FP(ファイナンシャルプランナー)相談の注意点17個!FP相談は危険?のサムネイル画像
▼この記事を読んでほしい人
  • FP(ファイナンシャルプランナー)相談しようか迷っている人
  • FP(ファイナンシャルプランナー)相談は危険なのではないかと心配している人
  • FP(ファイナンシャルプランナー)相談の際に注意すべきことは何か知りたい人
▼この記事を読んでわかること
  • FP(ファイナンシャルプランナー)相談は危険ではないということ
  • FP(ファイナンシャルプランナー)相談の際の注意点
  • おすすめのFP(ファイナンシャルプランナー)相談サービス
お金に関する悩みならまずはマネーキャリアの無料相談を気軽に利用してみてください!
無料FP相談の詳細はコチラ

内容をまとめると

  • FP(ファイナンシャルプランナー)相談に危険性は全くないと言ってよい
  • とはいえFP(ファイナンシャルプランナー)相談の際に注意しておくべきコトはある
  • 良いFPと悪いFPの見抜き方がある
  • FP(ファイナンシャルプランナー)にはライフプランや保険に関することを相談できる
  • 強引な営業や勧誘がなく、FPの質が高い無料FP(ファイナンシャルプランナー)相談サービスはマネーキャリア
  • どんなに些細なことでもお金にに関する質問があるなら、いますぐマネーキャリアを利用するのがおすすめ! 
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!
  • 相談場所も47都道府県・オンライン対応可能! 
  • マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して利用できる!

「FP(ファイナンシャルプランナー)への相談は危険?」「FP(ファイナンシャルプランナー)に相談するときの注意点は?」こんな疑問を持つ方は多いです。本記事では、FP(ファイナンシャルプランナー)への相談が危険ではない理由や、FP相談の際の注意点を解説しました。

この記事の目次

目次を閉じる

FP(ファイナンシャルプランナー)に相談する際の注意点は?FP相談は危険なの?

こんにちは、マネーキャリア編集部です。


日本FP協会が行った調査で現在・将来の収入・支出に対する不安を抱いている人が全体の50%以上となっていることがわかります。



そんなお金の不安を解消するためには専門家に相談・改善提案をしてもらうことが良いとされています。


お金の専門家にはFP(ファイナンシャルプランナー)がおり、家計・税務・相続等のお金に関する相談が可能です。


そんな中、友人からこのような相談がありました。

FPに相談する時にはどんなことに注意がいるの?
FPから強引な勧誘を受けたりしないの?

このようにお金といったデリケートな相談をする際には多くの不安を持っている方がいらっしゃいます。

また、FPにも様々なサービス・商品を販売している場合があるので、FPに相談する際には注意が必要な点があります。


この記事ではFP相談に関する次の内容を解説していきます。

  • FP相談をする際の注意点
  • 良いFP・危険なFPの見分け方
  • 独立系・企業系FPの違い

少しでも皆さんのお手伝いになれば幸いです。

FP(ファイナンシャルプランナー)への相談は危険ではない!理由を解説


FPにお金の相談をする際に「怖い危険」と考えている方が多くいらっしゃると思います。


実際にはそのようなことはなく、FP相談の仕組み・注意点を抑えておくことで良いアドバイスを行ってもらうことが可能です。


その理由を次の内容に沿って、解説していきます。

  1. FP(ファイナンシャルプランナー)への相談の仕組みを解説
  2. FP(ファイナンシャルプランナー)から特定の保険に強引に勧誘されることはほぼ無い
FP相談の仕組みを理解し、より良い相談を行えるようにしていきましょう。

➀FP(ファイナンシャルプランナー)への相談の仕組みを解説

まずは「FP(ファイナンシャルプランナー)への相談の仕組みを解説」です。


多くのFP相談は「初回無料・無料相談会」といった形で無料で行われていることが多くあります。

この場合に「どのように収益を得ているのか」と気になる方がいらっしゃると思います。


このような形で無料相談を行っているFPの多くは相談後に契約を行った保険商品を取り扱っている保険会社から報酬を得ています。


この関係では

  • 保険会社は顧客
  • FPは報酬
  • 相談者は無料相談
を得ることができるのでお互いにメリットがある形となっています。

このようにFP相談の仕組みを知ることでお互いの関係性が理解できます。
FP相談に行く際にはこの仕組みを理解した上で行いましょう。

②FP(ファイナンシャルプランナー)から特定の保険に強引に勧誘されることはほぼ無い

FP相談を行った際には「投資・保険加入を強引に勧誘されるかも」と思われるかもしれませんが、基本的に強引に勧誘を受けることはありません。


その理由としては

  • 強引に勧誘して加入した商品が一定期間内に解約されると報酬を得られない
  • 自身の口コミが悪くなることで顧客を得られなくなるリスクがある
  • 強引な勧誘を行った場合に保険会社から注意を受ける可能性がある
このように強引な勧誘を行って金融商品・保険を販売することはFPにとって大きなデメリットがあります。

