

メルペイ残高にするメリットデメリットは以下の通りです。

メリット

メルペイ残高にするメリットは多数ありますが代表的なものとして下記があります。

  • 手数料がかからないこと
  • 事前に申請してあれば自動で手続きが不要なこと
  • 使用期限がないこと

売上金をメルカリ残高にする場合は手数料は発生しません(現金化する場合は発生)。売上金がそのまま使えるのは嬉しいですね。


「アプリでかんたん本人確認」もしくは「お支払い用銀行口座の登録」をしておくと自動で変換されます。メリカリポイントを購入したり、手続きして現金化するなどの手間が必要なくすぐに使えるのは魅力的です。


売上金をそのままにしておくと180日で失効します。また、メルカリポイントのように購入してから365日で使えなくなるというようなことはありません。使わなくてもそのままアプリ内に入れておけるのは安心です。


そのほか細かいメリットについてはまた別項目で取り上げます。

デメリット

とくにありません
「アプリでかんたん本人確認」もしくは「お支払い用銀行口座の登録」の手続きが多少面倒に思われるかもしれませんが、一度登録してしまえば後は自動でメルペイ残高に加算されます。最初だけ手続きすれば後は何もしなくて大丈夫です。


メルペイを使わない人も、後から現金化出来るのでとりあえずメルペイ残高にしておくのがおすすめです。「振込申請>振込先口座の指定」から振込を行う事ができます。
1回につき200円の振込手数料が必要です。お急ぎ振込を選択した場合は、通常の振込手数料のほかに200円の手数料かかる点に注意してください。

②振込申請で現金化するメリット・デメリット

振込申請で現金化するメリットデメリットは以下の通りです。


メリット

振込申請で現金化するにするメリットは、現金になるのでなんにでも使える、ということです。


メルペイに対応していない店舗でお買い物をする時や、日常でちょっとしたお金が必要になった時、だれかに渡す時に便利です。


デメリット

デメリットは以下の通りです。

  • 手数料がかかる。
  • 売上金を取得した日から180日間に申請をしなくてはいけない。
  • 振り込まれるまで時間がかかる。最低4営業日(お急ぎだと最低1営業日)
振込申請で現金化する場合は申請金額や指定金融機関の種類に関わらず手数料がかかります。通常で200円、お急ぎ振込の場合は400円。売上金が200円以下の場合は振込申請ができません。

売上金を取得した日から180日間で失効してしまうので、振込申請を行うか、メルカリポイントを購入する必要があります。

すぐに現金化することは出来ず、振り込まれるまで時間がかかります。最低4営業日(お急ぎだと最低1営業日)。急に必要になった時にすぐに現金化できないことには注意してください。


万が一、売上金が失効してしまった場合は、本人名義の口座登録/修正を行ったうえで事務局までご連絡をすることで再発行出来ます。

③メルカリポイントにするメリット・デメリット

メルカリポイントにするメリットデメリットは以下の通りです。


メリット

メリットとしては、本人確認・口座登録をしないで使えることです。


メルペイ残高にするには「アプリでかんたん本人確認」が必要ですし、現金化するには「お支払い用銀行口座の登録」が必要です。


個人情報を登録することに消極的、またはセキュリティに不安を持つ人でも安心してやり取り可能です。


メルカリポイントは、本人確認・口座登録をする必要はなく。アプリ内でメルカリポイントに替えることで、 P1=¥1として、メルカリやメルペイでの買い物に利用することができるようになります。


デメリット

デメリットは以下の通りです。

  • ポイントの利用期限がある。
  • 現金化できない。
  • 自分でメルカリポイントを買う必要がある。
メルカリポイントは有効期限があり、「購入したポイント」が購入日から365日間で使えなくなります。つまりポイントを使い切る必要があるということです。

有効期限が切れたポイントは再発行出来ないことに注意してください。

メルカリポイントは、一度購入してしまうと現金化はできません。現金化可能なメルペイ残高と区別する必要があります。

メルカリポイントは、アプリ内で売上金でメルカリポイントを購入するという作業が必要です。売上金が入ってそのまま使えるというわけではありません。


「メルペイ残高」がおすすめな理由を解説!


売上金の3つの使い方「メルペイ残高」「振込申請」「メルカリポイント」の中でメルペイ残高のみがデメリットがないことがわかりました。

振込申請は、現金化できる便利さはあるけれど手数料や振り込まれるまで時間がかかるます。

メルカリポイントはポイントの利用制限が出来ないし、現金化出来ません。

その点、「メルペイ残高」はデメリットがないのでおすすめです。

デメリットがないだけではなく、メルペイ残高がおすすめなのには7つの理由があります。
  • 手数料がかからない
  • 本人確認または口座登録をしていれば手続きなし
  • メルカリ残高は有効期限がない
  • 「お支払い銀行口座登録」をすれば現金化も無期限
  • 売上金をすぐに使うことができる
  • メルペイは多くのお店・コンビニで使える
  • クーポン・ポイント還元がある
それぞれについて細かく説明していきます。

①手数料がかからない

「メルペイ残高」には手数料はかかりません


あらかじめ「お支払い用銀行口座の登録」もしくは「アプリでかんたん本人確認」を完了しておくと、売上金は自動的にメルペイ残高になります。


売上金を振込申請で現金化する場合は200円(お急ぎ振込の場合は400円)かかるのでお得ですね。


また、メルペイ残高を指定しておいた振込口座にて出金する際は手数料がかかることに注意してください。

②本人確認または口座登録をしていれば手続きなし


「メルペイ残高」は本人確認または口座登録をしていれば手続きの必要はありません。売上金は自動でメルペイ残高になります。


あらかじめ「アプリでかんたん本人確認」もしくは「お支払い用銀行口座の登録」を完了しておくと、売上金は自動的にメルペイ残高になるので、余計な操作は必要ありません。


「アプリでかんたん本人確認」は「メルペイ>使い方>本人確認>設定をはじめる」から、「お支払い用銀行口座の登録」は「メルペイ>使い方>銀行チャージ>口座を登録する」より登録できるので、事前に登録しておきましょう。


