年収400万の手取りはいくら?生活実態や最も多い職業についても解説!のサムネイル画像

「年収400万円の手取りはどれくらい?」「年収400万円だったらどんな生活が送れる?」このような疑問を持っている方は多いでしょう。そこで本記事では、年収400万円の手取り額、年収400万円の平均貯金額、年収400万円の家計の実態やローンについてまとめました。

この記事の目次

目次を閉じる

年収400万の手取りはいくら?年収400万でどんな生活を送れる?

こんにちは、マネーキャリア編集部です。


先日、20代の男性からこんな相談がありました。

年収400万円だと、生活レベルはどれくらいになるのか?

人それぞれ、年収はこれくらいにしたいという考えは異なるかと思いますが、確かに年収400万円だとどんな生活ができるのかというのは気になりますよね。


自分の生活費だけにお金を使うことができれば、そこまで年収を気にしなくてもいいでしょう。しかし、生きていくためには家賃や税金、健康保険料などのことも考えなくてはなりません。


そこで今回は、年収400万円だと手取りはいくらくらいになるのかまた、どんな生活が送れるのかということについて解説していきます。


本記事では、

  • 年収400万の生活実態を大公開!【年収400万の家計簿を紹介】
  • 年収4000万の人が貯金をするためにやるべきコト
  • 年収400万円を目指せる業界

といった内容で解説します。

年収400万円の手取りは315万円程度!


年収が400万円といっても、その金額がそのまま自分の手元に残るわけではありません。

そもそも年収というのは税金を支払う前の税金や給与、ボーナスなどの総額のことをいいます。


一方、手取りは所得税や健康保険料などの税金が考慮された後の実際に手元に残る金額のことをいいます。

これらを総合して計算をすると、年収400万円の方の実際の手取り金額は約315万円ほどになるようです。


このように年収のすべてを自分のお金として使うことはできないので、計画的に使っていく必要があります。

年収400万円の手取りの計算方法

前述の通り、年収400万円の場合でも税金や健康保険料などさまざまなものが引かれてそれが手取りになるということはお分かり頂けたかと思います。

しかし、実際にどのような内訳で引かれていってしまうのかということも気になりますよね。


年収から差し引かれる主な項目は、下記のようになっています。

  • 所得税
  • 住民税
  • 社会保険料

そして、所得税は下記のような計算で求めることができます。
  1. 年収から給与所得控除を引く
  2. 基礎控除、社会保険料控除を引く
  3. 配偶者控除や扶養控除など、条件を満たせる控除を引く
  4. 課税所得金額に所得税率を掛ける
  5. 課税所得金額によって決められている控除額を引く

住民税に関しては、都道府県民税と市町村税の2種類がありそれを総合して住民税と呼んでいます。住民税も必ず支払わなければならないので、しっかりとした手続きと計算が必要です。

健康保険料に関しても、社会保険に加入していれば給与から自動的に天引きされますが、国民健康保険ですと自分で保険料の支払いをしなければなりません。

これらの項目においてすべてきちんと支払いをおこない、計算をすることで初めて手取りを算出することができます。

年収400万円の手取り額の例を紹介!

それでは、年収400万円の方の手取り額は具体的にどのような内訳となるのでしょうか?

こちらでは、26歳独身の方を例に挙げてご説明していきます。



月収25万円年収(ボーナス込)400万円
社会保険料3万7800円59万2000円
所得税5000円8万5800円
住民税1万4000円16万6000円
手取り19万3200円315万6200円


前述の通り、手取りの年収は約315万円となっています。月収は約19万円

天引きされてしまっている項目のうち、最も金額が大きいのが社会保険料ですね。

年間で約60万円も引かれてしまっている計算になります。


このように天引きされてしまう税金によって年収の手取り金額も変わってきます。

年収400万円の人は扶養家族がいると手取りが増える

しかし、前述にてご紹介した年収の手取り額は独身の方の場合の計算で配偶者や子供など扶養家族がいる場合は、手取りが増えることもあります。 それは、所得税や住民税などの税金が扶養する家族が多ければ多いほど、減額されるからです。


また、中学生以下のお子さんがいる家庭には、児童手当が1年間に約6~18万円支給されるのでそれもある意味、収入となります。

年収400万円の平均月収と平均貯金額について解説


年収400万円の方のだいたいの手取り額は判明しましたが、その場合の平均月収と平均貯金額などは、どのようになっているのでしょうか?