基本的にはいませんが、強引な勧誘をするFPが一定数存在します。
そういった場合には「保険会社へ相談相談を取りやめる」といった対応が必要となります。

FP(ファイナンシャルプランナー)への相談ならマネーキャリアがおすすめな理由

FP(ファイナンシャルプランナー)への相談なら、マネーキャリアの無料FP相談サービスを利用することをオススメします。


マネーキャリアなら、3,000名のFPと提携しており、FPの質が非常に高いため、強引な勧誘が行われることはまずありません。


相談料は何回でも無料なので、ご自身が納得いくまでな解でも無料で相談することができます。


また、マネーキャリアなら、ZOOMなどを用いたオンラインでの相談が可能ですので、47都道府県どの地域にも対応しています。


顧客満足度93%の高水準を誇るマネーキャリアの無料FP相談サービスが気になる場合は下記のボタンから詳細を確認しましょう。

マネーキャリアの無料FP相談の詳細はコチラ
おすすめ無料FP相談サービスのサムネイル画像

無料FP相談おすすめランキング!口コミ・選び方も解説【比較表つき】

FP(ファイナンシャルプランナー)に相談する際の注意点17個


先ほどはFP相談の仕組みについて解説しましたが、こちらでは具体的な注意点を解説していきます。


FP相談を行う際には相談相手となるFPの選定・相談方法には多くの注意点があります。

FP相談の注意点について、次の項目に沿って紹介していきます。

  1. 元銀銀行員のFPへの相談はやめよう
  2. 主婦の延長のような専門性の低いFPへの相談はやめよう
  3. FPへの相談が有料なのか無料なのか
  4. FPへの相談は初回のみ無料の場合もある
  5. FPの得意な分野
  6. FPが掲げるミッション
  7. そのFPは特定の金融商品を売ってないか
  8. FPの資格の種類
  9. FPによっておススメの保険は異なる
  10. FPによって相談から契約までの速さが違う
  11. そのFPどんな人脈があるか
  12. やたらに今の保険を解約するよう勧めてくるFPには注意
  13. テーマを具体的に決めてから相談しに行く
  14. 納得できない商品は契約しないと決めておく
  15. 勧誘を断るのが苦手な場合は誰かに同席してもらう
  16. 答えではなくどう考えればいいのかを教えてもらう
  17. 複数のFP(ファイナンシャルプランナー)に相談してみるのが大切
このようにFP相談を行う際には多くの注意点があります。
こちらでは1点1点わかりやすく解説していきます。

➀元銀行員のFP(ファイナンシャルプランナー)への相談はやめよう

まずは「元銀銀行員のFP(ファイナンシャルプランナー)への相談はやめよう」です。


FPの中には元々金融機関に勤めていた元銀行員FPがいます。

元銀行員FPは銀行員としての経験を生かして活動を行い、金融商品金融投資商品に精通している点が最大の強みです。


ですが、一般的な家計の相談・保険見直しといった庶民の目線で活動していた経験に乏しく、より良いアドバイスを受けることが難しくなっている場合が多くあります。

FP相談の相手を探す際には顧客の目線に立って、アドバイスができるFPを選んでいきましょう。

②主婦の延長のような専門性の低いFP(ファイナンシャルプランナー)への相談はやめよう


次は主婦の延長のような専門性の低いFP(ファイナンシャルプランナー)への相談はやめよう」です。


FP相談を行う際には多くの専門知識が必要となり、専門性の低いFPは相談相手として適していません。


FPの中には主婦などが趣味の延長線上でFP相談行っている場合があります。

そのようなFPに相談を行った場合には「話を聞いてもらえても改善点の提示がもらえない」といったケースがあります。


FP相談の本質は相談することではなく、改善点の模索・不安の払拭となります。

FP相談を行う際には事前に相手のFPの専門性をHP等で調査し選んでいきましょう。

③FP(ファイナンシャルプランナー)への相談が有料なのか無料なのか

次は「FP(ファイナンシャルプランナー)への相談が有料なのか無料なのか」です。


FP相談を行う際には相談に対する料金制を理解する必要があります。

冒頭では無料相談を行っているFPを紹介しましたが、有料相談を行っているケースも多くあります。


大まかにFP相談の料金制を挙げると次のようになります。

  • 無料相談(保険商品・金融商品販売)
  • 1時間〇〇万円といった時間制
  • 1ヶ月〇〇万円といった顧問制
このように相談するFPによって価格帯・契約方法が異なりますので注意が必要です。

