生命保険(死亡保険)おすすめ人気比較ランキング【2022年最新】のサムネイル画像


▼この記事を読んでほしい人

  • 生命保険のおすすめを知りたい人
  • 生命保険に入るか迷っている人
  • 自分に合った生命保険を知りたい人
  • 生命保険のメリットとデメリットが知りたい人

内容をまとめると

  • 生命保険にはいろいろな種類がある
  • 無料で生命保険の相談にのってもらえる所がある
  • 年代別におすすめの生命保険がある
  • 生命保険にはメリットとデメリットがある

生命保険(死亡保険)についてお悩みの方はマネーキャリアの無料相談がおすすめです!

マネーキャリアでは生命保険以外の相談もできるため家計状況やあなたのライフプランから適切な生命保険を選ぶことができます!

生命保険(死亡保険)のおすすめ人気比較ランキング!加入中の生命保険(死亡保険)の見直しや生命保険の比較相談を検討している方はぜひ参考にしてみてください!また、おすすめの生命保険の無料相談でおすすめの保険代理店もご紹介しているので、生命保険選びにお悩みの方はぜひ参考にしてみてください!

この記事の目次

目次を閉じる

生命保険をおすすめする理由・必要性


生命保険に加入する必要があるのか、疑問に持ったことがある人は多いのではないでしょうか。生命保険は加入しておく必要があります。もしもの時に助けられることが多いからです。思わぬお金がかかることもたくさんあります。


例えば自分にもしものことがあった時、さまざまなお金が必要になります。独身の場合、家族がいる場合、とそれぞれの状況は違うかもしれませんが、いろいろな場面でお金がかかるでしょう。その時にすぐにお金の用意ができるとは限りません。


もしもの時の後にかかるお金をカバーできるのが生命保険です。残された家族に負担がかからないためにも、生命保険で必要なお金をしっかりと用意しておきましょう。


病気や事故で何かあるという可能性もあります。そのような時に不必要な心配をしなくてもよくなります。

生命保険の種類


生命保険といっても、さまざまな種類があります。それぞれに特徴があり、その保険をうまく生かせるシーンも異なります。自分がどのような保険に加入したいかも考えましょう。


それぞれの生命保険の種類や特徴をしっかり知っておくことで、自分の状況に最適な保険に入ることができます。


生命保険の種類はさまざまなものがあり、その中でも主なものは以下のとおりです。

  • 死亡保険
  • 医療保険
  • 貯蓄性保険(生存保険)
  • 介護保険
このように少し見ただけでも、さまざまな生命保険があります。

死亡保険は自分にもしものことがあった時にとても助けられます。医療保険は病気やケガでの入院の時に役立つでしょう。貯蓄性保険というものもあります。自分が将来、介護が必要になったらどうしよう、という不安にこたえてくれるのが介護保険です。

それぞれの生命保険に価値があります。どのような備えがほしいのか、どの保険で自分や家族をカバーするかを考えて保険に入ることで、心配なく今後の人生をすごすことができるでしょう。

死亡保険

死亡保険とは、保険に入る人(被保険者)が死亡した場合に保険金が支払われる生命保険です。支払われる金額は入っている死亡保険によって異なります。自分の家庭環境によって、支払われる金額を決めていることが多いでしょう。保険金はあらかじめ指定した受取人に支払われます。


また、両眼の視力を永久に失う・咀嚼できない等保険会社所定の「高度障害状態」になった場合にも保険金が支払われることもあります。保険の内容をしっかりと把握した上で保険に入ることが大切です。


死亡保険で支払われる金額は、保険に入る人がが独身であるか、家族がいるかなどで決めることが大切です。もし小さい子供がいれば、その子供に将来かかるお金もまかなえるくらいの保険金があれば安心です。


一方、保険に入る人が独身であれば、多くの保険金は必要ないかもしれません。葬儀代やその他にかかるお金を参考にして、どれくらいの保険金が支払われる保険に入るか決めましょう。

医療保険

医療保険は、民間保険会社が販売している保険商品です。医療保険は主に公的医療保険でカバーしきれない医療費への備えに加入する人が多いでしょう。病気にもさまざまな病気があります。それにより医療費は大きく変わってきます。


