保険のプロがおすすめする無料保険相談窓口7選【2022年】オンライン保険代理店ランキングのサムネイル画像

▼この記事を読んでほしい人

  • おすすめの無料保険相談窓口を知りたい人
  • 無料の保険相談窓口が多すぎて選べない人 
  • 保険選びや保険の見直しを難しいと感じている人
  • 自分と家族にとって必要な保険選びに失敗したくない人

内容をまとめると

  • 保険相談の選び方は相談員の質・提案力があるか
  • 現役FPがおすすめする無料保険相談窓口はマネーキャリア
  • 加入中の保険がある場合は相談前に保険証券を持参しておく
  • 難しい保険だからこそ何度も無料で相談ができるマネーキャリアの無料保険相談がおすすめ!

「保険のことは保険のプロに相談。」
昔から保険の広告でよく聞くワードですが、近年は無料で保険の相談ができる便利な相談先が増えたことに伴い、保険の相談のスタンダードとなっています。また、相談の手軽さ(オンライン・予約なし)、満足度・口コミ、保険以外の相談もOKなど、保険相談窓口によって少しずつ違いが出てきています。

保険相談を検討されている方から「どこに相談したら良いのかわからない」「保険の営業マンに相談して失敗したくない」「真剣に、親身に対応してもらいたい」とのご要望をいただきます。

今回は、無料でできる保険相談窓口のおすすめについて、保険のプロが正直に分析した内容をランキング形式でまとめました。

特に、年代や性別、家族構成によってもおすすめ・ランキングが変わってくると考えているため、その方ごとの状況別にもまとめました。
記事監修者「谷川 昌平」

この記事の監修者谷川 昌平
フィナンシャルプランナー

東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

この記事の目次

目次を閉じる

無料保険相談窓口おすすめ人気比較ランキング16選

当記事では3,000名以上の保険の専門家が在籍するマネーキャリアが、安心して保険相談ができるおすすめ保険代理店をランキングで比較します。

無料保険相談窓口は取扱保険会社数や専門家・FPの数、オンラインなどの相談形態が異なりますので、比較表で概要を掴みましょう。
無料保険相談窓口マネーキャリア保険見直し本舗保険見直しラボほけんのぜんぶほけんの窓口保険市場マネードクター 保険無料相談.comFPナビ保険deあんしん館保険クリニックほけんガーデン保険マンモスみんなの生命保険アドバイザー FINANCIAL AGENCY FPバンク 
相談料金無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料
相談員FP資格者3,000名以上
コンサルティングアドバイザーコンサルタント FP資格者316人 
コンサルタントコンサルタント116名在籍FP資格者1200名以上ライフコンサルタント FP資格者600名以上 ライフコンシェルジュコンサルタント FP資格者 FP資格者3,500人以上 専門家2,000名以上 FP有資格者1,500名以上FP
取扱保険会社数40社40社以上 36社30社40社95社31社以上 28社 担当FPにより異なる44社 28社20社以上22社約20社 49社 10社以上 
店舗数318340 約70拠点 637 742624 100拠点以上なし なし16255 2なしなしなし2店舗 
対応エリア 全国全国全国全国全国全国全国一部対応不可地域あり全国東京・神奈川・千葉・埼玉全国全国全国全国全国東京
相談方法

オンライン

訪問

オンライン
訪問
来店
オンライン
訪問
オンライン
訪問
オンライン
来店
オンライン
訪問
来店
オンライン
訪問
来店
オンライン
訪問
訪問
来店
来店オンライン
来店
オンライン
訪問
来店
オンライン
訪問
オンライン
訪問
オンライン来店
予約方法WebWeb/電話 Web/電話 WebWeb/電話 Web/電話 Web/電話 Web/電話 Web/電話 Web/電話 Web/電話 Web/電話 WebWeb/電話 Web/電話 Web/電話 
受付時間24時間365日24時間365日 電話のみ 平日・土日祝9:00~18:00 24時間365日 電話のみ平日9:00~18:0024時間365日 24時間365日24時間365日 24時間365日 24時間365日電話のみ10:00~20:00(GW・夏季休業期間・年末年始除く) 24時間365日 電話のみ 9:00~19:00(土日祝18:00)24時間365日24時間365日 24時間365日 電話のみ平日10:00~17:00 24時間365日 24時間365日 電話のみ 平日10:00~19:0024時間365日 電話のみ 平日10:00~19:00(年末年始祝日を除く)24時間365日 電話のみ 10:00~18:30(火・水除く)