相談前にHP等でどのような料金制があるか事前に調べてから相談を行いましょう。

④FP(ファイナンシャルプランナー)への相談は初回のみ無料の場合もある


次は「FP(ファイナンシャルプランナー)への相談は初回のみ無料の場合もある」です。


保険・金融商品を販売しないFPの場合であっても顧客獲得のために初回無料サービスを行っているFPがいます。

この場合、無料相談で簡単な家計把握を行い、2回目以降に具体的なキャッシュフロー・改善提案を行うケースが多くなります。

この2回目の相談を行う際には契約を要し、費用がかかります。


この際に「相談は無料なんだ」と勘違いをしてしまう方もいらっしゃるので注意が必要です。

事前にHP等で相談料金・内容について確認することをオススメします。

⑤FP(ファイナンシャルプランナー)の得意な分野

次は「FP(ファイナンシャルプランナー)の得意な分野」です。


FP相談を行う際の相談内容は人によって様々な内容・状況があります。

相談内容によって、FPが専門分野としていない場合に対応できない場合も多くあります。


FPの専門分野を大きく分けると次のようになります。

  • ライフプランニング
  • リスク管理(保険)
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • 不動産
  • 相続・事業継承
このようにFPの専門分野には様々な内容があり、全てのFPが対応している訳ではありません。

事前にHPで自身が相談したい内容に対応しているか・相談実績があるかといったことを調べた上で相談することをオススメします。

マネーキャリアの無料FP相談サービスでは、お金に関することならあらゆることに精通した3,000名のFP(ファイナンシャルプランナー)と提携を組んでいます。

お金に関すること、保険に関することならなんでも無料で相談できるので、気になった方は以下のボタンから詳細を確認してみましょう。

マネーキャリアの無料FP相談の詳細はコチラ

⑥FP(ファイナンシャルプランナー)が掲げるミッション


次は「FP(ファイナンシャルプランナー)が掲げるミッション」です。


相談相手となるFPも人間ですので、相談に対して次のように様々な想いがあります。

  • 相談者の固定費を減らし、家計を良くしたい
  • 保険を通じで安心な生活を送ってほしい
  • 投資を行って、より豊かな生活を送ってほしい
こういった想いはFPのミッション(使命感)として、HP等に掲載されているケースが多くあります。

自身の意思に近いFPを選び相談することでより多くの満足感を得ることができます。
FP相談を行う際には事前にFPが掲げているミッションを確認してみましょう。

⑦そのFP(ファイナンシャルプランナー)は特定の金融商品を売ってないか

次は「そのFP(ファイナンシャルプランナー)は特定の金融商品を売ってないか」です。


冒頭でも解説した通り、無料相談を行っているFPの多くは保険・金融商品を販売した際の仲介料で収益を得ているケースがほとんどです。


ここで注意が必要な点は幅広い商品ではなく、特定の金融商品のみを販売しているケースがあります。

特定の金融商品を販売している場合は偏ったアドバイス商品を購入させるためのアドバイスが行われる場合があります。


そのような場合には本当に相談したい内容のアドバイスを得ることができません。

FPに相談する際には口コミ・HPを確認してから行いましょう。

⑧FP(ファイナンシャルプランナー)の資格の種類


次は「FP(ファイナンシャルプランナー)の資格の種類」です。


FPは士業と異なり相談を受ける際には特別な資格は必要とされません。

ですが、そういった状況ではFPとしての技量を測ることができず、どのFPに相談すれば良いかわかりません。


こういった状況を引き起こさないようにFPには次の資格があります。

  • FP技能士(国家資格)
  • AFP(民間資格)
  • CFP(民間資格)
FP技能士は1級〜3級まであり、各資格の難易度は次の通りとなっています。

難易度国家資格民間資格
3級技能士なし
★★2級技能士AFP
★★★1級技能士CFP
★が増えるほど難易度が上がり、FPが持っている専門的な知識レベルが上がります。

FP相談を行う際には事前にFPが取得している資格を調べることでどの程度の知識を有しているかわかります。
ですが、資格を持っている・持っていないに関わらず、実務経験によって得た知識を測ることができませんので注意が必要です。

⑨FP(ファイナンシャルプランナー)によっておススメの保険は異なる

次は「FP(ファイナンシャルプランナー)によっておススメの保険は異なる」です。


どのFPに相談してもアドバイス・提案が変わらないという勘違いをしている方もいらっしゃると思いますが、そんなことはありません。


その理由には次のことが挙げられます。

  • FPの知識不足
  • 仲介契約を行っている会社が異なる
このようにFPによってアドバイス内容が大きく異なります。

FP相談を行う際には1人のアドバイス・提案を鵜呑みせず、複数人のFPに相談することが重要となります。
最終的な決定・判断は自身がすることとなるので、より多くのFPと話し、多くの情報を手に入れましょう。

⑩FP(ファイナンシャルプランナー)によって相談から契約までの速さが違う


次は「FP(ファイナンシャルプランナー)によって相談から契約までの速さが違う」です。


FP相談を行う際には相談相手のFPによって相談〜資産〜契約へのスピードが大きく異なります。

これはFPの所属・性格によって様々であり、自身に合ったFPを見つける必要があります。


具体的な例を挙げると次の通りです。

  • 相談時の熱量を継続することが難しい方は多くの保険会社と提携しているFP
  • 慎重に少しずつ検討を行っていきたい方は個人で行っている独立系FP
FPの所属によってもスピード感を大きく異なりますので、事前に調べてから相談しましょう。

