無呼吸症候群でも生命保険に加入できる?検査入院したら給付金はもらえる?のサムネイル画像
▼この記事を読んでほしい人
  • 無呼吸症候群だけど保険に入りたいと考えている人
  • 無呼吸症候群でも加入しやすい保険があるか知りたい人
  • 無呼吸症候群で、保険の加入・見直しを検討している人

内容をまとめると

  • 無呼吸症候群で虚偽の告知をすると告知義務違反になる
  • 無呼吸症候群でも加入できる生命保険がある
  • 無呼吸症候群で有利な生命保険を選ぶには「3ステップ検討法」がおすすめ
  • 無呼吸症候群で生命保険の加入について不安や疑問があるなら生命保険相談窓口1位のマネーキャリアがおすすめ!
  • マネーキャリアは実績12,000件以上、3,000名のFPが在籍する大手窓口
  • 取扱保険会社数40社以上とトップクラスで、何度でも無料で相談可能なのでぜひ一度マネーキャリアで保険相談してみましょう!

保険業界20年のベテランFPがおすすめする

無料保険相談窓口おすすめ人気比較ランキング5選

無呼吸症候群でも加入しやすい生命保険はないか、検査入院した場合に生命保険の給付金はもらえるか、持病の告知なしで生命保険に加入することはできないか、持病を抱えている場合、保険の加入・見直しや保険金の受け取りに際して様々な疑問を抱くでしょう。この記事では、無呼吸症候群の方が抱える保険の疑問をすべて解決したのでぜひご覧ください。

この記事の目次

目次を閉じる

無呼吸症候群でも生命保険に加入できる?

無呼吸症候群は、寝ている間に無呼吸になってしまうことで、様々な病気を引き起こしてしまう怖いものです。 


この無呼吸症候群と診断されてしまうと、無呼吸症候群であったら生命保険に加入できないのでしょうか。  結論から言えば、保険に入れるケースはあります


ここでは、

  • 無呼吸症候群とは?
  • 無呼吸症候群でも生命保険に加入できる?
  • 告知義務違反には注意が必要

以上の内容について説明します。


生命保険は、「病気」「けが」「死亡」など、万が一のときのリスクに備えるためのものです。もしもの場合に困らないためにもきちんと必要な保険に加入したいですよね。


この記事では、無呼吸症候群の方が生命保険に加入するうえで必要な知識をすべて解説しているのでぜひ参考にしてください。

無呼吸症候群とは?

無呼吸症候群(英語名SAS=サス)とは、「睡眠中に呼吸が断続的に停止する」病気のことです。


1時間あたり、10秒以上の無呼吸・低呼吸が5回以上(または、7時間あたり10秒以上の無呼吸・低呼吸が30回以上)で、イビキや日中の眠気、疲労感などをともなっている場合に、無呼吸症候群と診断されます。


この病気は「気道」がふさがれることで引き起こされます。 


その主な原因は肥満です。脂肪が付着した舌が、仰向けに寝た際に喉をふさいでしまうのが直接的な要因です。


深刻な症状としては、血液中の酸素が不足することで、動脈硬化不整脈を引き起こします。さらに血圧や血糖値を上昇させ、様々な病気を引き起こしてしまいます。


一晩中眠りが浅い状態が続けば、不眠症やうつ病など精神疾患を発症する可能性も高くなります。また、日中の眠気などから自動車事故を起こす確率も高まることも知られています。


これらの症状が進行すれば「突然死」にいたることもあります。

無呼吸症候群でも生命保険に加入できる?

