50代老後の資金貯め方おすすめ3選!50代から目標金額達成するためにのサムネイル画像
▼この記事を読んでほしい人
  • 50代以上の方々~50代からの老後資金計画に関心がある方
  • 退職を控える人々、退職後の収入の変化に備えたい人
  • 貯金や資産運用に興味がある人、賢い貯金や資産運用の方法を学びたい人
  • 家計の支出を見直したい人、無駄な支出を削減し、効率的にお金を使いたい人
  • 将来の安心を求める人、老後に向けて安心した生活を送りたい人

▼この記事を読んでわかること
  • 50代からの老後資金計画の重要性
  • 平均年収と貯金額の比較による現状の把握方法
  • 老後資金の目標設定と具体的な計算方法
  • 賢い老後資金の貯め方と資産運用方法
  • 健康な生活、キャッシュフロー管理、専門家のアドバイスを通じて老後の安心を追求する方法

子どもが自立し、50代から自分達の老後の資金生活について考え始める方も多いのではないでしょうか。50代からどのくらい老後資金を貯めるべきなのか、間に合うお金の貯め方、貯蓄方法が気になりますよね。本記事では50代からの老後の資金の貯め方について紹介します!

監修者「谷川 昌平」

監修者 谷川 昌平 フィナンシャルプランナー

株式会社Wizleap 代表取締役。東京大学経済学部で金融を学び、金融分野における情報の非対称性を解消すべく、マネーキャリアの編集活動を行う。ファイナンシャルプランナー証券外務員を取得。
>> 谷川 昌平の詳細な経歴を見る

この記事の目次

目次を閉じる

50代から老後の資金プランを考えることの重要さ




50代になり、退職が近づくと、収入は一気に減少します。これまでの生活に慣れたまま、収入の減少に対処するのは容易ではありません。そこで、退職前から老後の資金プランを考えることが非常に重要です。 


現在の生活費、将来の支出、そして理想的な老後の生活を考慮して、賢明な財務計画を立てる必要があります。これにより、老後における経済的な安定感を確保できます。 資産を増やすために、投資を検討することも重要です。


適切な投資戦略を採用し、収益を最大化しましょう。リスク管理も忘れずに行いましょう。 また、保険の見直しも欠かせません。健康保険、生命保険、介護保険など、老後のリスクに備えましょう。 50代から老後の資金プランを立てることは、心の安定と幸福な老後を迎えるための重要な一歩です。退職後の収入が減少する前から始めましょう。

50代以降必要となる老後の資金とは

老後に必要な資金は、50代以降に考えるべき重要なポイントです。生命保険文化センターの令和4年度の生活保障に関する調査によれば、夫婦二人での老後の生活費は最低限の生活費が毎月23.2万円、ゆとりある生活費の場合は毎月37.9万とされています。


もし、65歳から90歳まで生きることを考えると、最低限の生活費であれば23.2万円×25年、つまり580万円以上が必要になります。 老後の資金を考える際、以下のポイントに注意しましょう。


1. ライフスタイルの選択

どのような生活スタイルを望むかによって、必要な資金が変わります。ゆとりある生活を望む場合、それに応じた計画が必要です。 


 2. 投資と貯蓄

老後資金を積み立てるために、適切な投資と貯蓄戦略を採用しましょう。リスクを分散し、資産を増やす努力を怠らないようにしましょう。


 3. 医療費と介護に備える

健康問題は老後について検討すべき重要な要因です。医療費と介護費用に備えることを忘れずに検討しましょう。


 4. 保険の見直し

生命保険や医療保険などの保険プランを確認し、老後に適したものにアップデートしましょう。 老後の資金計画は、心の安定と安心した生活を保証するために不可欠です。

50代の平均年収と貯金額を紹介

50代の平均年収と貯金額は、個人の経済的な状況や生活スタイルによって異なりますが、一般的な傾向を示すデータがあります。以下の表に、日本の50代の平均年収と貯金額の一般的な数字を示します。

年収 平均貯金額
 300万円未満
約100万円
300万円 - 500万円約300万円
 500万円 - 700万円約500万円
700万円 - 1,000万円約800万円
1,000万円以上約1,500万円


 平均年収は約400万円で、これは50代の年収の一般的な水準です。一方、平均貯金額は約1,000万円とされており、これは50代の貯金目標の一つとして見られています。 


