退職金の代わりを生命保険で積み立てるメリット・デメリットとは?のサムネイル画像
今日では、退職金制度を設けている企業も多いですが、「生命保険」を活用して役員や従業員の退職金を積み立てていれば、役員や従業員に万が一のケースがあっても安心です。 

しかし、退職金の代わりに生命保険で積み立てるにあたり、正しくメリット・デメリットを把握しておかなければ、損をしてしまうこともあるのです。 なかには「退職金の積み立てに生命保険を活用すべきか」で悩む方も多いのではないでしょうか。 

そこで今回は、「退職金の代わりを生命保険で積み立てるメリット・デメリット」を中心に、リスクを避けるための正しい法人向け生命保険の選び方まで解説します。

・役員や従業員の退職金を無理なく積み立てたい
・事業へのリスクを抑えながらできる退職金の積み立て方法があれば実践したい 

方は本記事を参考にすると、退職金を生命保険で積み立てるメリット・デメリットがわかるのはもちろん、手間をかけずにどのような種類の生命保険に加入すべきかもわかります。  

内容をまとめると

  • 退職金の代わりとして生命保険を積み立てるメリットとして、「急な出費や退職金の支払いに備えられる」「遺族に死亡退職金が支払える」などがある。 
  • 逆に、高額な保険料の支払いができなくなったり、短期解約をすると損をするケースがある点がデメリット。
  • 退職金の代わりに生命保険を積み立てるには無理なく支払いが継続できる、かつ保障の手厚い保険を選ばなければならないので、「マネーキャリア」を使って無料相談する企業も多い。

監修者「谷川 昌平」

監修者 谷川 昌平 フィナンシャルプランナー

株式会社Wizleap 代表取締役。東京大学経済学部で金融を学び、金融分野における情報の非対称性を解消すべく、マネーキャリアの編集活動を行う。ファイナンシャルプランナー証券外務員を取得。
>> 谷川 昌平の詳細な経歴を見る

この記事の目次

目次を閉じる

退職金の代わりを生命保険で積み立てるメリット3選


以下では、退職金の代わりを生命保険で積み立てるメリットを紹介します。自社に合った保険を選べている企業は、経営陣が以下のメリットを正しく把握しているのです。

退職金の支払いによる事業への影響を抑えられる

生命保険を活用すると、事業の継続へのネガティブな影響を抑えられます。


退職金を借入金や利益のみで賄っても、退職金は支払額が大きくなるため、のちの事業継続や資金繰りが難しくなるケースもあるのです。


実際に、経団連の[2021年9月度 退職金・年金に関する実態調査結果]によると、大卒から定年(38年)まで勤務したときの退職金は「2,243.3 万円」、高卒から定年まで勤務したときの退職金は「1,953.0 万円」となっています。


一方で、今日では人材流動が以前よりも増えているなか、大卒から10年まで勤務したときの退職金は「286.6万円」、高卒から10年まで勤務したときの退職金は「184.1万円」であることがわかっています。


上記のように、退職金の支払いは決して小さな金額ではありません。しかし、生命保険を一定額積み立てていれば、解約返戻金を活用し、退職金の大きな出費への対処ができるので安心です。

急な出費への資金確保ができる

急な出費への資金が確保ができる点も、メリットのひとつです。


実際に、生命保険の1つである「養老保険」を解約し、解約返戻金を受け取って急な出費に充てたり、解約返戻金の一定範囲内で貸付を受けられる制度を使ったりできます。


後者の貸付け制度は、主に以下が挙げられます。


  • 契約者貸付金制度:解約返戻金の70%〜90%内で、契約者自身が貸付けを受けられる制度
  • 自動振替貸付制度:解約返戻金の範囲内で、保険会社による保険料の立て替えが受けられる制度


ただし、加入している保険の契約内容によっては、解約返戻金の割合が異なるので、契約内容は加入前に確認しておく必要があります。


また、法人が加入できる生命保険のすべてに、解約返戻金があるわけではないので注意しましょう。 


保険の数が膨大、かつ見るべきポイントが多くあるなかでも「マネーキャリア」のような無料相談サービスを使い、後の貸付への対策として自社に合った生命保険へ加入する企業も増えています。

死亡保険金の満額を遺族に支払える

従業員が亡くなってしまった場合、従業員の遺族に保険金を満額渡せる点もメリットです。


死亡保険金の金額は、仮に保険加入期間がわずかでも満額が支払われるため、残された従業員の家族にとっても大切な保障です。


とくに、運送業や製造業など少しのミスが大事故につながってしまう業種はもちろん、デスクワークが多い業種でも、従業員を守る意味で、万が一に備えて生命保険に加入しておく必要があるのです。 


死亡退職金は目安として1,000万円以上を超えるケースが多いので、生命保険に加入しておくだけでも、万が一への準備ができます。

退職金の代わりを生命保険で積み立てるデメリット2選


以下では、退職金の代わりを生命保険で積み立てるデメリットを2つご紹介します。デメリットを正しく把握しておかなければ、事業推進に影響が出る可能性があるので注意しましょう。

