保険相談窓口での保険相談はあり?保険相談窓口について徹底解説!のサムネイル画像
▼この記事を読んでほしい人
  • 保険相談をするために保険相談窓口の利用を検討をしている人
  • 保険相談窓口の選び方が分からない人

▼この記事を読んでわかること
  • 保険相談窓口を利用するメリット
  • 保険相談窓口を選ぶときのポイント
  • おすすめの保険相談窓口とおススメの保険相談サービス
保険の悩みならまずはマネーキャリアの無料相談を気軽に利用してみてください!
マネーキャリアとは

内容をまとめると

  • 保険相談窓口では保険の加入や見直しから家計のことまで相談できる
  • 保険相談窓口を利用するタイミングは大きなライフイベントがある時
  • 保険相談では自分に合った相談員を見つけるのが大切
  • マネーキャリアなら自分に合ったFPに無料相談できる!
  • どんなに些細なことでも保険に関しての質問があるなら、いますぐマネーキャリアを利用するのがおすすめ! 
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!
  • 相談場所も47都道府県・オンライン対応可能! 
  • マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して利用できる!

保険相談窓口で相談したいけれどいろいろ心配…そんなあなたに。保険相談窓口では人生プランの悩みなどの相談を受け付けています。保険相談窓口を利用するタイミングやメリット、よくあるQ&A、保険相談窓口の選び方とおすすめの相談窓口も紹介中!ぜひご覧ください。

この記事の目次

目次を閉じる

保険相談窓口を利用したい!どんなことが相談できる?

こんにちは、マネーキャリア編集部です。

 

先日、生命保険の加入を考えている30代夫婦からこんな相談がありました。

生命保険について相談できるところはないでしょうか。

生命保険の相談については保険相談窓口を利用することができます。


「生命保険に関連してそのほかのお金に関する相談もしてみたい。」


近年、保険相談窓口を利用する人は増加しており、市場規模は拡大傾向にあります。


その理由としては、保険相談窓口では保険以外にも住宅ローンや家計の改善や人生プランの相談もすることができるからです。


今回は保険相談窓口で相談できる内容や保険窓口相談を行うメリットなどについて紹介します。


保険の加入や将来の人生設計について真剣に考えている人のお手伝いになれば幸いです。

保険相談窓口で相談できることについて解説!


まずは、保険相談窓口で相談できることについて解説します。


先述のとおり、生命保険以外の相談についても対応してもらうことができます。

新規保険の加入・保険の見直しに関するアドバイスがもらえる

保険相談窓口で相談できること1つ目は新規保険の加入・保険の見直しに関するアドバイスです。


保険相談窓口ではファイナンシャルプランナーの有資格者をはじめ、保険に関して専門的な知識を持っているスタッフが在籍しています。


そのため、新規保険の加入・保険の見直しについて専門的な知識をもとにアドバイスがもらえます。


また、保険相談窓口では顧客本位のアドバイスができることもメリットです


保険相談窓口では様々な保険会社の多様な保険商品を取り扱っています。


そこからファイナンシャルプランナーのアドバイスのもと、数種類の保険商品を提案され、比較検討した上て保険に加入することになります。


保険相談窓口に行くと自身にとって最も最適な保険商品を選ぶことができます。

住宅ローンや家計の改善のような相談も受けられる

保険相談窓口で相談できること2つ目は住宅ローンや家計の改善のような相談です。


これは保険相談窓口によって対応していない場合もありますが、火災保険など住宅に関する商品を販売しているところやファイナンシャルプランナーが多く在籍している窓口であれば、相談を受けられるところもあります。


ファイナンシャルプランナーとは、保険以外にも不動産や年金など現在から将来の家計に関する幅広い金融知識を持った専門家のことを言います。


そのため、住宅ローンや家計の改善などファイナンシャルプランナーの対象範囲の相談についても対応することができます。


保険だけでなく、住宅ローンや家計の改善などの相談をしたいと考えている場合は、事前に保険相談窓口に連絡して対応してもらえるか聞いてみましょう

人生プランで困ったことがあれば窓口を利用するのがおすすめ!