保険選びや保険の見直しって難しいですよね。

そんなあなたにおすすめの無料保険相談窓口を1つずつまとめているので、ぜひ参考にしてください。

無料保険相談おすすめ:マネーキャリア

国内最大級の無料保険相談窓口「マネーキャリア」

  1. 無料保険相談の満足度93.3%
  2. 保険相談件数50,000件以上
  3. 取扱保険会社数40社以上
  4. 提携FP3,000人以上

無料保険相談おすすめ1位は、マネーキャリアです。


マネーキャリアの保険相談は信頼性が高く、リピーターが多いため相談者が満足する相談サービスを提供している点が評価ポイントです。


家族や身近な人に経済的負担をかけたくない人はマネーキャリアの無料保険相談がおすすめです。

マネーキャリアのHPはこちら

20代女性


何度も保険相談しても無料で安心できましたよ!

社会人になり自分で保険に加入しようと思い相談しました。保障内容などたくさんあってどれが良いかわからなかった私に、FPさんが保険の基本や考え方から親切に教えてくれて納得できる保険に加入することができました。何度相談しても無料なのも嬉しかったです。

40代男性


納得できる保険選びができました!

保険選びや保険の見直しが難しくプロに相談したいと思い利用させて頂きました。丁寧に何度も説明してくれたので保険について理解してきたのと同時に複数の保険の組み合わせも提案してくれたので、納得できる保険選びができました。1人で悩まず相談してよかったです。

50代女性


持病持ちでも保険に加入できました!

私は持病があるので保険に加入できないと思っていましたが、担当のFPさんが丁寧にカウンセリングしてくれ、一所懸命に向き合ってくれたのが本当に嬉しかったです。おかげで私にあった保険を選ぶことができました。相談内容や日程調整がLINEで非常にスムーズに行え、ストレスフリーで大変良かったです。

無料保険相談おすすめ:保険見直しラボ

2つ目におすすめする無料保険相談窓口は、保険見直しラボです。


保険見直しラボの特徴は以下のとおりです。

  • 訪問型のサービス
  • ネット・電話で予約可能
  • 全国に70拠点も展開している
  • イエローカード制度により相談員の質が高い
  • 35社もの保険会社を取り扱っている
保険見直しラボの最大の特徴は、スタッフの提案力にあります。無料相談ができる保険見直しラボでは保険商品を紹介することで相談者が契約に至れば販売手数料が入るカラクリになっています。

そのため保険の相談員であるFPの提案力が高くなければ運営することができないため、相談の質が高い傾向にあります。

また、ベテランスタッフが多く在籍しており、イエローカード制度を導入しており、担当者に少しでも不満がある場合は変更することが出来るので、自分に最適なスタッフを見つけることが出来るのも魅力の1つです。