⑪そのFP(ファイナンシャルプランナー)どんな人脈があるか

次は「そのFP(ファイナンシャルプランナー)どんな人脈があるか」です。


先ほど、FPの専門分野を理解した上で相談をする必要があると述べましたが、FPには相談・アドバイスができない内容があります。


具体的な例を挙げると

  • 法律判断に基づくアドバイス・提案
  • 確定申告書の作成、税務アドバイス
  • 顧客の資産運用、個別金融商品の提案
  • 保険商品の販売・勧誘
  • 公的年金に関する手続きの代行
等があります。

FPは士業に関するアドバイス・相談に乗ることができないので、相談内容によっては専門家を紹介する必要があります。
こういった場合、FPには多くの人脈が必要となり、より多くの専門家と連絡を取る必要があります。

こういった人脈はHPに提携先として掲載されているケースがあります。
専門性が高い相談を行う際には事前にHPで調べた上で相談しましょう。

⑫やたらに今の保険を解約するよう勧めてくるFP(ファイナンシャルプランナー)には注意


次は「やたらに今の保険を解約するよう勧めてくるFP(ファイナンシャルプランナー)には注意」です。


多くのFPが保険会社からの紹介料を収益としているため、より多くの保険契約を取る必要があります。

その際には、相談者が加入している保険を無理に解約させ、自身の保険に乗り換えるように勧めてくるケースがあります。


保険を解約・再加入する際には、今より割安保証が充実した保険に入ることが条件となりますが、保証・料金が同程度の保険の再加入を勧められた場合は要注意です。

そのような状況ではFPが顧客のことを考えずに提案しているケースがあります。


FP相談で加入している保険解約を勧めてくる場合には注意が必要です。


マネーキャリアのFP相談サービスは、無理な勧誘や営業を全く行っていないことで評判です。


実際に以下のような、無理な押し付けなどはなかったという口コミもあります。


このように、マネーキャリアのFP相談サービスでは、無理な勧誘などがないため、安心して相談することができます。


マネーキャリアのFP相談サービスが気になった方は、まずは以下のボタンから詳細を確認してみましょう。


マネーキャリアの無料FP相談の詳細はコチラ

⑬テーマを具体的に決めてから相談しに行く

次は「テーマを具体的に決めてから相談しに行く」です。


FPに相談する際には家計・保険・投資などの様々な内容があります。

相談に行く際に

  • 将来に漠然な不安がある
  • お金を増やしたい
といった抽象的な相談内容であった場合、良いアドバイスを受けることが難しくなってしまいます。

それはFPの得意分野と相談内容のミスマッチが起きてしまう可能性があるためです。
事前に相談内容を具体的にし、FPに伝えておくことで相談内容に特化したFPが担当してくれたり、事前リサーチが可能となります。