無呼吸症候群の人は、生命保険への加入は困難になります。 


なぜなら、症状が進行し、生活習慣病に罹患した結果、入院・手術する可能性が健康な人よりも高くなるからです。ただ、がん保険に関しては、無呼吸症候群だからといってがんになる可能性が高まるとはいえないため、お申し込みいただくことが可能です。


しかし、無呼吸症候群になったら生命保険に入るのをあきらめなければならないかというとそういうわけではありません。


無呼吸症候群などの持病や既往歴がある人でも、保障を一部制限するといった特別条件付きで加入できる生命保険もあります。また、通常の保険に加入ができる可能性もあるかもしれません。 


無呼吸症候群で保険加入をご検討中の人は、保険相談窓口を利用してみてはいかがでしょうか?


保険相談窓口おすすめベスト1のマネーキャリアではオンラインによる保険の無料相談を行っています。 


 不安なことや疑問点を保険のプロに相談できるので、ぜひお気軽にご相談ください。 

マネーキャリアで保険のプロに無料相談!

告知義務違反には注意が必要

保険の申込みをする時、必ず必要になるのが自分の病歴や入院歴などを詳しく告知することです。 


無呼吸症候群の人の場合、通常の生命保険への加入が難しいことは既にお伝えしてきましたが、虚偽の告知をすると告知義務違反になります


『加入が難しいならば黙っていればバレないのでは?」と安易に考える人もいるかもしれませんが、 申告せずに加入することは絶対にやめてください。


なぜなら、告知義務を違反して加入してしまうと、いざ保険金が必要となった際に保証されないことはもちろんですが、強制的に契約が解除となってしまうこともあります。


なんとか加入したいという気持ちから、申告せずに仮に加入出来たとしても、取り返しのつかない事態に発展してしまうので、告知義務違反は絶対に避けるべき行為です。

無呼吸症候群でも加入しやすい生命保険


無呼吸症候群の人は、症状が進行し、生活習慣病に罹患した結果、入院・手術する可能性が健康な人よりも高くなることから、通常の生命保険への加入は困難になります。 


 しかし、無呼吸症候群などの持病や既往歴がある人でも加入しやすい保険として挙げられるのが、

  • 引受条件緩和型保険
  • 無選択型保険

以上の2つの保険です。


しかし、これらの保険は一般的な生命保険と比較して、メリットもあればデメリットもあります。  


まずはこの2つの保険の特徴をしっかり理解した上で検討する必要があります。

引受基準緩和型保険

引受基準緩和型保険とは、保険会社が契約を引き受ける基準を緩和している生命保険です。


基本的には、あなたの健康状態に関する告知項目を3~5個程度の「はい」「いいえ」で答える質問に限定しています。


この質問にすべて「いいえ」と答えることができれば申し込むことが可能です。


引受基準緩和型保険の告知項目は以下のようなイメージです。

※告知項目は保険会社によって異なります。

  • 現在入院中ですか? 
  • 過去3か月以内に入院や手術、検査をすすめられたことはありますか? 
  • 過去2年以内に病気やケガで入院したことや手術をしたことはありますか? 
  • 過去5年以内にがん(悪性新生物)で入院または手術をしたことはありますか?
無呼吸症候群の治療を受けていても、直近で入院や手術をしていなければ加入できる可能性があります。

しかし、引受基準は保険会社によって異なりますので、A社では契約を断られたけどB社には加入ができたというようなことも起こりえるのです。

加入しやすい引受基準緩和型保険ですが、デメリットも存在します。 

引受基準緩和型保険のデメリットは以下の3点です。 
  • 一般的な保険と比較して保険料が割高である 
  • 保険給付金の支払削減期間がある 
  • 付加できる特約に制限がある
ご自身が必要とする保障が受けられる契約になるかどうかを必ず確認しておくことをおすすめします。