無料保険相談おすすめ:ほけんのぜんぶ

3つ目におすすめする無料保険相談窓口は、ほけんのぜんぶです。


ほけんのぜんぶは訪問型・オンライン型どちらも選べる保険相談窓口なので

  • 店舗まで行く時間がない
  • 子どもがいるので家を空けたくない
  • 近場で保険相談したい
  • 気軽に相談したい
という方におすすめです。

ほけんのぜんぶでは39社もの保険会社を取り扱っており、相談内容に最適な保険商品を見つけることが出来ます。

このように様々な保険商品を取り扱っているので、保険相談に限らず結婚や出産、家計の見直しから貯蓄に関することまで幅広く相談することが出来ます。

無料保険相談おすすめ:ほけんの窓口

4つ目におすすめする無料保険相談窓口は、ほけんの窓口です。


ほけんの窓口の特徴としては

  • 店舗・訪問・オンラインのいずれでも相談出来る
  • 全国に800店舗を展開している
  • 49社もの保険会社を取り扱っている
以上の3つになります。

特筆すべきはその店舗の圧倒的な多さにあります。

  • 保険相談のためだけに時間を作るのが面倒
  • 買い物ついでに保険相談もしたい
と考えている方には最適な無料保険相談窓口であるといえます。

様々なショッピングモールの中に店舗を展開しているので、近場で相談したいと考えている方にもおすすめです。

無料保険相談おすすめ:保険市場

5つ目におすすめする無料保険相談窓口は、保険市場です。


保険市場の特徴としては

  • 店舗型・訪問型に加えてオンライン相談にも対応
  • 95社もの保険会社を取り扱っている
  • 口コミで高評価を得ている
以上の3つになります。

何といっても業界最多レベルの95社もの保険会社を取り扱っているので
  • 様々な選択肢の中から提案してもらいたい
  • 自分に最適な保険を見つけたい
と考えている方は最適といえます。

また、公式サイトでは近くの店舗を検索することが出来るので、ぜひ一度保険相談を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの無料保険相談窓口一覧

  • マネーキャリア
  • 保険見直し本舗
  • 保険見直しラボ
  • ほけんのぜんぶ
  • ほけんの窓口
  • 保険市場
  • マネードクター
  • 保険無料相談.com
  • FPナビ
  • 保険deあんしん館
  • 保険クリニック
  • ほけんガーデン
  • 保険マンモス
  • みんなの生命保険アドバイザー
  • FINANCIAL AGENCY
  • FPバンク

無料保険相談とは【保険代理店・保険ショップ】

無料保険相談とは、保険の新規勧誘・保険の見直しを専門的に行うサービスのことです。


基本的に相談は無料で行うことができ、保険の専門家に相談することで人生の経済的な不安の解消や万が一に備えた経済的補填を受けることができます。


▼保険相談の専門家の種類

主な保険の専門家特徴
募集人資格保険の提案・販売を行うために必ず必要となる資格の1つ。
FPファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。
日本FP協会より抜粋)
CFP・AFPCFP・AFPは日本FP協会が行っている民間資格です。2つの民間資格は有効期限があるため、定期的な知識のアップデートをしている専門家が保有する資格です。
MDRT保険の提案・販売のスペシャリストが保有する称号です。MDRTはの基準は「保険契約数×契約金額」がトップ5%に入っていることです。来店型の保険相談窓口に在籍していることが多いです。


専門家の種類を見て、保険は人生を変える金融商品の1つであるため資格が多いことがわかります。


国家制度や医療保険制度にあわせ保険商品・保険会社も毎年増え続けています。そのため保険商品を詳しく知らない人が専門家に相談せず保険を選ぶのはハードルが高いです。


保険の新規加入はもちろん、既存の保険の見直しなどを行う際にも保険の専門家と家計状況を確認しながら決めていくと適切な意思決定をサポートしてもらうことができます。

無料保険相談のカラクリ【無料の仕組み】

保険相談を検討されている方の中には無料相談できるカラクリは?と疑問に感じている方もいますね。


結論、無料で保険相談をできるカラクリは、保険会社から販売手数料を得る仕組みになっていることです。


相談者が保険という金融商品を契約することで販売したFPや専門家に手数料という形で報酬を支払われます。


例えば、保険会社Aの商品を契約したら提携FPに契約した保険商品数ヶ月分の報酬や固定報酬をA社から振り込まれるというカラクリになっています。


この無料保険相談のカラクリを採用することで相談員であるFPや保険の専門家の提案力や相談の質が高くなければ利益が発生しないため、全体的に保険相談の質が高まりました。


さらに詳しく無料保険相談のカラクリを知りたい方は以下でまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

現役FPが解説!