医療費もあまりかからず、入院もとても短い病気であれば、あまり心配に感じる人はいないでしょう。しかしもし大病を患ってしまい、治療費が多くかかったり、入院期間も長くなるかもしれません。医療費が心配でゆっくり病気を治すことに専念できないと心配になる人もいるはずです。


医療費は公的医療保険で補償されるから大丈夫、と思う人もいるでしょう。しかし実際には食事代や差額ベッド代などの多くの費用がかかります。病院で支払う医療費が思ったより多い、という経験をした人もいるのではないでしょうか。これらの経済的な負担を、民間の医療保険で備えられます。

貯蓄性保険(生存保険)

貯蓄性保険(生存保険)とは、保険の被保険者が満期日まで生存していた時に保険金が支払われる保険です。老後の生活資金の確保のための貯蓄を目的として、加入するケースが多く、将来に備える保険と言えます。


貯蓄性保険(生存保険)の一つが個人年金保険です。個人年金保険は、契約時に取り決めた一定期間まで保険料を払い込むことで、それ以降に一定期間または一生涯に渡って年金が受け取れる保険商品です。


毎月保険料を払うことで、年金をもらえる仕組みになっています。こつこつと貯蓄することが苦手な人でも安定して老後資金を準備できるので、人気の保険です。 


 ただし、途中解約すると元本割れを起こすケースがあります。 メリットとデメリットの両面を把握した上で、利用するのが良いでしょう。

介護保険

生命保険会社の介護保険とは、定められた要介護状態など介護が必要になった際に、年金や一時金が受け取れる保険です。


介護保険にもいろいろな種類があり、一度要介護状態になれば亡くなるまで年金を受け取ることができるものや、要介護状態になった時点で一時金で受け取るものなどがあります。


介護保険の要介護状態は、独自の基準が約款で定められています。公的介護保険の要介護認定に連動した商品も増えていますが、どの要介護度から給付されるかは商品により異なります。


公的介護保険と異なり40歳未満でも契約することができますが、契約できる年齢は生命保険会社によって異なります。 介護保険を選ぶ際には、約款をよく読むことで保険に入る人の状態に合った保険を選ぶことができます。


契約で定めた期間にわたって保険料を払い込みますが、要介護状態になれば保険料は払込免除となるのが一般的です

生命保険の相談におすすめの保険相談窓口3選


生命保険に加入しようと考えた時、たくさんの生命保険の中から自分で選ぶのはなかなか難しいものです。どのようにして選べばいいか、相談したいと思う人も多いでしょう。そのような時におすすめなのが保険相談窓口です。


保険相談窓口も数多くありますが、おすすめの保険相談窓口は以下の3つです。

  1. マネーキャリア
  2. ほけんのぜんぶ
  3. 保険見直しラボ
それぞれにおすすめの特徴があるので、自分に合うところを見つけるのが良いでしょう。

どの保険相談窓口も保険を専門に扱っているところなので、さまざまな保険を紹介してくれます。また疑問にも答えてくれるでしょう。自分の中でどのような保険がいいかを考えておくと相談しやすいかもしれません。

おすすめ1位:マネーキャリア

マネーキャリアはお金のさまざまな悩みを無料で相談できます。オンラインで相談することができるので気軽に利用できるのでおすすめです。


マネーキャリアでできる相談やセミナーの内容は以下のように多岐にわたります。

  • 保険相談
  • ライフプラン相談
  • お金の相談
  • マネーセミナー
マネーキャリアでは無料で保険の相談にのってくれます。保険は人生において大きな出費の一つです。ただ複雑でわかりづらいこともあり、自分だけではなかなか決めることができません。

マネーキャリアの保険相談では保険の設計を一緒に考えてくれたり、どのように保険をきめるか教えてくれたりとさまざまな悩みに答えてくれます。

ライフプラン相談もできます。自分の人生にはどのようなプランがあって、どんなときにお金がかかるかなど自分だけではわからないこともあります。一緒にライフプランを考えることにより、人生に関わるお金の使い方を知ることができます。


