iDeCo(イデコ)金融機関の手数料比較!ろうきんやソニー生命の手数料は高い?のサムネイル画像

資産運用や家計・老後資金についてのお悩みがあるなら、お金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するのがおすすめです。


経験豊富なFPに相談すれば、ライフプランや収入、家族構成などを分析してもらい、最適なアドバイスをもらうことが可能です。


でも、FPに相談するにも自分で優秀なFPを探すのは大変ですよね。


そこでおすすめしたいのがマネーキャリアなどの無料FP相談窓口です。


無料FP相談窓口に相談すれば、あなたに合ったFPを無料で紹介してくれ、FP相談も完全無料で受けられます。


今なら、スマホ1台でオンライン相談も可能ですので、興味のある方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

無料でお金の相談をする

この記事では、iDeCo(イデコ)の手数料、各金融機関によって何が違うのかがわかります。iDeCo(イデコ)は一般的に長くお付き合いしていく商品なので少しの手数料でも比較してみると大きく違ってきます。

この記事の目次

目次を閉じる

イデコ(iDeCo)の手数料比較表


イデコ(iDeCo)の手数料はいったいどのくらいかかるのでしょうか。ひとくちに手数料といってもいくつか種類があります。


まず、金融機関ごとの手数料を比較してみましょう。 

 (尚、この表には投資信託の信託報酬は含んでおりません。)

 

手数料比較表

金融機関名加入時(初回のみ)毎月の費用(積立あり)毎月の費用(積立なし)移すとき受け取り時
イオン銀行2,829円171円66円-440円
岡三証券2,829円171円66円-440円
さわかみ投信2,829円171円66円4,400円440円
大和証券2,829円 171円66円4,400円440円
野村証券2,829円 171円66円-440円
松井証券 2,829円 171円66円 4,400円440円
マネックス証券2,829円171円66円4,400円440円
三井住友銀行
(みらいプロジェクト)
2,829円171円66円 -440円
楽天証券2,829円171円66円4,400円440円
りそな銀行2,829円171円66円-440円
auアセットマネジメント2,829円171円66円4,400円440円
auカブコム証券2,829円171円66円4,400円440円
SBI証券
(セレクトプラン)
2,829円171円66円4,400円440円
SMBC日興証券2,829円171円66円-440円
ソニー銀行
(資産50万円以上)
 2,829円171円66円-440円
第一生命保険(加入から2年
目以降の手数料優遇あり)
 2,829円171円66円-440円
みずほ銀行
(資産50万円以上)
 2,829円171円66円-440円
富国生命保険2,829円430円325円-440円
ゆうちょ銀行2,829円430円325円-440円
ジブラルタ生命保険2,829円431円326円-440円
中央労働金庫2,829円431円326円-440円
三井住友銀行
(標準コース)
2,829円431円326円-440円
三菱UFJ銀行/三菱信託銀行
【ライトコース】
2,829円431円326円-440円
 JAバンク 2,829円431円326円-440円
みずほ銀行
(資産50万円未満)
2,829円431円以内326円-440円
荘内銀行2,829円446円307円-440円
スルガ銀行 2,829円446円341円4,400円440円
北洋銀行2,829円459円394円-440円
北陸銀行2,829円459円354円-440円
北海道銀行 2,829円459円401円440円
西日本シティ銀行 2,829円460円355円-440円
横浜銀行2,829円462円357円-440円
お金のデザイン
(MYDC)
2,829円468円363円-440円
滋賀銀行 2,829円68円346円-440円
損保ジャパンDC証券2,829円473円356円-440円
百十四銀行2,829円473円368円-440円
信金中央金庫2,829円474円369円-440円
広島銀行2,829円480円375円-440円
福岡銀行2,829円480円375円 - 440円
三井住友海上火災保険2,829円482円368円440円
秋田銀行2,829円482円368円-440円
京葉銀行2,829円482円368円 -440円
中国銀行2,829円
482円377円-440円
明治安田生命保険
【シンプルコース】
2,829円484円379円-440円
池田泉州銀行2,829円487円382円-440円
住友生命保険2,829円490円385円-440円
東京海上日動火災保険2,829円490円328円-440円
日本生命保険2,829円490円385円-440円
伊予銀行2,829円490円328円-440円
愛媛銀行2,829円490円328円-440円
大垣共立銀行2,829円490円473円-440円
鹿児島銀行2,829円490円438円-440円
紀陽銀行2,829円490円328円-440円
静岡銀行2,829円490円328円-440円
十六銀行2,829円490円328円-440円
南都銀行2,829円
490円328円-440円
百五銀行2,829円490円385円-440円
北國銀行2,829円490円341円-440円
みちのく銀行2,829円490円347円-440円
ソニー銀行
(資産50万円未満)
2,829円490円以内385円以内-440円
三井住友信託銀行
【プランN】 
 2,829円501円396円-440円
群馬銀行2,829円501円339円-440円
常陽銀行2,829円501円396円-440円
筑波銀行2,829円501円356円-440円
あいおいニッセイ
同和損害保険
2,829円532円
421円
 -
385円
山口銀行
2,829円
534円
372円
-
440円
明治安田生命保険
【スタンダードコース】
2,829円
545円
440円
-
440円
大分銀行
2,829円545円
383円
-
440円
栃木銀行2,829円545円396円-440円
三菱UFJ銀行/三菱信託銀行
【標準コース】
2,829円556円423円-440円
宮崎銀行2,829円567円 460円-440円
SBIベネフィット
・システムズ
2,829円589円484円4,400円440円
岩手銀行2,829円589円429円-440円

