医療保険の入院一時金は不要?入院一時金の必要性といくら必要かを解説!のサムネイル画像

▼この記事を読んでほしい人

  • 医療保険の加入や見直しを考えている人
  • 医療保険の入院一時金が不要か必要か悩んでいる人
  • 入院にどのくらいに費用がかかるか知りたい人
  • 入院一時金をいくらに設定したらよいかわからない人


▼プロが選ぶ保険相談窓口おすすめランキング5選
  1. マネーキャリア
  2. 保険見直し本舗
  3. 保険見直しラボ
  4. マネードクター
  5. ほけんの窓口

あなたにとって本当に医療保険が必要か知りたい人はぜひ以下の記事を参考にしてください。


内容をまとめると

  • 医療保険の入院一時金は不要か必要か
  • 入院した場合、いくら費用がかかるのか
  • 医療保険の入院一時金はいくらに設定するべきか
  • 医療保険の入院一時金についての悩みは何度でも無料で相談できるマネーキャリアのFP相談がおすすめ!
  • 今ならスマホ1つで無料オンライン相談できるので、この機会に保険の悩みを解決しましょう!

医療保険の加入・見直しを考えている人で、医療保険の入院一時金は不要か必要か、また必要な場合いくら必要なのか悩む人も多いのではないでしょうか。この記事では、医療保険の入院一時金は不要か必要か、医療保険の入院一時金はいくら必要かということを保険のプロが解説します。

監修者「井村 那奈」

監修者 井村 那奈 フィナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー。1989年生まれ。大学卒業後、金融機関にて資産形成の相談業務に従事。投資信託や債券・保険・相続・信託等幅広い販売経験を武器に、より多くのお客様の「お金のかかりつけ医を目指したい」との思いから2022年に株式会社Wizleapに参画。
>> 井村 那奈の詳細な経歴を見る

この記事の目次

目次を閉じる

医療保険の入院一時金は不要か必要か?


保険会社が取り扱っている医療保険は、病気やケガでの入院や通院、手術なでどかかる費用をカバーするための保険です。 


公的医療保険制度があるものの、入院時は自己負担で支払わなければいけない費用もありますので、医療保険の入院給付金で入院時のさまざまな出費をカバーできると安心です。


一般的に入院日額金(日額×入院日数)が支給されるものが多くなっていますが、近年では入院日数にかかわらず決められた金額が一律で支給される「入院一時金」も増えてきています。


入院一時金は商品によって主契約のもの、特約で付けられるものがあります。


主契約と特約のどちらの方が良いのか、そもそも入院一時金が不要なのか必要なのか、悩む人もいるでしょう。


まずは入院一時金について理解したうえで、自分にとって不要か必要なのか検討するとよいでしょう。


ここでは入院一時金について詳しく解説します。

医療保険の入院一時金について

医療保険における入院一時金とは、入院日数に関係なく決められた金額が支払われる給付金です。

日帰り入院から対応可能な商品も多く、短期の入院になるほど保障が手厚くなります。

入院一時金と入院給付金の違い 

一般的に医療保険の入院給付金といえば、日額×入院日数で決まる入院日額金のことを言いますが、近年では入院期間にかかわらず決まった金額を受け取ることのできる入院一時金を選ぶ人が多くなっています。

それぞれの違いをみてみましょう。
給付金特徴
入院一時金入院の日数に関係なく一律の金額が支給される・1日でも入院になれば該当金額が支給されるが日数の限度がある場合が多い
・短期入院に向いている
入院給付金
(入院日額金)
日額×入院日数で支給額が決まる・1日でも入院になれば該当金額が支給されるが日数の限度がある場合が多い
・短期入院に向いている