またそれ以外にもさまざまなお金の疑問があるでしょう。そんな時にもマネーキャリアでは相談にのってくれます。老後資金、教育資金、住宅ローンなど漠然とお金の不安を抱えているにとって、最適な答えを考えてくれます。

おすすめ2位:ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶはお金のスペシャリストであるファイナンシャルプランナー(FP)が、保険を含め、暮らしに関わるさまざまなお金に関する相談を無料で受けています。いろいろな専門分野に特化したFPがそれぞれのライフスタイルにあった提案をしてくれます。


ほけんのぜんぶのメリットは以下の5つです。

  • お金のスペシャリストに相談できる
  • 相談実績が19万件
  • 24時間365日いつでも相談できる
  • 都合の良い日時・場所に訪問
  • 保険の取扱いが30社以上
保険の相談だけでなく老後資金や教育資金、住宅ローンの相談にものってくれます。幅広いお金の悩みにも対応しているので、自分でも何を相談すればいいか分からない場合も、まずは相談してみるといいかもしれません。

保険の見直しの相談も受けています。まずは今の保障内容を確認し、現在の状況を把握します。そのうえでもし必要な保険に入っていない場合は、最適な保険を提案してくれるので、そこから検討することができます。

おすすめ3位:保険見直しラボ

保険ラボは今の保険を見直し、最適な保険を提案してくれます。保険の見直しを提案してくれるのはベテランのコンサルタント。自分だけではなかなかわからない保険について、親身に相談にのってくれるのは心強いでしょう。


オンラインでの相談もできますが、依頼者の希望の日時に合わせて、訪問での相談もできます。家族で相談したい、小さい子供がいるので、家で実際に会って相談したいという人にとっては最適です。全国に拠点があるのでどこに住んでいても相談しやすいかもしれません。


取扱いのある保険会社は30社以上。多くの保険の中から自分に合った保険を選んでもらうことができます。特定の会社に限定して保険を選ぶわけではなく、相談者に合った保険を選んでくれるので、より最適な保険が提案されます。


また無料で何度でも相談にのってくれます。保険会社からの手数料で成り立っているので相談者は無料で利用できるのが便利です。

生命保険とは?


生命保険とは大勢の人で公平に保険料を負担しあい、その中から保険金や給付金を支払う仕組みで「もしもの時に備えられるものです。「もしも」とは、さまざまなリスクのことをいいます。


リスクとは例えば死亡や生きている間に病気にかかるリスクのことを指します。さまざまなリスクでそれまでの生活ができなくなったり、家族の生活を支える必要があったりと生命保険が必要な場面はたくさんあります。


 生命保険は保険金や給付金がどのように支払われるかによって以下の4つに分類できます。

  • 死亡保険
  • 生存保険
  • 生死混合保険
  • それ以外の保険
「生命保険」とは、死亡保険だけではなく、医療保険やがん保険、学資保険、年金保険など、生命保険会社が広く一般に販売している商品全般のことをいいます。

それ以外の保険にはさまざまな保険が当てはまります。例えば病気やケガによる入院、手術などに備える「医療保険」や「がん保険」。病気やけがによって収入が減ることに備えた「就業不能保険」などもあてはまります。

それぞれのリスクに合わせた保険を選択できるのが生命保険です。

生命保険のおすすめの選び方【年齢別】


生命保険にはいろいろな種類があります。リスクに対する保障も違ってくるので、自分の年齢や家族構成、貯蓄などに応じてどの保険に入るか決める方が良いでしょう。


生命保険は年齢に応じておすすめの選び方があります。20代の社会人になりたての人と、40代の子どもの進学がこれから、という人では最適な保険は変わってきます。保険に入る人によって選ぶ保険を考える必要があります。


生命保険の加入を考えた時点から、自分のライフプランを考えてみましょう。結婚や子供の出産、自分がいつまで働くのかなどを見通すことが大切です。将来に必要なお金が見えてきたら、どのような保険に入ればいいかもわかるでしょう。


年代によって将来に必要なお金は変わってきます。また自分がどのような人生を送りたいかも考えておくと良いかもしれません。自分がどの年代に当てはまり、どのような保険が必要かを見ていきます。

