FP相談できる内容とは?相談内容別に準備するものや持ち物を解説!のサムネイル画像

▼この記事を読んでほしい人 

  • FP相談にはどんな準備や持ち物が必要なのか知りたい人
  • FP相談ではどんな相談ができるのかわからない人
  • おすすめのFP相談サービスがそもそもあまりよくわからない人

▼この記事を読んでわかること

  • FP相談の前に準備・用意するものや持ち物
  • FP相談で相談できる内容や実際の相談事例
  • おすすめのFP相談サービス
お金に関する悩みならまずはマネーキャリアの無料相談を気軽に利用してみてください!

内容をまとめると

  • FP相談の前に準備・用意するものや持ち物は相談内容によって異なる
  • ただし保険相談をしていると家計の状況に課題があることがあるので、相談内容以外のものも準備しておくと相談がスムーズ
  • FPには守秘義務があるため個人情報の取り扱いに関しては心配いらない

FP相談できる内容を徹底解説します。FP相談前に準備・用意するものや持ち物は相談内容によって変わります。当記事ではFP相談の内容ごとに必要な持ち物をまとめています。後半では、ファイナンシャルプランナーに相談できないことも解説しているので、ぜひFP相談前の準備として参考にしてみて下さい。

監修者「谷川 昌平」

監修者 谷川 昌平 フィナンシャルプランナー

株式会社Wizleap 代表取締役。東京大学経済学部で金融を学び、金融分野における情報の非対称性を解消すべく、マネーキャリアの編集活動を行う。ファイナンシャルプランナー証券外務員を取得。
>> 谷川 昌平の詳細な経歴を見る

この記事の目次

目次を閉じる

FP相談前に準備・用意するものや持ち物はある?

こんにちは。マネーキャリア編集部です。


ここ数年、老後2000万円問題が話題となり、年々お金に関する心配事や不安を持つ方が増えていますね。


FPにお金に関する相談をする人も増加しています。


このような状況の中、よくある疑問の一つに

FP相談の前にどんなことを準備しておけばいいのだろう。必要な持ち物等はあるの?

というものがあります。 


お金に関することですし、何か必要な書類はあるのか、持って行ったほうが良いものはあるのか気になる方もいるでしょう。 


FP相談で必要な準備や持ち物は、相談内容によって異なります。 


そこで今回はFP相談に必要な準備や持ち物について知りたい方に向けて 

  • FPへの相談内容ごとの持ち物(家計、住宅ローン、保険、老後・年金) 
  • FP相談の事前準備 FPには何を相談できるのか 
  • FP相談当日の流れ 
  • オンラインFP相談の準備や持ち物

これらを中心に紹介します。 FP相談に必要な持ち物について気になっている方の参考になれば幸いです。

また、マネーキャリアでは厳選したおすすめのFP相談窓口6つを紹介しています。FP相談の準備とあわせて、以下の記事もご確認ください。

おすすめFP相談窓口のサムネイル画像

おすすめのFP相談6社を比較!専門家によるおすすめの選び方も解説!

相談内容別!FP相談前に準備・用意するものや持ち物を徹底解説!

FP相談の持ち物は、相談内容に合わせて用意しましょう。


具体的に言うと、家計相談なら家計簿、保険の相談なら保険の契約書などです。


相談内容に合ったものを持って行くことで、スムーズに相談し、より的確なアドバイスをもらうことができます。


この記事で紹介する相談内容は次の4つです。

  • 家計相談
  • 住宅ローン
  • 保険相談
  • 老後・年金相談
  • 漠然としたお金に関する不安
FP相談に行く際は、ぜひ参考にしてください。
参考文献:日本FP協会

