65歳以上に医療保険・生命保険は必要か?おすすめな人とは?のサムネイル画像
65歳以上になると、病気やケガに備えて医療保険・生命保険に加入する機会が増えます。その上、医療保険と生命保険に加入することで貯蓄額や家計に影響がどのくらい出るのか悩む方は多いのではないでしょうか。

医療保険は、万が一の病気やケガの入院費用や治療費用を補填する役割がある半面、若い年代より保険料が高くなる傾向があります。65歳以上から医療保険を検討する際には、どのような人がおすすめなのか詳しく解説していきます。

本記事では、5歳以上に医療保険・生命保険がおすすめな人についてご紹介します。

保険についてのお悩みがあるなら、保険のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するのがおすすめです。 


経験豊富なFPに相談すれば、ご自身の健康状態や収入、家族構成などを分析し、あなたに最適な保険を見つけてくれます。 


でも、FPに相談するにも自分で優秀なFPを探すのは大変ですよね。 


そこでおすすめしたいのがマネーキャリアなどの無料FP相談窓口です。 


無料FP相談窓口に相談すれば、あなたに合ったFPを無料で紹介してくれ、FP相談も完全無料で受けられます。 


今なら、スマホ1台でオンライン相談も可能ですので、興味のある方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

無料で保険相談する

65歳以上になると、病気やケガに備えて医療保険・生命保険に加入する機会が増えます。その上、医療保険と生命保険に加入することで貯蓄額や家計に影響がどのくらい出るのか悩む方は多いのではないでしょうか。本記事では、65歳以上に医療保険・生命保険がおすすめな人についてご紹介します。

この記事の目次

目次を閉じる

65歳以上に医療保険は必要か?おすすめな人とは?



老後の生活になると病気やケガにかかるリスクが高くなります。特に65歳以上になると、病気やケガによる死亡リスクが上がるため、シニア世代は病気での入院や手術などに備える必要性が高いです。


実際に、厚生労働省が算出した下記のデータによると、年齢を重ねるほど入院や通院する人の数は増加傾向にあります。


65歳以上に医療保険がおすすめな人について以下2つ挙げます。



  • 将来の貯蓄に不安がある人
  • 年金額に不安のある自営業、フリーランスの人

上記から、医療保険に加入すると治療にかかる費用を一部負担してもらうことができます。医療保険は加入者が保障できない部分費用を補える分、自身の貯蓄とライフスタイルを把握することが必要です。



ここからは、65歳以上に医療保険がおすすめな人について2つ解説します。



将来の貯蓄に不安がある人

老後を見捉えて将来の貯蓄に不安がある方が、医療保険に加入することがおすすめです。医療保険は、保険料がお手頃な保険料で家計にふたんをかけることなく、万が一のために保障をすることができます。


しかし、65歳以上の年齢の場合、病気やケガによる長期的な入院をする確率が高くなり、医療費が支払いきれない可能性があります。 例えば、被保険者がもし、66歳であれば医療費の自己負担割合は3割です。  


家計が現役時代よりも減って将来的に貯蓄が不安になった場合、保険を見直しすることが可能です。医療保険は、会社員時代と比べて保障を厚く設定することができる半面、保険料が高くなります。



65歳以上で医療保険に加入したい場合は、万が一、病気で治療が長期化したときに医療費を長い期間に支払えるかどうかしっかり把握することが大切です。



年金額に不安のある自営業、フリーランスの人

年金額に不安のある自衛業やフリーランスの方は、医療保険を加入することがおすすめです。入院時に受ける入院給付金は、「入院給付金日額 × 入院日数」で給付額が計算されるのが一般的です。

自営業やフリーランスで生計を立てている方は、ケガや病気の備えに対して医療保険に加入しておいた方が医療費が軽減できます。会社員や公務員の方が一般的に加入しているのが厚生年金と国民年金に加入が可能です。

厚生年金は会社に雇用されている方が加入する年金制度のことです。会社員であれば、厚生年金に加入することで、老後にもらえる年金額が上がるのですが、フリーランスや自営業で加入できるのは国民年金の加入のみとなります。

自営業とフリーランスは、会社員に雇用していないため、万が一の備えることが必要です。そのためには、医療保険に加入することで病気やケガが発生した時に、家計への負担を減らすことができます。

保険選びで迷っていませんか?