人生プランを設計する際に重要になるのがそれを実現するためのお金を準備できるかということです。


保険選びや住宅ローン、節税対策や年金などを人生プランに組み込む必要がありますが、いずれもファイナンシャルプランナーの専門的知識の範囲内です


つまり、保険相談窓口に行けば、保険だけでなく、人生プランでの困りごとについても相談にのってもらうことができます。


人生プランを計画したときに困ったことがあれば、保険相談窓口を利用してみましょう。

保険相談窓口を利用するおすすめのタイミングは?


次は保険相談窓口を利用するおすすめのタイミングを紹介します。


基本的には人生の節目でお金が必要になることが多いため、そのタイミングで保険相談窓口に来られる人が多いです。


今回は以下の人生の節目のタイミングについて紹介します。

  • 社会人になったとき
  • 結婚したとき
  • こどもが生まれたとき
  • 住宅を購入したとき
  • 世帯主が定年退職したとき

社会人になったとき

保険相談窓口を利用するおすすめのタイミング1つ目は社会人になったときです。


学生時代、若さの効果もあり、あまりケガや病気をすることはなかったと思います。


そのため、真剣に入院費や治療費を考えたことがある新社会人は少ないと思われます。


しかし、社会人になると生活スタイルは大きく変わります。


例えば、仕事によるケガや運動不足が原因によるスポーツでのケガ、さらに若年性での病気など学生時代に比べてわずかですがリスクは高くなっています。


そのリスクに対して、社会人になると一人ですべてを解決することになります。


その備えのために保険相談窓口を利用が必須です。


新社会人では入院費や治療費に対する備えが重要になので、終身保険や医療保険、がん保険に加入すればよいと考えられます


独身だからといって保険が不要というわけではありません。


最低限の備えができるように保険窓口相談を利用してみましょう。

結婚したとき

保険相談窓口を利用するおすすめのタイミング2つ目は結婚したときです。


結婚はライフステージの中でも大きく必要な保障が変わるタイミングです。


共働きかどうか、子どもが欲しいかどうか、住宅の購入をどうするかどうかで加入するべき保険は変わってきます。


そのため、将来を見据えて、結婚したときに保険相談窓口を利用することはとても重要です。


結婚時に考えておくべき必要な備えは、入院費や治療費だけでなく、収入保障や死亡保障です


保険は万が一の時に生活を維持するために備えておくものです。


保険窓口相談ではこの考えに基づいて、どの保険に加入する必要があり、保険料はいくらになるか相談することができます。

こどもが生まれたとき

保険相談窓口を利用するおすすめのタイミング3つ目は子どもが生まれた時です。


子どもが生まれた時に加入するべき保険は定期保険や学資保険、子ども保険となります


子どもに関する保険を考えるうえで重要になるのが、子どもが独立するまでにどのくらいの資金が必要になるかということです。


この必要な資金に対して万が一の時にいくら不足するから保険に加入しておくというのが子どもに関する保険の考え方です。


そのため、先ほど紹介した保険は、子どもの入院費の保障や教育費の保障、親が死亡したときの死亡保障に対する保険となります。


保険相談窓口では、これらの計算をしたうえで、おすすめの保険を紹介してもらうことができます。

住宅を購入したとき

保険相談窓口を利用するおすすめのタイミング4つ目は住宅を購入したときです。

住宅ローンの返済時の保障として加入するべき保険が団体信用生命保険です。

団体信用生命保険は、住宅ローン債務者が死亡もしくは働けない状態になったとき、保険金で住宅ローンの債務に充てることができる保険です。

保険料は住宅ローンの返済とともに支払われるシステムになっています。

そのため、団体信用生命保険加入後は定期的に保険料の見直しが必要になります。

こどもが独立したとき

保険相談窓口を利用するおすすめのタイミング5つ目は子どもが独立したときです。


このタイミングでは保険の見直しが必須になります。


子どもが独立するまではもしもに備えて死亡保障が高額な保険に加入していたと思われます。


しかし、子どもが独立すると高額な死亡保障の必要がなくなります。


一方で、将来的に自身の入院費や治療費、老後の生活費が必要になります。


現在加入している終身保険の見直しや医療保険・がん保険の加入がこの時期には必要になります