①家計相談前に準備・用意するものや持ち物

家計相談をするときの持ち物は

  • 家計簿
  • 源泉徴収票
  • 預貯金の明細
これらを用意しておきましょう。

家計簿が用意できない場合は、毎月の支出がわかるものであれば何でも構いません。

FP相談では、家計簿をもとに支出状況、源泉徴収票をもとに収入状況を確認し、余分な支出はないか・利用できる控除はないかなど、家計の見直しを行います。

預貯金の明細は、その家庭の資産状況を確認するために使います。

家庭に小さな子どもや学生がいる場合は、習い事・学費など、今後の育児・教育費についても考えておいたほうがよいでしょう。


②住宅ローン相談前に準備・用意するものや持ち物

住宅ローン相談で必要な持ち物は、購入する住宅が決まっているかどうかで少々異なります


まずは購入する住宅が決まっている方・決まっていない方の両方に必要な持ち物

  • 家計簿(毎月の支出がわかるもの)
  • 通帳(預金・生活用など)
  • 毎月の支出明細書(光熱費・スマホ代など)
  • ねんきん定期便(年金加入履歴が分かる資料)
  • 生命保険証券(保険に加入している人のみ)

購入する住宅が決まっていない方に必要な持ち物

購入する住宅が決まっていない方は、上のリストの持ち物に加えて、次の書類を用意しておきましょう。
  • 現在利用中のローンの残高証明(カーローンやスマホ代の分割払いなど)
  • 会社員:源泉徴収票・住民税決定通知書
  • 自営業:過去3年分の確定申告書・決算書

購入する住宅が決まっている方に必要な持ち物

購入する住宅が決まっている方は、次の物も持って行くと良いでしょう。
  • 不動産のリーフレット・小冊子
  • 不動産図面
  • 重要事項説明書
  • 売買契約書
重要事項説明書と売買契約書は署名前の物でも構いません。

すべての書類をそろえる必要はありませんが、用意できる範囲のものはできるだけFP相談に持って行くことをおすすめします。


③保険相談前に準備・用意するものや持ち物

保険相談をするときは

  • 加入している生命保険の保険証券
  • 健康診断の結果
これらを持って行きましょう。

保険証券には、保障内容・保険金・保険金の受取人など、保険の契約内容に関することがまとめられています。

この情報をもとに、FP相談では現在加入している保険に不備はないか・もう少し安い保険に乗り換えられるのではないかなどを相談します。

また、保険に加入するには加入当時の健康状態がかなり重要です。

健康診断の結果が手元にあると、加入できる保険をスムーズに絞り込むことができます。

健康診断の結果は、なるべく新しいものを持って行くようにしてください。


④老後・年金相談前に準備・用意するものや持ち物

老後・年金について相談するときの持ち物は次の4つです。

  • 年金のお知らせ(ねんきん定期便など)
  • 年金保険やその他積立保険の証券
  • 預貯金の明細
  • 資産状況がわかるもの(株式・不動産など)
FPに老後・年金について相談するときは、主に今後必要な資金の金額や資金の貯め方・増やし方について話し合います。

将来いくら必要なのか、今から何をすればいいのか具体的なアドバイスをもらうために、できるだけ持ち物をそろえておきましょう。

⑤お金に関する不安の相談前に準備・用意するものや持ち物

お金に関する不安はずっと抱えているけど、どんな部分が課題なのか明確になっていない

お金に関する不安は漠然と持っているけど言語化できない」という方もいらっしゃるでしょう。

そのような場合でも、難しく考えずにまずはFPに相談してみるのが大切です。

まだ悩みが漠然としている場合の持ち物は、家計相談をする際と同じで、
  • 家計簿 
  • 源泉徴収票 
  • 預貯金の明細
等を持っていくといいでしょう、

悩みが漠然としていて、うまく言語化できなくても大丈夫なので、まずFPに不安や疑問を率直にぶつけるようにしましょう。

FPはお金のプロなので、漠然とした質問でもかみ砕いて理解し、問題点を整理してもらうことができます。

特に、マネーキャリアの無料FP相談サービスは、スマホ一つでお金や保険に関する悩みをすべて解決できるので、お金に関する質問を手軽にできます。 

相談の予約はすべてLINE上で完結し、相談もZOOMなどを用いたオンラインの相談が可能です(もちろん対面も可能)。

また、相談料は無料で何度でも利用可能です。 

3000人以上の経験豊富なFPと提携しており、利用者の満足度は98.6%と圧倒的な高さを誇るマネーキャリアのFP相談が気になる方は、以下のボタンからチェックしましょう。
マネーキャリアで無料相談する