ファイナンシャルプランナー(FP)なら、あなたのライフスタイルや将来のビジョンに合わせて最適な保険をアドバイス。 


だけど、信頼できるFPを探すのは大変… 


そんな時は「マネーキャリア」などの無料FP相談窓口を利用しましょう。


経験豊かなFPを無料でご紹介。 


さらに、FPとの相談も0円!手軽にスマホからオンライン相談も予約できます。 


以下のボタンから公式サイトをチェックして、保険の悩みを解消しましょう。

無料で保険相談する

65歳以上にいらない保険は死亡保障と死亡保険?



65歳以上から生命保険に加入したいときにその中で医療保険がおすすめされています。しかし、ケガや病気のことを考えてあらゆる保障に加入すると保険料が高くなってしまいます。


医療保険の中で特にいらない保険は以下二つ挙げます。

  • 死亡保障
  • 死亡保険
上記から、死亡保険とは被保険者が亡くなった際、遺された家族に保険金を受け取れる保険です。しかし、死亡保障は解約返戻金がないため、中途解約または保険期間満了した時には、払い込んだ保険料は戻らないのがデメリットです。

死亡保険は若い年齢で加入すればするほど、保険料は安く、将来も家計における負担は抑えられます。その半面、65歳以上になると保険料が高くなるだけでなく、年齢制限で再加入が難しくなる可能性があります。

そのため、65歳以上から保険に加入したい場合は、保険料や必要な保障内容などをしっかり確認することが大切です。



保険選びに迷ったら、専門家の力を借りてみませんか? 


経験豊富なファイナンシャルプランナー(FP)が、あなたのライフスタイルやニーズを細かく分析し、最適な保険を提案します。 


しかし、信頼できるFPを探すのは簡単ではありません。 


そこで、マネーキャリアなどの無料FP相談窓口がお手伝いします。 


無料FP相談窓口なら厳選されたFPを無料で紹介してくれます。


さらに、FPとの相談も完全無料。 


手軽にスマホからオンライン相談も可能です。 


安心の保険選びのための第一歩、マネーキャリアの公式サイトを今すぐチェックしてみてください。

無料で保険相談する

65歳以上に医療保険はいらない?明確な3つのデメリット




65歳以上の方は、自身の家計状況の貯蓄額をしっかり確認することです。先述にも記載しましたが、65歳から医療保険に加入すると保険料が割高になります。医療保険に加入のデメリットの一つとして保険料を毎月支払う必要があるからです。


65歳以上に医療保険に加入した時に発生する明確なデメリットを3つ挙げます。

  • 病気の確率が高い分だけ保険料が高額になるから
  • 70歳以上は高齢者医療制度で自己負担が減る
  • 加入前の病気が見つかっても保障されないかも

医療保険に加入したら、毎月保険料を支払わないといけません。もし、掛け捨てタイプの医療保険の場合、解約返戻金を受け取ることができるため、しっかり貯蓄額を把握するようにしましょう。

ここからは、65歳以上に医療保険に加入した時に発生するデメリットについて3つ解説します。

①病気の確率が高い分だけ保険料が高額になるから

65歳以上から医療保険に加入するデメリットは、病気の確率が高い分だけ保険料が高額になるからです。もし、万が一病気やケガで入院したとき、患者は医療費の1~3割を負担できるのですが、高齢になると高額療養費制度の対象外となり、全額自己負担しなければなりません。


医療保険は、病気やケガが発生したときに万が一の備えることができる分、日常生活費や食事代の費用も重なる可能性があります。医療保険に限らず生命保険に加入すると、毎月の保険料を支払わないといけなく、貯蓄が不足している家庭では思わぬ治療費で経済的負担が大きくなる可能性があります。


特に「夫婦+子ども」がいる家庭では、教育資金の捻出が厳しくなるケースがあり、子どもの進路選択に影響が出てしまいます。


医療保険を選ぶ際は、保障内用を理解して自分の目的に合ったものを選ぶことが大切です。



②70歳以上は高齢者医療制度で自己負担が減る

医療保険に加入する上で70歳以上は高齢者医療制度で自己負担が減る点です。高齢者医療制度とは、65歳以上もしくは75歳で高齢者が加入する公的医療保険制度です。被保険者が対象となる年齢に達すると、個人単位で保険料を支払い、窓口負担は1割となります。