無料保険相談窓口のメリット・デメリット

無料保険相談のメリットとデメリットを現役FP目線で解説します。

FPに相談することで本当に必要な保障内容や適切な保険料を算出することができます。しかし、相談する上でのメリット・デメリットを把握しておくと不安のない人生設計ができます。


▼無料保険相談のメリット5つ

  1. 無料で保険のプロからサポートやアドバイスを受けられる
  2. 相談内容に合わせて専門家をマッチしてくれる
  3. 複数の保険商品を比較し、契約できる
  4. 保険の契約後、保険管理をしてくれる
  5. 担当者の変更が可能
▼無料保険相談のデメリット2つ
  1. 担当者によって提案力に差がある
  2. 担当者によって取扱保険会社数が変わる
それぞれ深堀りして解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

無料保険相談窓口のメリット5つ

無料で保険のプロからサポートやアドバイスを受けられる

無料保険相談の最大のメリットは、保険のプロであるFPや募集人資格を持った専門家から無料でアドバイスをもらえる点にあります。


特にネット情報や保険商品のチラシなどでは概要を掴むことができず、適切な保障内容と保険料を理解せず契約してしまうケースも少なくありません。


現役の専門家目線であなたの収入や家計状況に合わせた保険料や保障内容をわかりやすく説明してくれるため、不安なく保険選びを行うことができます。


家族構成などによっても適切な保険商品は変わってくるため、無料保険相談を活用すると適切な人生設計を組むことができるのです。

相談内容に合わせて専門家をマッチしてくれる

無料保険相談ではあなたの相談内容を専門とする保険の専門家を自動でマッチしてくれます。


保険を選ぶタイミングや見直し時期は人によって違いますが、ライフステージの変化に合わせた専門家を選ぶのは難しいですよね。


無料保険相談を運営している保険代理店は提携しているFPが多いため、状況に応じた保険選びができるFPをマッチングしてくれます。


また専門家は経歴や得意分野をみて選ぶことができるためマッチングしたからといって必ずそのFPに相談しなければいけないわけではないので、不安のない専門家選びができるのです。

複数の保険商品を比較し、契約できる

無料保険相談のメリットは複数の保険商品を比較できる点です。
無料保険相談を運営している保険代理店は複数の保険会社と提携しているため1度に複数社の保険商品を比較することができるのです。

保険相談では保険会社に属する相談員と独立した相談員の2つの種類に分かれます。
なかでも、保険会社に属するFPや相談員は、他社の保険商品を紹介したり契約することができないため限られた選択肢の中から保険を選ぶことができない点がデメリットとなります。

その点、保険代理店の無料保険相談は保険会社に固執せず中立な立場で複数の保険商品を比較することができるため、ライフプランに合わせて柔軟に選択することができます。

単純におすすめの保険商品を提案するだけでなく複数比較して組み合わせることもできるため保険商品の良いとこどりをできるのも無料保険相談ならではのメリットと言えます。

保険の契約後、保険管理をしてくれる

保険代理店では、保険契約後の保険の管理をしてくれます。

無料保険相談で担当してくれたFPや相談員などの担当者があなたの保険契約後をサポートします。


この点、あなた自身で複数の保険商品を契約した場合は契約している保険会社にそれぞれ連絡しなければいけません。


出産や子供の独立、離婚などで家族構成が変わる際の保険の見直しや保険を減らしたいといった内容でも担当者への連絡1本で契約を済ますことができるため手間を省くことができます。

担当者の変更が可能

無料保険相談ではFPや募集人資格を持った相談員の変更が可能です。
オンラインや訪問など直接相談している上で相性が合わない場合や対応に不安がある際に、相談員の変更がいつでも行えます。