FP相談の流れはわかりましたでしょうか。

以下の記事ではおすすめFP相談窓口を紹介しているのであわせてチェックしてみてくださいね。

おすすめのFP相談窓口のサムネイル画像

おすすめのFP相談6社を比較!専門家によるおすすめの選び方も解説!

FP相談前に準備するべき考えや把握しておく内容を解説!

FP相談を受ける前、次のような不安を感じる人もいます。

  • 「話についていけるかな」
  • 「専門用語が出てきたらどうしよう」
  • 「自分が知りたいことをうまくFPに伝えられるかな」
FPは、相談者にできるだけわかりやすく説明するのも仕事にうちですから、「何を言っているのかわからない」なんてことはほどんどありません。

また、たくさんの相談を担当してきていますから、うまく伝えられなくても「こういうことですか?」と尋ねてくれることもあります。

相談者側の皆様にお金の知識が無くても心配は全くいりません。

安心して相談に臨んでくださいね。

しかし事前に準備しておけば、スムーズに相談できるのも事実。

ここでは、FP相談を受ける前にやっておくとよい準備を紹介します。
  • 現在の資産状況・収支の状況を把握しておく
  • FP相談を受けた後のゴールを考えておく
  • FP相談で質問する内容を明確にしておく
  • 相談内容について単語などの簡単な予習をしておく
  • 現状記入シートや質問票などがあれば記入を済ませる

現在の資産状況・収支の状況を把握しておく

相談する内容にかかわらず、現在の資産状況収支の状況を把握しておきましょう。


FP相談では、資産や収支の状況をもとに適した保険を紹介してもらったり、今後の資金計画を立てたりします。


資産とは、不動産(自宅を含む)・株式・車・預貯金・生命保険などのことです。


収支の状況は、家にあるすべての通帳と、次の計算式を使って求めます。


現在の残高の合計金額-1年前の残高の合計金額=±○○万円

計算した金額はメモ帳などに控えて、相談当日はすぐに資産・収支の状況を答えられるようにしておきましょう。

収支の内容に関しては、以下の表を参考にして分けると便利です。
収入支出
手取り年収の額
ボーナスの手取り額
副業などお給料以外の収入源
家賃(もしくはローンの返済額)
水道光熱費
食費
消耗品費
通信費
保険料