70歳以上からの医療保険への加入は、公的医療保険の保障が充実している半面、以下のような費用が発生します。


  • 入院費用
  • 健康保険適用外の医療費
  • 差額ベッド代


医療保険は、一般的に病院で治療を受けた時窓口で負担するのは、原則治療費の3割です。しかし、70歳からの加入になると治療費の負担割合は原則2割75歳になると1割に軽減されます。



医療保険は、病気やケガの万が一の備えで治療費の負担が軽減される半面、70歳以上になると、病院や入院の可能性が高くなるため、保険でどのくらいカバーできるかどうか確認することが大切です。




③加入前の病気が見つかっても保障されないかも

医療保険の加入において手続きの際に告知をするのが必須です。医療保険に加入した前に持病や病気がかかったままだと、契約の審査に通らない可能性が高くなります。65歳以上になると、現役時代より入院や手術のリスクが高くなり、加入時に告知内容に該当したというケースもあります。


生命保険で告知内容で自身の健康状態に以下の項目に該当したら早めに対応するようにしましょう。


  • 3カ月以内に、医師から診察や検査、投薬を受けたことがあるか
  • 5年以内に、継続して7日以上の入院や手術を受けたことがあるか
  • 5年以内に、保険会社の指定する病気で、一度でも入院や手術・治療・投薬を受けたことがあるか 
医療保険の加入で持病がある方は、入院や手術が高く、通常の保障が受けられない可能性があります。病気のリスクが高い分、保険料が更新ごとに上がり、保障が十分ではないため、加入を検討している方は自身の健康状態を見直すことがおすすめです。

65歳の医療費は意外と高い?目安を確認してみよう

医療保険の加入において65歳以上の医療費の目安はどのくらいか気になる方は多いはずです。65歳以上の高齢者がかかりやすい病気は、高血圧性疾患や脳疾患などと統計されています。


例として、65歳以上の医療費の目安を確認してみましょう。


疾病名自己負担額(3割負担)平均入院日数
高血圧性疾患4,980円47日
脳疾患734,919円77日


60代以降の入院受療率は、男女ともに年齢が上がるにつれて高くなっています。日本は少子高齢化によって高齢者が増加しており、これによって高齢者の医療費が上がっている

一つの理由です。


2016年時点のデータで見ると、65歳以上の後期高齢者が1年で支払っている医療費は平均18万円となっています。対して75歳以上の後期高齢者が1年で支払っている医療費は平均91万円であり、後期高齢者と比較すると、その差はとても大きいと分かります。


高齢から医療保険の加入を検討している方は、どの医療保障がいいのか保険のプロに相談することがおすすめです。


保険についてのお悩みがあるなら、保険のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するのがおすすめです。 


経験豊富なFPに相談すれば、ご自身の健康状態や収入、家族構成などを分析し、あなたに最適な保険を見つけてくれます。 


でも、FPに相談するにも自分で優秀なFPを探すのは大変ですよね。 


そこでおすすめしたいのがマネーキャリアなどの無料FP相談窓口です。 


無料FP相談窓口に相談すれば、あなたに合ったFPを無料で紹介してくれ、FP相談も完全無料で受けられます。 


今なら、スマホ1台でオンライン相談も可能ですので、興味のある方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

無料で保険相談する

65歳以上が医療保険に加入する必要性やメリットは?



65歳以上から医療保険に加入する上でメリットをしっかり把握することが必要です。高齢になると、会社員時代より病気やケガにかかるリスクが高くなります。65歳以上が医療保険に加入する必要性やメリットについて以下2つご紹介します。


  • 長期入院ももちろんカバー!安心感が大きい
  • 先進医療特約やがん特約で高額な治療も保障
医療保険に加入すると、病気やケガに備えて長期入院に備えられる保険商品も提供されています。生活習慣病や三大疾病で入院した際には、支払限度日数が延長するタイプの商品もあるのがポイントです。

ここからは、65歳以上が医療保険に加入する必要性やメリットについて2つ解説します。

①長期入院ももちろんカバー!安心感が大きい

65歳以上になると、病気やケガで入院が必要になったとき、入院費が高くなります。万が一入院すると、健康保険が適用され、70歳になるまではかかった医療費の3割を自己負担します。

