理想の住まいとは?賃貸と購入、どちらが良い?のサムネイル画像

理想の住まいとはいったい何でしょうか?将来的にどちらがお得か?という視点で考えている人も多いかと思います。この記事では、マイホームを購入しようか、このまま賃貸住宅に住み続けるかを迷っている方に向けて、理想の住まいの考え方を解説します。

監修者「谷川 昌平」

監修者 谷川 昌平 フィナンシャルプランナー

株式会社Wizleap 代表取締役。東京大学経済学部で金融を学び、金融分野における情報の非対称性を解消すべく、マネーキャリアの編集活動を行う。ファイナンシャルプランナー証券外務員を取得。
>> 谷川 昌平の詳細な経歴を見る

この記事の目次

目次を閉じる

理想の住まいとは?


理想の住まい
とは、個人の生活スタイルや希望に合った住まいのことを指します。

具体的には、広さや間取り、立地条件、周辺環境などが挙げられます。

賃貸と購入のどちらが理想の住まいに対応しているか比較してみましょう。

購入の場合は、自分好みの住まいを自由に選ぶことができます。

建物のデザインや内装、設備なども自分の希望に合わせて選ぶことができます。また、長期的に見て住宅資産としての利益を得ることもできるため、投資としても魅力的です。

一方、購入には多額の初期費用やローン返済などの負担があります。

また、住まいの変更が難しくなるため、自分のライフスタイルが変わった場合には柔軟に対応できないかもしれません。

賃貸の場合は、比較的低い初期費用で住むことができます。

また、転居が比較的容易であるため、自分のライフスタイルに合わせて住まいを変えることができます。

しかし、賃貸は資産としての利益を得ることができないため、将来的な安定性には不安があります。

また、家賃の増加や他の住人とのトラブルなども起こり得るデメリットもあります。 

購入のメリット

自分の思い通りの住まいを実現するには、購入が最も適しています。


まず、購入することで、自分の好きなように住まいをデザインすることができます。


例えば、理想のキッチンやバスルームを作ることができます。


また、購入した住宅をリフォームすることで、将来的に資産価値を上げることも可能です。


さらに、購入した住まいは自分のものであるため、思い切って改装や模様替えをすることもできます。


このように、購入することで、自分の理想の住まいを実現することができます。


さらに、購入した住まいは将来的に資産としての価値も持つため、投資としてもメリットがあります。  

賃貸のメリット

賃貸のメリットは様々あります。


まず、初期費用が少ないことが挙げられます。


購入に比べて、入居する際の敷金や礼金、保証金などの支払いが必要ありません。


また、賃貸ではメンテナンスや修繕の費用も大家さんが負担してくれるため、予期せぬ出費が発生する心配がありません。


さらに、場所を移動することが比較的容易です。


転勤や引っ越しの機会が多い方にとっては、自分の都合に合わせて住む場所を変えることができるのは大きなメリットです。


賃貸のメリットを具体的な事例で説明すると、例えば、若い世代に人気の街で暮らすことができるという点が挙げられます。


賃貸ならば、人気のあるエリアでも比較的リーズナブルな家賃で住むことができます。


このように、賃貸には多くのメリットがあります。

購入のデメリット

購入にはいくつかのデメリットがあります。 


まず、購入には高額な初期費用が必要です。


不動産の購入には仲介手数料や登録免許税など、住宅本体以外にも多くの諸費用がかかります。


これらの費用は一括で支払う必要があり、多額のお金が必要となるため、購入には負担が大きいと言えます。 


また、住宅ローンを組んでいる場合は、長期間の銀行への返済も必要です。


また、購入すると将来的には住宅の売却や引っ越しが容易にできない可能性が高いです。


仕事の都合や生活スタイルの変化などにより、住まいを変える必要性が生じた場合には、売却手続きや引っ越しといった、大きな負担が発生することになります。 


さらに、住宅の価値は市場の状況に左右されるため、将来的な住宅価格の変動リスクもあります。


不動産市場の価格変動や周辺環境の変化によって、住宅の価値が上下することがあります。


そのため、購入しても将来的に価値が下がる可能性があるというリスクが伴います。 


 これらのデメリットを踏まえて、購入を検討する際には慎重な判断が必要です。

賃貸のデメリット

賃貸のデメリットもいくつかあります。


まず、賃貸物件は入居者との契約期間が限定されていることがあります。


自分の理想の住まいを見つけたとしても、賃貸の場合はその物件が他の人に借りられていないかや、契約期間が自分の都合に合っているかを確認しなければなりません。


また、賃貸では住む期間が長くなるにつれて家賃も上がることも多くあります。


安定した生活を送りたい場合や経済的な安定も求める場合には、賃貸のデメリットとして考えられます。


さらに、賃貸では自由にリフォームや改造ができないこともあります。


自分の理想の住まいにするためには、許可を得る必要があるかもしれません。


これらのデメリットを考慮すると、賃貸は理想の住まいに対応しづらいと言えます。


しかし、賃貸のメリットとしては、移動が頻繁な場合や短期間での居住をする場合には適していることもあります。  

結論:どちらが良いのか


住宅は購入か賃貸かどちらがお得か?といった論争もよくありますが、一概に費用だけで価値を測れるものではありません。


費用以外に、自分の生活環境や、理想の生活スタイルに近づくためには、どちらが適しているか?といった視点で考えることも必要です。


「住宅は購入か賃貸かどちらがお得か?」といった将来的な結果を考えるよりも、まずは今現状の家計や、自身のライフスタイルを見直し、どちらが自分に適しているかを考えることが、一番大切かもしれませんね。