FP相談を受けた後のゴールを考えておく

FPからのアドバイスをもとに家計を改善したい・最終的には保険の契約をしたいなど、FP相談を受けた後のゴールを考えておくことも大切です。


事前に目標を決めておくことで、質問すればよいこと・どのようなアドバイスが欲しいのかが明確になり、スムーズに相談を進めることができます。


もちろんFP相談で目標は決められますが、ある程度自分で考えておくことも大切です。


ざっくりとした目標でも構いません。


的確なアドバイスをもらうため、FP相談を受けた後も目標も決めておきましょう。


>>マネーキャリアで無料相談する


FP相談で質問する内容を明確にしておく

FP相談で質問する内容を明確にしておくことも、大事な事前準備です。


たまにFPから様々なアドバイスを受けて混乱してしまい、そもそも自分は何を知りたかったのか忘れてしまうことがあります。


FP相談ではたくさんの情報が入ってくるので、目的が迷子にならないよう、何を知りたいのか・どんなことを聞きたいのか整理しておきましょう。


FP相談の持ち物の中に、質問内容を箇条書きにしたメモを追加してもいいかもしれません。


>>マネーキャリアで無料相談する


相談内容について単語などの簡単な予習をしておく

相談前に簡単な予習をしておくと、次のようなメリットがあります。

  • 分からないことがある度に話を中断し、説明してもらう手間が省ける
  • FPが何を言っているのか分かるので、理解度が深まる
  • より具体的な相談ができる

相談当日、FPはなるべく専門用語は使わないよう最大限努力しますが、どうしても質問内容の関係で難しい単語を使わなければならないことも。


時間に余裕のある方は、相談内容について単語などの簡単な予習をしてみてください。


また、事前に知識をつけたい方には、オンラインでも実施している「マネーセミナー」もおすすめです。 

ファイナンシャルプランナー(FP)などが講師として、初心者の方にもわかりやすく説明してくれます。詳しい内容は以下の記事をご覧ください。


>>マネーキャリアで無料相談する


おすすめ記事のサムネイル画像

マネーセミナーおすすめ人気ランキング比較3選【オンラインあり】お金の勉強をしたい女性必見!!

現状記入シートや質問票などがあれば記入を済ませる

相談するFPによりますが、「現状記入シート」「質問票」など、事前にアンケートのようなものを配布されることがあります。


質問票を事前にもらっている場合は、できるだけ詳しく記入しておきましょう。


記入していくうちに質問したいことを整理できますし、FPにとっては素早く現状や質問内容を把握できるので、相談時間を無駄なく使うことができます。


もちろん、どうしても分からないことや書きにくいことは空欄・簡単な記入でも構いません。


ぜひ事前にもらったシートを活用してください。

マネーキャリアで無料相談する

FP相談をする前に知っておきたい独立系FPと企業系FPの違い


ここでは独立系FPと企業系FPの違いについて詳しく解説していきます。


独立系FPと企業系FPのどちらに相談するべきなのかは人によって異なりますが、筆者としてはまずは独立系のFPに相談することをオススメします。


理由は以下で説明していきます。

ファイナンシャルプランナー(FP)とは?

そもそもFPとはどのような職業なのかというと、個人のお金や保険のことについて、助言をしたり、計画を提案したりする専門家のことです。


FPとして活動するには資格が必要で、FP資格は国会資格と民間資格の2種類に分かれます。


国家資格は「FP技能士」で、民間資格は「CFP資格・AFP資格」です。


参考文献:日本FP協会


>>マネーキャリアで無料相談する


独立系FPと企業系FPの違いを解説

独立系FPとは、開業してFP会社を設立して活動しているFPのことです。


一方、企業系FPとは、金融系の業界(銀行・証券会社・保険会社・不動産会社・ハウスメーカーなど)などでFPの資格を利用しながら業務を行っているFPのことです。


FPの8割が企業系FPだとされています。


また、以下の記事でより詳しく独立系FPについて解説しているので気になる方は参考にしてみてください。


>>マネーキャリアで無料相談する

独立系FPについてのサムネイル画像

独立系FPに相談するのはおすすめ?費用や注意点、相談の流れは?

独立系FPと企業系FPへの相談それぞれのメリットを解説

独立系FPと企業系FPそれぞれのメリットとして以下のことが挙げられます。

FPの種類メリット
独立系FP会社に属していないので中立なアドバイスをしてもらえる
企業系FP雇用されている企業の商品に詳しい


独立系FPに相談するメリットとしては、独立系のFPは会社に属していないため、中立な立場の相談が受けられます。


なにか特定の商品を一方的に勧められるのではなく、相談者の立場に立って最適な商品を提案してくれます。


一方、企業系FPに相談するメリットとしては、企業系のFPは特定の会社に雇用されているため、その会社の商品に対する知識が深いということが挙げられます。


もしも利用したい商品が決まっている場合には企業系のFPに相談して商品の詳細を詳しく聞くということができます。


どちらにもメリットはありますが、やはり自分にピッタリの商品を中立な立場から提案してもらえるという意味では、まずは独立系のFPに相談するのが良いと筆者は考えています。