特に長期入院の場合は、医療費のほかに病院へ支払う費用として、以下のようなものが必要になるます。
  • 食事代
  • 個室などを利用するときの差額ベッド代
  • 身の回りの品
入院が長期的になると、お金の支出が増えて、会社員時代より収入の減少貯蓄が足りなくなるなどといった支払いに困る可能性が高くなります。医療保険に加入すると、万が一、治療で医療費がかかる場面になったとき、本人が全額負担する必要はないのがポイントです

健康保険が適用されるため1~3割を年齢や収入に応じて負担すればよいことになっているで自己負担を抑えることができます。持病やケガで手厚く備えたい場合や貯蓄だけでは不安な場合に医療保険への加入を検討することがおすすめです。



②先進医療特約やがん特約で高額な治療も保障

医療保険に加入するメリットの一つとして、先進医療特約がん特約で高額な治療も保障されている点です。先進医療特約とは、「厚生労働大臣が認めた高度な医療技術を用いた療養のうち、保険給付の対象とすべきかどうか検討中の療養」のことを指します。


もし、病気やケガにかかった際、病院等で治療を受けるとき、多くの場合、公的医療保険制度が適用されるため、自己負担額治療費全体の1~3割で済みます。一方、がん特約は、医療保険にがんのリスクに対する保障を上乗せします。


医療保険のがん特約には多くの場合、がん診断給付金が含まれるので、がんと診断されると一時金が受け取れます。ただし医療保険を解約した場合には、がん特約も解消されるため、がんの保障も終了となる点には注意が必要です。

保険選びで迷っていませんか?


ファイナンシャルプランナー(FP)なら、あなたのライフスタイルや将来のビジョンに合わせて最適な保険をアドバイス。 


だけど、信頼できるFPを探すのは大変… 


そんな時は「マネーキャリア」などの無料FP相談窓口を利用しましょう。


経験豊かなFPを無料でご紹介。 


さらに、FPとの相談も0円!手軽にスマホからオンライン相談も予約できます。 


以下のボタンから公式サイトをチェックして、保険の悩みを解消しましょう。

無料で保険相談する

60代・70歳以上の高齢者の医療保険選びは注意?ポイントを解説




60代・70歳以上の高齢者の医療保険選びには注意が必要です。医療保険に加入すると、医療費の負担が軽くなる半面、保険料が高額になるケースがあります


60代から医療保険選びについて注意点を以下3つ挙げます。

  • 保険料と保障の負担のバランスが取れているか
  • 年齢制限を考慮し、保険期間は終身にする
  • 長期入院に対応しているプランを選ぶこと

医療保険を選ぶ上で、自身の家計の生活費や貯蓄額がどのくらいか把握するようにしましょう。ここからは、60代・70歳以上の高齢者が医療保険選ぶ上でのポイントについて解説します。


医療保険を選ぶポイント3点

60代・70歳以上の高齢者が医療保険を選ぶ際、どの部分を見ればいいのか分からないといいった方が多いはずです。60代から医療保険を選ぶ上で、着目すべきポイントは以下3つ挙げます。


  • 保険料と保障の負担のバランスが取れているか
  • 年齢制限を考慮し、保険期間は終身にする
  • 長期入院に対応しているプランを選ぶこと

医療保険を選ぶ上で、まず保険料保障のバランスが取れているか確認することが大切です。60代からの医療保険の加入率は、加入する年齢が高くなるほど支払う保険料が高くなります


生活する上でもちろん生活費もかかり、さらに保険料も支払うことになるため、自身の収入に合わない保障を選んでしまうと経済的な負担が大きくなります。


60代以降に医療保険に加入する際は、長期入院に対応している保険商品を選ぶのがおすすめです。


医療保険選ぶ際の注意すべき3点

医療保険を選ぶ際で注意すべき点が3つあります。それは医療保険の加入には、上限が定められていたり保険が高くなります。医療保険を選ぶ際に注意する点は以下の通りです。


  • 加入できる条件として年齢に上限が定められている
  • 高齢になると保険料が高くなる
  • 健康状態によって受けられる保障が少なくなる恐れがある
医療保険に加入する方の年齢が70~80歳前後に設定している保険会社が多いのが見受けられます。また、健康面で年齢を重ねればなるほど保険料が高くなるため、長期的に家計がまかなえるか確認することが大切です。

さらに、医療保険に加入する際は、現在の健康状態過去の傷病歴などの事実を告知する告知義務が定められています。もし、過去に病気があった等といった告知義務をせずに手続きすると、告知義務違反により保険金も受け取れず、契約が解除される恐れがあるので注意が必要です。

保険選びに迷ったら、専門家の力を借りてみませんか? 


