うつ病でも生命保険は入れる?加入しやすい保険と保険金がおりるかも解説のサムネイル画像
▼この記事を読んでほしい人
  • うつ病でも生命保険に入れるか気になっている人
  • うつ病で、生命保険が支払われるか知りたい人
  • うつ病で生命保険に入る際の注意点を知りたい人

内容をまとめると

  • うつ病でも引受緩和型保険や無選択型保険は加入できる可能性が高い
  • うつ病の人は通院保障、入院保障、就業不能保障に備えると安心
  • うつ病の方におすすめの生命保険相談窓口1位はマネーキャリア
  • 告知義務違反は請求時にバレるので、うつ病を隠して保険に加入しない
  • 公的保障と民間保障をうまく活用して、医療費や生活費の負担を軽減する
  • うつ病での保険加入は注意点が多いので、ファイナンシャルプランナーに相談する

保険業界20年のベテランFPがおすすめ!

無料保険相談窓口おすすめ人気比較ランキング5選

うつ病患者の保険加入はハードルが高いのが現状です。また、うつ病で生命保険の保険金が支払われるのか気になる人もいるでしょう。この記事では、うつ病でも加入しやすい生命保険と加入する際の注意点、うつ病でも保険金がおりるのかということを中心に、すべて解説します。

この記事の目次

目次を閉じる

うつ病でも生命保険は入れる?


生命保険に加入する際、告知という手続きを行います。告知は加入者の健康状態などを保険会社に伝え、告知内容をもとに保険会社が加入を引き受けるかを審査します。


告知で保険会社へ伝える内容はこちらです。

  • 健康状態(病歴や障害の有無)
  • 身長や体重
  • 職業
  • 過去の通院歴や入院歴

心療内科や精神科の受診歴も当然告知の対象になります。うつ病などの診断がある場合、他の病気につながるリスクや、自殺のリスクが高いと判断され、生命保険加入のハードルが高くなります。


こちらの記事では、うつ病でも加入しやすい生命保険とうつ病で生命保険に加入する際の注意点、うつ病でも保険金がおりるのかということを中心にすべて解説します。

うつ病とは?

うつ病は、厚生労働省では「気分障害の一つ」と定義されています。

一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといった精神症状とともに、
  • 眠れない
  • 食欲がない
  • 疲れやすい
といった身体症状が現れ、日常生活に大きな支障が生じている場合、うつ病の可能性があります。(出典:厚生労働省|みんなのメンタルヘルス総合サイト うつ病

うつ病を患うと日常生活に支障をきたし、休職・退職せざるを得ない場合も珍しくありません。日々の生活がままならなくなるケースもみられます。

うつ病発症後でも加入できるケース

うつ病患者の生命保険加入はハードルが高いのが現状ですが、うつ病発症後でも加入できるケースがあります。


生命保険や医療保険では、一般的に被保険者の直近5年以内の通院歴・入院歴・投薬歴、現在の健康状態などを保険会社に告知する義務があります。


つまり、5年以上前にうつ病が完治し、その後は診察・治療を受けていない場合には告知義務はありません。また、5年経過していなくても、医師の診断によっては加入できる場合もあります。


保険会社によって告知の条件加入内容は変わります。後々のトラブルを防ぐためにも、申し込み時には可能な限り詳細な情報を保険会社へ伝えるようにしましょう。

生命保険の更新時にうつ病を発症していた場合

うつ病を患う前に加入した、定期的に更新をする保険の場合、更新できるか気になっている人もいると思います。


結論から言うと、うつ病だからと言って生命保険を更新できないということはありません。更新時には疾患や健康状態に関する告知は必要ないことが一般的で、新規加入時のような審査はありません。


しかし、一度解約したものに再加入する場合や、保険料未納などで保険が失効してしまった場合、復活手続きには告知が必要となります。


その際はうつ病について告知しなければいけないので、注意しましょう。

うつ病でも加入できる保険とは?