世帯主が定年退職したとき

保険相談窓口を利用するおすすめのタイミング6つ目は世帯主が定年退職したときです。


世帯主が退職するタイミングでも子どもが独立したときと同様に自身の入院費や治療費、老後の生活費を考える必要になります。


そのため、医療保険やがん保険の加入を考える必要があります。


それに加えて死後の資産整理も考える必要があります。


相続税対策として終身保険は有効になります。


被相続人の死亡に伴う保険金については、相続人一人当たり500万円までが相続税非課税の対象になります


つまり、資産をそのまま相続させるよりも約50万円(税率が10%の場合)節税することができます。


保険相談窓口では節税対策を考慮したアドバイスもしてもらえるのでぜひ相談してみましょう。

その他にもライフスタイルに変化があったときはおすすめ!

上記であげた節目以外にもライフスタイルの変化があったときに保険相談窓口に相談されることをおすすめします。

特に知り合いの方が保険に入っておけばよかったという話を聞くと自身も備えをしておかなければという気持ちになる方は多いと思います。

そのような時でも保険窓口相談を利用すれば、相談者が納得するまで親身に解決してもらうことができます

将来のお金のことで心配されている方はぜひ保険窓口相談を利用してみてください。

保険相談窓口を利用するメリットを紹介!


続いては保険相談窓口を利用するメリットについて紹介します。


メリットはたくさんありますが、今回は以下の3つを紹介します。

  1. プロの専門家から具体的なアドバイスをもらえること
  2.  いろいろな保険商品を比較して自分にあうものを選べること
  3. 複数の保険に加入しても管理を任せられるので安心できること

①プロの専門家から具体的なアドバイスをもらえる

保険相談窓口を利用するメリット1つ目はプロの専門家から具体的なアドバイスをもらえることです。


保険は、その人のライフスタイルや備えるべき金額の違いになどにより、様々な種類があります。


その中で自身に合った保険を選ぶためには専門的な知識が必要になり、わからないまま保険に加入すると保険料などで損をする可能性があります。


その点について保険窓口相談ではほとんどの相談員がファイナンシャルプランナーの資格を持っており、専門的な知識からアドバイスをすることができます


また、保険窓口相談の運営会社によっては社内マスター制度を運用しているところもあり、保険以外にも住宅ローンや年金などの相談についても専門家からアドバイスをもらうことができます。

②いろいろな保険商品を比較して自分にあうものを選べる

保険相談窓口を利用するメリット2つ目はいろいろな保険商品を比較して自分にあうものを選べることです。


一般的な保険の営業は保険会社に所属している人が行っており、自社商品を販売することを目的としています。


そのため、自社商品内で自分に合った保険商品を提案されることになります。


一方で保険相談窓口では複数の保険会社の商品を用意しているため、どのような顧客に対してもベストの提案をしてもらうことができます

③複数の保険に加入しても管理を任せられるので安心

保険相談窓口を利用するメリット3つ目は複数の保険に加入しても管理を任せられることです。


人によってはもしもの備えに対して複数の保険商品に加入している人もいます。


また、複数社の保険に加入しており、管理がうまくできてない人もいます。


そのような人は保険窓口相談に行くことをおすすめします。


保険相談窓口では、自身が加入している保険商品をすべて伝えることでそれを見やすくまとめた一覧を郵送で送ってもらえるサービスがあります


また、これをもとに定期的に保険更新の提案を行ってもらえるため、保険料で損をすることなく、もしもの備えをすることができます。

保険相談窓口に関するよくあるQ&Aを紹介!


続いては保険窓口相談についてよくある質問をお答えします。


よくある質問は以下の7つです。

  1. 保険相談窓口を利用したとき相談料はかかるのか?
  2. 保険相談の相談方法は対面だけ?他にもあるのか?
  3. 保険相談はだいたいどれくらいの時間がかかるのか?
  4. 窓口に行って相談をするだけでも大丈夫なのか?
  5. いろいろな保険相談窓口があるけど違いはあるのか?
  6. 商品・サービスのしつこい勧誘やセールスはあるのか?
  7. 保険相談窓口で保険を契約すると手数料はかかるのか?