ただし、これらの数字は一般的な傾向を示すものであり、個別の状況に応じて異なることがあります。年収や貯金額を増やすために、適切な財務計画と投資戦略を検討することが重要です。 

老後の資金を考えるときに気をつけたい3つのこと

老後の資金計画を立てる際に、気をつけるべき3つの重要なポイントがあります。それらについて詳しく説明します。 ポイントとなるのは以下の3点です。


  • 老後の収入を把握する
  • ライフプランを考える
  • 老後資金の目標金額と期間を具体的に設定する


これらのステップを踏むことで、老後の資金計画を具体的かつ実現可能なものにし、安心した老後を迎えるための準備を整えることができます。詳細については、以下で詳しく解説します。


①老後の収入を把握する

老後の収入を正確に把握することは、老後の生活を安心して過ごすために不可欠です。その中でも、重要な要素の一つは年金です。


年金が老後にどれほどの収入を提供するかを理解することが重要です。 まず、国民年金や厚生年金、企業年金など、自身が受け取るであろう各種年金の詳細を調査しましょう。これらの情報を収集する際に考慮すべき点は以下の通りです。


1. 支給額

各年金制度から支給される金額を確認しましょう。これには国民年金の基本額、厚生年金の掛け金に応じた金額、企業年金の支給額などが含まれます。 


 2. 支給開始時期

各年金制度の支給開始時期を確認しましょう。国民年金は通常65歳から、厚生年金は60歳から、企業年金については企業ごとに異なります。 


 3. 受給資格

各年金制度において、受給資格や条件があることを把握しましょう。例えば、最低限の保険料納付期間が必要な場合があります。 


老後の収入を把握し、その情報を基に具体的な老後資金計画を立てることで、安心して老後を迎えるための第一歩を踏み出せます。

②ライフプランを考える

老後資金を確保するために、具体的なライフプランを考えることが非常に重要です。具体性のあるプランを立てることで、自分に合った資金の貯め方を見つける手助けになります。


どのような老後生活を望むかを明確にしましょう。趣味や娯楽、旅行、住居の選択など、具体的な要素をリストアップしましょう。


また、ライフスタイルに必要な費用を見積もりましょう。住居、食費、医療費、娯楽費、旅行費など、細かい項目に対する費用を算出しましょう。 


ライフプランを具体的に設定し、目標を達成するための道筋を明確にすることで、老後に向けた資金計画を成功させる準備が整います。

③老後資金の目標金額と期間を具体的に設定する

老後資金計画の成功には、具体的な目標金額と達成期間の設定が不可欠です。特に、2人での老後の月の生活費を具体的に見積もることは大切です。


この情報を元に、年金だけを頼りにした場合、現在の生活水準を維持するために必要な資金を考えることができます。 


まず、2人での生活費について、家計調査年報(家計収支編)を参考に具体的な数字を収集しましょう。これには食費、住居費、医療費、趣味や娯楽費など、老後のライフスタイルに必要な支出を含めます。 


次に、年金だけを収入源と仮定した場合、この生活費をカバーするためにはどのくらいの資金が必要かを算出しましょう。これには年金の支給額、受給時期、年金制度ごとの差異などを考慮します。 


この目標金額と期間を設定することで、老後に必要な資金を明確にし、具体的な貯金目標を設定できます。老後資金計画は将来に備える重要なステップであり、具体性を持たせることで成功への道が開けます。

50代から始める老後の資金の貯め方おすすめ3選

老後の資金を確保するために、50代から始めるべきおすすめの貯金方法があります。以下でそれらについて簡単に紹介し、詳細については後ほど解説します。 


  • 貯め方①:個人年金保険を活用する
  • 貯め方②: 新NISAで資産形成を始める
  • 貯め方③: iDeCo(確定拠出年金)を利用する


これらの方法を組み合わせて、老後の資金を効果的に積み立てる計画を立てることで、安心した老後を迎えるためのステップを踏むことができます。詳細については、各貯金方法についての解説をご覧ください。