20代の生命保険のおすすめな選び方

20代の人に適した生命保険はどのように選べば良いでしょうか。20代の前半は就職したばかり…という人も多いかもしれません。また独身の人も多いでしょう。20代後半になると少し収入も増えてきて、生活に余裕が出ているかもしれません。結婚している人もいます。


20代におすすめの保険は以下のとおりです。

  • 医療保険(掛け捨て型)
  • 生命保険(結婚などで家庭を持っている人)

20代は人によって環境が違います。そこで自分の生活環境に合わせて保険を選んだ方が良いでしょう。


20代は病気にかかるリスクが低いため、死亡保険や医療保険をそこまで手厚くする必要はありません。収入や貯蓄が少ないことが考えられるので、そこを補うために医療保険に入るのがおすすめです。


また結婚して小さな子供がいる人もいるでしょう。その場合は自分にもしものことがあれば、残された家族の生活が大変になります。そのために家族に合わせた生命保険には入っておくことが望ましいでしょう。

30代の生命保険のおすすめな選び方

30代の人に適した生命保険はどのように選べば良いでしょうか。30代になれば、家庭を持つ人も少しずつ多くなります。家庭を持てば子供も生まれる人もいるでしょう。そうなれば、自分や家族にもしものことがあった時のことを考えて保険に入る必要があります。


30代におすすめの保険は以下のとおりです。

  • 医療保険
  • 生命保険(結婚などで家庭を持っている人)
  • 就業不能保険(結婚などで家庭を持っている人)
  • 学資保険(子供がいる人)

家庭環境に応じてさまざまなパターンで生命保険の加入を考えます。


子供や専業主婦の家族がいる場合は、医療保険に加えて自分の死亡・高度障害状態時に備えられる死亡保険にも加入しておくことが大切です。また自分が働けなくなったときの生活が不安であれば、就業不能保険への加入も必要です。


子供がいる場合は、生活費や教育費にも負担がかかってきます。もしもの時のために掛け捨ての安い生命保険へ入っておくと良いかもしれません。そうすると必要な保障は備えつつ、保険料を抑えることができます。


保険料を抑えられたら、ぜひ学資保険を検討しましょう。子供がいる人にとっては将来の教育費に備えることができます。子供が大きくなるまでにはたくさんの費用がかかります。30代は子供が小さい人も多いと考えられるので、早めに加入するのがおすすめです。

40代の生命保険のおすすめな選び方

40代の人に適した生命保険はどのように選べば良いでしょうか。40代になると子供にも教育費が大きくかかる人が増えてくるでしょう。また仕事の定年が少しずつ見えてくる年代でもあります。体調に不安を感じる人もいるかもしれません。


40代におすすめの保険は以下のとおりです。

  • 医療保険
  • がん保険
  • 死亡保険(結婚などで家庭を持っている人)
  • 就業不能保険(結婚などで家庭を持っている人)
  • 学資保険(子供がいる人)
  • 養老保険・個人年金保険

家庭環境や収入の状況に応じてさまざまな保険に入ることが考えられます。


40代になればある程度収入も増えてきます。それに伴って病気やケガ、子供の教育費だけでなく老後の貯蓄も考えるのが良いでしょう。40代が一番お金もかかり、将来の備えも気になる時期かもしれません。


定年まで10年以上残っているタイミングで老後の資金も考え始めましょう。また40代になるとがんのリスクも心配になってきます。がん保険への加入も検討しましょう。

50代の生命保険のおすすめな選び方

50代の人に適した生命保険はどのように選べば良いでしょうか。50代になれば子供の教育費も落ち着き、そろそろ老後資金が気になる、という人が増えてきます。金銭的にも少しずつ余裕が出てくるでしょう。


50代におすすめの保険は以下のとおりです。

  • 医療保険
  • がん保険
  • 死亡保険(結婚などで家庭を持っている人)
  • 養老保険・個人年金保険
学資保険や就業不能保険など、子供がいる際に備えていた保険は不要になるでしょう。