保険相談窓口を利用したとき相談料はかかる?

保険相談窓口を利用したときの相談料は原則無料です。


何回相談しても相談料は無料です。


そのため、相談者は自身が納得するまで保険相談窓口を無料で利用することができます。


相談料が無料でもビジネスが成り立つのは、保険相談窓口の収益は契約手数料で成り立っているからです。


つまり、相談者から手数料をもらって主なビジネスモデルではないので相談料を無料にすることができています。

保険相談の相談方法は対面だけ?他にもある?

保険相談の相談方法は対面だけでなくオンラインや電話でも対応してもらうことができます。


以前は顧客が予約して店舗に行き、相談をするという相談方法がほとんどでした。


顧客の要望によっては相談員が自宅に向かう相談方法もありました。


近年は新型コロナウイルス感染拡大の影響による外出自粛などによりオンラインで相談を受け付けています。


相談員もオンライン相談の練習等を行っているため、対面と同じ質のサービスを受けることができます

保険相談はだいたいどれくらいの時間がかかる?

保険相談の時間は1回の相談で1~2時間くらいが平均です


相談時間は相談内容や数によって異なるため、相談時間が気になる方は予約の際に所要時間を確認しておきましょう。


保険相談窓口によってはあまり時間を確保できない顧客に対して30分程度の相談から受け付けているところもあります。

窓口に行って相談をするだけでも大丈夫?

相談だけを目的に保険窓口相談を利用しても問題ありません。


保険に加入するためには自身が納得して加入する必要があります。


そのため、自身が加入するべきかどうか迷っている保険があれば、中立的な立場でかつ専門的な意見を言ってくれる保険相談窓口で相談をするべきです。


一度の相談をきっかけにより適した保険を紹介してもらえる可能性もありますし、保険以外の相談にも対応してもらえる可能性があります


相談目的で保険相談窓口を利用しても相談料は無料ですのでぜひ利用してみましょう。

いろいろな保険相談窓口があるけど違いはある?

保険相談窓口は系列店や店舗によって大きく異なっています。


まず、系列店ですが、保険会社が運営している保険相談窓口と保険会社以外が運営している保険相談窓口の2種類あります。


前者の場合は、自社商品をより多く販売するため、自社商品を置いている割合は非常に高くなっています。


後者の場合は自社商品がないため、より多くの会社のより多くの種類を取り扱っているため、顧客本位の対応をしてもらうことができます。


また、店舗についてはその店舗の売上や保険会社とのつながりにより系列店内でも取り扱っている商品は異なります。


よりたくさんの商品から保険を選びたい場合は複数店舗で相談を受けたうえで保険を選択するという選び方もあります

商品・サービスのしつこい勧誘やセールスはある?

商品やサービスのしつこい勧誘やセールスは基本的にはありません


その理由はSNSによる口コミの拡散があります。


しつこい勧誘など接客態度の悪さがSNSに広まるとその店舗には当分の間、客が来なくなり、売上が大幅に減ることになります。


また、フランチャイズの保険相談窓口の場合、1店舗の不祥事により系列店全体の信用が失われる可能性があるため、接客態度については最低限のマニュアルが作成されています。


このように保険相談窓口の信用や売上を考慮した場合、相談員が商品やサービスのしつこい勧誘やセールスは基本的にはあり得ないと言うことができます。

保険相談窓口で保険を契約すると手数料はかかる?

保険相談窓口で保険を契約しても手数料はかかりません


保険代理店でも保険会社でも同じ保障内容の保険商品であれば、保険料は同額です。


先ほど紹介した通り、保険相談窓口は保険会社からの契約手数料で収益を上げています。


そのため、顧客から直接手数料などの料金を請求するようなことはありません。

保険相談窓口の選び方のポイントについて解説!