高額な保険料によって事業を圧迫する可能性がある

保険料の支出が、事業を圧迫する可能性がある点はデメリットです。


生命保険は一定期間保険料を払い続けなければならないので、支払いが滞れば一定期間で保険が失効してしまいます。 とくに、法人の生命保険となれば種類によるものの、年払保険料が1,000万円ほどの金額になるケースもあるのです。


そのため、資金繰りに困らないように、「マネーキャリア」のようなサービスを使って相談し、自社の規模や利益に見合った保険を選ばなければなりません。

短期解約をすると損をしてしまう

退職金のための生命保険を積み立てていても、短期解約をすると損をしてしまう点も無視できません。


加入直後に生命保険の解約をした場合、解約返戻金がない、もしくはあっても少額しか受け取れなくなります。とくに、離職率の高い企業であれば、従業員に保険をかけてもすぐに退職されると同時に保険も解約する必要があります。


したがって、払った保険料が受け取った解約返戻金を上回るので、損をしてしまうのです。

役員退職金と従業員退職金の違い


退職金のために生命保険を積み立てるにあたって、「役員退職金」と「従業員退職金」の違いも押さえておく必要があります。 


両者の違いとは、損金算入時期が異なる点です。 


役員退職金の損金算入時期は、「株主総会での決議がされた日」「当該役員へ役員退職金を支払った日」のいずれかから選べます。一方、役員退職金に関して、「株主総会の決議」がなければ、支払った金額に法人税が課税されます。


従業員退職金は当該従業員の「退職日」「退職金が支払われた日」「就業規則記載の支払日」から選べます。従業員の退職金は企業の決算月を起点に、今期と来期で有利な時期で損金計上できる特徴があります。


一方、「みなし役員」と呼ばれる、会社税法上は役員、法人税法上では役員とみなされないメンバーの退職金は株主総会の決議が不要です。しかし、みなし役員の退職金が高額になっても損金計上できないので注意しましょう。

退職金の代わりにもなる生命保険を正しく選ぶ方法とは?


以下では、退職金の代わりとなる生命保険を「正しく」選べる方法を紹介します。


退職金の積み立てとして生命保険を使う企業は今日では多いです。しかし、経営陣が独断で決めた保険内容が自社の現状とマッチしているかは、「プロに見てもらわなければわからないケース」もあるのです。


節税目的で高額の生命保険に加入したものの、実質節税にはならないケースもあるので、保険料が払えなくなってしまった企業もあるほどです。そのため、すでに加入している保険はもちろん、退職金のための生命保険に関しても、まとめての見直しが必須です。


そこで、生命保険のほかにも、総合的な観点から保険の見直しができるマネーキャリアを使うと、高額な生命保険を独断で決めてしまい、のちに損するリスクを解消できます。


マネーキャリアに在籍するファイナンシャルプランナーは事業別の相談実績が豊富であり、「退職金を積み立てるのに最適」な保険選びのご提案が可能です。無料で何度も質問できることからも、法人からの評判も高いサービスです。

自社に最適な生命保険が無料でわかる:マネーキャリア

法人向けlp画像

お金に関する全ての悩みにオンラインで解決できる

マネーキャリア:https://money-career.com/


<マネーキャリアのおすすめポイントとは?> 


・お客様からのアンケートでの満足度や実績による独自のスコアリングシステムで、優秀なFPのみを厳選しています。

・保険だけではなく、資産形成や総合的なライフプランの相談から最適な解決策を提案可能です。

・担当する専門家のFP資格保有率は100%であり、満足度98.6%、相談実績も80,000件以上を誇ります。


<マネーキャリアの利用料金>


マネーキャリアでは、プロのファイナンシャルプランナーに 「無料で」「何度でも」相談できるので、相談開始〜完了まで一切料金は発生しません。

無料でマネーキャリアに相談する▶︎

退職金の代わりを生命保険で積み立てるメリット・デメリットのまとめ


本記事では、退職金の代わりを生命保険で積み立てるメリット・デメリットから、押さえておきたい役員退職金・従業員退職金の違い、生命保険を正しく選ぶ方法まで紹介しました。


メリットは主に資金準備、遺族への死亡退職金支払いがありました。しかし、高額な保険料が払えなくなったり、離職率の高い企業では損するデメリットもあります。


一方で、退職金のための積み立てとして「生命保険の活用」は多くの企業で実施されています。そのため、将来のリスクを抑える保険を選び、事業運営に支障が出ないようにしなければなりません。


普段経営陣として時間が取れないなかでも、いつか来る出費に備えて保険の選定や見直しをするには、無料で何度でも保険の見直しや最適な保険の提案が受けられるマネーキャリアが必須です。


無料登録は1分で完了するので、ぜひマネーキャリアを使って、正しく退職金の代わりとなる生命保険を選びましょう。

無料でマネーキャリアに相談する▶︎