年収400万円の人の平均月収は28万円程度

前述までのお話の通り、たとえ収入が同じであったとしても最終的に手取りとして手元に残る金額は人それぞれ同じとは限りません。独身の場合など家族構成によって、税金など発生する金額に差があるからです。


そのため、正確な金額を出すことはできませんが、平均月収としては約28万円ほどになっているそうです。しかしながら、金額の幅はかなり大きいと思われますので参考程度として考えておいた方がいいかもしれません。

年収400万の平均貯金額は590万円程度

平均月収が出たとなると、やはり平均貯金額も気になりますよね。

こちらについても、あくまで参考程度とした方が良さそうですが、平均貯金額は約590万円となっているそうです。


しかし、年収300万円台の方の場合の平均貯金額は約190万円となっていて、年収400万円の方と比べるとかなりの差がひらいていることが分かります。

年収400万円のローンや家賃について解説!


年収に関わらず、何か欲しいものがあった場合などにローンを組みたいと思うことは多いでしょう。車のローンや、戸建てなどの住宅ローンなど世の中にはさまざまなローンが存在しています。


こちらでは、年収400万円の方の場合のローンや家賃の相場について解説していきます。

年収400万円の住宅ローンの相場は2000万円前後

年収が400万円の場合、住宅ローンは最大で約2600万円まで可能と言われています。

しかし、このように最大で住宅ローンを組んでしまうと月のローン返済も約12万円となるので、ローンだけで生活が圧迫されてしまうかたちとなります。


そのため多くの方が約2000万円前後でローンを組むことが多いそうです。

そうすると月のローン返済額は約8万円となるので、負担が少し軽減されます。


現在の家庭状況や金銭状況によって、ローン金額を決めることが大切ということですね。

年収400万円のマイカーローンの相場は160万円前後

そもそもマイカーローンというのは、車を購入したい場合などに利用することのできるローン制度になります。

一般的にマイカーローンの最大限度額は、年収=限度額とされていますが最大限度額の金額の車を購入しようと考える人は少ないでしょう。


さらにマイカーローンでは、単純な返済金額だけでなく返済負担率というものも加わってきます。この返済負担率は、年収金額に対して年間にどれくらいの割合で返済をおこなっているかというものになります。


なお、返済負担率の計算式は下記のようになっています。

年間の返済額(万円) ÷ 年収(万円) × 100 = 返済負担率(%)

これらを考慮して生活に負担のない範囲でマイカーローンを組むとすると、相場はだいたい約160万円前後となることが考えられます。

年収400万円の家賃の相場は5万円前後【郊外の物件を狙うのがおすすめ】

前述にて既にご紹介している通り、年収400万円の方の場合の平均手取り月収は約19万円です。

その場合の家賃相場は一般的に、約5万円前後が妥当とされています。しかし、都心だと家賃5万円前後の物件を見つけるのは、なかなか難しいですよね。


その場合は、郊外の物件を狙うのがおすすめです。

郊外の物件であれば、同じ都内であっても家賃をかなり抑えることができます。また、東京都内にこだわらず近隣の千葉県なども候補に入れれば、さらに家賃の大幅ダウンが見込めます。

年収400万の生活の実態を大公開!【年収400万の家計簿を紹介】


ここまでは、年収400万円の場合の手取りなどおおよその一般的な金額を見て来ましたが、年収400万円で生活をしている方々の実際の生活実態・家計簿はどのようになっているのでしょうか?