より良い相談を行うために事前に相談内容を具体的に決めておきましょう。

⑭納得できない商品は契約しないと決めておく


次は「納得できない商品は契約しないと決めておく」です。


無料のFP相談を行った際には保険・金融商品の勧誘を受けることが多くなります。

こういった商品には必ず納得した上で契約することが大切です。


FP相談をしていく内に流されていき契約してしまうことがありますので、事前に「納得できない商品には絶対に契約しない」と心に決めておくことが大切です。

⑮勧誘を断るのが苦手な場合は誰かに同席してもらう

次は「勧誘を断るのが苦手な場合は誰かに同席してもらう」です。

FP相談を行った際には親身にアドバイスをくれ、自身のことを想ってくれていると思うと断り辛くなってしまいます。

断り辛いからといって納得のいかない商品を契約してしまうとトラブルとなることが多くあります。

こういった状況で勧誘を断ることが苦手と感じる方は家族等に同伴してもらうことがオススメです。

⑯答えではなくどう考えればいいのかを教えてもらう


次は「答えではなくどう考えればいいのかを教えてもらう」です。


FP相談の際には「どう考えれば良い」ではなく「どのようにする」という風に答えのみ説明されるケースがあります。

FPとしては全てを教えずに都度相談に来てもらう方が収益に繋がりますが、相談者のためにはなりません。


親切なFPの場合には提案した理由・改善点を詳しく説明してくれるケースがあります。

こういったFPを選ぶことでより良い相談・家計改善を行うことが可能です。


FPを選ぶ際には相談者に状況・タイミングごとの判断方法・材料を説明してくれる人を見つけることがオススメです。

⑰複数のFP(ファイナンシャルプランナー)に相談してみるのが大切

次は「複数のFP(ファイナンシャルプランナー)に相談してみるのが大切」です。


FPには専門分野・人脈などの違いがあり、相談内容が同じであっても受けることができるアドバイスの質が異なります。

これは知識・経験・ネットワークの差となりますので、仕方がありません。


より良いFPを選ぶ際には複数のFPに相談を行い、各々の得意・不得意を理解する必要があります。


とはいえ、

どのFP相談サービスを利用すればいいのかわからない。

という方も多いでしょう。


結論から言うと、そのような方はマネーキャリアの無料FP相談サービスを利用することをおすすめします。


マネーキャリアは、3,000名のFPと提携しているため、FP(ファイナンシャルプランナー)の質が非常に高い無料相談サービスです。 


マネーキャリアのサービスでは、スマホ一つで保険の悩みやお金に関する悩みをすべて解決できます。 


相談の予約はすべてLINE上で完結し、相談もZOOMなどを用いたオンラインの相談が可能だからです(もちろん対面も可能)。 


相談料は何回でも無料で顧客満足度93%の高水準を誇るマネーキャリアの無料FP相談サービスが気になる場合は下記のボタンから詳細を確認しましょう。

マネーキャリアの無料FP相談の詳細はコチラ

良いFPと危険なFPの見抜き方を解説!


FP相談を行う際には相談相手となるFPの知識・人柄が特に大切となります。


FP相談をする際には次のことに気をつけて行う必要があります。

  1. FPとして大切にしていることは何か聞く
  2. 特定の保険だけを勧めてくるかどうか
  3. 質問への回答がスムーズかどうか
  4. 説明が断定的かどうか
こちらでは一つ一つ詳しく解説していきます。

➀FP(ファイナンシャルプランナー)として大切にしていることは何か聞く

まずは「FP(ファイナンシャルプランナー)として大切にしていることは何か聞く」です。


FPには相談を行う上で大切にしている点があることがあります。


一般的な家計改善を行う際にも次のような方法があります。

  • 保険の見直し
  • 住宅ローンの借り換え
  • 光熱費・通信費の見直し
同じ家計改善であっても様々な方法があります。

相談の際にどの方法を説明・提案を行う際にもFPの想いがあります。

FP相談の際にFPが大切にしていることを聞くことで、FPの価値観が自身の価値観に合うか確認することが可能です。


相談の際にはFPが大切にしていること・想いを確認してみましょう。

②特定の保険だけを勧めてくるかどうか

次は「特定の保険だけを勧めてくるかどうか」です。


FP相談を行った際には「特定の保険」を勧めてくるケースがあります。

このようなケースでは保険会社から支払われる報酬が目当てとなっており、本来の目的である保険の最適化見直しが行えない場合があります。


相談時にしつこく同じ商品を勧誘してくる場合には注意が必要です。

③質問への回答がスムーズかどうか

次は「質問への回答がスムーズかどうか」です。


FP相談を行う際には相談が長期間に及ぶ場合もあり、長期間となった場合には相談への熱量を維持することが困難となります。

相談が長期間に渡る理由としては

  • お互いの予定が合わない
  • 回答・提案等のレスポンスが遅い
  • FPの経験・知識不足
等が挙げられます。

相談を行っている際に行った質問回答がスムーズに行われていれば問題ありませんが、少しでも「遅い」と感じた場合には注意しましょう。

④説明が断定的かどうか

次は「説明が断定的かどうか」です。


FP相談を行った際の回答として曖昧な回答・自信がない回答が返ってくるケースがあります。

そういった場合には謝ったアドバイスを受けている場合もあり、相談者の心理として不安が残ります。

不安を残したままでは相談をした意義がありませんので、相談を行う際には断定的に回答を行ってくれるFPを選びましょう。

参考:強引な保険の勧誘にあいやすい人の特徴

本記事でも述べたとおり相談者のことを考えずに強引な勧誘をするFPが存在します。


そんなFPの標的となりやすい人は次の特徴があります。

  • 70歳以上の高齢者
  • 社会経験が少ない新卒
  • 金融リテラシーが低い若者
このように標的となりやすい特徴には多くの人が当てはまります。

契約者自身が気を付けることが必要となりますが、親族・友人に同席してもらうことで未然に防ぐことができます。
強引な勧誘・提案を受け、不安に思った際には一度相談を辞め、身近な人に相談してみましょう。

独立系と企業系FP(ファイナンシャルプランナー)の違いを解説!


保険相談を行う際の相談相手となるFPには次の2種類存在します。

  • 独立系FP
  • 企業系FP

独立系FPは企業に属さず、独立してFP活動をしているFPです。
企業系FPは保険会社・金融機関に属し、企業としてFP活動をしているFPです。

この2種類のFPは性質が異なり、相談成果に大きな違いがあります。
こちらでは各々に相談した際のメリット・デメリットについて解説していきます。

➀独立系FP(ファイナンシャルプランナー)に相談するメリット・デメリット


まずは「独立系FP(ファイナンシャルプランナー)に相談」した場合です。


メリット

  • 特定の商品販売に偏った提案ではなく中立的なアドバイスを受けることが可能
  • 保険以外のライフプランに応じた相談・アドバイスが可能
  • 担当者の入れ替わりがなく、長い付き合いが可能
  • 人脈が広く、他の専門家への橋渡しをしてくれる