うつ病の場合、健康な人と比べて加入できる保険の選択肢は狭くなります。しかし、すべての保険に加入できないわけではありません。


こちらでは、うつ病の人でも比較的加入しやすい3種類の保険について解説します。

  • 引受基準緩和型保険
  • 無選択型保険
  • がん保険

これらの保険はうつ病の人でも加入しやすいというメリットがある一方、それぞれデメリットもあります。


すべて把握したうえで加入を検討するようにしましょう。

引受基準緩和型保険

引受基準緩和型保険は一般的な保険よりも告知条件のハードルが低い保険です。「限定告知型保険」「選択緩和型保険」と言われる場合もあります。


引受基準緩和型保険は告知項目が3~5項程度に限定された保険で、一般の保険よりも告知内容が少ないため、うつ病の人でも加入のハードルが下がります。


告知項目は保険会社や商品によって異なりますが、健康状態に関するの告知項目の例はこちらです。

  • 過去2年以内に入院・手術をしたことがある
  • 過去5年以内にがんで入院・手術をしたことがある
  • 今後3ヵ月以内に入院・手術の予定がある
  • 現時点でがん・肝硬変と医師に診断または疑いがあると指摘されている
  • 現在までに公的介護保険の要介護認定を受けたことがある

参考:公益財団法人 生命保険文化センター「健康状態に不安がある人でも、契約できる医療保険とは?」


引受基準緩和型保険では引受の基準を緩和しているため、

  • 保険料が高い
  • 特約が限られる
  • 保障の削減期間がある

等のデメリットがあります。条件や保険料をしっかり確認したうえで加入しましょう。

無選択型保険

引受基準緩和型保険への加入が難しい場合、無選択型保険を視野に入れても良いでしょう。無選択型保険は事前の告知が不要な保険です。


健康状態を告知する必要が無いので、引受基準緩和型保険よりも加入できる可能性が高まります。


しかし、大多数の人が加入できる一方、デメリットも多くあります。

  • 一般の保険に比べ加入年齢や保障内容が限られている
  • 引受基準緩和型保険よりも保険料が割高になる
  • 基本的に既往症は保障されない

これらのデメリットを踏まえたうえで、加入を検討しましょう。

がん保険

がん保険はがんの治療等を保障する保険です。そのため、告知内容はがんの既往歴(診察歴・入院歴・投薬歴)など、がんに関することに限られているので、うつ病でも告知事項に該当しなければ加入できます。


しかし、がん保険の場合、けがやがん以外の病気に対する保障はありません。


がんに備えたい場合は良いですが、生命保険や医療保険の代わりになるわけではないので、注意しましょう。

うつ病で生命保険に加入する際の注意点


うつ病で生命保険に加入する際、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。

うつ病で生命保険に加入する際の注意点はこちらです。

  • うつ病を隠して加入しない
  • 様々な保険を比較する
  • 支払い削減期間の有無を確認する

これらの点をしっかり確認して加入しないと、せっかく保険に加入したのに恩恵を受けられない可能性があるので、注意しましょう。

注意点①うつ病を隠して加入しない

うつ病で生命保険に加入する際の注意点の1つ目は、うつ病を隠して加入しないということです。


告知で事実とは異なることを伝えたり、伝えるべきことを伝えなかったりすると、保険加入できたとしても後々給付金等の請求時に発覚する可能性が高く告知義務違反に問われます。