➀年収400万円の独身(実家暮らし)の場合【ある程度余裕あり】

項目支出収入
月収27万円
家賃5万円
食費・税金・雑費6万円
貯金10万円


この方は実家暮らしなのですが、毎月必ず5万円を入れるように決められているそうです。


しかしながら、食費や税金など絶対にかかってしまう費用を除いても、10万もしっかり貯金できています。


家賃として実家に5万円を入れているとはいえ、光熱費やその他雑費を抑えられるため、ある程度、余裕のある生活を送れるようです。

②年収400万円の独身(一人暮らし)の場合【趣味や娯楽にある程度お金を回せる】

項目支出収入
月収25万円
家賃6万円
食費・税金・雑費8万円
貯金5千円


こちらの方は、やはり先ほどの実家暮らしの方に比べると貯金はかなり少ないように感じます。しかし、実家暮らしに比べるとその他の費用もかなりかかっているので、これは仕方ありません。


そのため、この方の場合はボーナスを貯金に回しているそうです。

そうすることで月の支出を抑えられ、趣味などにも使うことができるお金をある程度、確保できるとのこと。

③年収400万円で夫婦二人暮らし(片働き)の場合【節約すれば生活できる】

項目支出収入
月収25万円
家賃7万円
食費・税金・雑費9万円
貯金3千円


このように夫婦2人で片働きの場合、しっかりと節約をすれば生活はなんとかできるようですが月の貯金額は少なく、外食や娯楽などの費用も抑えているようです。


しかし、この方々は将来、子供をつくることを考えてボーナスのほとんどを貯金に回しているそう。


出費を抑えながら生活できる方法を考えて生活しているようです。

④年収400万円で夫婦と子供一人の場合【固定費を抑えないと厳しい】

項目支出収入
月収25万円
家賃4万円
食費・税金・雑費10万円
貯金1万円


こちらの方々の場合、子供のことを考えて、なるべく貯金をすることを意識しているそう。それでも少し生活が厳しいとのことで、今までは都心に住んでいたそうなのですが千葉の方に引っ越して大幅に家賃を抑えたそうです。


やはり、家賃などの固定費を抑えていかないと生活は圧迫されるようです。

⑤年収400万円で夫婦と子供二人の場合【かなり生活が厳しい】

項目支出収入
月収25万円
家賃3万円
食費・税金・雑費13万円
貯金2万円


こちらの方々の場合、両親と同居しているためここまで家賃が抑えられているそう。


やはり、ここまでしないと子供2人を養っていく場合はかなり厳しいようです。さらには子供のために貯金もおこなっているため、車などの維持費がかかるものも今は考えていないそうです。

年収400万の理想的な家計割合の例を紹介!

前述では、実際に生活をしている方の家計簿についてみてきました。

年収400万円で実際に生活をしていくと状況によっては、厳しいこともあるようですが

年収400万円の場合の理想の家計割合はどのようになっているのでしょうか?