注意しないと、割高な保険料を支払っておきながら、いざというときに保障が受けられない事態に陥りかねません。

ですので、引受基準緩和型保険を検討する場合は複数の保険会社を比較することが大切です。

無選択型保険

無選択型保険とは、健康状態に関係なく加入ができる保険です。


引受基準緩和型保険よりもさらに加入しやすいことがメリットです。    


加入する際は一般保険や引受基準緩和型保険と違い、健康告知や医師の診査の必要がありません。 


そのため病歴や年齢制限などを理由に、一般の引受基準緩和型保険へ加入できなかった人向けの保険といえます。 


しかしそれらの保険と比べると、 

  • 保険料が割高 
  • 保障が限定的である 

などの大きなデメリットがあります。 


 ですので、無選択型保険への加入は、あくまでも最終手段として検討しましょう。

まずは通常の生命保険を検討する

生命保険には、先述したように告知条件によって、

  • 通常の生命保険
  • 簡単な告知で入れる保険(引受基準緩和型保険)
  • 告知なしで入れる保険(無選択型保険)

の3タイプがあります。


無呼吸症候群でも、通常の生命保険に加入ができる可能性もあります。  


保険を検討するにあたっては、 まず「通常の生命保険」を検討しましょう。


通常の保険の加入が困難な場合に、 次は「簡単な告知で入れる生命保険」を、 その次に「告知なしで入れる生命保険」を 、という順番で検討していくことをおすすめします。


この検討方法を 「3ステップ検討法」といいます。


最もあなたに有利な生命保険を選ぶためにも、この「3ステップ検討法」を実践しましょう。

生命保険について相談できるおすすめ保険相談窓口3選!

無呼吸症候群の人におすすめの保険相談窓口は次の3つです。 

  1. マネーキャリア
  2. 保険見直し本舗
  3. 保険見直しラボ 

それぞれの窓口の特徴等を以下の表にまとめています。


おすすめ保険相談窓口ベスト3

1位
マネーキャリア
2位
保険見直し本舗
3位
保険見直しラボ
特徴・93%の高い相談満足度
・相談実績12,000件以上
・3,000名のFPが在籍する大手窓口
・相談は何度でも無料。

・4つの相談形態からご自身に合った形態を選べる
・全国300以上の店舗を展開
・相談は何度でも無料。
・全国約70拠点の訪問型代理店
・相談満足度97%超
・相談は何度でも無料。
取扱保険会社数40社以上40社以上 36社 
相談料無料無料無料
相談形態オンライン 訪問店舗 電話 オンライン 訪問店舗 オンライン 訪問


おすすめ1位:マネーキャリア

マネーキャリアの特徴 

  1. 保険相談満足度93%以上 
  2. 保険相談件数12,000件以上
  3. 取扱保険会社数40社以上※業界トップクラス 
  4. 3,000人以上の優秀なFPが在籍 