貯め方①個人年金保険を活用する

老後資金の貯め方の方法の一つとして、個人年金保険があります。この方法にはいくつかのメリットがあります。 


メリット1 個人年金保険で老後資金を準備できる

個人年金保険は、将来の老後に備えて一定の期間にわたって保険料を支払うことで、老後の安定収入を確保できる仕組みです。老後の資金を確保する一環として利用することができ、安心感を高めます。


メリット2 年末調整、確定申告の際に所得税の控除対象になる

個人年金保険の保険料は、年末調整や確定申告の際に所得税の控除対象となります。これにより、支払う税金を削減し、貯金を増やすことができます。 


 個人年金保険は老後資金を計画的に準備する手段として有用であり、将来に備えるための一環として考えてみる価値があります。

貯め方②新NISAで資産形成を始める

新NISA(少額投資非課税制度)は、50代からでも資産を効果的に積み立てるためのシンプルで使いやすい方法です。以下はそのメリットと、シミュレーションを用いた具体的な例です。 


メリット1 シンプル化と使いやすさ

新NISAは以前に比べてよりシンプルで使いやすくなりました。誰でも手軽に資産運用を始めることができます。 


メリット2 長期・分散・投資

50代からでも、長期的な視点で分散投資を行うことが可能です。リスクを分散し、コツコツ積み立てることで、資産を増やすチャンスが広がります。


積み立て額5年後の積み立て総額10年後の積み立て総額20年後の積み立て総額
2万円 約120万円 約290万円約700万円
5万円約300万円約720万円約1,750万円
10万円約600万円約1,450万円約3,500万円


 このシミュレーションは、年利3%で2万円、5万円、10万円を積み立てる場合の総額を示しています。時間をかけてコツコツ積み立てることで、資産を増やすことができることが分かります。新NISAを活用して、老後資金の増加を実現しましょう。

貯め方③iDeCo(確定拠出年金)を利用する

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、老後資金を準備するための優れた方法ですが、一定のメリットとデメリットがあります。 


メリット1 所得税控除

iDeCoに支払う保険料は、所得税の控除対象となります。これにより、年間の税金負担を軽減できます。


デメリット1 引き出し制限

iDeCoは原則として60歳以上でなければ引き出すことができません。早期に資金が必要な場合には制約があります。 iDeCoは将来の老後資金を積み立てるために非常に有用ですが、長期間の運用を前提としているため、早期引き出しを考える際には制限があることに留意する必要があります。


老後資金の計画を練る際に、iDeCoのメリットとデメリットを考慮しましょう。

退職金をご褒美だと思って使うのは要注意!

退職金は、多くの人にとって老後資金の一部として重要な資産です。一度に受け取った退職金をご褒美や浪費として使い切ることは要注意です。 


退職金は、将来の安定した生活を支えるために賢明に運用すべき資産の一つです。老後の医療費、住居費、食費、趣味、旅行などの費用をカバーするためには、退職金を長期間にわたって運用し、資産を増やすことが大切です。 


退職金を老後の生活のために最大限に活用することが、将来の安心につながります。

老後に備えて資産運用以外で今からできること

老後に備えるために、資産運用以外でも今からできる具体的な行動があります。以下にそれらを紹介し、詳細について解説します。 


  • ①キャッシュフロー表を作成する
  • ②毎日の生活でお金を意識する
  • ③健康な体づくりを行う
  • ④専門家に相談する


これらの行動は老後資金計画の一部であり、資産運用と組み合わせて成功を収めることができます。老後の安心を追求するために、今からできる積極的な行動を始めましょう。

①キャッシュフロー表を作成する

老後に備えるための第一歩として、キャッシュフロー表を作成しましょう。これは収入と支出を詳細に記録することで、お金の流れを明確に把握する手法です。


キャッシュフロー表を作成することで、収入源と支出項目を可視化します。これにより、どれだけのお金が入ってきて、どれだけのお金が出ていくのかを理解できます。


また、キャッシュフロー表を通じて、節約の余地や無駄な支出を見つけることができます。支出を見直し、無駄を削減することで貯金が増え、老後資金を増やす手助けとなります。


さらにキャッシュフロー表は予算を立てるのに役立ちます。収入と支出のバランスを取り、計画的な支出を行うための予算を策定できます。老後に備えた賢いお金の管理は、安心した老後を迎えるための鍵となります。