資産運用や家計・老後資金についてお悩みを抱えていませんか?


ファイナンシャルプランナー(FP)に相談すれば、あなたのライフスタイルや将来のビジョンに合わせて、資産運用や家計について最適なアドバイスをもらえます。


だけど、信頼できるFPを探すのは大変…


そんな時は「マネーキャリア」などの無料FP相談窓口を利用しましょう。


経験豊かなFPを無料でご紹介


さらに、FPとの相談も0円!手軽にスマホからオンライン相談も予約できます。


以下のボタンから公式サイトをチェックして、お金の悩みを解消しましょう。

無料でお金の相談をする

iDeCo(イデコ)の手数料が安い金融機関14社の比較一覧

iDeCo(イデコ)の手数料が安い金融機関として、以下14社を挙げます。


 主な特徴についてそれぞれ比較、確認してみましょう。 

 14社の比較一覧 

金融機関名加入手数料口座管理手数料
 (月額)
iDeCoにおいての主な特徴
SBI証券2,829円171円15年を超える運営実績。加入者数No.1。
りそな銀行2,829円171円ESG銘柄の運用を通して社会貢献できる。
松井証券2,829円171円業界最大級の商品ラインアップ。
マネックス証券2,829円171円低コストの商品が充実。
楽天証券2,829円171円 証券口座とiDeCo口座を1つのIDで一括管理できる。
三井住友銀行
(みらいプロジェクト)
2,829円171円全国の三井住友銀行の窓口で相談できる。 
auカブコム証券2,829円171円対象投信の保有残高に応じてPontaポイントがもらえる。 
SMBC日興証券2,829円171円 dポイントが貯まる。 
大和証券2,829円171円初心者向けのコンテンツが用意されている。 
野村証券2,829円171円安心のサポート体制。
イオン銀行2,829円171円365日相談を受け付けている。
岡三証券2,829円171円初心者も商品選びがしやすい。
auアセット マネジメント2,829円171円商品ラインナップが充実している。 
さわかみ投信2,829円171円独自の投資信託の設定がある。

資産運用や家計・老後資金についてお悩みなら、専門家の力を借りてみませんか?


