15歳の高校生におすすめの生命保険とは?何歳から必要なの?のサムネイル画像
▼この記事を読んで欲しい人
  • 15歳になり、高校生になろうとする子供がいる人
  • 若いうちに、もしもの時に備えて保険に加入したいと考えている人
  • 若いうちに生命保険に加入するメリットを知りたい人
  • 保険の相談窓口でどこかいいところはないか探している人

内容をまとめると

  • 15歳はこれまでよりも行動範囲も広がるため、もしもに備えて生命保険に加入しておくと安心
  • 生命保険に加入する際は、相談経験豊富なファイナンシャルプランナーがいる相談先に相談すると最適な保険に加入するきっかけとなる
  • マネーキャリアは相談の予約から相談までオンライン上で完結するため、高校生の子供がいる忙しい人も気軽に相談ができる
  • マネーキャリアについてはこちらのボタンをクリック!

子どもが15歳の高校生になって生命保険への加入を検討したけど、本当に必要か分からないという方はいらっしゃるのではないでしょうか。実は、そんな人には無料で相談できる保険相談窓口がおすすめなんです!この記事では、生命保険の相談が出来る窓口と15歳の高校生におすすめの生命保険・必要な人の特徴を解説します!

記事監修者「谷川 昌平」

この記事の監修者谷川 昌平
フィナンシャルプランナー

東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

この記事の目次

目次を閉じる

15歳の高校生におすすめの生命保険


15歳といえば中学校も卒業し、高校に進学する年齢です。


高校に進学するとこれまでよりも行動範囲も可能性も広がる一方、予想外のけがやトラブルの危険性も高まります。


15歳の高校生にとって、転ばぬ先の杖ともなる生命保険を紹介します。


早めに生命保険に加入することで、万が一の時の金銭的な不安に備えることができます。

  • 高校生におすすめ①:死亡保険
  • 高校生におすすめ②:医療保険
  • 高校生におすすめ③:学資保険

高校生におすすめ①:死亡保険

高校生におすすめの生命保険のうちの1つが死亡保険です。


死亡保険とは、契約者が死亡、もしくは高度の障害が残った時死亡保険金が支払われるタイプの保険です。


高校生で死亡のリスクは早いと考える人も多いようですが、備えることに関して早すぎることはありません。


高校生は行動範囲が広がり、親の目が届かない時間が長くなる一方で、予想外のトラブルや事故の危険性が高まるためです。


高校生で加入できる死亡保険には3つの種類があり、それぞれ特徴は異なります。

  • 定期保険:
    保険期間が年齢や年数であらかじめ決められているが、保険料は比較的安い
  • 終身保険:
     保険期間が一生涯続くが、定期保険よりも高額
  • 養老保険:
    貯蓄性が最も高いが保険料も比較的高額

高校生におすすめ②:医療保険

医療保険とは、病気や怪我で入院や手術をした時に、入院給付金や手術給付金を受け取れる保険を指します。


医療保険は、健康面に不安要素がある大人が加入するものといったイメージがある人もいますが、高校生のうちから加入しておくべきです。


高校生だから病気にならないということはなく、ふとしたきっかけで大きな病気が潜んでいることに気づくケースもあります。


また通学や部活動の最中、友人と遊びに出かけている時などに怪我をする危険性と常に隣り合わせです。


これらの危険や事故、病気に遭った際、入院や治療となると費用がかかりますが、健康保険のみでは治療費が高額になるケースが多々あります。


医療保険はまだ早いとせず、高校生の早い段階から加入を見当すべきです。

それぞれの生命保険の必要な人の特徴


高校生におすすめの生命保険を紹介しましたが、必要性を感じる場面や状況は多々あります。


それぞれ必要と言える人の特徴をまとめましたので、生命保険に加入を見当している人は参考にしてみてください。

  • 死亡保険が必要な人の特徴
  • 医療保険が必要な人の特徴
  • 学資保険が必要な人の特徴

死亡保険が必要な人の特徴

高校生で死亡保険への加入を見当する人の特徴は以下の通りです。

  • 一生涯における死亡保険の掛金を低額に抑えたい人
  • 将来的に死亡保険に加入できない事態は避けたい人
なぜなら、死亡保険は保険会社によっては0歳から加入できることもあり、若いうちに加入すればするほど掛金の総額は安く抑えることができます。

