奨学金の振込口座はどの銀行がおすすめ?口座開設の方法は?【大学生必見】のサムネイル画像

▼この記事を読んでほしい人

  • 奨学金の振り込み・引き落とし口座のおすすめを知りたい人
  • 奨学金の返済に危機感を感じている人

▼この記事を読んでわかること

  • 奨学金の振り込み・引き落としにおすすめの口座 
  • 奨学金の返済に困ったらお金のプロに相談すべき理由

マネーキャリアの無料FP相談の詳細はコチラ

内容をまとめると

  • 奨学金の振込口座おすすめはゆうちょ銀行
  • 奨学金返済の際に使う引き落とし口座は指定された銀行を選ぼう
  • 奨学金の返済に困ったらお金のプロであるFPに相談するのがおすすめ
  • おすすめの無料FP相談サービスはマネーキャリア
  • どんなに些細なことでもお金にに関する質問があるなら、いますぐマネーキャリアを利用したほうがよい 
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!
  • 相談場所も47都道府県・オンライン対応可能! 
  • マネーキャリアは顧客満足度93%だから安心して利用できる!

奨学金の振込口座を設定したいけど、どの銀行口座にすればいいかわからない!この記事では、奨学金の振込口座のおすすめの決め方、おすすめの奨学金振込口座をランキング形式で紹介しています。口座開設・口座変更方法も説明していますので、ぜひご覧ください。

この記事の目次

目次を閉じる

奨学金のおすすめの振込口座はどこ?選び方は?

こんにちは、マネーキャリア編集部です。 


 先日、大学生や大学を卒業された方からこんな相談がありました。

奨学金が振り込まれるもしくは返済するための口座はどのようなものがいいのでしょうか。

日本学生支援機構からの奨学金に関する口座には指定がありますが、幅広い金融機関に対応しているため、迷われる方は多いと思います。


「どの口座にすればいいのか。」


確かに日本学生支援機構が取り扱っている金融機関は以下の表のように10種類あり、どの銀行にすればい良いのかわからなくなる気持ちは理解できます。

  • ゆうちょ銀行
  • 都市銀行
  • 地方銀行
  • 第二地方銀行
  • 信託銀行(三菱UFJ信託銀行、みずほ信託銀行、三井住友信託銀行のみ)
  • 信用金庫
  • 労働金庫
  • 信用組合
  • 農業協同組合
  • 信用漁業
  • 協同組合連合会お飛び一部漁業協同組合


今回は日本学生支援機構の奨学金を借りるとき、返済するときにおすすめする口座について紹介します。


これからどの口座を日本学生支援機構の口座にしようか迷っている方のお手伝いになれば幸いです。

奨学金振込口座を開設するおすすめの銀行ランキング



まずは日本学生支援機構で開設できる口座のうち、おすすめする銀行のランキングトップ3を紹介します。そのランキングは以下のようになります。

  1. ゆうちょ銀行
  2. 三井住友銀行(都内在住の人向け)
  3. 住んでいる地域の地方銀行(地方在住の人向け)
ここからはその銀行口座がなぜおすすめできるのかについて解説します。

【3位】住んでいる地域の地方銀行(地方在住の人向け)



奨学金振込口座を開設するおすすめの銀行ランキング第3位は住んでいる地域の地方銀行です。


地方銀行は日本学生支援機構が指定するリレー口座(リレー口座に関しては、後ほど説明します。現時点では、単なる奨学金の振込口座としてとらえておけば大丈夫です)に該当し、特に地方の大学などに入学、通学される方におすすめです。


