積立NISAに複利効果はない?複利効果の仕組みや複利計算について解説のサムネイル画像
▼この記事を読んでほしい方
  • 積立NISAを始めたとお考えの方
  • 複利の計算方法や効果を知りたい方
  • 積立NISAでの複利効果を知りたい方

内容をまとめると

  • 複利効果と単利効果の違いは資産運用
  • 積立NISAでは複利が大きい
  • 運用した時のリターンはシミュレーションで知れる?
  • 複利の計算は72の法則で分かる!
  • 資産形成の不安や疑問の相談は、マネーキャリアがおすすめ! 
  • お金の不安ならなんでもOK!何度相談しても無料!約半数の方が3回以上ご相談されています 
  • マネーキャリアは相談満足度98.6%!

積立NISAで長期運用を行うメリットの1つに複利効果があります。複利効果はない、嘘と主張する方もいるかもしれませんが、適切な商品・銘柄を選ぶことで複利効果を得ながら長期運用が可能です。本記事では、積立NISAで複利効果を得る方法について解説します。

この記事の目次

目次を閉じる

複利効果と単利効果とは


複利効果単利効果についてどちらがどのような効果なのか理解していますでしょうか。


複利効果は聞いたことはあるが単利効果は聞いたこともない方。


いろんな状況の方がいらっしゃると思いますが、どちらがどのような効果なのか理解しておくことは投資を行う上で重要なポイントです。


本記事では複利効果と単利効果について比較しながら確認していきます。


複利効果と単離効果をかんたんに紹介すると以下のようになります。


複利効果

  • 分配金がなく、そのため運用で得た利益が翌年の元本として計算される。
  • 長期で運用すればするほど元本が大きくなる可能性があり、効果が大きく得られる


単利効果

  • 分配金があるため、投資額のみが元本となる。
  • 長期で運用しても元本が変わらなければ、初年度と効果は変わらない。


したがって、利益が増えていく複利効果に対して、単利では毎年毎年、利益は同じ金額です。


複利効果は単利効果と比較して毎年毎年利益の差を広げていけるということがわかりますね。

マネーキャリアで無料相談する

複利効果はない、嘘と言われる理由は予想とのギャップ


よく目にする積立NISAで得られる利益はあくまでシミュレーションであり、長期で積み立てたときに得られる利益を簡易的に表したものです。


例えばですが、毎月の積立金額が5万円の想定利回りが5%、積立期間が20年間の場合は元本が1,200万円に対して運用収益は800万円以上になります。


これを見ると、1年目から毎月1万程度、年間で運用収益が10万程度は生まれることを期待します。


実感できない原因は、複利効果が期待リターンによって説明されることが多く、実際は利益だけでなく、損失も拡大させることがあるため実際の運用成果との間にギャップが生まれます。


ゆえに、聞いていない想定していない結果になれば積み立てを継続しないという判断になり、複利効果を実感する前に解約する方もいます。

複利効果が実感できるのは2年目以降

予想される利回りあくまで平均から割り出したものなため、1年目から高い利回りで投資できるとは限りません。もちろんできないとも限りません。


また投資を始めたばかりでは分散もされていないので数回の投資に影響されやすいため、元本割れのリスクは高いです。


また長期積立投資は資産が時間とともに比例して増えていくものではない、指数関数的に増えていくものです。そのため始めたばかりでは利益が出にくいです。


複利の効果は長期で継続することで力を発揮します。


そのため複利の効果を実感するまでは1年以上は運用すれば、2年目以降からは複利の効果が実感できるようになります。

マネーキャリアで無料相談する

積立NISAでは複利効果が大きいと言われる理由3選


積立NISAでは複利効果が大きいと言われる理由3選を紹介していきます。

  • 理由1:分配金がなく長期運用と相性の良い商品が多いから
  • 理由2:積立NISAでふやした資産は非課税で受け取れるから
  • 理由3:2024年以降の新NISAでさらなる複利効果も期待
しっかりと積立NISAで得られる複利の効果を理由まで理解することで継続しやすくなります。