また、死亡保険は持病や入院歴によっては加入を断られる可能性もあります。

そのため、将来目的を持って死亡保険に加入したい段階で加入できないということも考えられます。

つまり、高校生という比較的若い段階で加入することで生涯における死亡保険の掛金を抑え、将来加入できないリスクを無くすことができます。

高校生の段階で大きな必要性が感じていない人も、死亡保険の加入を見当してみてはいかがですか。

医療保険が必要な人の特徴

高校生で医療保険が必要な人の特徴は、高校入学をきっかけに行動範囲が広がる人です。


中学校の時までは自宅から学区も定められているため、ある程度行動範囲が分かっていました。


しかし高校生になると通学範囲も広がり、部活動や通塾、アルバイトなど行動範囲も拡大します。


行動範囲の拡大にあわせ、親の目の届かない所で事故やトラブルに巻き込まれるリスクも同様に高まります。


例えば通学や通塾の際に自転車を利用する人もいますが、高校生の交通人身事故発生状況(令和4年上半期)によると令和4年上半期で450件の自転車事故が発生しています。


いつ通院や入院が必要となるかは誰にも分かりません。


高校生だから医療保険は不要とするのではなく、医療保険も視野に入れるべきです。

保険相談窓口を利用するメリット


保険相談窓口は保険の加入を決めた人はもちろんですが、保険に関する相談をしたい人や見直しをしたい人にもおすすめです。 


保険の契約は書類も記入欄も多く、手続自体が難しいと感じてしまいます。


また、契約内容やプランの複雑さに困惑してしまうこともあります。 


しかし保険相談窓口を利用すると、保険に携わってきたプロが的確にアドバイスをしてくれます。


保険相談窓口を利用し、客観的な意見やアドバイスを取り入れながら契約すると、より最適な生命保険に出会えます。 


保険相談窓口を利用するメリットは以下の通りです。

  • メリット①:生命保険以外の相談もすることが出来る
  • メリット②:複数の商品から選択できる
  • メリット③:面倒な手続きを代行してれる
  • メリット④:オンラインでも相談できる

メリット①:生命保険以外の相談もすることが出来る

生命保険に限らず、保険全般の相談もできるのが嬉しいポイントです。

様々なライフプランに合わせて状況や環境は変化するため、保険でカバーしたい内容や必要なプランもそれに合わせて変化します。 

しかし自分で客観的に見直して保険の内容を確認するのは難しく、場合によってはカバーしきれていない、内容が重複してしまうこともあります。

相談窓口を利用した際に生命保険以外の相談も可能ですので、家庭全体の保障の内容も見直せます。 

ヒアリングなどを通じて、他の保険に切り替えるきっかけになった人もいます。 

生命保険に限らず、保険のプロとして心強い相談相手ですね。  

メリット②:複数の商品から選択できる

数ある商品の中から、自分に適した保険商品に出会えるのも保険相談窓口ならではです。 

保険相談窓口は、相談経験も知識も豊富な保険相談のプロがいます。 

会話で得た基本的な情報のみならず、雑談などで得た情報も参考にしながら、必要な保障や予算で最適な保険を提案できます。

自分で契約すると、知っている保険会社から選びがちですが、保険相談窓口を利用することで、これまで候補になかった意外な保険商品に出会うきっかけになります。 

多数の商品から、保障内容や保険料などを比較検討しながら自分に合った商品を選べるメリットがあります。 

メリット③:面倒な手続きを代行してれる

保険の手続きは、何かと大変な場面もあります。

しかし保険相談窓口を利用すると、これらの面倒な手続きを代わりに行ってくれる場合もあります。 

生命保険を契約するにあたって、必要な書類や聞き慣れない用語も多く、手続きや準備に手間取ってしまいがちです。 

しかし、保険相談窓口を利用すると手続きの方法や必要な書類を教えてくれるのみならず、場合によっては手続きを代わりに行ってくれることもあります。 

難しい手続きが不安で生命保険の契約や保険見直しを先延ばしにしていた人は、ぜひ保険相談窓口に足を運んでみてください。 

メリット④オンラインでも相談できる

保険相談窓口は店舗で行うのはもちろんのこと、オンライン上でも行っています。

オンラインで自宅にいながら、プライバシーを気にせずに相談できるのもメリットです。 

保険の相談をしたいと思っても、来店の予約をして実際に足を運ぶまで億劫に感じてしまうこともあります。 

また、他の人がいる所では収入や資産の話はしにくいと感じてしまいます。

その他仕事や家事で忙しい人は、保険相談のために来店する時間を確保するのは難しいことが多いようです。 

オンラインの場合、予約から実際の相談に至るまでオンライン上で完結するものも多くあります。

プライバシーを気にする人や忙しい人も利用しやすいサービスが展開されています。  

生命保険の無料相談窓口おすすめランキング5選!