50代は子供が巣立つなど家庭環境が大きく変わる時期なので、保険の見直しをするのがおすすめです。そして老後資金の準備を考え始めるのが良いでしょう。


公的年金だけでは老後資金が不安な人は、自分でも老後資金を準備しておくと安心でしょう。養老保険や個人年金保険などがおすすめです。


また病気やケガのリスクは上昇しているので、医療保険やがん保険の保障は手厚くしたまま残しておくのがいいかもしれません。

生命保険はおすすめ?加入のメリット4つ


生命保険は入るのはおすすめなのでしょうか。生命保険にはいろいろな種類があり、それぞれの状況によって、どの生命保険に入るかも迷います。生命保険のメリットを知ることで生命保険をよく知ることができます。


生命保険に加入するメリットは以下の4つです。

  • 備えや保障として安心できる
  • 病気やけがのリスクに備えられる
  • 税金の節税につながる場合がある
  • 相続税対策ができる
生命保険にもさまざまなメリットがあります。このメリットを生かすことで、どの生命保険に入るといいかも見えてくるでしょう。

生命保険と言えばやはり備えや保障です。自分に何かあっても、生命保険に入っていれば安心です。また病気やけがのリスクにも有効です。あまり知られていませんが、場合によっては税金の対策にも利用することができます。

ぜひ生命保険のメリットを詳しく知って、自分に合った生命保険に入りましょう。

生命保険のメリット①備えや保障として安心できる

生命保険のメリットはさまざまな場面での備えや保障として安心できることです。このメリットが生命保険の一番大切かもしれません。備えや保障があることで、不安を軽減することができます。


自分にもしものことがあった時、しっかりとした備えがあれば残された家族の不安も軽減されます。生活費や子供の教育費など将来の心配はたくさんあります。生命保険に入っていることでその心配が少しでも払拭されるでしょう。


また自分がけがや病気で働けなくなった時にも就業不能保険などに入っていれば、安心して療養できます。家族の負担も少なくなるでしょう。そのような時にも保障されるので、生命保険に入っていてよかったと思うはずです。


将来の子供の教育費に備える学資保険も入っていてよかったと思える生命保険の一つです。大きな出費に備えることもできるし、自分にもしものことがあったとしても、教育費に備えられるので安心です。

生命保険のメリット②病気やケガのリスクに備えられる

生命保険のメリットは思わぬ病気やケガで場合でも、きちんとケアされることです。病気やケガのリスクに備えて生命保険に入っておけば、いざという時にも慌てることなく対応できるでしょう。


病気やケガで一番気になるのがどれくらいの医療費がかかるかということです。高額療養費制度があるとはいえ、医療費のすべてをまかなうことはできません。差額ベッド代や食事代は高額療養費制度の対象外です。そこを賄えるのが生命保険の給付金です。


生命保険の給付金があると思えば、入院中も無理することなくすごすことができます。体調が思わしくないときは個室を選択するということもできるでしょう。それだけでも心に余裕がでます。


急な病気やケガの場合は貯金での備えができていなこともあるでしょう。そんな時も生命保険に入っていれば充分な保障を受けることができます。

生命保険のメリット③税金の節税につながる場合がある

生命保険のメリットの一つに税金の節税があります。大きな節税ではありませんが、節税の方法としては有効です。ではどのようにすれば節税につながるのでしょうか。


生命保険に入っていると、会社の年末調整や確定申告の際に保険の支払額を申告します。これは生命保険控除を受けることができるからです。納税者が生命保険料、介護医療保険料および個人年金保険料を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。


生命保険料などを申告して、所得控除を受けることを生命保険料控除といいます。生命保険料控除は保険に加入した時期によって、最大控除額が決まっています。その控除額がその年の所得から引かれることにより、課税額が少なくなります。


保険会社から支払金額や控除を受けられることを証明する書類が届くので、それをもとに会社の年末調整の際に申告したり、確定申告の際に保険料を申告します。申告して課税額が少なくなることで、節税することができます。

生命保険のメリット④相続税対策ができる

生命保険は相続税対策ができるというメリットがあります。亡くなった人の財産を相続すると相続税がかかります。亡くなった人が生命保険をかけていた場合、受取人は相続税を払う必要があります。生命保険金は、相続税法上「みなし相続財産」として相続税の課税対象となるからです。