地方銀行の口座がおすすめできる理由は2つあります。

  1. 当該地方では有名な銀行だから
  2. バイトの給与支払いが当該地方銀行に制限される場合があるから

➀当該地方では有名な銀行だから

地方銀行はその地域を地盤にして金融業を行っています。

そのため、その地域の人たちにとってほかの都市銀行などよりも利便性を高める必要があります。

利便性を高める方法として地方銀行の支店をたくさん設置する、当該地域でたくさんのATMと連携をするなどがあります。

地方銀行は上記のようなことを行っているため、他の金融機関の口座よりも使いやすくなっています。

銀行からの出金回数が多い場合は、地方銀行の口座を奨学金の口座にすることをおすすめします。

②バイトの給与支払いが当該地方銀行に制限される場合があるから

個人事業主が行っている店舗でバイトを行う場合はこのようなケースはよく見られます。

一般的に他行をまたぐ送金には手数料がかかります。

バイトの給与支払いについても振込の際に手数料がかかります。

しかし、その振り込みが同じ銀行間の口座の場合、振込手数料は大幅に節約されます。

また、個人事業主は当該地方銀行から融資を受けている場合が多いため、当該地方銀行の口座に合わせてほしいというケースが多く見られます。

入金される口座を統一するためには地方銀行の口座を開設することをおすすめします。

【2位】三井住友銀行(都内在住の人向け)



奨学金振込口座を開設するおすすめの銀行ランキング第2位は三井住友銀行です。


三井住友銀行は日本学生支援機構が指定するリレー口座に該当し、特に都内在住の学生にとってはおすすめできる金融機関です。


三井住友銀行の口座がおすすめできる理由は以下の2つです。

  1. 出金手数料が節約できるから
  2. バイトの給与振込先として指定できるから

➀出金手数料が節約できるから

三井住友銀行などの信託銀行は地方に比べると都内の方が支店はたくさん設置されています。

しかし、コンビニのATMの数に比べるとかなり少ないため、出金する際には不便です。

一方で、コンビニで出金する場合は手数料がとられるというデメリットがあります。

三井住友銀行の場合、ほかの信託銀行と異なり、コンビニATMについて月に3回までの出金であれば、手数料が無料です。

出金手数料が節約できる点では三井住友銀行をリレー口座にすることは大きなメリットであると言えます。

②バイトの給与振込先として指定できるから

信託銀行であれば、どのような振り込みに対しても対応することができます。

バイト先の給与の振り込みについて、バイト先が大手のチェーン店であっても、個人事業主が行っている店舗であっても対応しています。

【1位】ゆうちょ銀行



奨学金振込口座を開設するおすすめの銀行ランキング第1位はゆうちょ銀行です。


ゆうちょ銀行も日本学生支援機構が指定するリレー口座に該当しています。


ゆうちょ銀行が日本学生支援機構のリレー口座としておすすめできる理由は以下のとおりです。

  1. ATMの数が圧倒的に多いから
  2. 出金手数料が24時間無料であるから
  3. バイトの給与振込先として指定できるから
  4. 通常貯蓄貯金の口座も作ることができ、同じゆうちょ銀行口座間での手数料がかからないから

➀ATMの数が圧倒的に多いから

これはゆうちょ銀行の最大のメリットです。

ゆうちょ銀行は郵便局をベースにATMが設置されているため、ATMの設置数は他の金融機関よりも圧倒的に多いです。

また、近年はファミリーマートと連携してゆうちょ銀行専用のATMも設置されているため、利便性は高くなっています。

②出金手数料が24時間無料であるから

ゆうちょ銀行は専用のATMからの出金であれば、土日祝日でも出金手数料は無料です。

また、ファミリーマート内に設置されているゆうちょ銀行のATMであれば、24時間営業しており、かついつ引き出しても手数料はかかりません。

手数料の節約の面ではゆうちょ銀行は大きなメリットがあります。

③バイトの給与振込先として指定できるから

ゆうちょ銀行はどのようなバイト先であっても指定ができるという汎用性があります。

また、ゆうちょ銀行は全国に展開しているため、都内在住・地方在住に関係なく使うことができます。

④通常貯蓄貯金の口座も作ることができ、同じゆうちょ銀行口座間での手数料がかからないから

通常貯蓄貯金とは10万円以上の残高を保っていれば通常貯金よりも高い利率が適用される口座のことで現金の出入金は自由に行うことができます。

ただし、自動振り込みや引き落としができないため、通常貯金と組み合わせて行う必要があります。

つまり、奨学金の振り込みや生活費の引き落としは通常貯金で行い、現金の支払い等は通常貯蓄貯金の口座で行います。

口座間の資金の移動は無料になっています。

高い利率が適用され、かつ手数料がかからないため、通常貯蓄貯金口座を使われることをおすすめします。

奨学金の振込口座を決めるときのポイントはこれだ!