マネーキャリアの無料FP相談サービスは、3000人以上の経験豊富なFPと提携しており中立な立場からの提案を受けることができます。


また、マネーキャリアの無料FP相談はスマホ一つでお金や保険に関する悩みをすべて解決できます。 


相談の予約はすべてLINE上で完結し、相談もZOOMなどを用いたオンラインの相談が可能だからです(もちろん対面も可能)。


相談料は無料で何度でも利用可能で、利用者の満足度は93%と圧倒的な高さを誇るマネーキャリアのFP相談が気になる方は、以下のボタンからチェックしましょう。

マネーキャリアで無料相談する

ファイナンシャルプランナー(FP)できる相談内容

FPには、お金のことならほとんどのことを相談できます。


具体的に言うと、次のような内容がFPに相談できる6分野となります。

  • 家計・教育資金について
  • 保険の相談・見直し
  • 資産運用
  • マイホームや車の購入
  • 年金・老後資金
  • 税金
ただし、FPは資格を持っている人だけが行える、保険の契約や税金に関する書類の作成など、専門的なことはできません

FPに相談した流れで契約したり、書類を作成したりしたいという方は、専門の資格も取得しているFPか外部の専門家とのつながりがあるFPに相談しましょう。

参考文献:日本FP協会

FPに相談できる6分野とはのサムネイル画像

お金の専門家FP(ファイナンシャルプランナー)の仕事とは?

ファイナンシャルプランナー(FP)に相談できない内容を解説

FPに相談できないことは、税理士や弁護士が行っているような業務です。


税理士法や弁護士法で禁じられています。


具体的には、FPは税制の仕組みなどについて説明できる一方、税務に関する仕事を代理で行うことや、税務書類の作成などは税理士の行腕有、FPに相談できない範囲になります。

マネーキャリアで無料相談する

FP相談をするベストなタイミングとは


FP相談をするベストなタイミングは、大きく分けて以下の2種類あります。

  • 大きなライフイベントが起きた時
  • お金に関する不安を持っているならいつでも
就職、出産や結婚、住宅の購入など、人生において大きなライフイベントが起きたタイミングはFP相談をするのに良いタイミングです。

なぜなら、自分のライフプランを見直す良いきっかけになるからです。このようなタイミングでお金のプロであるFPと一緒に資金計画を立てておくことで、将来のお金に関する不安を解消することができます。

また、お金に関する不安を持っている場合は、いつでも気軽にFPに相談しましょう。

お金に関する不安はなるべく早く解消しなければ、後から手遅れになってしまうということも十分にあり得ます。


お金に関して、今は言語化できなくとも、漠然とした不安でも持っている方は気軽に無料FP相談に申し込むのが良いでしょう。


マネーキャリアの無料FP相談サービスは、3000人以上の経験豊富なFPと提携しており中立な立場からの提案を受けることができます。 


また、マネーキャリアの無料FP相談は、スマホ一つでお手軽にお金や保険に関する悩みをす解決できます。


マネーキャリアの無料FP相談に申し込みたい方は以下のボタンから詳細をチェックしてみてくださいね。

マネーキャリアで無料相談する
無料FP相談サービスおすすめのサムネイル画像

おすすめのFP相談6社を比較!専門家によるおすすめの選び方も解説!

FP相談の手順について解説!

FP相談当日は、はじめに相談者の悩みや疑問を整理し、そのあと解決策を練っていきます。


FPから指定された書類や、事前に準備した持ち物を忘れずに持って行きましょう。


FP相談ではさまざまな資料や書類をもらうことがあるので、大きめのバッグリアファイルを1~2枚持って行くことをおすすめします。

FP相談の流れは以下になります。


参考文献:日本FP協会

FP相談の流れのサムネイル画像

FP(ファイナンシャルプランナー)に相談する前に用意すべき持ち物・必要なものは?