告知義務違反と判断されると、

  • 給付金等が支払われない
  • 保険契約が解除される
  • それまでに払い込んだ保険料も返金されない場合がある

該当の保険契約について、上記のような対応となります。これでは保険に加入する意味がなくなってしまいます。


たとえ加入に不利だとしても、告知は正しく行いましょう。

注意点②様々な保険を比較する

うつ病で生命保険に加入する際の注意点の2つ目は、様々な保険を比較することです。


保険会社は告知内容を診査して、引き受けの可否を判断します。この診査基準保険会社によって異なります。


診査が厳しい保険会社もあれば、緩やかな保険会社もあります。そのため、ある保険会社では謝絶となった人でも、別の保険会社では加入できたというケースもあり得るのです。


引受基準緩和型保険や無選択型保険の商品内容や保険料割増率も保険会社によって異なるので、様々な保険を比較しましょう。


また、保険会社によっては一般の保険に条件付きで加入できる場合があります。条件付きとはこのようなケースです。

  • 保険料が割り増しになる
  • 特定の疾病を保障対象外とする

2つ目の特定の疾病を保障対象外にするというのは、例えばうつ病の場合、うつ病治療中に条件付きで加入した医療保険では、うつ病に関する治療については保障しないという条件です。


うつ病に関しては保障されませんが、他のけがや疾病については保障がされるので検討の余地はありますね。

注意点③支払い削減期間の有無を確認する

うつ病で生命保険に加入する際の注意点の3つ目は、支払い削減期間の有無を確認することです。引受基準緩和型保険や無選択型保険には、支払い削減期間を設けている商品があります。


支払い削減期間とは、

  • 加入後の一定期間、給付金や保険金が削減される期間のこと

を指します。


最近では支払い削減期間の制限を設けない引受基準緩和型保険や無選択型保険も増えてきていますが、すべてではありません。


この期間内に保険事項に該当すると、受け取れる額が少なくなるのでしっかり把握しておきましょう。

うつ病の時に役立つ生命保険の保障内容


うつ病になってしまうと、日常生活に影響を及ぼします。そんな時、生命保険が役に立つと安心ですね。

うつ病の時に役立つ生命保険の保障内容はこちらの3つです。

  • 通院保障
  • 入院保障
  • 就業不能保障

もし、すでに加入している保険にこちらの保障があれば安心ですね。その場合は、うつ病での通院や入院、就業不能でも保障の対象かどうかを確認しましょう。

保障内容①通院保障

軽度のうつ症状の場合、通院による投薬やカウンセリング治療が主になります。また、退院後に通院をする場合もあるので、通院保障がついていると安心です。


医療保険の通院保障には、入院前後の通院しか保障しないものが多いので注意が必要です。


また、退院後の通院保障を日数に関係なく一時金で支払う保険もあります。給付金の支払い方や、退院後何日まで通院保障が適用されるのかなど、細かい要件もチェックしましょう。

保障内容②入院保障

最近では入院日数が短くなっていることから、医療保険で保障される入院限度日数も、60日や30日など短いものが主流となっています。


しかし、うつ病の入院治療は、長期にわたる傾向があります。


厚生労働省が行った「平成29年患者調査」では、うつが原因の平均在院日数(調査日時点で入院していた日数の平均)は「113.9日」とされています。


そのため、うつ病の入院では入院期間が限度日数を上回ってしまうケースが多く見られます。


うつ病を意識した保険選びでは、入院の限度日数が120日や180日など、長いものを選ぶと安心です。

保障内容③就業不能保障

就業不能保険は、病気などで働けない(就業不能状態)時に収入減に対して保障する保険です。


基本的に、中程度から重度のうつ症状を発症すると、就業不能状態と判断されます。この状態だと仕事をするのが難しいので、就業不能保険があると安心ですね。


しかし、精神疾患による就業不能は対象外としている保険もあります。また、どの程度の病状で就業不能状態と判断するかは保険会社によってことなるので、保険選びの際は就業不能状態の定義に着目しましょう。

うつ病の方におすすめの生命保険相談窓口3選


うつ病で保険加入を考えている場合、様々な保険会社や保険商品を比較検討することをおすすめします。しかし、自分一人で資料を取り寄せて検討するのはとても大変です。

保険相談窓口を利用すれば、数多くの保険会社・保険商品の情報に詳しいファイナンシャルプランナーに相談できるので、スムーズに手続きを進めることができます。

こちらでは、おすすめの生命保険相談窓口を3つ紹介します。
  1. マネーキャリア
  2. 保険見直し本舗
  3. 保険見直しラボ

どの窓口も保険のプロが相談に乗ってくれます。少しでも良い条件の保険に加入できるよう、しっかり相談しましょう。

おすすめ1位:マネーキャリア

▼マネーキャリアの特徴

  • 保険相談満足度93%以上
  • 保険相談件数12,000件以上
  • 取扱保険会社数40社以上※業界トップクラス
  • 3,000人以上の優秀なFPが在籍