次は奨学金の振込口座を決めるときのポイントについてこの記事では以下の4点を紹介します。

  1. 振込先として指定できる銀行の口座にすること
  2. バイト先の給料の振込口座としても使用可能な銀行口座にすること
  3. 家・大学の近くにATMがある銀行の口座にすること
  4. 取引手数料があまりかからない銀行の口座にすること

①振込先として指定できる銀行の口座にする



奨学金の振込口座を決めるときのポイント1つ目は、振込先として指定できる銀行の口座にすることです。


これは当然のことで、振込先として指定できない金融機関はリレー口座にすることができません。


リレー口座にできない金融機関として楽天銀行などのインターネット専業銀行、イオン銀行、セブン銀行、外国の金融機関などがあります。


これらに該当すると普段使っている口座を奨学金のリレー口座にすることができないため、注意が必要です。


また、リレー口座は本人名義の口座でないと指定することができません。


両親など代理人の口座を振込先として指定することができません。


これらを考慮したうえで、リレー口座を決め、必要であれば、新たに口座を開設するようにしましょう。

②バイト先の給料の振込口座としても使用可能な銀行口座にする


奨学金の振込口座を決めるときのポイント2つ目は、バイト先の給料の振込口座としても使用可能な銀行口座にすることです。


各口座がそれぞれの用途でしか使えないとなるとデメリットしか発生しません。


例えば、奨学金が振り込まれる口座、バイトの給与が振り込まれる口座、生活費の口座を別々に持っている場合を考えます。


この場合、お金の流れは、入金が2つの別の口座になり、それを生活費の口座に移して生活費を支払うことになります。


このような口座をまたぐお金の移動は手数料がかかりますし、手数料を節約する場合は、一度引き出してから特定の口座に預け入れるという手間が発生します。


できることであれば、1つの口座に集約できるような金融機関を選ぶようにしましょう。

③家・大学の近くにATMがある銀行の口座にする


奨学金の振込口座を決めるときのポイント3つ目は、家・大学の近くにATMがある銀行の口座にすることです。


ATMからお金を引き出す際には当該の金融機関専用のATMに行く必要があります。


これが家や大学から遠い、周辺にあまり設置されていない場合はその金融機関の口座を使うことが非常に不便になります。


一度周辺の金融機関やATMを調べてから口座を決めるようにしましょう。

④取引手数料があまりかからない銀行の口座にする

奨学金の振込口座を決めるときのポイント4つ目は、取引手数料があまりかからない銀行口座にすることです。


これに該当する銀行として先ほど紹介したゆうちょ銀行や三井住友銀行などがあります。


基本的には各銀行が管理しているATMであれば、出金手数料はかかりません。


しかし、近年は金融業の利益が乏しいため、利用者の手数料を引き上げた銀行もあります。


例えば、とある地方銀行では平日の営業時間内であれば、出金手数料は無料です。


しかし、土日祝日であれば、昼の時間帯であっても出金手数料を徴収する銀行もあります。


利用者自身がどの時間帯に銀行をよく利用しているかを考えた上で日本学生支援機構の口座を選ぶという方法もあります。

奨学金返済のおすすめの引き落とし口座の選び方は2つ!



次は奨学金返済時の口座の選び方について紹介します。


ここでは以下の内容について解説します。

  • 口座振替(リレー口座)についての紹介
  • 口座の選び方①:指定された金融機関から選ぶこと
  • 口座の選び方②:就職した会社の給料の振込口座と同じにすること

口座振替(リレー口座)とは?

口座振替(リレー口座)とは奨学金を返済するための口座のことを指します。


リレー口座の言葉の由来は、奨学生が卒業後、その返還金を後輩の奨学生が使うという奨学金のリレーということから使われています。


リレー口座の振替手数料は現在のところ、無料となっています。


奨学金を返済するための口座であるため、リレー口座の申し込みは必須となっています。

選び方①指定された金融機関から選ぼう

ここからは奨学金返済時のリレー口座の選び方について紹介します。


リレー口座の選び方1つ目は指定された金融機関から選ぶことです。


これは当然のことで、日本学生支援機構がリレー口座として指定していない金融機関の口座は選べないことになっています。


日本学生支援機構がリレー口座として指定している金融機関には、ゆうちょ銀行や都市銀行、地方銀行、信託銀行など奨学金が振り込まれるために指定されている金融機関と同じです。