手順①FPが相談者の夢や目標といった希望を確認する

はじめに相談者の夢や目標を確認します。


例えば、保険の相談なら別の保険に乗り換えたい・自分に合った保険に加入したい、老後資金の相談なら何歳までにいくら貯金したいなどです。


相談当日前までに相談したいことを整理したメモを作成し、持ち物の中に一緒に持って行くとスムーズに相談を進めることができます。


もちろん「○○について知りたい」「目標はFPと相談しながら決めたい」という希望でも大丈夫です。


>>マネーキャリアで無料相談する


手順②FPがヒアリングを行い相談者の現状を把握する

次にFPが相談者の収入・支出の状況などの現状を把握します。


源泉徴収票や預貯金の明細、不動産・株式など資産の状況がわかるような書類を提示しましょう。


用意できない場合は、口頭で「これぐらい」とおおよその情報でも構いません。


今後子どもが進学する、マイホーム・マイカーといった大きな買い物をする予定がある方は、このことも合わせて伝えましょう。


事前にアンケートや質問票に回答している方は、簡単な確認程度で済むこともあります。


>>マネーキャリアで無料相談する


手順③ヒアリングをもとにFPが現状の分析・評価を行う

①と②で聞いた相談者の目標と現状をもとに、FPが今の状態で目標を達成できそうか、どのような対策が必要かなどを、専門家の視点分析評価を行います


FPの話を聞いていくうちに新しい問題点が出てきたり、改善点が見えてきたりするので、分からないことがあったら遠慮なく質問しましょう。


気づいたことがあったら、その都度メモしてもいいかもしれません。


しっかりと現状を受け止めて、堅実なライフプランを作成してくださいね。


>>マネーキャリアで無料相談する


手順④FPが初回のライフプランを作成する

目標と現状をすり合わせながら、初回のライフプランを作成します。


必要に応じてFPに自分の希望や目標を伝えながら、納得できるライフプランを作りましょう。


ライフプランの作成を行うとき利用する主なツールは次の3つです。

  • ライフイベント表:将来のライフイベントと必要な資金の額を時系列にまとめた表
  • キャッシュフロー表:ライフイベント表と現在の収支状況をもとに、将来の収支状況と貯蓄残高の予想をまとめた表
  • 個人バランスシート:一定時点の資産と負債のバランスを整理した表

手順⑤FPがライフプランの実行支援・改善を行う

ライフプランが完成したら、FPの指導のもと、目標の実現に向けて行動を開始します。


家計の見直しや、FPから勧められた保険の契約など、できることから始めましょう。


自身を取り巻く環境は日に日に変化するので、ライフプランも変化に合わせて改善していかなければなりません。


子どもの入学や自身の退職、マイホームの購入など、大きな環境の変化が起こったときはその都度FPに相談しに行くことをおすすめします

マネーキャリアで無料相談する

良質なファイナンシャルプランナー(FP)の特徴とは


良いFPを探す際には以下の5項目を参考にするのが良いでしょう。
  • 自分のためにたくさん時間を割いてくれる
  • 一般論だけでなく個人の問題を把握して解決策を提案してくれる
  • こちらの立場に立って親身に相談を受けてくれる
  • ライフプランや提案書について詳細な説明がある
  • 相談後もライフプランの実現に向けてアドバイスをしてくれる
このような特徴を持っているFPは良いFPと言えるでしょう。
マネーキャリアで無料相談する

【無料は危険?】なぜ無料でFP相談できるのか解説!


お客様が無料FP相談を申し込むと、無料FP相談サービスの会社からFPがお客様のところに派遣されて相談を行います。


保険の見直しやライフプラン設計、住宅ローンの相談などを行い、新しいプランを提案します。


そのプランをお客様が契約した場合、その契約先の保険会社や住宅販売会社から手数料が貰えるというシステムになっています。 


そのため、保険無料相談は最後まで完全無料となっているのです。


その他無料・有料のFP相談の違いは以下の記事にて詳しく解説しているのでぜひ確認してみてください。

無料・有料相談の違いのサムネイル画像

FPの無料相談はなぜ無料?勧誘される?【有料相談との違いも解説】

マネーキャリアで無料相談する

【参考】自宅でのオンラインFP相談なら当日の持ち物が不要!