ただ相続税法では、生命保険金を相続人が受け取った場合には、一定の金額が非課税になります。非課税とされる一定の金額を「非課税限度額(非課税枠)」といい、非課税限度額があることにより、相続税対策ができます。非課税限度額は相続人の数によってもかわってきます。


また、相続人全員が受け取った生命保険金の合計額がこの非課税限度を超えた場合には、超えた部分が相続税の課税対象となります。生命保険に入っていることで、非課税限度額までは非課税になり、相続税がかからないというメリットがあります。

生命保険に加入するデメリット3つ


生命保険に加入するメリットはたくさんありますが、やはりデメリットがあります。しかしそのデメリットを知っておくことで、自分に合った生命保険に入ることができるでしょう。


では生命保険に加入するデメリットは何でしょうか。デメリットは以下の3つになります。

  • 毎月保険料がかかる
  • 経済状況に左右されることがある
  • 解約すると損する保険もある
どれも生命保険に加入している以上、しょうがないと思えるものです。

生命保険に加入していれば、必ず保険料がかかります。毎月、決まった金額を必ず支払うのはたいへんという人もいるでしょう。また生命保険は経済状況に左右されることもあります。

さらに解約すると損をしてしまう保険もあります。解約することで返ってくる解約返戻金は解約する時期によっては低くなるからです。解約するまで払っていた保険料の合計より、解約返戻金の方が少ないということはあります。

生命保険のデメリット①毎月保険料がかかる

生命保険のデメリット1つ目は毎月保険料がかかることです。生命保険は保険料を支払う必要があります。毎月、少なくない一定の金額を支払い続けるのは負担にもなるでしょう。


しかし保険料を支払うからこそ、いざという時に保障を受けられます。保険料を支払わなければ、保険の効力はなくなってしまいます。生命保険の保険料はきちんと払っていきましょう。そうすればいざという時に助けられるからです。


ただ毎月保険料を払うのが大変、ということであれば、支払い方法を変えることもできます。保険料は毎月の支払いだけでなく、半年払いや年払いができます。また一括で支払うことができる保険もあります。


まとめて保険料を払うと、毎月支払うより安く済むこともあります。自分の保険の支払い方法や支払金額を確認して、少しでも負担が少なく保険に入ることができる方法を検討してみましょう。

生命保険のデメリット②経済状況に左右されることがある

生命保険のデメリット2つ目は経済状況に左右されることがあることです。生命保険は社会のいろいろなものから影響を受けます。経済状況もその一つです。


生命保険はさまざまな投資信託を活用して運用されています。それをもとに解約返戻金の利率が決まったり、年金保険などの支給額が変わってきます。経済状況によっては利率が良くなることも悪くなることもあります。


また自分自身の経済状況に左右されることもあるでしょう。生活に余裕がなくなってくると、保険料の支払いがたいへんになってきます。支払えなくなることもあるかもしれません。


支払えないとなると学資保険など、すぐに必要にならない保険を解約する人もいます。そうすると最終的には保障を受けることができません。自分の経済状況で保険を続けることができないのはデメリットになります。

生命保険のデメリット③解約すると損する保険もある

生命保険のデメリット3つ目は解約すると損する保険もあることです。解約すると損をするというのはどういうことでしょうか。イメージできない人もいるかもしれません。


生命保険を解約したときに考えられる損は以下のとおりです。

  • 元本割れすることがある
  • 課税される可能性がある
  • 加入していた保障がなくなる
  • 同じ内容で再加入できない可能性が高い
どれも確かに損をしていると感じることばかりです。

生命保険に加入していれば毎月保険料を支払います。生命保険を解約した場合にもらえる解約返戻金が必ずしも、毎月の保険料の合計を上回るとは限りません。解約返戻金の方が少ないということはよくあります。

また解約して一括で解約返戻金をもらった場合、課税されることもあります。受け取った返戻金が支払った保険料の総額より多く保険の解約によって利益を得られる場合は、所得税の課税対象となります。