経験豊富なファイナンシャルプランナー(FP)が、あなたのライフスタイルやニーズを細かく分析し、最適な保険を提案します。 


しかし、信頼できるFPを探すのは簡単ではありません。 


そこで、マネーキャリアなどの無料FP相談窓口がお手伝いします。 


無料FP相談窓口なら厳選されたFPを無料で紹介してくれます。


さらに、FPとの相談も完全無料。 


手軽にスマホからオンライン相談も可能です。 


安心の保険選びのための第一歩、マネーキャリアの公式サイトを今すぐチェックしてみてください。

無料で保険相談する

高齢者の医療保険選びについてのよくあるQ&A



高齢から医療保険を選ぶ上で、自分に合った保障が分からないという方が多いはずです。高齢者の医療保険についてよくあるQ&Aを参考に見てみましょう。



Q. 医療保険に加入していない場合はどんな方でしょうか。

A. 十分な貯蓄がある人や勤め先で福利厚生が充実している方などが挙げられます。


もしも、被保険者が病気やケガで働けなくなっても、子どもを大学に行かせたり、老後の家族の生活に安定した資金がある人にとって必要ないかもしれません、


Q. 医療保険の加入するときの注意点は何ですか。

A. 65歳以上からになると、保険料が上がっていきます。保険料の面を考慮すると支払う保険料と受けられる保障のバランスが取れているか把握しないといけません。


65歳以上から保険商品を選ぶ際、自身が希望する保障がすべて付いた保険商品を選ぶと、保険料が想定より高くなる可能性があるため、気を付けましょう。


医療保険は、必要ではない保障を付けると家計の負担になりやすいため、保障が重複する部分がないか注意することが大切です。

65歳以上におすすめの保険はある?医療保険以外で備えるには?



65歳以上から医療保険以外で備えるには、病気や長期的な入院が起こる可能性を想定して保険を選ぶことです。その中で65歳以上から介護や病気の治療に対応している保険を以下3つ挙げていきます。


  • がん保険で手厚く高額治療も保障
  • 介護・認知症保険で今から備える
  • 引受基準緩和型か無選択型は持病がある人向け
医療保険は介護特約三大疾病特約、がん保険など医療保険と組み合わせると診断給付金が受け取れるのでまとまった支出にも備えやすくなります。

ここからは、65歳以上におすすめの保険について詳しく解説します。

がん保険で手厚く高額治療も保障

生命保険に加入する上で、がん保険で手厚く高額治療も保障できる点です。がん保険は、医師の診断でがんと診断されたらがん診断給付金が受取れるのでどんな治療法にも対応することができます。


また、がん特約を付けた場合、病院に入院したときに医療保険の入院給付金に支払い限度日数がなく、入院中の間はずっと入院給付金を受け取ることができます。特に抗ガン治療や入院にも手厚く備えたい方にとって、医療保険とがん保険に別々で加入するよりも保険料がお手頃になる可能性があります。



がん保険には定期型終身型の二つがあり、その中で終身型は保障が一生涯続きます。終身型は、若い年代から加入した場合、更新を多くする必要がないため、払込総額が少なく済みます。しかし、定期型は保険料を安く抑えられる半面、期間終了後の更新時には保険年齢も上がり、保険料が上がってしまうのデメリットがあります。


がん保険を選ぶ際は、更新後の保険料についてしっかり確認することが大切です。

介護・認知症保険で今から備える

65歳以上からの生命保険の加入において、介護・認知症保険で今から備えることが大切です。介護保険とは、被保険者が要介護状態になったときなどに一時金や年金が受け取れる民間の生命保険の一つです。