いずれもあらかじめ決められている条件に該当する必要がありますが、入院一時金は短期間の入院に、入院給付金は長期間の入院に向いていると言われています。

入院期間が短くなっている今の時代では入院一時金を選ぶ人も多く、日帰り入院から対応している商品など、じゅうぶんな保障が期待できます。

入院日額金タイプは必要入院日数を超えた場合にのみ支給される場合があるので、短期間での入院の際は注意が必要です。

入院一時金が主契約の場合 

最近では「入院一時金」が主契約の保険商品も増えています。


不要と思われがちな入院一時金ですが、入院の期間が短くなってきている昨今では、今までの日額タイプでは支給額が少ないと感じる人も多くなっているのが現実です。


入院一時金は日数や回数に制限がありますが、1日でも入院することになれば(日帰り入院も対象の場合は日帰りも)決められた給付金が支給されます。


主契約の場合の給付金は20~30万円が相場ですので、短期になればなるほど一日当たりの受取金額が多くなります。


短期入院には手厚い保障になりますが、逆に長期で入院になってしまった場合は、必要金額に比べて不足してしまう場合もあります。


入院一時金タイプでも支払限度日数を超えるごとに給付される商品もあるので、長期の入院にも備えたい人には1度だけでなく何度か給付されるタイプがおすすめです。


入院一時金が特約の場合

日額タイプの入院給付金に、特約で入院一時金の保障をつけられるケースもあります。

給付金の相場は3万円~20万円と、入院一時金は主契約のものに比べて金額は少ないですが、入院給付金での保障と合わせればさまざまなケースに対応できます。


入院日額金があれば一時金は不要と考える人もいますが、短期間の入院でも差額ベッド代や日用品、家族の交通費などもかかるので、一時金で補うこともできるでしょう。

入院一時金は入院日額金に比べると必要性が高い

入院一時金や入院日額金の特徴を踏まえたうえで、結論から述べると、入院一時金は入院日額金に比べると必要性が高いといえます。


これは、入院一時金は入院日数にかかわらず一律で給付されるので、短期の入院になればなるほど1日あたりの保障額が多くなるからです。


日額と入院日数によって給付額が決まる入院日額金は対応期間が長く、長期の入院の場合は手厚い保障になるでしょう。しかし、短期の入院だと給付対象の期間が短く、給付額はかなり少なくなってしまいます。


入院日数について、厚生労働省の「令和2年 患者調査の概況」における「退院患者の平均在院日数等」を見てみましょう。


病院、一般診療所における
退院患者の平均在院日数
令和2年32.3日
平成29年29.3日
平成26年31.9日
平成23年32.8日
平成20年35.6日
平成17年37.5日
平成14年37.9日
平成11年39.3日
平成8年40.8日

厚生労働省「令和2年 患者調査の概況」をもとに作成

※令和2年は調査事項における「入院年」の元号の選択誤り等により注意を要する


上記のように、退院患者の入院日数は年々減少傾向となっています。


入院日数の短期化の理由としては

  • 医療技術の進歩
  • 国の平均在院日数短縮に向けた取り組み(医療機能の分化や連携、在宅療養の推進、療養病床の転換支援など)

があげられます。


以上の理由から、入院一時金は長期入院に手厚い入院日額と比較して必要性が高いといえるでしょう。


今までは入院一時金は不要と考えていた人も「短期入院」を考慮して、検討してみることをおすすめします。

医療保険の入院一時金はいくらに設定するべき?

医療保険の入院一時金の設定金額をいくらにするべきかは、まずは入院した場合にどのくらい費用がかかるのかを把握することが必要です。

それらを踏まえたうえで、自身の状況と照らし合わせて金額を設定すると良いでしょう。

ずばり、目安は10万円です

以下では入院時にかかる費用をもとに、入院一時金をいくらに設定するべきかを根拠も含め解説します。
  • 入院した場合いくら費用がかかるか
  • 医療保険の入院一時金はいくらに設定するべき?

入院した場合いくら費用がかかるか

実際に入院した場合、どのくらいの費用負担があるのかを知っておくことも大切です。

公的医療保険制度を利用した場合の医療費 

国の医療保険制度における医療費の自己負担割合は、小学校就学後の6歳~70歳未満は3割ですが、高額な治療や長期入院する場合には自己負担分の金額も多くなってしまいます。

そのため家計にたいする医療費の自己負担が大きくならないように「高額療養費制度」が設けられていて、月ごとの自己負担金額が限度額を超える部分については申請後に償還払いされます。

自己負担の限度額は所得に応じて設定されており、70歳未満の人については以下の通りです。

年収計算方法4ヵ月目以降の多数該当
年収約1,160万円~252,600円+(医療費-842,000)×1%140,100円
年収約770~約1,160万円167,400円+(医療費-558,000)×1% 93,000円
年収370約~約770万円80,100円+(医療費-267,000)×1% 44,400円
~年収約370万円57,600円 44,400円
住民税非課税35,400円24,600円
厚生労働省「我が国の医療保険について」より作成
※医療費は診察費用の総額(10割)