マネーキャリアFP相談に1番おすすめのFP相談窓口です。


マネーキャリアの無料FP相談は信頼性が高く、リピーターが多いため相談者が満足する相談サービスを提供している点が評価ポイントです。


家族や身近な人に経済的負担をかけたくない人に、マネーキャリアの無料相談をおすすめします。

おすすめ2位:保険見直し本舗

▼保険見直し本舗の特徴

  • 無料相談限定キャンペーンあり
  • 40社以上の保険会社と提携
  • プランの見直しからアフターフォローまで充実

保険見直し本舗は、保険を中心としたライフプラン設計の相談に1番おすすめの相談窓口です。


保険見直し本舗は、FP相談として保険分野に強い窓口なので保険の加入や見直しが相談内容の人はこちらがおすすめです。


また、全国に店舗があるためオンラインだけでなく直接相談したい人でも利用しやすいため人気のFP相談窓口の1つです。

おすすめ3位:保険見直しラボ

▼保険見直しラボの特徴

  • お客様満足度97.3%の相談実績
  • 業界経験年数平均12.1年のベテラン相談員
  • 訪問保険相談をしたい人におすすめ

保険見直しラボは、訪問タイプの保険相談をしたい人におすすめです。


訪問保険相談とは、あなたが指定した場所にFPや相談員が訪問してくれる相談形態のこと。


保険見直しラボの最大の特徴は業界経験年数が長いスタッフのみが在籍している点です。


多くの事例を経験しているFPに相談したい人は保険見直しラボで保険相談がおすすめです。

うつ病で受けられる公的保障


うつ病の場合、健康な人よりも生命保険や医療保険に加入するハードルが高くなります。加入しやすい保険も保険料が割高になったり保障が制限される場合もあるため、民間の保障だけではなく、公的保障も積極的に活用していきましょう。

うつ病で受けられる公的保障はこちらです。

  • 高額療養費制度
  • 傷病手当金
  • 心身障害者医療費助成制度
  • 自立支援医療制度

制度をうまく活用し、経済面の不安を軽減していきましょう。

公的保障①高額療養費制度

高額療養費制度は、1ヵ月(当月の1日から末日)にかかった医療費の自己負担額について、所得に応じた限度額(上限額)を設ける制度です。


限度額は所得によって異なり限度額を超えた自己負担額については、払い戻しを受けられます。


70歳未満の人は、限度額(自己負担額)をこちらの計算式で算出します。

所得区分限度額(自己負担額)
区分ア:(標準報酬月額83万円以上の人)25万2,600円+(総医療費※-84万2,000円)×1%
区分イ:(標準報酬月額53万〜79万円の人)16万7,400円+(総医療費※-55万8,000円)×1%
区分ウ:(標準報酬月額28万〜50万円の人)8万100円+(総医療費※-26万7,000円)×1%
区分エ:(標準報酬月額26万円以下の人)5万7,600円
区分オ:(市区町村民税の非課税者など)3万5,400円