他にも解約することで今までの受けられた保障が受けられなくなったり、もう一度同じ保険に入りたいと考えても、同じ条件では加入できないでしょう。

生命保険を契約する前にやるべきこと


生命保険を契約する前にしておいた方がいいことはいろいろとあります。また知っておいた方がいいこともあるでしょう。そのためにはまず自分がどのような生命保険に入るかを考えることから始まります。


まずはなぜ生命保険が必要なのか考えてみましょう。保険とは「生活の中で想定されるさまざまなリスク」に対して経済的な準備をするものです。自分にとってのリスクは何でしょうか。そのリスクにどのように対応するかを考えます。


生命保険にはさまざまな種類の保険がありますが、自分が考えたリスクに備えるにはどの保険がいいかを決めます。独身の場合と家族がいる場合とでは、どの生命保険に加入するかが変わってきます。


また月々どれくらいの保険料を支払うことができるかも計算しておく必要があります。生命保険は保障が大きくなれば安心も大きくなりますが、その分毎月の支払も大きくなります。支払える金額の中で保障を考えましょう。

生命保険に加入するときの注意点2つ


生命保険はいざという時の助けになります。もしものことがあった時には、残された家族の生活も保障してくれるでしょう。しかし良いことばかりではなく、注意することもあります。


生命保険に加入する時の注意点は以下の2つです。

  • 加入目的を明確にする
  • 生命保険の保険料の予算を決める
注意点をしっかりと把握しておくことで、より良い生命保険の加入ができるでしょう。

まず何のために生命保険に加入するのかを考えておかなくてはいけません。自分がよくわからないままに生命保険に入っていると、必要な保障が受けられない可能性があります。まずは自分の現状を把握して、加入する保険を考えましょう

また自分が毎月どれくらいなら保険料を払えるのかをわかっている必要があります。生命保険は保険に入っている間は保険料が必要な場合が多いでしょう。途中で払えなくなれば保険が打ち切られ、必要な保障が受けられなくなります。

生命保険の加入目的を明確にする

生命保険はなぜ加入するのでしょうか。生命保険に加入する人がそのことをきちんと考えていなければ、必要な生命保険に加入することができません。生命保険にはさまざまな種類があり、保障の内容が保険によって違うからです。


保険の加入目的はさまざまです。

  • 自分にもしものことがあった時に、残された家族の生活が困らないようにしたい
  • 子供の将来の教育費に備えたい
  • 自分の老後資金を保険でまかないたい
他にもいろいろな加入目的があるでしょう。

まずは自分がなぜ生命保険に加入するのかを明確にしましょう。必要な生命保険は死亡保険なのか、学資保険なのか、それとも養老保険なのか…など、さまざまな生命保険が候補に上がります。

加入目的が明確であれば、どの生命保険に入るかをスムーズに決めることができます。また受けられる保障にも無駄がなくなるでしょう。必要な保障を受けられないのが一番困ります。

生命保険の保険料の予算を決める

毎月の生命保険料の支払いはどれくらいならできるのか。生命保険の保険料の予算を決めることはとても大切です。月々の保険料の支払いができなければ、生命保険に加入し続けることができなくなるでしょう。


生命保険の保障はできるだけ幅広く、手厚ければ安心も大きくなります。そのため、ついあれもこれもと保障をつけがちですが、その分保険料は高くなります。毎月の保険料を無制限に払うことができません。そのため予算を決めておく必要があります。


もしも生命保険の保険料が払い続けられないと、生命保険が失効してしまう可能性があります。そうすると必要な保障を受けられなくなります。また再度同じ保険に加入することは難しくなります。


あらかじめ生命保険の保険料の予算を決めておきましょう。その保険料の中で最適な保障を受けられる生命保険を探します。そうすることで、無駄なく生命保険を生かすことができ、安心も大きくなるからです。

生命保険おすすめに関するよくある質問

生命保険のおすすめを知りたいという時によくある質問は以下のとおりです。これを知っておくと生命保険に入る時の迷いが減るでしょう。

  • 女性の生命保険はどこがおすすめですか?
  • 生命保険の加入の決め手はなんですか?
  • 生命保険会社の口コミを見てもよくわかりません。どうすればいいですか?
生命保険に入りたいと思ってもわからないことばかり…という人も多いでしょう。ぜひこの質問の答えを見てみてください。

生命保険に入ろうと考えた時に迷いがある人は多いはずです。その時に何を参考にするかは重要です。他の人の質問を見てみたいと思うかもしれません。同じような疑問を持つことも多いからです。

以下に生命保険おすすめに関するよくある質問とその答えを説明しますので、ぜひ参考にしてください。

女性の生命保険はどこがおすすめですか?