売上金を振込申請する際は、「振込申請」の項目を選び、口座情報を確認し、手数料を含めた金額を入力、確定する必要があるので面倒です。


メルカリポイントにする場合も、売上金を自分で購入してメルカリポイントにする場合があります。手続きなしで自動で行えるのは便利ですね。

③メルカリ残高は有効期限がない

「メルペイ残高」には有効期限がありません


売上金や、メリカリポイントの場合は有効期限があります。


「振込申請で現金化する場合」は、売上金を取得した日から180日間に申請をしなくては執行してしまいます。


売上金でメルカリポイントを購入した場合は、購入日から365日間で使えなくなってしまいます。


売上金が失効してしまった場合は、本人名義の口座登録/修正を行ったうえで事務局までご連絡をすることで再発行出来ます。一方、メルカリポイントは使えなくなってしまったら再発行出来ません。


④「お支払い銀行口座登録」をすれば現金化も無期限で


「お支払い銀行口座登録」をすれば「メルペイ残高」も出金できます


その際は、1回につき200円の振込手数料が必要です。出金は201円から可能で、メルペイ残高が200円以下の場合は出金ができません。


メルカリの売上金は原則180日以内に「振込申請」をして出金しなければなりませんが、本人確認後は振込申請期限が無期限となります。


無期限で現金化できるので、メルカリ内で使いたかったり、コンビニで使うときは使って、現金としてほしいときは使う、と使いみちの幅が広がりますね。

⑤売上金をすぐに使うことができる

「メルペイ残高」はすぐに使うことが出来ます。メルカリでやり取りをして入った売上金をそのままコンビニで買い物に使うことも可能です。

入ったらその場でメルカリ内で買い物をしても良いし、コンビニで物を買っても良い。相手が認証した瞬間にタイムラグなしで買い物が出来るのは嬉しいですね。

スマートフォンと連携しておけば、「モバイルSuica」で公共交通機関に乗れるようになります。

⑥メルペイは多くのお店・コンビニで使える


メルペイは多くのお店・コンビニで使えます

メルペイはiD決済に対応のお店と、メルペイコード決済に対応のお店、一部のネットショップで使えます。


ドラッグストア「マツモトキヨシ」および「ぱぱす」などのマツモトキヨシホールディングス店舗(1639店舗)や「ウエルシア」および「ハックドラッグ」、「ダックス」、「ハッピー・ドラッグ」、「マルエドラッグ」などのウエルシアホールディングス店舗(約1900店舗)で利用可能です。


実際にどのお店で使えるのかは、お店のレジで確認しても良いですし、あらかじめメルカリアプリ内で利用できる地図上に加盟店情報が表示されているので、そこで確認するのも良いでしょう。

⑦クーポン・ポイント還元がある

メルペイにはクーポン・ポイント還元があります


それぞれ細かい使い方は違いますが、画面の指示に従って支払うことで大丈夫です。


値引クーポン

 対象のお店でお支払いの際に使うと、その場で値引を受けられるクーポンです。 クーポンによって「何度でも使える」もの、「お一人さま一回限り」のものがあります。


使い方は、クーポンの一覧から使いたいクーポンを選んでタップし、メルペイで支払いを行うだけです。表示されている金額がその場で値引きされます。


ポイント還元

クーポン対象のお店でお支払いをした翌日、もしくは30日以内にポイント還元を受けられるクーポンです。 「クーポンを使う」ボタンをタッチし、画面の案内に従って、メルペイお支払いを完了してください。


様々なクーポンがありますが、基本的には画面の案内に従って支払うことで還元されます。

参考:振込申請用口座・お支払い用口座の違いとは?申請期限が切れたらどうなる?


「振込申請用口座」は、売上金やメルペイ残高を出金するときに指定する口座のことです。


「お支払い用口座」メルペイ残高に入金するために設定した口座のことです。


「お支払い用口座」を設定していても、出勤する際には「振込申請用口座」を設定しないといけないことに注意してください。


申請期限が切れたらどうなる?

売上金は振込申請期限が過ぎ、「振込申請用口座」が登録されていない場合失効してしまうので気をつけてください。 


振込申請期限(180日)が過ぎた場合、「振込申請用口座」を登録している人は自動的に振込が行われます。その際も、手数料はかかります。


売上金が失効してしまった場合は、本人名義の口座登録/修正を行ったうえで事務局までご連絡をすることで再発行出来ます。

まとめ:メルカリ売上金はメルペイ残高にするのがおすすめ!

ここまで、メルカリ売上金の3つの使い方。それぞれのメリット・デメリットについて、お話してきましたが、いかがでしたでしょうか。
この記事のポイントは、
  • 売上金の使い方は、メルペイ残高にする 振込申請で現金化 メルカリポイントの3つである
  • 振込申請で現金かする際には手数料がかかる
  • 売上金、メルカリポイントには有効期限化ある
  • メルペイ残高にはデメリットがない
以上のことでした。

メルカリの売上金はメルペイ残高にするのがおすすめです

マネーキャリアでは、他にも読んでおきたいほけんに関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。 
記事監修者「谷川 昌平」

この記事の監修者谷川 昌平
フィナンシャルプランナー

東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。