※総医療費とは窓口で支払った額(3割)ではなく本来の10割の医療費のこと


1年間に3ヵ月以上、高額療養費制度による払い戻しを受けた場合「多数該当」となり、4ヵ月目以降は上限額が次のようになります。

所得区分限度額(自己負担額)
区分ア14万100円
区分イ9万3,000円
区分ウ4万4,400円
区分エ4万4,400円
区分オ2万4,600円


うつ病の入院は長引く傾向があるので、医療費の負担が軽くなるのはとてもありがたいですね。

公的保障②傷病手当金

傷病手当金は、けがや病気などの理由で働けない期間の生活を保障するために、加入している「健康保険」から支給される手当金のことです。


健康保険から支給されるため、会社員や公務員の人が対象の保障になります。国民健康保険に加入している人は支給の対象ではないので注意しましょう。


傷病手当金が支給される条件はこちらです。

  • 業務外の事由による病気やケガで療養している(うつ病含む)
  • 労務不能と判断される
  • 連続する3日を含む4日以上就労できない
  • 休業期間中の給与支払いがない

これらの条件に該当すると、標準報酬日額の3分の2の額が傷病手当金として、休業4日目から最長1年半の期間支給されます。


傷病手当金を受け取るためには、勤務先に相談をした上で申請書類を取り寄せ、必要事項を記入し、保険組合または協会けんぽに提出します。


必要事項として労務不能と診断した担当医師、勤務先の担当部署が記入する項目があるので、忘れずに記入してもらいましょう。

公的保障③心身障害者医療費助成制度

心身障害者医療費助成制度は、心や体に障害をもつ人の医療費負担を軽減する制度です。


うつ病などの精神疾患については、精神障害者保健福祉手帳を交付されていればこの制度を利用できます。


心身障害者医療費助成制度は都道府県または市町村によって運営されているため、制度の内容や対象となる障害の基準は各自治体で異なります。所得制限を設けている自治体もあるので、居住地の自治体に問い合わせましょう。

公的保障④自立支援医療制度

自立支援医療は、医療費の自己負担額に上限を設ける制度です。公的医療保険では3割負担となるケースでも、この制度を活用すれば1割負担で治療を受けることができ、医療費負担を軽減することができます。


自立支援医療の自己負担額の上限は区市町村民税(所得割)を基準とした世帯の所得に応じて決められます。制度の利用には継続的な通院治療を行う必要があり、入院治療は対象外となります。


申請はお住まいの市区町村役場が窓口となっています。

  • 自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書
  • 自立支援医療診断書(精神通院):申請日から3か月以内に作成されたもの
  • 医療保険の加入関係を示す書類:受診者および受診者と同一の世帯に属する人の名前が記載されている医療保険被保険者証等の写し
  • 世帯の所得状況等が確認できる書類:区市町村民税課税・非課税証明書等

こちらの必要書類をそろえ、提出しましょう。

うつ病になったら加入中の生命保険から保険金はおりる?