次は保険相談窓口の選び方のポイントについて解説します。


今回は以下の4点について解説します。

  1. 保険相談員の相談経験とスキル
  2.  取り扱っている保険会社の種類
  3. 保険相談窓口と自宅の距離の近さ
  4. 資格を持つファイナンシャル・プランナーの有無 

①保険相談員の相談経験とスキル

保険相談窓口の選び方のポイント1つ目は保険相談員の相談経験とスキルです。


保険相談員の相談経験が豊富だと相談者の状況に近い相談者をもとに相談や商品の提案をしてもらうことができます。


そのため、短時間でおすすめの保険商品を数個に絞ってもらうことができます。


また、相談スキルが高いと提案力が高いだけでなく、顧客に安心感や信頼感を与えることができるため、納得して保険に加入することができます


相談員を選ぶことができるのであれば、できるだけ相談経験が豊富でかつスキルの高い保険相談員に相談にのってもらいましょう。

②取り扱っている保険会社の種類

保険相談窓口の選び方のポイント2つ目は取り扱っている保険会社の種類です。


保険会社の種類が少なかったり、保険会社に偏りがあるとその店舗ではベターの保険を選ぶことができますが、ベストの保険を選ぶことができません。


取り扱っている保険会社の種類が多いと自身に合った保険を選ぶことができます。


また、多数の保険会社との取引があるということは、人気の高さや顧客に対しての親身な対応をしていることを表している保険相談窓口ということになります


保険窓口相談を選ぶ際には取り扱っている保険会社の種類もチェックしてみましょう。

③保険相談窓口と自宅の距離の近さ

保険相談窓口の選び方のポイント3つ目は保険相談窓口と自宅の距離の近さです。


当然近い方がより良いことになります。


保険相談窓口では顧客の複数の保険商品を管理してもらえ、見直しの時期になると連絡をしてもらえます。


保険相談窓口は保険商品についてかかりつけ医のような存在です。


相談し、保険に加入した後は自身が保険で損をしないように保険相談窓口に定期的に通った方良いため、自宅から近い方がより良いことになります

④資格を持つファイナンシャル・プランナーの有無

保険相談窓口の選び方のポイント4つ目は資格を持つファイナンシャルプランナーの有無です。


ファイナンシャルプランナーは一定水準の家計に関する金融知識を持っていることを証明する国家資格です


同じ相談であれば、専門的な知識を持っているファイナンシャルプランナーに教えてもらう方がより信頼することができます。


また、ファイナンシャルプランナーは保険だけでなく、住宅ローンや年金など家計に関する金融知識も持っているため、多様な面から保険商品の提案や家計に関する相談にも対応してもらうことができます。


保険相談窓口で相談するのであれば、ファイナンシャルプランナーの資格を持った人を選ぶようにしましょう。

保険相談では「自分にあった相談員」を見つけることも大切


保険相談窓口の選び方のポイントについて紹介してきましたが、一番重要なポイントは相談員が自分に合っているかどうかです


保険相談では、現在加入している保険や家計・年収などを話す必要がありますが、信頼できる相談員でなければすべてを話すことが難しいと思われます。


保険相談の最初の段階で相談員の人柄やスタンスが自分に合っているのか、信頼できそうかを見極めることが重要になります。

保険相談窓口での保険相談の流れについて解説!


続いては保険相談窓口での保険相談の流れについて解説します。


一般的な保険相談の流れは以下のようになります。

  1. サイトの予約フォーム・電話で保険相談の申し込み 
  2. 保険に関する現状や希望について相談員がヒアリング
  3. 相談員がアドバイス・保険商品の提案を行う 

①まずはサイトの予約フォーム・電話で保険相談の申し込み

まずは保険相談窓口のサイトの予約フォーム・電話から保険相談の申し込みをしましょう。


店舗での混雑度合いや当日の相談員の人数によっては飛び込みで来店してもすぐに対応してもらえない可能性があります。


ほとんどの保険相談窓口では電話だけでなく、サイトからでも予約状況が確認できるため、相談を希望される方は必ず予約をしておきましょう

②保険に関する現状や希望について相談員がヒアリング

次は保険相談窓口に来店して保険に関する現状や希望について相談員がヒアリングを行います。


顧客に合った保険商品を提案するためにはヒアリングが重要です。


将来のことについて悩んでいることや保険の見直しなど思っていることはすべて相談員に話すようにしましょう。


ヒアリングの際に準備するべきものは特に必要ありませんが、加入している保険の資料などがあれば、スムーズにヒアリングや保険商品の提案を行うことができます

③相談員がアドバイス・保険商品の提案を行う

ヒアリングをもとに相談員がアドバイスや保険商品の提案を行います。


アドバイスや提案の際にはグラフや表を用いてわかりやすい説明がなされます。


また、現在加入している保険が自分に合っているかや将来必要なお金についても説明してもらえます。


このように根拠を持ってアドバイスや保険商品の提案をしてもらえるため、安心して保険に加入もしくは保険の乗り換えができるようになります

保険相談窓口を検索・予約できるおすすめサイト3選を紹介!