そのため、

  • インターネット専業銀行
  • イオン銀行
  • セブン銀行

など一部の金融機関の口座はリレー口座にしていることはできません。

選び方②就職した会社の給料の振込口座と同じにしよう



リレー口座の選び方2つ目は就職した会社の給料の振込口座と同じにすることです。


給料の振込口座はお金が増える口座であるのに対して、リレー口座はお金が減っていく口座になります。


もし、別々に口座を用意した場合、お金をリレー口座に送金する必要があるため、送金手数料が徴収されたり、送金しない場合でも実際にATMに行ってお金を移動させる手間が発生します。


また、残高不足により奨学金の返済ができなくなると1回目であれば、問題がありませんが、2回以上連続で続くと延滞金が発生し、返済する金額が増加します。


振替ができなかった旨の通知も届きます。


3回連続で返済不能になると連帯保証人や保証人まで連絡がいくという大事になります。



このように残高不足による返済不能が回避できるようにリレー口座と給与の振込口座を同じにしておくことをおすすめします。

大学生が口座開設する方法を解説!



続いては大学生が口座を開設する方法について解説します。


口座の開設方法は以下の2つのステップを経て開設することができます。

  1. 必要なものを用意すること
  2. 銀行かネット上で銀行口座を開設すること

①銀行の口座開設に必要なものを用意する【たった二つ】

口座を開設するためにはまず、必要なものを用意します。


必要なものとは

  • 銀行用の印鑑
  • 本人が確認できる証明書類

の二つです。


これが準備できると次のステップに進みます。

②銀行かネット上で銀行口座を開設する

次のステップは銀行に行く、もしくはインターネット上で口座開設の手続きを行うことです。


銀行に行って口座を開設する場合、申込書に必要事項を記入し、銀行の窓口に提出します。


すると、その場で口座を開設することができ、取引を行うことができます。


一方、インターネット上で口座を開設する場合でも必要事項を記載します。


本人が確認できる書類の画像を添付して提出することで口座を開設することができます。


銀行によって異なりますが、インターネット上で手続きを行う場合、印鑑を必要としない場合があります。


インターネット上で口座開設の手続きを行う場合、提出後に書類審査が行われるため、即日で取引を行うことはできません。


また、ペーパーレス化の流れにより通帳を発行されない場合もあります。


しかし、銀行にわざわざ時間を作っていく必要がないため、インターネット上で銀行口座を開設することをおすすめします。

奨学金の振替口座を変更するには学校に問い合わせよう



奨学金の入金、返還のための口座を変更することは可能です。


奨学金の振込口座(入金するための口座)を変更したい場合は学校に問い合わせる必要があります。


学校の日本学生支援機構の窓口となっている部署に連絡して、振込口座変更届をもらいます。


そこに必要事項を記入して学校に提出します。


原則、変更届が提出された翌月には変更されるように手続きが行われます。


しかし、変更が遅れる場合があるため、前の口座を解約する場合は、変更されたことを確認してから解約するようにしましょう。


ちなみに奨学金を返還する際の口座を変更する場合の方法には2種類あります。

  1. 金融機関の窓口で変更する方法
  2. 日本学生支援機構に郵送で変更する方法

1つ目の方法は変更したい口座の金融機関に対して申請書を提出します。

申請書は日本学生支援機構のホームページからダウンロードすることができますし、奨学金相談センターに郵送で申し込めば取り寄せることができます。

申請書に必要事項を記入し、提出することで手続きは完了します。

2つ目の方法は日本学生支援機構に申請書を郵送で送ることで手続きは完了します。

申請書の取り寄せ方は1つ目の方法と同じです。

いずれの方法でもリレー口座の変更が完了するまでに1~2か月程度かかります。

リレー口座変更についても変更を確認してから前の口座の解約を行うようにしましょう。

参考:大学生は銀行口座を2つに分けるべき!