継続がしやすということは長期で運用できるため運用益も伸ばすことができます。早速みていきましょう。

理由1|分配金がなく長期運用と相性の良い商品が多いから

積立NISAの複利効果が大きくなる理由としてまず分配金がないことが挙げられます。


分配金があるということは得た利益をその場で受け取ることになります。したがって、利益が運用されないため複利の効果が得られます。


分配金がある場合は増えた分の利益を受け取るため、受け取った分だけ複利の効果を得れなくなります。


そして相性の良いという点ですが、運用益が長期の間、非課税になるのでほったらかしで運用できて非課税のため手数料などもなく運用でどのくらいプラスになったかを考えるだけでよくなります。

理由2|積立NISAでふやした資産は非課税で受け取れるから

積立NISAで複利効果が大きくなる理由として次に利益が非課税で受け取れることが挙げられます。


従来の投資であれば、投資で得られた利益はそのままの額では受け取れず得た利益に対して税金がかかります。


しかし、積立NISAは非課税の枠内での投資であれば積立NISAで得た利益には税金がかかりません。


税金で取られない分、得た利益を丸々そのまま受け取ることができるため利益が大きくなることに繋がります。これが非課税のメリットです。


このメリットからも非課税の枠はいっぱいに使うのがおすすめです。非課税の枠をいっぱいに使うことで利益を生み出す元本が大きくなり、利益の拡大になります。


満額を使い切ることが可能な方はぜひ利用してみてください。資産形成が大きく前進します。

2024年以降の新NISAではさらなる複利効果も期待

積立NISAで複利効果が大きくなる理由として最後に2024年以降の新NISAで変わることが挙げられます。


新NISAに変わることよって非課税で運用可能な期間が20年から無期限に変わります。


これまでは20年という期間が定められていたので、20年までは毎年40万円までは税金なし。20年以降に得た利益には税金がかかります。


そのため、2023年末まで実施されるNISAでは20年後の非課税の期間が終了してしまうタイミングで株価が落ちていると株価が上がるまで待ちたい。


しかし、非課税の期間が過ぎた後の利益は税金によって利益が小さくなるというデメリットがあるため待つという選択話なのかどっちなのか悩ましいです。


ですが、新NISAは無期限なので非課税の期間を気にせず毎月の積み立てを設定をするのが容易なため長期で運用がしやすく複利効果により期待できるようになったのです。

マネーキャリアで無料相談する

積立NISAの複利効果をシミュレーション


上記で複利の効果を説明するときに簡単に複利効果をシミュレーションしました。


ここからはより詳しく説明していきます。

初年度に100万円投資をしたとし、そして年率が10%だと想定した場合をシミュレーションします。


1年後に10万円の利益が生まれ、110万円になります。2年後には110万円から11万円の利益が生まれ121万円になります。そして10年後には236万円から24万円の利益が生まれ259万円になります。


単利であれば毎年の利益は10万円なため、10年後には200万円になります。


したがって、10年間で単利と複利では59万円の差、複利の方が5割増しで利益が得られます。


シミュレーションをすると複利の偉大さが分かります。今回は10年後の比較でしたがより長期間の運用であればさらに差が開くことになります。


マネーキャリアは、70社以上の金融コンサルタント会社と提携しており、その中でもトップクラスの専門性と満足度を兼ね備えたFPのみが対応します。

  • お金の不安ならなんでもOK!
  • 何度相談しても無料!約半数の方が3回以上ご相談されています 
  • 相談満足度は、なんと98.6% 

NISAに関するお悩み相談はマネーキャリアに相談して、らくらく解決!

ぜひ、あなたの生活に役立ててくださいね。 

マネーキャリアで無料相談する

複利効果を得るには長期投資と分配金の再投資が大切!


シミュレーション
からも分かるように長期投資と分配金の再投資の掛け算によって、大きな利益が生まれる仕組みができています。


そのため、この2つがいかに大切なことかが分かります。


複利効果とは自分が投資した元本に加え元本が生み出した利益が元本に加わり、元本+利益が新たな元本として利益を生み出すというシステムのことです。


複利は比例で増えていくのではなく、指数関数的に増えていくため長期で積み立てると利益が大きくなります。


分配金の再投資により得た利益がまた元本となりその分が利益を生み出す。


これが大切です。


分配金を再投資しなければその都度、分配金が配布され、投資の資金とはならず現金として保有することになります。そのため複利の効果を得られません。

マネーキャリアで無料相談する

積立NISAの複利効果について知っておきたいポイント


積立NISAの複利効果について知っておきたいポイントを以下で紹介していきます。

  • 複利運用は全ての商品でできるわけではない
  • NISA口座とは別の特別口座で同じ銘柄を購入しても複利はきく
複利効果を知らずに投資をするのは将来的に大損をする可能性大です。