大切なこれからの備えを相談するので、相談先はどこでもいいとは言えません。


数ある保険相談窓口の中でもおすすめの5箇所を紹介します。 


利用は全て無料ですので、金銭的な不安なくプロに相談できる点がおすすめです。 


以下ではランキング形式で紹介していますので、自分に合った相談先を探す時の参考にしてください。

おすすめランキング①:マネーキャリア

マネーキャリアは、納得の相談ができるとされている無料の相談窓口です。 

相談相手となるファイナンシャルプランナーの質が非常に高く、選ばれし3,000人以上のファイナンシャルプランナーが相談に応じます。

相談経験も豊富で、生命保険に限らずこれまで様々な相談に乗ってきた経験があるため、生命保険も含めて保険の見直しも行うことができます。

これまで相談した利用者の満足度は93%と高い割合をキープしているのも納得の対応です。

相談は予約から相談まで全てWEBで完結します。 

店に来店する時間がなかなかとれない人や、生命保険について0から知りたい人におすすめです。 
マネーキャリア

おすすめランキング②:ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶは、子供のこれからのことや日々の生活のことなど、悩みが尽きない子育て世代に選ばれている無料相談窓口です。 

尽きない悩みや不安にあらかじめ備えるための保険ですが、具体的なプランや受けられる保障については、素人目にはなかなか理解できない部分があります。 

これまでの相談件数は累計で19万件以上と相談経験も豊富なので、これから先の未来について的確なアドバイスをくれると言えます。  

さらに、ほけんのぜんぶで無料相談を予約した人にプレゼントがあります。

ママや子供が好きなキャラクターのグッズも用意されているため、家族全員で嬉しいですね。 
ほけんのぜんぶ

おすすめランキング③:保険見直しラボ

必要な保障のカスタマイズができる保険見直しラボも、おすすめの相談先の1つです。

生活スタイルや考え方などは様々かつその時の状況で変化するため、1人ひとりに最適な保障は異なるものです。 

しかし自分の生活に必要な保険を探して契約するのも、一筋縄ではいきません。

保険見直しラボでは1人ひとりに丁寧なヒアリングを行うため、不安をカバーできる最適な保険を提案できます。 

種類豊富な36の保険会社と契約しているため、比較検討してじっくり考えることができます。

さらに保険見直しラボのコンサルタントは、業界経験年数12年以上です。

長年の経験と豊富な商品からピックアップした、自分に合った保険に出会えるはずです。 

申し込みから面談の日程が確定するまで最短10分でマッチングできるため、仕事や家事で忙しい人でもスムーズに相談できます。

日々忙しく、なかなか相談する時間がとれない人におすすめです。  
保険見直しラボ

おすすめランキング④:ほけんの窓口

ほけんの窓口はショッピングモールなどをはじめとした全国各地に店舗がある無料相談窓口です。 

ほけんの窓口として、オンラインによる無料相談も可能です。

自宅に人を招き入れるには抵抗がある人や、買い物のついでに保険相談をしたい人に適しています。 

40社以上の保険会社を取り扱っているため、多数の保険会社から比較検討して納得できるまでアドバイスをもらいながら決められる点がポイントです。 

また、保険契約後の確認やプラン見直しなどのアフターフォローもしっかりしています。

多くの保険会社を見比べて決めたい人、契約後のプランの見直しまで長期的な目で計画している人におすすめです。  

おすすめランキング⑤:保険市場

保険市場は、多種多様な保険が集まる市場のようなものです。 

保険市場で取り扱っている保険会社数と商品数は94社、334商品です。

これだけの数の多さは業界でも類を見ないほどと言えます。 

そのため、生命保険以外の保険もまとめて見直したい人におすすめです。 

また無料相談窓口の利用はもちろんですが、公式ホームページではチャット形式でアバターに保険相談も可能です。 

その他、AI診断で自分に最適な相談相手であるコンサルタントを提案してくれるサービスもあるため、より話しやすく相談しやすい人に相談できます。 

自分のこれからの不安や備えについて信頼できる人に相談したいからこそ、保険はコンサルタントとの相性も重要になります。 

相談する人は話しやすい人がいいと考えている人に保険市場はおすすめです。  
保険市場

15歳の高校生におすすめの生命保険に関するQ&A


15歳の高校生が生命保険に加入するにあたって多い疑問点は以下の通りです。


年齢や加入手続き、保険における専門用語などで迷う場面も多々ありますが、分かりやすく解説します。

  • 生命保険には何歳から入るべき?
  • 皆は何歳から加入してるの?
  • 貯蓄型と掛け捨ての違いは?
  • 未成年の場合契約者は誰?
  • 子どもでも終身保険に加入するべき?