②毎日の生活でお金を意識する

老後に備えるために、日々の生活でお金を意識的に管理しましょう。特に以下の項目に注意を払うことが賢いお金の使い方です。


1 食費

食費は日常的な支出の一部であり、無駄な出費を減らすチャンスが多く存在します。節約のために食材を無駄なく使ったり、外食を控えたりしましょう。 


2 光熱費

電気、ガス、水道料金などの光熱費は定期的に支払うものです。エネルギーの無駄を省き、効率的に利用することで節約が可能です。 


3 通信費

スマートフォンやインターネットの契約料金は、毎月の支出の一部です。適切なプランを選び、無駄なオプションを削減しましょう。 


4 サブスクリプション費

ストリーミングサービスや定期購読のサービスは、月々の支出を増やす要因になります。必要なサービスだけを選び、不要なものは解約することで節約できます。 


これらの支出項目に注意を払い、無駄な支出を減らすことで、貯金を増やします。毎日の生活でお金を意識的に管理することは重要なポイントです。

③健康な体づくりを行う

老後に備える上で、健康な体づくりは重要な要素です。健康な生活を送ることで、慢性疾患や医療費のリスクを減らすことができます。定期的な運動やバランスの取れた食事、ストレス管理などが健康の維持に寄与します。


また、健康な生活を送ることで、医療費の負担を事前に減らすことができます。健康保険の利用を最小限に抑え、自己負担を削減できます。健康な体は、長期にわたって働くことができる可能性を高めます。


老後資金を増やすために、働く期間が長くなることを考慮しましょう。 健康な体づくりは、老後に向けた賢い計画の一部として欠かせない要素です。自己管理と予防措置を通じて、将来の医療費を減らし、健康な老後を迎えることができます。

④専門家に相談する

老後資金の計画において、専門家の意見を聞くことは非常に重要です。


老後資金の計画は複雑で個別のニーズに合わせたものです。金融アドバイザーやファイナンシャルプランナーなどの専門家は、個別の状況に応じた助言を提供してくれます。


そのなかでもマネーキャリアは、専門家からアドバイスを受けられるプラットフォームで、個人のニーズに合わせて専門家を選択できます。信頼性のある専門家との相談を通じて、老後資金計画を具体化するのにぴったりです。


老後資金の計画は一生に関わる重要なステップであり、適切なアドバイスを受けることで成功への道が開けます。専門家に相談し、個別の戦略を立てることで、安心した老後を迎える準備を進めましょう。

50代からの老後の資産形成に関する相談はマネーキャリアへ!

 50代からの老後資産形成に関する相談は、信頼性のある専門家のアドバイスを受けることが不可欠です。そのために、マネーキャリアがおすすめのプラットフォームとなります。 

マネーキャリアは、厳格な基準に基づいて選ばれた金融アドバイザーやファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談ができます。これにより、信頼性と質の高いアドバイスを受けることができます。 

マネーキャリアはオンラインでアクセス可能であり、便利な相談プラットフォームです。いつでも、どこからでもアドバイスを受けることができます。 

50代からの老後資産形成に関するアドバイスを受けるために、マネーキャリアはとてもよい選択肢の1つです。老後資金の安定を目指す方におすすめです。
マネーキャリア

まとめ:50代からでも大丈夫!早めの老後の資産形成を行おう!

50代からの資産形成について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 50代からの老後資金計画は決して遅すぎることはありません。今回の記事の要点を簡単にまとめると以下のとおりです。

1. 収入の変化に注意
60代以降、収入が減少する可能性があります。早めの計画が重要です。 

2. 老後資金の目標設定
生活費の見積もりを行い、老後資金の目標金額と期間を具体的に設定しましょう。 

3. 貯金額の確認
平均年収と貯金額を確認し、現状を理解しましょう。 

4. 老後資金の貯蓄方法
個人年金保険、新NISA、iDeCoなど、賢い貯金方法を選びましょう。 

5. キャッシュフロー管理
収入と支出のバランスを把握し、支出の見直しを行いましょう。 

6. 健康な生活
健康な体を維持し、医療費の負担を軽減しましょう。 

7. 専門家のアドバイス
専門家に相談し、個別の戦略を策定することが重要です。 

50代からの老後資金計画は、早めの行動が成功の鍵です。具体的な計画を立て、老後に向けて資産形成を行いましょう。
マネーキャリアで無料相談する