保険は、あなたの収入や家計状況、家族構成などプライベートな情報を共有しながら相談していくため信頼関係が築けない担当者に相談することはできませんよね。

しかし、コミュニケーションをしていく中で必ず相性がいいとは限らないためすぐに担当者を変更できる点はメリットの1つですね。

変更する際は、担当者に直接ではなく代理店に連絡するだけで変更できるため気まずくなったり相談しにくくなったりすることなく変更ができます。

無料保険相談窓口のデメリット2つ

担当者によって提案力に差がある

無料保険相談でマッチングした専門家はプロですが、経歴や専門分野が異なるため提案に差があります。


相談から提案を受ける上で保険のプロとしての視点は持っていますが、経験した相談事例や専門分野によって提案内容に差がでてしまうことがあります。


そのためFPとマッチングを選ぶ際に担当分野の経験年数などを1つの基準として保険の専門家を選ぶことをおすすめします。


提案内容や相談対応に不安を感じたらすぐに担当者の変更がすぐにできるため変更をしてもらいましょう。

担当者によって取扱保険会社数が変わる

無料保険相談では、保険代理店が公開している取扱保険会社数と専門家が取り扱っている保険会社が変わることがあります。


これは提携しているFPなどの担当者が直接雇用か提携しているかによって変わります。直接雇用は代理店が取り扱っている保険会社を提案することができます。


しかし、個人事務所で無料保険相談を実施しているところなどでは提携できる保険会社が少なく提案の幅が狭くなってしまうことが事実です。


そのため無料保険相談で相談する場合は、取扱保険会社が40社以上ある代理店を利用することがおすすめです。

無料保険相談の選び方

無料保険相談窓口の選び方の基準をまとめます。


無料保険相談を選ぶ基準は以下の通りです。

  • 相談員の提案力や経験年数
  • 取扱保険会社数
  • 相談形態(オンライン・訪問・店舗相談)
  • 相談対応地域
  • 契約後の保険管理などのアフターフォロー
  • 無料保険相談のキャンペーンや特典
人生における保険選びは定期的に見直しを行う必要があるため長く付き合っていける無料保険相談窓口を見つけたいですよね。

そこで無料保険相談窓口の選び方を詳しく解説します。

相談員の提案力や経験年数

保険相談をするうえで、相談員のスキルの高さは最も重要であるといっても過言ではありません。


いくら企業全体で様々な保険会社を取り扱っていようとも、商品をおすすめする相談員にスキルがない場合、最適な商品を提案することが出来ないからです。


具体的に相談員のスキルの高さを見極めるポイントは資格経験年数です。


保険相談員の資格に関しては、原則として全員が保険募集人資格の取得を義務付けられています。


しかし、ファイナンシャルプランナー(FP)の取得は義務付けられていません。そのため、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を有している相談員は、比較的スキルが高いと判断することが出来ます。


マネーキャリアでは、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得している専門家に無料で相談が出来るので、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

マネーキャリアで無料保険相談をする

取扱保険会社数(40社以上がおすすめ)

保険相談窓口のメリットの1つとして、様々な保険会社の商品を比較して選ぶことが出来ることが挙げられます。


そのため、保険相談窓口で取り扱っている保険商品は多ければ多いほど、選択できる選択肢が多いというわけです。


そのため、どの保険相談窓口で保険相談をすればいいのか分からないという方は、様々な選択肢から最適な保険商品を提案してくれるような、メジャーな保険相談窓口を利用するという考えも1つの手だと言えます。

相談形態や対応可能時間

保険相談をためらっている方の中には

  • 仕事で忙しく時間がない
  • 育児で忙しいので家を空けたくない
  • 介護をしているのであまり外出したくない
以上のような状況の方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような方々におすすめしたいのがオンライン形式の保険相談窓口です。

オンライン相談のメリットとして
  • 気軽に相談することが出来る
  • 忙しい人でも保険相談をすることが出来る
以上の2つが挙げられます。

マネーキャリアでは、オンラインでお金のプロに相談することが出来るので、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

店舗型の保険相談窓口で直接相談員の方に話したいと考えている方は、拠点数や対応エリアもチェックすることをおすすめします。

保険相談は1度で最適な保険商品を提案されるケースもありますが、複数回に分けて相談したほうが、理解度が深まりより最適な保険商品を選ぶことが出来ます。

そのため、店舗型の保険相談窓口に関しては、自宅や職場からのアクセスがいい場所を選ぶのが最適といえます。

契約後の保険管理などのアフターフォロー

保険相談するうえでは、保険に加入するまでの提案力がとても重要になりますが、それと同様に重要なのがアフターフォローの充実度です。


保険は加入すれば終わりではなく、加入後もライフプランの変化に合わせて保険の見直しをしたり、毎月の保険料が高くほかの保険商品に乗り換えたりなど様々な場面でアフターフォローが必要になります。