経験豊富なファイナンシャルプランナー(FP)が、あなたのライフスタイルやニーズを細かく分析し、最適な資産運用などを提案します。


しかし、信頼できるFPを探すのは簡単ではありません。


そこで、マネーキャリアなどの無料FP相談窓口がお手伝いします。


無料FP相談窓口なら厳選されたFPを無料で紹介してくれます。


さらに、FPとの相談も完全無料


手軽にスマホからオンライン相談も可能です。


お金の不安解消のための第一歩、マネーキャリアの公式サイトを今すぐチェックしてみてください。

無料でお金の相談をする

iDeCo(イデコ)の積立にかかる3つの手数料


iDeCo(イデコ)の積立には次の3つの手数料がかかります。

それぞれ詳しく見ていきます。

  1. 加入手数料 
  2. 口座管理手数料 
  3. 投資信託の信託報酬(運用管理費)

加入手数料

一つ目にかかる手数料として、iDeCo(イデコ)を始める際にかかる加入手数料があります。 

 

加入手数料は初期費用として一回だけ支払います。この金額は国民年金基金連合会に対する一時的なコストとして一律で2,829円です。

口座管理手数料

二つ目にかかる手数料として、口座管理手数料があります。

この口座管理手数料は毎月支払います。内訳としては、国民年金基金連合会に105円、信託銀行に66円の合計171円です。この金額をiDeCo(イデコ)取扱い金融機関が代行して徴収しています。

口座管理手数料の最安値は171円!

iDeCo(イデコ)の口座管理手数料は、国民年金基金連合会に105円、信託銀行に66円の合計171円のみなのでしょうか。 実は各金融機関で比較してみるとそれ以外の手数料(ここでは以降、運営管理手数料と呼びます)がかかっています。


この運営管理手数料は、金融機関によって0円のところから300円以上のところまで様々です。 口座管理手数料の最安値が171円ということは、取扱金融機関が、運営管理手数料を0円で設定しているということです。


月々では数百円の差であっても、長期間積み立てていくことを考えたら少しでも無駄にしたくないものです。重要な比較ポイントと言えるでしょう。

投資信託の信託報酬(運用管理費)

三つ目にかかる手数料として、iDeCo(イデコ)を実際に運用する投資信託にかかる信託報酬(運用管理費)があり、どの投資信託を選ぶかによって異なります。

一般的に、iDeCo(イデコ)で組み入れる投資信託には、信託報酬がかからないものや安価なものを設定している金融機関が多いものですが、どの投資信託を選択するかしっかりと比較し、じっくり吟味することが大切です。

資産運用や家計・老後資金についてのお悩みがあるなら、お金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するのがおすすめです。


経験豊富なFPに相談すれば、ライフプランや収入、家族構成などを分析してもらい、最適なアドバイスをもらうことが可能です。


でも、FPに相談するにも自分で優秀なFPを探すのは大変ですよね。


そこでおすすめしたいのがマネーキャリアなどの無料FP相談窓口です。


無料FP相談窓口に相談すれば、あなたに合ったFPを無料で紹介してくれ、FP相談も完全無料で受けられます。


今なら、スマホ1台でオンライン相談も可能ですので、興味のある方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

無料でお金の相談をする

iDeCo(イデコ)の手数料が高い金融機関を選んでしまったら?

iDeCo(イデコ)口座は一つの運営管理機関でしか開くことができません。 


このため、現在利用しているiDeCo(イデコ)口座の手数料が他の金融機関と比較して高い場合、金融機関の変更を検討してみることをおすすめします。 


 iDeCo(イデコ)で保有している資産を他社へ移すためには「運営管理機関の変更」といった手続きが必要となります。 新しくiDeCo(イデコ)口座を開設したい金融機関から「運営管理機関変更届」を取り寄せて必要事項を記入して返送する必要があります。

最安値と最高値の差は月々319円!