デメリット

  • 相談を行う際に報酬が必要となるケースが多い
  • 保険会社に属さずに代理店契約をしている場合は強引な勧誘をしてくることがある

このように独立系FPは中立的な立場で相談・アドバイスを行ってくれることが最大のメリットといえます。
ですが、保険会社から報酬を得ていない場合は無料相談ではなく、相談料として報酬を支払う必要があります。

「お金をかけても中立的な意見を聞きたい」といった方にオススメです。

②企業系のFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するメリット・デメリット


次は「企業系FP(ファイナンシャルプランナー)に相談」した場合です。


メリット

  • 自社商品に対する理解が深い
  • 保険に契約する際には即座に契約が可能
  • 無料相談を行っているケースが多い

デメリット

  • 自社商品のみの紹介・提案となり、同業他社と比較できない
  • 担当者の入れ替わりが激しく、長い付き合いができない
  • 偏ったアドバイスとなり、本当に必要な対応・契約ができない

このように特定の保険・金融商品を契約することを決めている場合にはオススメできます。
ですが、総合的なアドバイス・相談を行う際には良いアドバイスが得られない可能性があります。

「お金をかけたくない」「無料で相談したい」といった方にはオススメです。

FP(ファイナンシャルプランナー)への相談の際の有料と無料の違い


FP相談には無料有料の場合があります。


一般的な理解としては「有料の方が品質がよく、無料が劣っている」というイメージがあるかと思います。

FP相談に関しては基本的にそのようなことはありません。


では、どうして無料なのかと気になる方がいらっしゃると思います。

こちらでは次の流れに沿って解説していきます。

  1. FPに無料で相談できる理由
  2. 無料FP相談のメリット
  3. 無料FP相談のデメリット
  4. 無料FP相談でも強引な勧誘が少ない理由

①FP(ファイナンシャルプランナー)に無料で相談できる理由

まずは「FP(ファイナンシャルプランナー)に無料で相談できる理由」です。


無料でFP相談に応じているFPは保険販売員の資格を有している場合が多くなります。

保険販売員とは保険商品を販売するために取得する必要がある資格です。


保険販売員を有していることで保険会社の代理店として保険商品の販売が可能となります。

その結果、販売手数料として報酬を得ることが可能となり、無料相談を行うことができます。

②無料FP(ファイナンシャルプランナー)相談のメリット

次は「無料FP(ファイナンシャルプランナー)相談のメリット」です。


無料相談に応じているFPに相談することは次のように様々なメリットがあります。

  • 無料で専門知識豊富なFPに相談が可能
  • 納得がいくまで複数回相談を行うことが可能
  • ライフイベントがあった場合に気軽に相談ができる
このように無料で相談ができることが最大のメリットといえます。

お金に困り、家計・保険見直しを行いたい際には一度足を運ぶことをオススメします。

③無料FP(ファイナンシャルプランナー)相談のデメリット

次は「無料FP(ファイナンシャルプランナー)相談のデメリット」です。


無料相談には注意するべき点もあり、次のようなデメリットがあります。

  • 担当するFPに知識・実力にバラつきがある
  • 保険会社とのノルマ達成のため、本当は不必要な保険加入を勧められることがある
  • 代理店契約を結んでいる保険商品に偏る場合があるので、必要な見直しができない
このように無料相談には特有のデメリットがあります。
保険相談を行う際には無料相談の仕組みを理解した上で行う必要があります。

無料相談を受ける際には1人のみではなく複数人のFPに相談を行い、比較を行った上で契約を行いましょう。

④無料FP(ファイナンシャルプランナー)相談でも強引な勧誘が少ない理由

次は「無料FP(ファイナンシャルプランナー)相談でも強引な勧誘が少ない理由」です。


無料FP相談に行く際に「強引な勧誘を受けたらどうしよう」と悩まれている方もいらっしゃると思います。

実際にはそのようなケースは少なくなっています。


その理由としては

  • 大手窓口は顧客の満足度を調査しており、強引な勧誘を規制していることがある
  • 強引な勧誘をして勧誘した保険をすぐに解約されるとペナルティがある
等があります。

無料相談の際に強引な勧誘を行うことはFPにとってリスクが伴います。
なので、基本的に強引な勧誘が行われることはありません。

とはいえ、

有料と無料の違いは分かった。とりあえず無料でFP相談してみたいけどどのFP相談サービスを利用すればいいの?