特に生命保険のような終身保険がある保険に関しては、様々な変化に合わせて最適な保険商品に加入することが最適なので、しっかりとアフターフォローが充実しているのかもチェックするようにしましょう。

無料保険相談のキャンペーンや特典

保険相談する際には、キャンペーン特典も併せてチェックするのもいいでしょう。


基本的に保険相談窓口は無料で相談をすることが出来るので、自分の悩みを解決できるだけでなく無料でお米やお肉を貰うことが出来るので大変お得になっています。


もちろん、キャンペーンや特典はあくまで補助的な役割なので、その有無だけで保険相談窓口を決めるのは避けるようにしましょう。


▼無料保険相談のキャンペーンの注意点

  • キャンペーン目的の相談は特典の受取ができない
  • キャンペーンを受け取るまでに時間がかかることがある
  • 相談の質や提案力に自信がない可能性がある
人生で2番目に高い買い物と言われている保険の相談をキャンペーン目的で決めるのはおすすめできません、現役FPとして取扱保険会社数や提携FPの数を見て決めるべきだと考えています。

それは、提案力の高い本当に信頼できる保険相談窓口で保険選びをすることで将来数十万円の損を防ぐことができるからです。

数千円のキャンペーンで選ぶよりも相談実績や優秀なFPが在籍しているかどうかで無料保険相談窓口を選びましょう。

無料保険相談の注意点【危険性】

無料保険相談を行う際の注意点を解説します。

注意点をおさえ事前準備をした状態であれば、当日はスムーズに進めることができます。


無料保険相談前に必ず確認しておきましょう。

保険の検討に必要な書類を用意しておく

無料保険相談を行う前に、収入や固定費についてわかるものを準備しておくと保険相談をスムーズに行うことができます。

保険相談前に準備しておきたい書類
保険証券(保険加入中であれば)
給与明細or源泉徴収票
家計簿(毎月計算している方)
ねんきん定期便
住宅ローンの残債など(返済計画表)

無料保険相談では上記の種類があるとより適切な保険料やお得な保障内容を検討しやすくなるため用意しておくことをおすすめします。


「保険のプロとは言え、プライベートな情報を見せるのはちょっと、、」

相談者の中にもこんな方もいらっしゃいますが、無料保険相談をする大半の方が担当者には必要書類を見せるべきと回答しています。


それは保険選びを間違えると将来的に大きな損や過払いが発生してしまうからです。毎月1,000~5,000円でも10年、20年となると大きな金額になります。


保険の見直しや新規で加入を検討される方は必要な書類を準備すると、より明確な人生設計ができますよ!

収入や固定費がわかるものを持参する

保険相談する際に必ず必要になるものはありませんが、以下のものを用意しておくとスムーズに保険相談を行うことができます。


▼保険相談でおすすめの持参物

  • 保険証券(保険加入中の方)
  • 給与明細
  • 源泉徴収
  • 家計簿
  • 年金定期便
  • 保有資産やローン残高などがわかるもの
個人情報をあまり開示したくないという方もいらっしゃると思いますが、相談員や窓口を通じて情報が洩れることはありませんので、安心して利用してください。

さらに、このような情報をあらかじめ提示することによって、相談員の方も情報をより把握することができ、最適な提案につながりやすくなります。

個人情報を開示するため信頼できるFPを選ぶことも注意点になりますが、できるだけ相談員があなたと同じ目線であれば、提案がしやすくなるため開示できる範囲の準備物を用意しておくことがおすすめです。

相談目的を明確にする

保険相談をするうえで、事前に相談目的を明確にすることが重要になります。


相談目的が明確でないと

  • 相談員から最適な提案を受けることが出来ない
  • 何度も相談することになり時間を要してしまう
  • よくわからないまま保険に加入してしまった
以上のような事態に陥ってしまう可能性があります。