うつ病にかかる前に加入した保険がある場合、その保険から給付を受けることができれば治療費や生活費に充てることができ、負担を軽減できます。


結論から言うと、うつ病になったら、加入中の生命保険や医療保険から保険金や給付金が支払われる可能性は高いです。


しかし、加入内容や、条件によっては支払い対象外となるケースもあります。


  • 生命保険・医療保険のケース
  • 就業不能保険のケース

に分けて解説していきます。

生命保険・医療保険のケース

生命保険医療保険では、入院保障・通院保障が給付される可能性は高いです。


しかし、下記の場合は対象外になります。


通院保障の場合

  • 通院給付の上限日数をすでに満たしている場合
  • 入院後の通院のみを保障の対象としている場合

通院保障は入院前後の通院のみを保障の対象としている保険も多いので、このような契約の場合は入院を伴わない通院は保障されないので注意しましょう。


入院保障の場合

  • 告知義務違反があった場合
  • 責任開始期前の発症の場合
  • すでに入院給付の上限回数を満たしている場合

入院保障や通院保障は、一つの契約で支払われる入院・通院の日数や回数の上限が決められています。この上限を超えている場合、給付はされません。


加入している保険の保障内容と、今までの給付状況を確認しておくと安心です。

就業不能保険のケース

病気やけがなどで長期間働けなくなったときに、収入を補うことができる就業不能保険では、うつ病などの精神疾患は対象外となっている商品が多いです。


数は多くないですが、精神疾患に対応している就業不能保険もあります。


しかし、精神疾患に対応した就業不能保険でも、入院治療は対象となっても、自宅療養は対象外となるものが多く、給付の回数に上限が設けられていることがほとんどです。


精神疾患に対応しているからと言って安心せず、保障内容や条件はしっかり確認しましょう。

うつ病患者の生命保険に関するよくある質問


こちらでは、うつ病患者の生命保険に関するよくある質問3つ解説します。

  • うつ病患者が生命保険に加入しにくい理由とは?
  • 告知義務違反はバレる?
  • うつ病完治後何年経てば告知しなくてよくなる?
以上の質問について解説していきます。

うつ病患者が生命保険に加入しにくい理由とは?

うつ病の場合、長期の入院や通院、服薬が続く可能性が高く、他の病気にもつながるリスクも高いと保険会社は判断します。

そのため、うつ病患者は入院給付金や通院給付金の支払額が増えたり、他の病気での給付金や保険金の支払いが増えると考えられます。

保険は加入者が支払った保険料を運用し、給付金や保険金の支払いに充てます。リスクが高い人が加入すると、保険の公平性が保たれなくなってしまうので、リスクが高いと判断されるうつ病患者は生命保険に加入しづらくなるのです。

告知義務違反はバレる?

告知義務違反を犯して保険に加入したとしても、保険金や給付金の請求時にバレます。


保険金や給付金の請求の際、少しでも疑わしい点があると保険会社は以下のような調査を行います。

  • 診断した医療機関・医師へ問い合わせ
  • 加入者へのヒアリング
  • 健康保険の利用履歴の照合
  • 健康診断の実施記録の確認 など

このうち、診断書に記載されている医療機関・医師への問い合わせでほとんどが発覚すると言われています。


受診している医療機関が複数あったとしても、健康保険の利用履歴などをもとに遡って調査を行うので、誤魔化すのは難しいと言えます。


疑わしいものは徹底的に調査を行うので、告知義務違反をして保険に加入しても、いずれバレると思って間違いないでしょう。

うつ病完治後何年経てば告知しなくてよくなる?

一般的に保険の告知は「直近5年以内」の状況を告知します。そのため、完治後5年が経過すれば告知しなくてもよくなります。


しかし、完治後はうつ病に関してまったく病院に通院していないということが大切です。


例えば、経過観察などで定期的に受診をしている場合、加入者は「治療ではないので告知しなくても良い」と考えていても、保険会社側は告知事項に該当すると考えます。このようなケースでは告知をする必要があるので注意しましょう。


経過観察だけの場合や完治後5年経過していない場合、医師に現在の健康状態に問題がないことを証明してもらえば加入できる可能性もあります。保険会社に相談してみましょう。

まとめ:うつ病で生命保険に迷ったらマネーキャリアがおすすめ!


こちらの記事では、うつ病と診断された人と生命保険について解説をしました。


記事のポイントはこちらです。

  • うつ病でも引受緩和型保険や無選択型保険は加入できる可能性が高い
  • うつ病の人におすすめの生命保険相談窓口1位はマネーキャリア
  • 告知義務違反は請求時にバレるので、うつ病を隠して保険に加入しない

うつ病の人が保険に加入するのは、とてもハードルが高くなります。そのため、公的保障と民間保障をうまく活用して、医療費や生活費の負担を軽減することをおすすめします。


うつ病で保険に加入をするには、条件や内容など細かく比較して加入しなければいけません。様々な保険を比較するには、保険相談窓口を利用するとスムーズです。


マネーキャリアの無料FP相談では、保険のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)に無料で何度でも相談することができます。FPは保険だけではなく、お金のプロでもあるので、公的保障も踏まえた上で本当に必要な保障を考えてくれるので、安心して任せることができますね。


質の高いFPに安心して相談できるマネーキャリアの無料FP相談で、生命保険の悩みを解決しましょう。

保険のプロに無料で相談しよう!