例えば40歳で年収600万円の人が、医療費が50万円かかった場合(自己負担は3割で15万円)で計算すると

80,100円+(500,000円-267,000円)×1%=82,430円

自己負担15万円に対して限度額は82,430円なので、差額の67,570円は払戻しされます。

払戻額があるとはいえ、限度額までは自己負担で支払わなければなりません。

医療保険は不要と考える人もいるかもしれませんが、月に80,000円ほどの自己負担が、
単発ではなく長期に及んだ場合、その支出は生活に大きな影響を及ぼします。

また、費用負担の増加だけでなく収入の減少も考慮する必要があります。

公的保障範囲外の費用 

高額療養費制度により、高額な治療を受けた場合でも家計の負担は減りますが、「医療費」に含まれるのは保険適用される診療に対して支払ったもので、基本的には治療代が対象になります。

以下のものは全額自己負担となり、公的医療保険制度の対象にはなりません
  • 食事代(1食460円)
  • 差額ベッド代
  • 先進医療にかかる費用
  • 衣料費や日用品費
  • 交通費
入院となると、治療費以外にも費用がかかるので負担が大きくなります。

短期の入院でもまとまった費用がかかるので、貯蓄や入院一時金などの備えを不要と考えずに、何かしらの対策をしておく必要はあるでしょう。

入院1日当たりの自己負担額

入院となった場合、1日当たりの自己負担額はどのくらいなのでしょうか。

生命保険文化センターの「令和元年度 生活保障に関する調査」によると、過去5年間に入院し自己負担費用を支払った人を対象にした、1日あたりの自己負担費用は平均で23,300円となっています。


1日あたりの自己負担費用の分布
自己負担費用割合
5,000円未満10.6%
5,000~7,000円未満 7.6%
7,000~10,000円未満 11.1%
10,000~15,000円未満 24.2%
15,000~20,000円未満 9.0%
20,000~30,000円未満 12.8%
30,000~40,000円未満 8.7%
40,000円以上16.0%
※治療費、食事代、差額ベッド代、交通費(家族分も含む)、衣類、日用品なども含む
※高額療養費制度を利用した場合は利用後の金額

最も多いのは10,000~15,000円ですが40,000円以上も16%と多く、平均の23,300円よりも高い費用かかかる可能性もあるといえます。

入院時の収入減少 

入院した場合は、仕事ができずに収入が減少することが予想されます。

生命保険文化センターの「令和元年度 生活保障に関する調査」によると、1日あたりの自己負担費用と逸失収入の合計平均は28,400円となっています。

この金額は1日あたりの平均自己負担費用(23,300円)に、逸失収入分が5,000円ほど上乗せされた金額です。

※逸失収入(病気やケガで得られなかった収入)

会社員や公務員で健康保険に加入している人は、病気やケガの療養のための休業の場合、条件を満たせば通算1年6か月の傷病手当金を受け取ることができます。 

標準月額給与の2/3が支給されるので、長期で入院の場合など働くことができない場合には収入が減少してもある程度カバーできるでしょう。 

ただし収入の減少を全てカバーすることはできないので、貯蓄や保険でカバーできるようにしておきましょう。

また自営業者などが加入している国民健康保険では傷病手当金はありませんので、収入が減少した場合のことも事前に考えておく必要があるでしょう。

医療保険の入院一時金はいくらに設定するべき?

ここまで「入院した場合いくら費用がかかるか」を解説しました。

入院一時金をいくらに設定するべきかを考える際には、金額は年齢や職業、個室を希望するのかなどを考慮して決めることをおすすめします。

また入院理由によっては長期入院が見込まれる場合もあります。病気を予測することはできませんが、遺伝や健康状況もある程度考慮して金額を設定するとよいでしょう。

例えば入院1日当たりの平均自己負担額と逸失収入の総額(28,400円)を参考にした場合、日帰り入院や1日程度の入院であれば、入院一時金が主契約の場合は手厚い保障になることが多いでしょう。

1週間程度の短期入院を考えた場合は、会社員であれば入院一時金は20~30万円が妥当といえます。もしくは、入院給付金の日額を15,000程度に設定し、特約で一時金を10万円つければ安心ではないでしょうか。

長期入院が心配な場合は、特約で入院一時金を付加することや、支払限度日数ごとに入院一時金が受け取れるタイプを選ぶと良いでしょう。

ただし、自営業者や必ず個室を選ぶと決めている場合は、自己負担費用は平均よりも高額になると予想されます。

全てを医療保険でカバーしようとすると設定金額は上がり、その分保険料も高くなってしまいます。自己負担費用の全てを医療保険で賄おうとせず、家計の負担にならない範囲で、その他の保険や貯蓄なども合わせて考えていくほうが現実的でしょう。