マネーキャリアは保険相談に1番おすすめの保険相談窓口です。 


マネーキャリアの無料FP相談は信頼性が高く、リピーターが多いため相談者が満足する相談サービスを提供している点が評価ポイントです。 


家族や身近な人に経済的負担をかけたくない人に、マネーキャリアの無料相談をおすすめします。

マネーキャリア公式HPはこちら

おすすめ2位:保険見直し本舗

▼保険見直し本舗の特徴 

  1. 無料相談限定キャンペーンあり 
  2. 40社以上の保険会社と提携 
  3. プランの見直しからアフターフォローまで充実 

保険見直し本舗は、保険を中心としたライフプラン設計の相談に1番おすすめの相談窓口です。 


 保険見直し本舗は、FP相談として保険分野に強い窓口なので保険の加入や見直しが相談内容の人はこちらがおすすめです。 


また、全国に店舗があるためオンラインだけでなく直接相談したい人でも利用しやすいため人気のFP相談窓口の1つです。

おすすめ3位:保険見直しラボ

▼保険見直しラボの特徴 

  1. お客様満足度97.3%の相談実績 
  2. 業界経験年数平均12.1年のベテラン相談員 
  3. 訪問保険相談をしたい人におすすめ 

保険見直しラボは、訪問タイプの保険相談をしたい人におすすめです。 

訪問保険相談とは、あなたが指定した場所にFPや相談員が訪問してくれる相談形態のこと。 


保険見直しラボの最大の特徴は業界経験年数が長いスタッフのみが在籍している点です。  


多くの事例を経験しているFPに相談したい人は保険見直しラボで保険相談がおすすめです。

無呼吸症候群の方の生命保険に関するQ&A

ここでは、無呼吸症候群の人にとっての、生命保険に関する様々な疑問についてまとめてみました


  • 無呼吸症候群で検査入院した場合、入院給付金はもらえる?
  • 無呼吸症候群で検査をした場合、請求できる生命保険の給付金はある?
  • 生命保険加入後に無呼吸症候群と診断されたら告知は必要?
  • 無呼吸症候群を継続治療している場合、他社の保険への見直しは厳しい?
それでは、詳しく解説していきましょう。

無呼吸症候群で検査入院した場合、入院給付金はもらえる?

健康診断の結果、無呼吸症候群が疑われ、医師の指示による検査入院の場合は、治療を目的とした入院として入院給付金を請求できます。


しかし、保険会社によって判断が異なりますので、保険加入の際には給付対象になるかならないか、事前に調べておきましょう。


ただし、健康管理を目的とした「人間ドック」や「定期健康診断」等の入院は、治療を直

接の目的としていないため、入院給付金の支払い対象外となることが一般的です。


ちなみに、1泊2日の検査入院で精密検査のポリソムノグラフィー(PSG)を行う場合は、医療機関によって差はありますが、約2.5万円〜4万円(個室代などは別)ほどの費用がかかります。

無呼吸症候群で検査をした場合、請求できる生命保険の給付金はある?

「通院特約」が付加された契約の場合、入院前後の所定期間の通院に対して受け取れる給付金が 通院給付金です。


ですので、入院を伴わない「検査のみ」の場合には、請求できる給付金はありません。 


生命保険加入後に無呼吸症候群と診断されたら告知は必要?

生命保険加入後に無呼吸症候群と診断された場合、更新時には健康状態の告知や審査は必要ありません


同条件であれば、そのまま更新できるのが一般的です。 


しかし、他社の保険への新規加入や、一度解約してからの再加入は、新たに告知が必要になるため加入が難しくなります。


いま加入している保険を大切に維持していくことをおすすめします。

無呼吸症候群を継続治療している場合、他社の保険への見直しは厳しい?

無呼吸症候群は、医療保険だと最近は緩くなり 問題なく契約できる会社が増えています。 


しかし、死亡保険は突然死の可能性があるため割増保険料になったりなど 無条件では難しいです。


引受基準が緩和になっている引受基準緩和型保険や、健康状態に関係なく加入ができる無選択型保険が選択肢になるでしょう。

まとめ:無呼吸症候群と生命保険に関する疑問ならまずはマネーキャリアで無料相談!

今回は無呼吸症候群でも加入できる保険について様々な点を取り上げてきましたが、いかがでしたでしょうか。 


この記事のポイントは、 

  • 無呼吸症候群の主な原因は肥満
  • 無呼吸症候群は様々な病気を引き起こしてしまい、一晩中眠りが浅い状態が続けば、不眠症やうつ病など精神疾患を発症する可能性も高くなります。
  • 無呼吸症候群でも引受基準緩和型保険や無選択型保険なら加入できる 
  • 告知義務違反は絶対NG 

 でした。


また、無呼吸症候群でも生命保険に加入したいなど生命保険に関する疑問をお持ちの方はぜひマネーキャリアで無料相談してみましょう。


マネーキャリア険相談満足度93%以上、保険相談件数12,000件以上という実績をもつ国内最大級の保険相談サービスです。


取扱保険会社数は40社以上と業界トップクラスで、3,000人以上の優秀なFPが在籍しています。


また、マネーキャリアでは、オンラインによる保険の無料相談を行っています。 不安なことや疑問点を保険のプロに相談できるので、ぜひお気軽にご相談ください。

マネーキャリアで保険のプロに無料相談!