そのような事態を避けるためにも、なぜ保険相談窓口を利用したのかという目的だけでも事前に明確にするようにしましょう。

納得するまで相談する

保険は金融商品なので、あまり詳しく知らないという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。


しかし、しっかりと保険商品の内容を理解したうえで、納得して加入することが重要になります。


月々の保険料は高額でないにしても、何年も払い続けることを考えたら安い買い物ではないので、しっかりと納得して加入するようにしましょう。


また、何度相談しても納得できない場合は、複数の保険相談窓口を利用するのもおすすめです。

納得できなければ加入契約しない

意識的な問題になってしまいますが、保険に実際に加入するには利用者側なので、自分が主役という意識を持つことが大切です。


決して大きな態度や威圧的な態度をとるべきということではなく、自分の悩みを素直に打ち明け、はっきりと意思表示をすることが重要です。


不安や分からない点があるにも関わらず、それを質問せずに話が進んでしまうと相談員の方も最適な提案をできないうえに、利用者の方も損をしてしまいます。


多くの保険相談窓口では、申請をすれば担当者を変更することが出来るので、相性などを考慮して伝えるようにしましょう。

相談予約をスムーズに行えるか

無料保険相談窓口を利用する際は、予約のしやすさも重要になります。


基本的に予約は電話かネットで行います。どちらにも対応している場合は、予約を取りやすいのでおすすめです。


特にオンライン型訪問型を利用したいと考えている方は、予約しなければならないことがほどんどなので、相談する際に何日前までに予約が必要かも併せて確認するようにしましょう。


店舗型を希望の方も、事前に予約をした方がスムーズに相談することがd系るので、出来るだけ予約をしてから利用するようにしましょう。

保険相談のタイミングと保険の見直し時期

保険の見直しは適切なタイミングと時期で行う必要があります。

それは社会制度や医療制度によって保険が進化するためです。


あなたのライフステージに合わせ必要な保険や保障内容は変わるため適切なタイミングで保険相談を行いましょう。


例えば保険の解約後に新規加入することでメリットが小さくなってしまう場合やお得な保険が新たに販売されるのに、新規で勧誘してしまうなどです。


また、マネーキャリアでは保険の見直しや保険相談のタイミングがわからない方向けに何度でも無料で相談ができる制度をとっているため、お悩みの方はまず相談してみてください。


▼保険の見直しのタイミングや時期

  • 子供の独立
  • 結婚・離婚
  • 出産
  • 保険の更新時
  • 住宅購入
  • 家族を扶養する時
  • 定年退職
今まで保険相談をしてきた方に多かった保険の見直しタイミングや現役FPの私が最適と考える保険相談の時期をまとめますので、参考にしてみてください。

すぐに保険の見直しをしたい方はマネーキャリアの無料保険相談を利用してみてください。

マネーキャリアで無料相談する

社会人・成人

学生から社会時になった際に、保険に加入する方はたくさんいらっしゃいます。


しかし、初めて保険に加入するにあたって、どの保険に加入するべきか、どの保険が自分に最適か分からないという方は多くいらっしゃると思います。


今後のためにも、初めて保険に加入しようと考えている方は、保険相談窓口を利用することを強くおすすめします。

結婚・離婚

独身の方はあまり保険に加入する必要性はありませんが、万が一のことを考えると、結婚や離婚した際に保険に加入または見直しをする必要があります。


生活費を共有するうえで、月々の保険料を相談することはとても重要なので、保険相談窓口を利用することをおすすめします。


また、離婚した際にも保障額が変更されるので保険相談窓口を利用した方が、最適な保険の見直しをすることが出来ます。

出産・独立

子どもを出産した時、または子どもが独立した時も保障内容や保障金額が変化します。


特に新しく家族が増えた場合は、大黒柱の方に万が一のことがあった場合に備えて、死亡保障を検討する必要性があります。


一般的に、子どもが小さい時ほど大きな保障が必要になります。しかし、子どもが大きくなって独立すれば保障を縮小することが出来るので、その際にも保険相談窓口を利用するようにしましょう。

加入中の保険の更新前

保険には一生涯の保障を得ることが出来る終身型と、一定期間または一定の年齢まで保障を得ることが出来る定期型の2種類があります。


自動的に更新される保険もありますが、保険を切り替えたいときには、現在の自分の状況に合った保険に加入する必要があります。


保険の見直しをする際には、以前とは様々な状況が異なっているので、保険相談窓口で相談することをおすすめします。

無料保険相談に関するよくある質問

無料保険相談に関するよくある質問をまとめます。

なぜ無料で保険相談できるの?