月々たった319円の差かと思われるかもしれませんが、長い目で比較することを怠ってはいけません。


下図の通り30年間で比較すると、11万4,840円もの差が生じます。 つまり、30年間の運用成績が全く同じであったとしても、11万4,840円がもらえるかもらえないかが、選ぶ金融機関によって決まってしまうということです。

  月間
年間
30年間
月々171円171円2,052円61,560円
月々490円490円5,880円176,400円
その差は?
319円
3,828円
114,840円 

選ぶ金融機関でかかる手数料に大きな差に

月々の手数料は、選ぶ金融機関によって大きな差があります。


iDeCo(イデコ)は、税制上のメリットを受けつつ、より豊かな老後生活を送るための資産形成方法であり、長いお付き合いになるケースが多いものです。


運用期間が長ければ長いほど手数料の差がより顕著なものになります。 従って、手数料の安い金融機関と比較して高い手数料を支払っているのなら、思い切って金融機関そのものの変更を行う必要がありそうです。尚、変更の際には税金や変更先の運用方針についての確認も必要でしょう。

資産運用や家計・老後資金についてお悩みを抱えていませんか?


ファイナンシャルプランナー(FP)に相談すれば、あなたのライフスタイルや将来のビジョンに合わせて、資産運用や家計について最適なアドバイスをもらえます。


だけど、信頼できるFPを探すのは大変…


そんな時は「マネーキャリア」などの無料FP相談窓口を利用しましょう。


経験豊かなFPを無料でご紹介


さらに、FPとの相談も0円!手軽にスマホからオンライン相談も予約できます。


以下のボタンから公式サイトをチェックして、お金の悩みを解消しましょう。

無料でお金の相談をする

iDeCo(イデコ)口座はどこで作るのがオススメ?


iDeCo(イデコ)を取扱う金融機関は少なくありません。数多くの金融機関の中から、手数料が安い金融機関14社にも登場の、SBI証券・松井証券の2社をオススメします。

iDeCo(イデコ)の運営実績が15年を越えるSBI証券は、実績やコスト面に加えて、商品内容(選べる投資信託の数が豊富)やサポートするサービスの内容など、あらゆる面で質の高い金融機関と言えるでしょう。 

歴史があり手数料が安い松井証券は、インデックスファンドの商品ラインアップが多い金融機関です。インデックスファンドとは「日経平均」や、「NYダウ」等の指標に投資するファンドですが、信託報酬が安いのが特徴です。運用期間が長くなると信託報酬の負担も重くなります。オススメ理由は、コストが低いインデックスファンドをどこよりも多くそろえているところです。 

 ただ、コストが低いインデックスファンドの量は、松井証券と比較しSBI証券が大きく劣っているわけではありません。両者の差は比較的小さいものです。 

資産運用や家計・老後資金についてお悩みなら、専門家の力を借りてみませんか?


経験豊富なファイナンシャルプランナー(FP)が、あなたのライフスタイルやニーズを細かく分析し、最適な資産運用などを提案します。


しかし、信頼できるFPを探すのは簡単ではありません。


そこで、マネーキャリアなどの無料FP相談窓口がお手伝いします。


無料FP相談窓口なら厳選されたFPを無料で紹介してくれます。


さらに、FPとの相談も完全無料


手軽にスマホからオンライン相談も可能です。


お金の不安解消のための第一歩、マネーキャリアの公式サイトを今すぐチェックしてみてください。

無料でお金の相談をする

まとめ:iDeCo(イデコ)金融機関の手数料比較!ろうきんやソニー生命の手数料は高い?

ここまで、iDeCo(イデコ)金融機関の手数料を比較してきました。 


ろうきんは、労働組合や生協などの会員が相互に助け合うため資金を出し合い利用し合う仕組みなことから、より利用者に還元され手数料が比較的安価なイメージがあります。 


また、ソニー生命はたとえば「学資保険」が他社と比較して返戻率が高く、商品力に優れているイメージがあります。 ただ、iDeCo(イデコ)についてはそういったイメージ先行で考えるのは得策ではないと言えるでしょう。


両社とも、iDeCo(イデコ)の手数料のみで考えた場合は比較的高いと言わざるを得ません。


iDeCo(イデコ)は将来の年金資産形成の一環として重要な選択肢の一つです。長い年月にわたって手数料を支払うことになるので手数料は安いに越したことはありません。


ただ、手数料のみで判断することなく、各社比較検討しつつ、自身のライフプランに合った金融機関、運用先を選ぶことが重要です。