このように感じた方も多いでしょう。


そのような方はマネーキャリアの無料FP相談サービスを利用することをオススメします。


マネーキャリアは、3,000名のFPと提携しているため、相談の質が圧倒的に高いサービスだからです。


相談料は何回でも無料のため、納得がいくまで複数回相談を行うことが可能です。


また、オンラインでの相談にも対応しているため、気軽にお金に関する相談をすることができます。


家計のことから資産運用のことまで、お金に関することならどんな些細な内容でも相談できます。


顧客満足度93%の高水準を誇るマネーキャリアの無料FP相談サービスが気になる場合は下記のボタンから詳細を確認しましょう。

マネーキャリアの無料FP相談の詳細はコチラ

FP(ファイナンシャルプランナー)へに相談できること


FP相談を行う際には「何を相談したらいいの?」と疑問に思われることがあると思います。


人生を送っていく中には様々なライフイベントがあり、多くのお金が必要となり、お金の不安が発生します。

FP相談ではそういったお金の不安を払拭したり・和らげることを目的としています。


こちらでは次の流れに沿って、FP相談の方法を解説していきます。

  1. ライフプランに関する相談
  2. 住宅購入の相談
  3. 保険の加入・見直しについての相談

➀ライフプランに関する相談

まずは「ライフプランに関する相談」です。


ライフプランを直訳すると「人生計画」となり、ライフイベントからお金が必要となるタイミング・金額から将来の計画することをいいます。


主にライフプランは

  • 子供の出産・教育費
  • 住宅・車の購入
  • 定年退職・老後資金
等の大きな支出に対して行われます。

ライフプランを行う際には実際にかかるお金・これから得る収入に関して試算をする必要があります。

その際にお金の専門家であるFPが具体的な試算・アドバイスを行います。
FPに相談することで公的支援金・税金等を交えながら将来のプランニングを行うことが可能となります。

漠然と将来に不安がある場合には一度FPに相談してみることをオススメします。

②住宅購入の相談

次は「住宅購入の相談」です。


一般的な家庭の場合、住宅購入が人生最大の買い物となるケースが多くなります。

この住宅購入を誤ると今後の人生に大きな悪影響を与えてしまいます。


住宅メーカーや金融機関は「より高い金額で、より収益がある物件」を提案してくることが多くあります。

購入した直後は良くても、出産・定年退職といったイベントがあった際に家計が破綻してしまう可能性があります。


そんな悲劇を防ぐためには自身の収入・ライフプランに合った住宅を購入する必要があります。

FPに相談することで住宅購入に対する客観的な意見を聞くことができるので、住宅購入に不安がある場合はFP相談することをオススメします。

③保険の加入・見直しについての相談

次は「保険の加入・見直しについての相談」です。


保険は「安心を買う商品」であるため将来に不安がある場合には不必要な保険に加入しているケースが多くあります。

自身で見直す際には不安が大きく、なかなか保険を解約することができません。


そんな時はFPに相談することをオススメします。

FPに相談することで今後のライフプラン・家族の死亡時のシミュレーションを行い、必要な保障額を試算することが可能です。


こういった相談をすることで不安を払拭した形で保険見直し・加入が可能となります。

おすすめのFP(ファイナンシャルプランナー)相談サービス3選

ここまでFP相談について解説してきましたが「実際にどのサービスを利用すれば良いかわからない」といった方もいらっしゃると思います。


こちらでは筆者がオススメするFP相談サービスを紹介します。

  1. マネーキャリア
  2. ほけん見直しラボ
  3. マネーフォワードのお金の相談

FP相談には様々な会社・サービスがあり、選定に悩まれる方も多くいると思います。
こちらを参考にして頂ければ幸いです。

➀マネーキャリア

まずは筆者が1番オススメさせて頂くのは「マネーキャリア」です。 


マネーキャリアの魅力的なポイントは 

  • 累計相談実績12,000件の豊富なFPが在籍 
  • 納得がいくまで何度でも無料相談が可能 
  • お金のことならば何でも相談可能 
  • オンラインで47都道府県どこでも相談可能

です。 取扱う保険会社40社以上にのぼり、顧客満足度は93%と高い評価を得ています。 


現在は相談予約をした人に「ライフプランの教科書」をプレゼントしており、徹底的に顧客目線で活動しています。


FP相談をしようと考えている方は是非、マネーキャリアをご利用ください。

マネーキャリアの無料FP相談の詳細はコチラ

②ほけん見直しラボ


次は「ほけん見直しラボ」について紹介します。


ほけん見直しラボのオススメポイントは

  • 全国70拠点あり、指定場所に訪問してくれる
  • イエローカード制度があり、顧客の立場に立って相談をしている
  • 何度でも相談を行うことが可能
です。

他の保険相談と大きく異なる点はイエローカード制度がある点です。
相談者とFPも人と人なので合う合わないがあります。
そういった場合に連絡するとクレーマーであるように感じてしまい、なかなか連絡ができないといった方が多いと思います。
ほけん見直しラボでは、イエローカード制度があるので担当変更等の申し出を気にすることなく行えます。

対面で自宅等で行いたいといった方にはオススメです。

③マネーフォワードのお金の相談

次は「マネーフォワードのお金の相談」について紹介します。


マネーフォワードのお金の相談のオススメポイントは

  • 対面でもオンラインでも相談可能
  • 全国どこでの対応可能
  • 無料で何度でも相談可能
です。

マネーフォワードのお金の相談が他の保険相談と異なる点はマネーフォワードが運営しているマネーフォワードMEを利用することでよりスムーズに家計相談を行える点です。

マネーフォワードのお金の相談では平均2.1万円の家計改善が行われており、家計改善に注力していることがわかります。

保険と一緒に家計改善をしたいといった方にオススメです。

FP(ファイナンシャルプランナー)へのよくある質問の例を紹介!