生命保険はたくさんの種類があります。生命保険を取り扱っている保険会社もたくさんあり、それぞれにいろいろな種類の生命保険があります。女性におすすめの生命保険もあれば、特に女性に限らない生命保険もあります。


では女性におすすめの生命保険とはどのようなものでしょうか。例えば女性特有の病気に手厚い保障がある保険は良いでしょう。また自分の家族の保険との兼ね合いで、どの生命保険にするかを決めてもいいかもしれません。


どの会社のどの生命保険が女性におすすめか、と考えることも大切ですが、まずは自分がどのような保障が必要かを検討してみましょう。自分の必要な保障にぴったりと合った保険があれば、それが一番のおすすめです。


どのような保障が必要かよくわからない場合は、詳しい人に相談してみるのも一つの方法です。生命保険は数多くあり、自分だけでぴったりの保険を見つけ出すのは難しいかもしれません。

生命保険の加入の決め手は何ですか?

生命保険はたくさんの種類があり、また生命保険会社もたくさんあります。どのようにして自分が加入する生命保険を選べばよいのでしょうか。たくさんあると目移りしてしまい、なかなか決め手に欠けることも多いはずです。


生命保険の加入の決め手は人それぞれです。まずは自分が何のために保険に加入するのか考えましょう。自分のもしもの時に残された家族のためでしょうか。それとも自分の老後に備えるためかもしれません。


自分が何のために保険に加入するかがわかれば、保険の種類が決まってきます。必要な保障がわかるので、その保障が備わっている保険を選びます。保障でもいろいろなものがセットになっているものもありますが、自分が必要なものがきちんと保障されるものがおすすめです。


また保険料が払えるかどうかも重要です。自分が欲しい保障は揃っているけど、保険料が高くて払えないということもあるでしょう。保障に見合った保険料であれば、毎月払い続けることができるはずです。

生命保険会社の口コミを見てもよくわかりません。どうすればいいですか?

生命保険に加入しようとさまざまな情報を見ても、よくわからないということも多いでしょう。最近は口コミが掲載されていることも多いですが、実際に自分と同じ状況の人ではないので、よくわからないと感じます。


インターネット上でも生命保険についてはいろいろと紹介されています。自分でしっかりと調べて、生命保険を選ぶ人もいるでしょう。ただ調べてもよくわからないということがほとんどかもしれません。


自分では生命保険を選ぶことができないという人は、保険の相談窓口を利用してもいいでしょう。無料で相談できるところもあり、生命保険について詳しく教えてくれます。


特にマネーキャリアは生命保険はもちろん、それ以外のお金の相談をすることもできます。お金のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)無料で相談にのってくれます。自分ではわからないことも教えてもらえるのでおすすめです。

まとめ:おすすめの生命保険について迷ったらマネーキャリアで相談がおすすめ!


生命保険に加入しようと考えたら、自分にはどの生命保険が合っているか悩む人も多いでしょう。自分で調べて…となると、なかなか大変です。そんな時にはプロに相談しましょう。


マネーキャリアは、自分に合っているおすすめの生命保険を、一緒に探してくれます。生命保険だけではなく、お金に関することも合わせて、無料で相談できるのでおすすめです。


お金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)に無料で何度でも相談できます。また相談満足度93%、LINE経由で簡単に予約でき、オンライン相談にも対応しているので相談しやすいでしょう。 家計や保険の相談もできるので、自分に関わるお金のことを一括で相談できます。


生命保険を選ぶのは自分だけでは難しいはずです。ぜひプロに相談しておすすめの保険を教えてもらいましょう。

マネーキャリアで無料相談する!
記事監修者「谷川 昌平」

この記事の監修者谷川 昌平
フィナンシャルプランナー

東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。