年々オンラインのFP相談サービスを提供しているところが増えています。


PC・スマホさえあれば店頭での対面より時間・場所に融通が利きやすいため、仕事や家事育児で忙しい人に人気があります。


オンライン相談を利用すれば家に持ち物を用意しておくだけでよいですし、人目を気にせず相談できるのも嬉しいポイントです。


また昨今の状況により、外出に抵抗がある方にもおすすめ。


事前準備の仕方は対面での相談の時と同じです。


カフェなど自宅以外の外出先で相談する場合は、持ち物を忘れないように気を付けましょう。


マネーキャリアでは無料でFPのオンライン相談を受け付けています。


LINEで相談予約から相談まですべて完結するのでお手軽にお金に関する相談ができます。


興味のある方は以下のボタンからぜひチェックしてみてください。

マネーキャリアで無料相談する

おまけ:実際のFPへの相談事例3選


ここでは実際のFPへの相談事例と、相談後どれほどお金に対する不安や問題点が解消されたかを書いていきます。


  • 「お金がぜんぜん貯まらず貯金額が増えない」という家計の相談
  • 「老後が不安」という30代後半の女性の相談
  • 「本当にこの家を買うべきなのか」という住宅ローンの相談
です。

このような悩みをFPに相談した結果、
  • 支出を正確に把握できるようになり、年間で100万円近く資産運用に資金を回せるようになった
  • 老後に向けて、具体的に何に対してどれくらい足りないのかが明確になり、保険加入や投資信託を始めることで将来のお金に関する不安を解消できた
  • 変動金利や固定金利の違いすら理解できていなかった状態から、FPと一緒に住宅ローンの資金シミュレーションを行い、7,000万円の住宅を購入できた
等、お金に関する不安を解消できた方が多いようです。

マネーキャリアの無料FP相談サービスは、3000人以上の経験豊富なFPと提携しており、家計に関することから住宅ローンや保険のことなど、お金に関する様々な相談をすることができます。 

また、マネーキャリアの無料FP相談は、スマホ一つでお手軽にお金や保険に関する悩みをす解決できます。 

マネーキャリアの無料FP相談に申し込みたい方は以下のボタンから詳細をチェックしてみてくださいね。相談は何回でも無料です。

マネーキャリアで無料相談する

【まとめ】FP相談の持ち物・準備・当日の流れについて

今回はFP相談の持ち物・準備・当日の流れについて紹介しました。


FP相談で必要な持ち物は、相談内容によって異なります


ぜひこの記事を参考に準備してみてください。


また次のようなことをしておくと、スムーズに相談を進めることができます。

  • 現在の資産・収支状況の把握
  • 目標の設定
  • 質問することを決めておく
  • 相談内容に関する単語や制度について簡単に予習しておく
  • 質問票の記入を済ませておく(事前に配布された人のみ)

FP相談の当日の流れは次の通りです。

  1. 相談者の目標の確認
  2. 現状の把握
  3. 現状の分析・評価
  4. 初回のライフプランを作成
  5. ライフプランの実行・改善
FP相談は、持ち物や事前準備は必須ではありません。

しかし、準備すればするほど限られた時間の中で充実した相談ができます

できる範囲で準備して、充実した相談を行ってくださいね。

マネーキャリアで無料相談する

マネーキャリアでは、無料・有料別のFP相談サービスランキングを「おすすめのFP相談サービスを比較!ランキングで20社以上を掲載!」で紹介しています!そちらもあわせてご確認ください!

おすすめFP相談のサムネイル画像

おすすめのFP相談6社を比較!専門家によるおすすめの選び方も解説!