次は保険相談窓口を検索・予約できるおすすめサイトを3つ紹介します。

  • 保険相談ニアエル
  • 保険相談ナビ
  • タウンライフほけん相談

①保険相談ニアエル

保険相談窓口を検索・予約できるおすすめサイト1つ目は保険相談ニアエルです。


保険相談ニアエルは、様々な系列店の保険相談窓口を掲載しており、現在は約1500店舗の保険相談窓口を掲載しています。


保険相談ニアエルのサイトではエリアから保険相談窓口を検索できるため、自宅から最寄りの保険相談窓口を探すことができます。


また、自宅へ相談員に来てもらう訪問相談についても予約をすることができます

②保険相談ナビ

保険相談窓口を検索・予約できるおすすめサイト2つ目は保険相談ナビです。


保険相談ナビでは、全国900店舗の保険相談窓口を掲載しており、そこから自身に最も合った保険相談窓口を探すことができます。


また、当サイトでは保険の種類や年齢、性別から保険商品を検索することができるため、相談前に自分自身で保険について調べておくことができます。


事前に自分自身で保険について調べておきたい方にはおすすめのサイトです

③タウンライフほけん相談

保険相談窓口を検索・予約できるおすすめサイト3つ目はタウンライフほけん相談です。


タウンライフほけん相談でもエリアで保険相談窓口を検索することができます。


タウンライフほけん相談の最大の特徴はおすすめの保険相談窓口を無料で紹介してもらえることです。


自身の情報や相談したい内容などを入力し、メールで送信するとおすすめの店舗を紹介してもらえるだけでなく、そのまま相談の予約をしてもらえます。


自分に合った保険相談窓口を探すことが難しい方にはおすすめのサイトです。

おすすめの保険相談の窓口7選を紹介!

最後におすすめの保険相談窓口を7つ紹介します。

  • マネーキャリア
  • ほけんの窓口
  • 保険市場
  • 保険ほっとライン
  • ほけん百花
  • 保険マンモス
  • マネードクター

マネーキャリア


おすすめの保険相談窓口1つ目はマネーキャリアです。


マネーキャリアでは全国3000人のFPと提携しており、相談満足度が93%と非常に高い値となっています


また、取り扱っている保険会社の数は約40社で業界内でトップクラスとなっています。


ただし、店舗数が非常に少ないため、原則オンライン相談となります。


相談スキル全国3000人のFPと提携
取扱保険会社数約40社
訪問サービス全国展開
オンライン相談導入済み
店舗相談×拠点数が少ない
マネーキャリアの詳細はコチラ

ほけんの窓口

おすすめの保険相談窓口2つ目はほけんの窓口です。


ほけんの窓口は全国放送でCMが放映されるほど規模の大きな保険相談窓口の会社です。


そのため、店舗数は全国で約740店舗と利便性は非常に高いです


ただし、約50%の店舗がフランチャイズであるため、このような店舗では保険の取扱数が非常に少ない場合があること、未経験者や新卒の採用も行っているため、スキルの低い相談員に当たる可能性が高いなどのデメリットがあります。


相談スキル未経験者や新卒が相談員になる可能性がある
取扱保険会社数フランチャイズ店では少ない場合がある
訪問サービス対応してもらうことができる
オンライン相談導入済み
店舗相談全国約740店舗