生命保険には何歳から入るべき?

生命保険には何歳から加入すべきかという疑問ですが、加入は年齢で考えるものではありません。


自分の生活スタイルや考え方、怪我や病気などを考え、必要性があれば加入するべきです。


保険の内容によっては、生命保険の中でも就業不能保険など、高校生では加入できないものもあります。


しかし、生命保険の中でも死亡保険や医療保険などは、備えるに早すぎることはありません。


死亡も怪我・病気も誰しも起こりうることであり、高校生だから怪我をしない、死亡しないとは断定できません。


必要性を感じ、生命保険に加入したいと考えた時が加入のタイミングです。

皆は何歳から加入してるの?

生命保険に加入する年齢は、その人によって様々です。


20代までは60%前後の加入率にとどまっていますが、30代から生命保険の加入率は80%を超えています。


つまり、30代のタイミングで加入する人が多いです。


30代は、仕事や家庭におけるライフプランの変化が大きい年代という点が理由です。


仕事や家庭の変化を受け、自分のこれからのこと、そして大切な家族の生活を考えて加入を選択する人が多いことが理由として挙げられます。


しかし就職などをきっかけに20代から加入しているケースもあるため、加入に早すぎることや遅いことはありません。


一般的には30代からの加入が多いですが、自分の必要と感じたタイミングで生命保険に加入すべきです。

貯蓄型と掛け捨ての違いは?

貯蓄型と掛け捨ての違いですが、解約時や満期時に保険会社から保険金が支払われるかどうかにあります。

貯蓄型掛け捨て
メリット大きなお金が必要なタイミングでお金を受け取れる保険料が比較的安価
デメリット保険料が高額実際に保障を受けない場合、損をしたと感じやすい

貯蓄型の場合は、ライフイベントへの資金準備の性質があります。


貯蓄する目的や使う時期が明確な学資保険や個人年金保険が貯蓄型の一例です。


あらかじめ設定した満期を迎えると、保険金として保険会社から支払われますが、そこに至るまでの支払保険料が高額な点がデメリットです。


一方、掛け捨ての場合は貯蓄ではなかなかカバーできない、もしもの時の経済的なリスクを補うためのものです。


病気やケガに備える医療保険やがん保険、働けなくなることによる収入減に備える就業不能保険が例に挙げられます。


貯蓄型、掛け捨てどちらも一長一短です。


保障の内容や不安を解消することを重視して加入すべきです。

未成年の場合契約者は誰?

未成年で生命保険に加入する場合でも、未成年者本人が契約者になれるケースもあります。


しかし、具体的な対応については保険会社によって異なります。


保険会社によっては、親権者もしくは未成年後見人の同意が必要になります。


親権者や未成年後見人の同意なく加入できないケースや、署名捺印のある書類が必要になるケースもあります。


各社、生命保険の内容ごとに対応が異なりますので、契約する保険会社に問い合わせてください。

子どもでも終身保険に加入するべき?

子供でも終身保険に加入するべきです。


終身保険の多くは大人をターゲットにしているため、子供に終身保険は早いイメージを持つ人も多いです。


しかし、終身保険は子供のうちに加入しておくべきメリットがあります。

  • 子供のうちに加入すると、一生涯掛金を抑えられる
  • 税金対策になる
掛金は加入した年齢で決まるため、終身保険は若いうちに加入すると年間保険料を抑えることができます。

また、税金対策については、もしも子供が病気になったとしても、医療保険で受け取る保険金は全て非課税となります。

今すぐの必要性が感じられないとしても、長い目で見た場合終身保険も必要になる場面があります。

子供でも終身保険に加入し、いざという時に備えるべきです。

まとめ:マネーキャリアなら生命保険以外のことも気軽に相談できる!

高校生のうちは生命保険はいらないと考えている人も多いようですが、高校生こそ生命保険が必要といっても過言ではありません。


加入するタイミングで保険料が決まるタイプの保険の場合は、若いうちに加入することで一生涯通じての保険料を抑えることができます。 


また高校生の場合行動範囲も広がり、親の目が届かない場面も多々出てくるため、もしもの時のトラブル怪我に備えるに越したことはありません。 


これから先の子供の安心を手に入れるためにも信頼できる人に相談したいものです。 高校生の生命保険加入についてはマネーキャリアへの相談がおすすめです。


マネーキャリアは相談経験豊富なファイナンシャルプランナーが多数在籍しているため、相談社にとって相談しやすい人が見つかるはずです。 


 相談の予約から相談までWEBで完結するため、自宅にいながら気軽に相談できるマネーキャリアにぜひご相談ください。

マネーキャリアで相談しよう!