入院一時金が受け取れない場合とは



入院一時金は「病気やケガでの入院」が対象になりますが、全てが対象になるわけではありません。


入院一時金が受け取れないケースもあるので、事前に確認しておきましょう。

  • 約款に定められた治療以外の入院
  • 免責事由に該当する入院
  • 告知義務違反の入院

ケース①約款に定められた治療以外の入院

医療保険の入院一時金は「病気やケガの治療」を目的とした入院が対象になります。

治療を目的としない入院は、給付金は受け取ることができません。

一般的に以下の場合は治療とみなされず、給付の対象にはなりませんので確認しておきましょう。

  • 正常分娩 
  • 美容整形手術 
  • 検査入院など 
  • 人間ドック
  • 疾病を直接の原因としない不妊手術 

※子宮外妊娠、切迫早産、切迫流産、帝王切開などの異常妊娠、異常分娩で入院・手術した場合は対象となります。


商品によっては上記以外にも給付の対象にならない場合もありますので、必ず約款を確認することが大切です。

ケース②免責事由に該当する入院

各保険会社が定めた免責事由に当てはまる場合には、入院一時金は給付されません。

治療内容や入院期間が給付の条件を満たす場合でも、免責事由に当てはまる場合は保険会社は支払いを免れることができます。

ある保険会社の「入院給付金の免責事由」を見てみましょう。
  • 被保険者の精神障害を原因とする事故による入院 
  • 被保険者の泥酔の状態を原因とする事故による入院 
  • 被保険者が法令に定める酒気帯び運転またはこれに相当する運転をしている間に生じた事故による入院

上記以外にも免責事由を設けている保険会社もありますが、いずれにしても被保険者の重大な過失によって入院となった場合は、保険会社は免責になります。


また台風などの自然災害、戦争や紛争なども免責事由に該当するケースがありますので、契約前にきちんと確認しておきましょう。

ケース③告知義務違反の入院

保険契約をする際には、健康状態やリスクについて告知する義務があり、虚偽の告知や故意に告知をしなかった場合は支払い対象外となります。

病気の疑いがあるのに隠して契約をし、契約後に病気と診断されて入院した場合は告知義務違反となり、入院一時金を受け取ることができません


故意でなくても正しい告知ができていないと給付されない場合もあるので、持病がある人や不安がある人は確認しながら進めていくとよいでしょう。

  

また健康状態だけでなく、危険度の高い職業についている人もケガのリスクが高いため、告知が必要になります。


告知は保険会社指定の書類や、指定の医師などが確認した内容が告知内容になります。


営業担当者などに口頭で伝えても告知にはならないので、注意しましょう。

入院一時金に関することで迷ったら利用すべき保険相談窓口5選

ここまで医療保険の入院一時金について必要か不要か、入院時にどのくらいの費用がかかるのか、入院一時金はどのくらい必要なのかをご紹介しました。


病気やケガは予測ができないので、どのように備えれば良いか悩む人も多いでしょう。


そんなときは保険のプロに相談することをおすすめします。


ここでは医療保険の入院一時金が不要か必要か迷ったら利用すべき保険相談窓口5選をご紹介します。


保険相談窓口主な特徴相談方法
1位
マネーキャリア
オンラインで簡単に相談が可能
国内最大級の保険相談サービス
保険以外にもお金のことなら何でも相談OK
オンライン/
訪問
2位
保険見直し本舗
1世帯に1人のアドバイザーが付く「1担当者制」
全国に348店舗を展開
店舗/訪問/
電話/オンライン
3位
保険見直しラボ
コンサルタントの業界経験年数が12.1円と長い
36の保険会社からオーダーメイドで提案
訪問
4位
ほけんのぜんぶ
保険や暮らしのお金を経験豊富なFPに無料相談
受付は24時間365日
訪問/
web面談
5位
ほけんの窓口
プロと一緒に保険選びができる
ポイントをおさえたわかりやすい保険比較
店舗


保険相談窓口1位:マネーキャリア

保険についての相談窓口でおすすめなのは、マネーキャリアです。


マネーキャリアはお金に関する全ての悩みを解決するために、対面での相談はもちろん、気軽に相談できるオンライン相談にもチカラを入れている、国内最大級の保険相談サービスです。