保険市場

おすすめの保険相談窓口3つ目は保険市場です。


保険市場では直営12店舗での相談や社員相談にあたる場合は優秀であるため、相談スキルは非常に高いです


一方で、直営12店舗以外の約98%の店舗は保険市場と業務提携を行っています。


そのため、相談スキルや取扱保険会社数は非常にばらつきがある上に、既存顧客を優先するため、新規の顧客は予約が取りにくいというデメリットがあります。


相談スキル直営や社員であればスキルは高い
取扱保険会社数×店舗によって大きなばらつきがある
訪問サービス直営12店舗であれば対応可
オンライン相談導入済み
店舗相談提携先次第で利用しやすさは異なる


保険ほっとライン

おすすめの保険相談窓口4つ目は保険ほっとラインです。


保険ほっとラインは取扱保険会社数が約40社、店舗数は全国に約170店舗あり、利便性は非常に高いです。


しかし、店舗相談の場合は都市部に限られていることや新規顧客に対しては予約が取りにくいなどのデメリットもあります。


相談スキル押しすぎずソフトな対応
取扱保険会社数約40社
訪問サービス×対応してない
オンライン相談導入済み
店舗相談店舗によって利用しやすさは異なる



ほけん百花

おすすめの保険相談窓口5つ目はほけん百花です。


アンケート調査によると全体的に高評価でスタッフの対応力や相談スキルは非常に高いです。


しかし、店舗は大都市圏にしかないため、地方在住の人には利用しにくいことがデメリットです。


相談スキル全体的に高評価
取扱保険会社数約40社
訪問サービス×対応していない
オンライン相談×導入していない
店舗相談87店舗、大都市圏のみ


保険マンモス

おすすめの保険相談窓口6つ目は保険マンモスです。


保険マンモスでは提携によって規模を拡大していますが、厳選して店舗先を選んでいるため、どこの店舗でも相談員のスキルは高いです。


また、保険相談を行うことで肉など好きな商品をもらうことができます


一方で提携先によっては取扱保険会社数は2~3社しかなく、顧客本位での対応が難しいところ店舗もあります。


相談スキル優秀なところと提携している
取扱保険会社数×提携先によって異なる
訪問サービス全国展開
オンライン相談導入済み
店舗相談提携先によって異なる



マネードクター

おすすめの保険相談窓口7つ目はマネードクターです。


マネードクターではファイナンシャルプランナーの資格を持っており、かつベテラン相談員が多数在籍しているため、相談スキルは非常に高いです


取扱保険会社数は29社と同業他社に比べるとやや少ないですが、いずれの相談員もすべての保険商品を適切に扱いことができます。


相談スキルFPかつベテラン相談員が多い
取扱保険会社数29社
訪問サービス全国展開
オンライン相談導入済み
店舗相談全国97支社



【参考】マネーキャリアの保険相談窓口の評判・口コミは?

当サイトを運営しているマネーキャリアの保険相談窓口の評判・口コミについて紹介します。


まず、良い口コミ・相談体験には以下のようなものがありました。

  • 自宅に専門家が来てくれた
  • 何回でも無料で相談することができた
  • 丁寧に説明をしてくれたおかげで満足できる保険の見直しができた

一方で悪い口コミ・体験談には以下のようなものがありました。
  • 年齢のせいもあり、オンライン相談には非常に苦戦した
  • 信頼関係ができるまで年収や職業などを教えたくなかったが、教えないと具体的なアドバイスをもらうことができなかった

デメリットについてはどこの保険相談窓口を利用しても感じる事項だと思います。

信頼できてかつ親身に対応してくれる相談員を見つけられるように利用者も努力する必要があるようです

【まとめ】保険は1人で悩まず窓口に保険相談をしにいこう

保険相談窓口の保険相談について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは

  • ライフスタイルの変化があるときに保険相談窓口に相談することがおすすめ
  • 相談料は無料でオンラインでの相談もできる
  • 相談員の相性など自分に合った保険相談窓口を見つけることが重要

でした。


保険相談窓口では、取扱保険会社数が多いため、顧客本位での保険商品を提案してもらうことができます。


また、保険加入後、保険の見直しなどアフターサービスも充実しているため、ぜひ保険相談窓口を利用されることをおすすめします。


マネーキャリアでは、他にも読んでおきたいお金に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

記事監修者「谷川 昌平」

この記事の監修者谷川 昌平
フィナンシャルプランナー

東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。