FPにどのようなことを相談すれば良いかとお悩みの方もいらっしゃると思います。


こちらでは次のよくある質問・相談事例を挙げて実際の回答例を紹介していきます。


相談内容

  • 子供が産まれ、支出が増えたことによって貯蓄が減っている
  • 教育資金を準備が不安、住宅ローンの返済計画を見直したい
このケースをFPに相談するとこういった回答を得ることができます。
  • 健康保険を活用例を聞き、加入し過ぎていた医療保険を解約、固定費の削減成功
  • 住宅ローン減税を交えた繰上げ返済シミュレーションを行い、返済計画を立て直した
  • 具体的な教育資金の金額を聞き、準備資金への不安が和らいだ

このように実際にFPに相談すること具体的なシミュレーションを行うことが可能となります。
お金に対する不安がある場合は積極的にFPに相談しましょう。

FP(ファイナンシャルプランナー)に相談した人の良い口コミを紹介

30代男性


強引な勧誘もなく、数多くの提案をしてくれた

友人から保険相談をすると強引な勧誘を受けることがあると言われ不安でした。


そんな不安の中、実際に相談してみると親身に寄り添い、具体的に提案をしてくれました。
保険の見直しだけではなく、今後の資金が必要になるタイミング・金額を具体的に説明してくれたので、お金に対する漠然とした不安が無くなりました。

最初は怖かったですが、勇気を出して相談に行って良かったです!!

20代女性


実際の補助金・節税制度を紹介してくれた

子供の出産を控えていることから保険・家計の見直しをしてもらいたくて相談に行きました。


その際には出産時の補助金・医療費控除について幅広い制度説明をしてくれました。
その結果、必要最低限の保障額がわかり、無理することなく保険の見直しをすることができました。

ライフイベントごとに補助金・税優遇制度があることを知ることができました。
今後も継続して相談に行きたいと思います。

FP(ファイナンシャルプランナー)に相談した人の悪い口コミを紹介

60代男性


相談後にしつこい電話・訪問があって困った

無料相談と聞いて、気軽に自宅訪問型のFP相談をしました。


相談時には保険・投資商品に勧誘されましたが、自身に不必要とわかっていたので断りました。
その後、何度も自宅に足を運ばれ、新しい商品を紹介されています。
強く断れない私も悪いが、相談に行ったことを後悔してます。

40代女性


FPの知識が乏しく、良い相談が出来なかった

子供が大学に入学したことから家計の見直しとしてFP相談を行いました。


ヒアリングの際にはしっかり話を聞いてくれましたが、いざ提案となった際には断定的な言い方もなく、特に良いアドバイスを得られませんでした。
無料なので苦情は言えませんが、FPの質が低い場合には時間を無駄にしているとしか思えません。

相談に行く際にはHP等で下調べしていこうと思いました。

まとめ:FP(ファイナンシャルプランナー)への相談は危険ではないが注意点はある!

FPへの相談時の注意点について解説していきましたがいかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは

  • FP相談の仕組みを理解する必要がある
  • 強引な勧誘をされることがあるので注意が必要
  • FP相談を行う前に相談したいことをまとめておくとスムーズに進む
  • 客観的な意見を聞きたい場合は独立系FPがオススメ

でした。  


「人生100年時代」といわれている現代ではお金の不安・悩むが増えています。

そんな時にお金の専門家に相談をすることで不安を取り除くことも可能となります。

最初は不安なことが多いと思いますが、勇気を出して相談をしていきましょう。

この記事で皆さんの知識を深めることが出来れば幸いです。


マネーキャリアでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。


FP相談は怪しくて危険なのではないか


という方は、まずはマネーキャリアの無料FP相談サービスを利用してみてください。


マネーキャリアは、3,000名のFPと提携しているため、FPの質が非常に高い無料FP相談サービスです。


マネーキャリアのサービスでは、スマホ一つで保険の悩みやお金に関する悩みをすべて解決できます。 


相談の予約はすべてLINE上で完結し、相談もZOOMなどを用いたオンラインの相談が可能だからです(もちろん対面も可能)。 


相談料は何回でも無料顧客満足度93%の高水準を誇るマネーキャリアの無料FP相談サービスが気になる場合は下記のボタンから詳細を確認しましょう。

マネーキャリアの無料FP相談の詳細はコチラ
記事監修者「谷川 昌平」

この記事の監修者谷川 昌平
フィナンシャルプランナー

東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。