複雑でわかりにくい保険についても、納得いくまで何度も相談が可能。


保険料の見直し、保険が必要か不要か、自分に合った保険選びや商品の比較など、親身な相談員が相談にのってくれます。


保険以外にも資産運用やお金の知識、投資や住宅ローン、ライフプランなどお金に関することなら何でもOKです。


専門家のプロフィールには得意分野や考え方が掲載されているので、安心して相談できます。


FP相談した人の相談満足度は93%と、信頼の厚いサービスです。

保険相談窓口2位:保険見直し本舗

保険をもっと身近に感じられるように、何度でも相談無料の保険見直し本舗


顧客1世帯に1人のアドバイザーがつく「1担当者制」です。


話した内容や考え方などは、同じ担当者の方が把握しやすいので、安心して相談することができます。


相談スタイルも店舗、訪問、電話、オンラインの中から都合に合わせて選択可能。


きちんと対面で相談したいという人は店舗や訪問、小さなお子さまがいるご家庭はオンライン、気軽に相談したい人は電話相談など、都合やライフスタイルに合わせて選ぶことができます。


顧客の意向をふまえたうえで、必要な保険や不要な保険を見極めて提案してくれます。


一人ひとりに合わせた保険選びをサポートしてくれる保険相談窓口です。

保険相談窓口3位:保険見直しラボ

保険見直しラボは、顧客に合わせたオーダーメイドの保険選びが特徴です。


平均業界経験年数12.1年と優秀で頼りになるコンサルタントが揃っているので、信頼して相談ができます。


コンサルタントの相談の質を上げるために顧客からの点数評価を行っており、アンケート内容のフィードバックも日々行っています。


さらに過度な営業行為や失礼な対応があった場合にコンサルタントの変更ができる「イエローカード制度」があるので安心です。


約30の保険会社の商品からオーダーメイド保険を選んでもらえるので、日頃から保険の見直しを考えている人にはおすすめの保険相談窓口です。

保険相談窓口4位:ほけんのぜんぶ

特に子育て世代からの信頼が厚い「ほけんのぜんぶ」。


無料でFP相談が何度でも可能です。  


FP資格取得率は100%(入社1年以上のプランナーが対象)なので、保険の相談以外にも、教育資金や老後資金、資産運用や住宅ローンなどお金に関することなら相談OK。


自宅やオフィス、カフェなど都合に合わせた場所で相談できるので、子どもがいて外に出られない人や忙しくて時間がとれない人などでも相談しやすくなっています。


信頼できるお金のプロに無料で何度でも相談ができて、保険以外の相談もできることから、子育て世代にもおすすめです。

保険相談窓口5位:ほけんの窓口

ほけんの窓口は、知識がなくてもプロと一緒に保険選びができる保険相談窓口です。


たくさんある保険会社から必要な保険選びや、不要な保険の見直しなど、ファイナンシャルプランナーなどの専門資格を持ったお金のプロが丁寧に説明してくれます。


ただ選んでくれるだけではなく、自身で持ち帰ってじっくりと検討することも可能、勧誘なども一切ないので慌てて決める必要もありません。


子育てママが女性特有の相談をしたい場合には、キッズコーナーや女性スタッフが在籍している店舗を選ぶと相談しやすいでしょう。


保険への加入後も、オリジナルファイルへの保険証券おまとめサービスや契約内容の再確認、ライフステージの変化による見直しなども相談可能です。


保険のライフパートナーとして頼れる保険相談窓口です。

医療保険の入院一時金の必要性と一時金の金額に関するまとめ

今回は医療保険の入院一時金は不要か必要かいくらに設定すべきかについて紹介しました。


まとめると

  • 医療保険の入院一時金とは、入院給付金(入院日額金)との違い
  • 入院一時金には主契約の場合と特約の場合がある
  • 入院日数の減少が進んでいる現代では入院一時金の必要性が高い
  • 入院した際にかかる費用について
  • 医療保険の入院一時金の設定金額は自身の状況により変わってくる
  • 入院一時金が受け取れないケースもある


以前は入院一時金は不要と考える人も多くいましたが、入院日数が短くなっていることを考えると今後は必要性は高いといえるでしょう。


ただ貯蓄が充分にあれば、入院一時金は不要という選択もあるかもしれません。


自分にとって入院一時金が不要か必要か、給付金の設定金額に悩んだらお金のプロに相談することをおすすめします。


 マネーキャリアならお金のプロであるファイナンシャルプランナーにオンラインで無料相談が可能。


スマホひとつで簡単に予約ができる、安心で便利な国内最大級の保険相談サービス「マネーキャリア」をぜひご利用ください。

マネーキャリア公式HPはこちら