得られた利益を自らの手で逃す。そんな最悪の事態を防ぐために以下で紹介することを十分に知っておいてください。それでは見ていきましょう。

複利運用は全ての商品でできるわけではない

商品の全てが複利で運用できるというわけではない。


その例としてETFがその複利運用ができない商品、複利なしの商品になっています。


複利運用ができる投資信託とは異なり、ETFは再三にはなりますが分配金の自動投資つまり、得た利益が利益を生むためのシステムを作れません。


また補足でETFの説明になりますが、投資信託とは異なり、定期買い付けということが不可能です。そのためドルコスト平均法を使えないというデメリットがあります。


簡単に言えば、分配金があればその度に自分で投資しなおす必要があります。


毎度毎度、手動で再投資する際に買っていた商品の価値も変動するため再投資はリスクがあります。

NISA口座とは別の特定口座で同じ銘柄を購入しても複利はきく

NISA口座とは別の特定口座でも複利はききます。


別々の口座でも投資信託の商品で保有していれば複数の口座であろうと複利はきく。


投資信託で得られる利益が利益に貢献しており、利益を獲得しない限りは元本だけでなく含み益にも利益がつく。


つまり、投資信託で保有している限り複利は有効ということになります。


特定口座についても説明すると特定口座を利用するタイミングとしては、以下のタイミングになります。


買いたい商品がつみたてNISA口座で取り扱いがない場合や、積立NISAの非課税枠をオーバーして購入するときにつみたてNISA口座の代わりに特定口座が使われます。

マネーキャリアで無料相談する

複利計算:72の法則とは


72の法則
をご存じでしょうか。この法則は金利がどうやってどのような利回りを出せば、いつ頃に設定した目標金額に資産が形成されるかを簡易的に計算できるものです。

計算式は右記のようになります。 「72 ÷ 金利(年利)= 資産が倍になるまでの年数」 

実際にこの72の法則を用いて確認していきましょう。

仮に年利4%で複利運用したとします。資産が倍になるまでには法則から72÷4=18年と算出できます。 

今、年利を固定して資産が倍になるまでの年数を計算しました。計算式を応用し年数を固定すれば、もちろんその年数で倍になるのに必要な投資先の金利も算出できます。

仮に10年間で資産を倍にしたい場合、72 ÷ 10年 = 7.2%と年数も金利もどっちも算出できます。

複利運用を用いる場合は、この72の法則を用いることにより利回りや投資年数のシミュレーションがいつでも可能になり投資時の余裕が生まれます。

ただ今回は利回りを固定して考えているため、もちろん利回りが変動すればシミュレーションとは異なることは理解しておきましょう。

まとめ:積立NISAの運用・利益に関する相談はマネーキャリアへ


本記事で以下のことを紹介しました。
  • 複利効果と単利効果の違いは資産運用 
  • 積立NISAでは複利が大きい 
  • 運用した時のリターンはシミュレーションで知れる? 
  • 複利の計算は72の法則で分かる! 
  • 資産形成の不安や疑問の相談は、マネーキャリアがおすすめ! 
  • お金の不安ならなんでもOK!何度相談しても無料!約半数の方が3回以上ご相談されています 
  •  マネーキャリアは相談満足度98.6%!
複利効果のことや積立NISAがいかに便利で利用すべきものか理解していただけたでしょうか。

本記事で興味を持たれた方や疑問を持たれた方にはマネーキャリアへ相談してみることをおすすめします。

マネーキャリアでは投資のことはもちろん、積立NISAの運用や利益に関する相談も解決できます。

下のボタンから簡単に無料相談予約ができますので、今後の資産運用のためにもぜひ一度ご活用くださいね。
マネーキャリアで無料相談する
記事監修者「谷川 昌平」

この記事の監修者谷川 昌平
フィナンシャルプランナー

東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。