▼無料でFP相談ができる4つの理由

  • 保険会社・保険代理店から手数料が支払われる 
  • 無料相談で信頼を得て長期的な付き合いをしたい 
  • FPの相談実績につながる 
  • FPの存在自体を広めたい    
なぜ無料でFP相談ができるのかというと相談者の悩み解決による金融商品の契約手数料がFPに支払われるからです。

また、相談実績や相談者からの口コミなどで信頼を得ることで口コミが相談者を読んでくれるため無料でFP相談ができます。   

勧められた保険に加入しても大丈夫?

プロに勧められた保険だからといって加入するのは危険です。


保険商品は多岐にわたるため、それぞれ最適な保険商品は異なります。保険相談をするうえで重要なのは、自分が納得して保険に加入することです。


なので、保険の知識がないからとりあえず担当者の方がおすすめした保険に加入しよう、という考え方はとても危険です。


分からないことや疑問に思うことは、躊躇なく担当者の方に質問するようにしましょう。

無料相談窓口って気軽に保険相談できるの?

無料の保険相談窓口であれば、相談料がかからないので何度でも気軽に相談することが出来ます。


保険相談窓口は、保険会社の窓口とは異なり自社商品を売らなければならないということがないので、強引に加入を勧められることはありません。


もしそのような担当者にあたってしまった場合は、すぐにその旨を伝え、担当者を変更してもらうようにしましょう。

個人情報を伝えるのは必須なの?

結論から言うと必ず伝えなければならないというわけではありません。


しかし、個人情報を全く開示しないとなると、担当者の方も状況を正確に把握することが出来ないので、事前に相談目的とそれに付随する個人情報を整理しておきましょう。


担当者や窓口を通して個人情報が洩れることはないので、安心して相談するようにしましょう。

自分に最適な保険を見つけるにはどうしたらいいの?

複数の保険相談窓口を利用することがおすすめです。


それに加え、自分自身でも保険に関するある程度の知識を身に付けることが重要です。


複数の保険相談窓口で同じような保険を提案された場合、その保険が自分にとって最適である可能性が高いです。


しかし、全く異なる保障内容の保険が提案された場合、保険に関する知識が全くない状態だと、判断することが難しいので担当者の方に全て頼るだけでなく、自らも行動することが最適な保険の見つけるうえでは重要になります。

保険相談前の事前知識一覧

保険代理店や保険ショプで保険相談をする前の前提知識を一覧でまとめました。

保険相談前に知っておくと相談員の話が入ってきやすくなるため確認しておきましょう。


そこで保険相談に関する基本的な知識を以下の表にまとめました。

専門用語 意味
契約者 保険を契約し、保険料を今後支払っていく人。
被保険者や保険金受取人と同じになる場合がある
被保険者 保険をかけられる人。
被保険者に支払い事由に該当することが起こった場合、保険金が支払われる
保険金受取人 保険金が発生した時に受け取る人。
保険によって設定できる保険金受取人は異なる
保険証券 契約内容や支払い事由について明記されている書類。
保険の見直し時に必要になるため、受け取ったら大切に保管する必要がある
保険金 被保険者に支払い事由が発生した時に受け取れるお金のこと
解約返戻金 契約している保険を解約するときに受け取れるお金のこと。
契約内容によって解約返戻金の有無は異なる
満期保険金 契約期間満了時に受け取れるお金のこと。
契約内容によって満期保険金の有無は異なる
定期・終身 保険の契約期間のこと。
10年や60歳までなど期間が決まっているものを定期型、一生涯保障してくれるものを終身型という
主契約 保険を契約した時に必ずついてくるメインの保障のこと。
同じ保険の種類でも生命保険会社によって若干異なる
特約 主契約に追加できるオプション。
特約を組み合わせて自分にあった保障にしていく

保険相談窓口の担当者は保険のプロなので、知識がない状態でも全く問題はありませんが、基本的な知識を抑えておいた方が、スムーズに相談をすることが出来ます。