65歳以上からの介護保険は、保険料がかかったり公的介護保険とのバランスと考慮しないとかえって保険料が重なってしまう場合があります。介護保険に加入する際は、まず公的介護保険の範囲や保険料について調べ、自身の収入に合ったプランなのか把握するようにしましょう。


また、認知症保険とは、被保険者が認知症による要介護状態になった場合に給付金が受け取れる制度です。認知症保険には、条件によって下記の給付金を選ぶことができます。

  • 認知症診断一時金
  • 認知症介護年金

日本で認知症は、5.4人に一人が認知症を発症していると言われています。認知症の場合、デイサービスや投薬などの医療費がかかってしまいます。認知症は介護が必要になる病気の中でも、長時間の付き添いが必要になる可能性が高いです。


そのため、介護にかかる期間が長くなればなるほど、介護費用が高くなる傾向があるので保障内容を事前に確認することが大切です。


引受基準緩和型か無選択型は持病がある人向け

医療保険において引受基準緩和型か無選択型は持病がある人向けの保険を選ぶことがおすすめです。


まず引受基準緩和型とは、保険契約の際に健康状態基準が緩和されたもので、保険加入時に求められる告知書の項目数が3つ~5つなど、通常の保険よりも少なく、引受基準が低い保険です。


引受基準緩和型保険は、終身タイプ定期タイプの2種類から選ぶことができ、持病がある人でも自分に合った形の医療保険死亡保険に加入することができます。


しかも、引受基準緩和型に加入を検討している場合、既往歴のある病気も保障対象に含まれており、万が一病気やケガにかかった場合でも安心です。一方、無選択型とは、生命保険に加入する際の健康状態の告知医師による検査を必要としない商品のことです。


無選択型は無検査・無告知であるため、持病や既往歴がある人でも保険に加入することが可能です。一般的の生命保険は、告知義務が必須ですが、無選択型は健康状態の告知が一切必要なく、持病や既往歴がある方でも生命保険に加入することができます。

65歳以上は医療保険より貯金や保険の見直しがおすすめ?



65歳以上から医療保険に加入を検討する方が多い中、まずは貯金や保険の見直しをした方がおすすめです。医療保険は、病気やケガにかかったときに入院費用治療費用が補填される分、保険料が毎月かかってしまいます。


その上、保険に加入するよりまずは保険見直しをすることが大切です。

  • 保険見直しのタイミングは定年後がベスト?

被保険者が65歳以上で「家族+子ども」がいる家庭であれば、ライフステージの変わり目で収支に大きな変動が起きたり、お金の使い道の優先順位が変化したりします。例えば、子どもが大学進学や就職に差し掛かったとき、家計に負担が発生するため保険を見直すタイミングになります。

保険料は毎月固定の支出となるため、保険料を低くできれば毎月の生活費負担も少なくなります。生活費を安くしたいときは、まず保険のプロに相談することがおすすめです。


保険見直しのタイミングは定年後がベスト?

65歳で定年退職を迎えた方は、新しい生命保険に入る手もありますが、まずは保険の見直しから始めることがベストです。定年後は、60歳を迎えると収支やライフスタイルなどが大きく変わることが多いです。例えば、子どもの独立引っ越しなど定年退職後も支出が大きく発生する機会があります。


子どもの独立だと、生活保障を考慮する必要が減るため、死亡保障や医療保険を考慮した生命保険を検討するケースがあるのです。


60代以降定年退職した後、保険の見直しをしないと、これまで得ていた収入がなくなるため、保険料が支払いきれなくなる可能性が高くなるからです。


高齢からの医療保険の加入は、現在の生活費を見直しを機に公的保障でまかなえない部分がないか確認するようにしましょう、




まとめ:65歳以上に医療保険・生命保険は必要か?おすすめな人とは?



本記事では、65歳以上に医療保険・生命保険がおすすめな人についてご紹介しました。医療保険は、病気やケガにかかった際に治療費や入院費を補填することができる半面、、毎月の保険料が発生してしまう点です。


65歳以上からの医療保険は、子どもや家族のライフスタイルの変化によって選ぶ保障が異なっていきます。もし、保険の見直しをせずに高度な医療保障を契約すると、毎月高額な保険料を支払い続けることになってしまいます。


65歳以降に医療保険の加入を検討している方は、まずは保険のプロに相談することがおすすめです。



マネーキャリアで無料相談する