項目金額
貯金54000円
家賃67500円
食費40500円
医療費2700円


理想の内訳はおおよそ、上記のようになっています。


貯金額だけを見ても、実際に年収400万円で生活をしている方々の2倍の金額となっています。


一方で食費を見てみると、紹介したどの家族よりも少なく食費を削減するようなかたちとなっており、まさに理想の家計簿となっています。

年収400万円でも結婚は可能【結婚前にパートナーとライフプランを決めよう】


夫婦2人の結婚生活に必要な年収は、400万円台と言われています。

年収400万円の場合でも十分、結婚することは可能です。ただし、どのような生活基準で結婚生活を送っていきたいかにもよります。


そのため、結婚をする前にパートナー同士でしっかりと結婚後のライフプランについて、

相談をしておく必要があります。お互いで事前にしっかりと決めておかないと、結婚をした後にトラブルになってしまう可能性もあります。

年収400万円の人が税金を減らすためにやるべきコト


税金を減らしたい場合は当然ですが、節税する必要があります。


節税をするのとしないとでは、年収に大きな差が出ます。友人の方が年収が高いのにも関わらず、自分自身の方が税金は高いという事例まであるほどです。


すぐに実践できる節税方法としては生命保険や医療保険への加入また、過去に未納となってしまっている年金保険料の支払いなどが挙げられます。


未納となってしまっていると、それだけで延滞金のようなものがかかってしまっているからです。


また、扶養している家族の国民健康保険料を支払うとその支払った全額がすべて所得控除になるといったものもあります。

年収4000万の人が貯金をするためにやるべきコト


年収400万円の人が貯金をする場合、最低でも手取り額の10%は貯金をするのが理想的です。


例えば、手取り25万円の方が貯金をする場合は毎月25000円、年間で30万円ほどの貯金ができるのがいいとされています。


実家暮らしなどの場合は、光熱費や家賃がかからないのでさらに上乗せして貯金をしておくと、万が一の時に安心です。


毎月、確実に貯金をしたい方は、強制的に貯金をしなければならない環境づくりをしておくといいかもしれません。

【比較】年収400万円の人と年収800万円の人の手取り額の違い


年収が800万円の方の場合の手取り額は、約590万円と言われています。


ちなみに年収800万円の方は高所得者と呼ばれており、これだけ稼げる方はごく少数のようです。


なお年収400万円の方と800万円の方の手取り額を比較してみると、その割合はわずかしかないということが分かっています。


これは日本の税制度が関係しています。主に所得税率についてですが、日本においては基本的に所得が高ければ高いほど、税金が上がる仕組みとなっているからです。


これにより、年収が倍違うのに実際に手取り額を見てみると差がわずかしかないという結果になっています。

年収400万円を目指せる業界


それでは実際に、年収400万円を目指せる業界にはどのようなものがあるのでしょうか?

  • 不動産業
  • 運送業
  • カスタマーサポート

業界としては、上記のようになっています。
不動産業は営業における契約の出来高制となっているため、年収が高めとなっています。
しかしながら不動産業はほとんどの場合、資格を必要としているため、転職を検討している方は資格についても合わせて考える必要があります。

運送業に関しては誰もが知っている宅配などが該当し比較的、目指しやすい業界となっています。しかし、休日が取りにくいことや夜勤も多いことを考えると要検討な業界ともいえます。

カスタマーサポートは、いわゆるコールセンターがそれに該当し、デスクワークとなるのでこちらも目指しやすい業界でしょう。
ただ、経験やスキルによって給与も大きく変わるので最初から稼ぐことができるというわけではないようです。

年収400万円の人の収入への満足度は約50%【半数以上が転職を視野に】


それでは実際に、400万円の年収を得ている方々は、その収入に満足しているのでしょうか?

調査によると、年収に満足している方は約47%で不満足の方に関してもほぼ同じくらい。


しかし、収入と仕事量が合わないと考えている方や、今の収入では足りないと考えている方も多く、半分以上の方が転職を考えているようです。

転職の理由としては、長く勤めているのに給与がまったく変わらないなど、やはり金銭的な理由が多いようです。

補足:年収400万円は世間的に見て低いのか高いのか


日本における平均年収は、約441万円となっているので平均と比べるとやや低いと言えるかもしれません。

しかし、女性の場合で見てみると全体の上位から計算しても30%以内、また年代別に見ても女性の場合はすべての年代においては平均年収は400万円以下。


これを考えると、女性の方で平均年収400万円を得ている方は高収入と言えるのかもしれません。

年収400万円の人の割合

全体でみてみると、年収が400万円の方々の割合は約45%。これは、日本国内で働く方の半分以上が年収400万円に到達していない計算になります。

そのため、年収400万円という数字は決して低くはないといえます。

【男女別】年収400万の人の割合は男性が18%弱・女性が11%弱

そして、さらに男女別でみてみると年収が400万円の方の割合は、男性が約18%、女性が約11%となっていてこちらの数値をみても、年収400万円に到達することが簡単ではないことが伺えます。


前述でもご紹介しましたが、女性に関していえば年収400万円の方はさらに少ないのでいかに大変かということがいえます。

【年齢別】男性なら20代後半で年収400万に到達

年齢別に見ると順調にいけば男性の場合、20代後半で年収400万円に到達する計算になります。また、役職や資格などが重なればその先にもさらに年収が上がることが予想されます。


働き方次第で、さらなるステップアップが望めるということですね。

まとめ:年収400万円の人の手取りは約315万円

本記事では、年収400万円の方方々の手取り額について解説しました。

今回の記事のポイントは、


  • 年収400万円は決して低いわけではない
  • 節税が大切
  • 年収400万円を目指せる業界はいくつかある

などを学ぶことができるものでした。 

 是非、本記事を参考に今一度、自分の年収や手取り額について見直してみてはいかがでしょうか?

マネーキャリアでは、他にも読んでおきたいお金に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。 

記事監修者「谷川 昌平」

この記事の監修者谷川 昌平
フィナンシャルプランナー

東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。