大学生は銀行口座を2つに分けるべきであるという考えがあります。


その理由は大学生は学費だけでなく、サークルや交流会などでお金をたくさん使う必要があるからです。


大学生の時期に使うお金は将来を見据えたうえで必要になるものと考えられるため、これらを節約することは困難です。


しかし、お金には限りがあるため、自分自身でお金を管理する必要があります。


お金をきちんと管理するためには以下のように2つの銀行口座を持つことをおすすめします。

  1. 普段使用する口座(仕送り・奨学金・給料の入金口座)
  2. 貯金をする口座

①普段使用する口座(仕送り・奨学金・給料の入金口座)

1つ目の口座は普段使用する口座です。


この口座では

  • 仕送り
  • 奨学金の入金
  • アルバイトなどの給料

の入金口座として使います。


ここの口座から次に紹介する貯金する口座に送金して少しずつ貯金をします。

②貯金をする口座

2つ目の口座は貯金をするための口座です。


原則、この口座から出金することはありません。


コツコツ貯金するためには入金をする時期や貯金の金額を決めておく必要があります。


例えば、貯金額は毎月20,000円と決めておき、入金する時期は奨学金が入金された日という風に決めておきます。


このようにルール化して意思を固めておかないとなかなか貯金をすることができません。


貯金をする意思の弱い人は定期積金をおすすめします。


定期積金とは積立式の定期預金のことで、毎月一定額を積立し、満期を迎えると積立金が返金されるという仕組みです。


自身で決めた満期を迎えるまで毎月一定額が普段使う口座から引き落とされるため、自分の意思にかかわらず貯金をすることができます。

コラム:大学生が節約する方法・家計簿の付け方は?

大学生は家計簿アプリを使って日々お金の収支を記録するのが良いでしょう。


家計簿アプリを用いることで、ひと月の間にどのような出費があったか確認することができます。


このデータから節約するべき出費や自身ができる貯金額を計算することができます。


詳細については一人暮らしの大学生の家計簿のつけ方や節約術について深堀した記事で紹介されていますので興味のある方はご覧ください。

コラム:奨学金の返済が厳しくなったときはどうする?

奨学金の返済が厳しくなった場合は減額措置や返済猶予制度があります。


減額措置とは月々の決められた返済額の2分の1~3分の1に減額してもらう制度です。


一方、返済猶予制度とは認められた期間について奨学金の返済を停止してもらうことができる制度です。


減額措置や返済猶予制度についての記事もあわせて読むと理解が深まるでしょう。

奨学金の返済に困ったらお金のプロに相談するべき理由

奨学金の返済が厳しい場合は、お金のプロに相談することもおススメです。 

お金のプロであるFPは、相談者の収支の見直しや、お金の管理方法などのアドバイスを通して、奨学金の返済計画の作成や見直しをしてくれます。 

さらには、返済のめどが立った後のライフプランの形成までアドバイスしてくれるため、これから先の人生のお金周りの悩みが解決できます。 

FPへの相談は、特にマネーキャリアの無料FP相談サービスがおすすめです。 

マネーキャリアの無料FP相談サービスは、申し込みから実際の相談まですべてオンラインで完結できるので、相談しにくい返済のことも気軽に行うことができます。 

また、3,000名のFPと提携しているため、質の高いFPが多く、返済へ向けたプランの作成など、親身になって相談に乗ってくれます。 

相談は何回でも無料で、顧客満足度93%のマネーキャリアの無料FP相談サービスが気になる方は、下のボタンから詳細をチェックしてみましょう。
マネーキャリアの無料FP相談の詳細はコチラ

まとめ:おすすめの奨学金振込口座と決め方を参考にしよう!

今回は日本学生支援機構の奨学金に関連する口座の決め方について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは

  • 日本学生支援機構が指定した口座でないと振込、返済ができない
  • 自身の利便性の高い金融機関の口座を利用する
  • 貯金する場合は奨学金の振込口座と別にする
でした。

日本学生支援機構が指定している口座の範囲は広がってきています。

そのため、自身が普段用いる通帳を奨学金の振込口座にすることが最も利便性が高くなると考えられます。

マネーキャリアでは、他にも読んでおきたいお金に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

記事監修者「谷川 昌平」

この記事の監修者谷川 昌平
フィナンシャルプランナー

東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。