もっとTokyoが6月10日から再開!その概要ややるべきことを解説のサムネイル画像

お得に旅行ができる「もっとTokyo」が再開します!お得に旅行を楽しんでもらうために、「もっとTokyo」の概要や注意事項をお伝えします。とてもお得な制度ですが、気を付けなければならない部分もあるため、例を挙げながらわかりやすく解説します!

この記事の目次

目次を閉じる

もっとTokyoとは

「もっとTokyo」は、都民のみが利用できる観光促進事業です。

都民であることの証明とワクチンの接種または陰性を証明することで、定額の助成を受けることができます

この制度は都民限定です。東京都以外に住んでいる人は別途各都道府県が実施している県民割やブロック割をご参照ください。(国土交通省官公庁HP

概要

「もっとTokyo」は、都民の方が都内を旅行する商品が対象でワクチン接種歴(3回)又はPCR検査等での陰性が確認できた方がを対象に、宿泊旅行は1泊5,000円、日帰り旅行は1回2,500円の定額で助成する制度です。


Gotoトラベルとの併用ができる方針ですが、現在Gotoトラベル事業は停止中で再開時期は未定となっています。(「Go To トラベル事業」公式サイト


東京都以外では県民割や隣接県・ブロック割が適用されているので、都民以外の人にもチャンスがあります。 

期間や割引額


期間は、
予約受付が2022年6月10日12時以降~順次開始
対象期間が2022年6月10日~2022年7月31日までに完了する旅行商品となっています。
8月1日にチェックアウトした宿泊も含まれます。

「もっとTokyo」の割引額(助成額) 
旅行の区分助成額助成対象
宿泊ありの旅行5,000円(1人1泊あたり)6,000円以上(助成前の税込み価格)
日帰りの旅行2,500円(1人1回あたり)3,000円以上(助成前の税込み価格)
※18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある方は1,000円上乗せで助成されます。

申し込み方法

「もっとTokyo」の申し込み方法は3ステップです。

  1. 取扱事業者の販売窓口・Webサイト等から「もっとTokyo」対象商品を直接申込
  2. 身分証明書、ワクチン3回接種または陰性が確認できる書類、利用申込書を提示
  3. 割引後の額を支払う

利用申込書は、もっとTokyoのHPからダウンロードし事前に記入の上持参するか、宿泊施設のチェックイン時に記入となります。

GoToトラベルでは正規の支払いを済ませ後日返金される流れでしたが、「もっとTokyo」では割引後の額の支払いとなるため、利用しやすいのではないでしょうか。

精算方法は取扱事業者によって異なるので各事業者にご確認ください。


注意事項や条件、しなければならないこと

「もっとTokyo」はお得な制度ですが、利用にあたっていくつか注意事項があります。

制度適応のための条件もいくつかありますので、以下で解説していきます。

注意事項

「もっとTokyo」の利用時には注意すべき点が3点あります。

  1. 予算が決まっているので上限に達し次第終了になる
  2. 感染状況に応じて中止や停止になることがある
  3. 全ての商品、宿泊が対象ではない

第1弾(6/10~7/31)の「もっとTokyo」には、約25万泊分の予算が充てられます。予算が消化され次第、事業は終了となります。


新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、国の緊急事態宣言等が出された場合「もっとTokyo」の執行を中止・停止することがあります。


対象となるのは、都内観光促進事業「もっとTokyo」へ登録した旅行会社等が企画・販売する旅行商品です。すべてが対象というわけではありません。

陰性である証明が必要

「もっとTokyo」の利用条件としてワクチンの3回接種または陰性であることの証明を提示する必要があります。


ワクチンを3回接種した人は接種済証や証明証のコピー、写メの提示が必要です。

接種証明がない人は、事前にPCR検査、抗原定量検査、抗原定性検査のいずれかを受診して陰性であることの証明証が必要です。


注意事項として出発日から3日前以降の検査結果通知証が必要となりますので、検査を受けるタイミングに注意してください。 


「もっとTokyo」 ワクチン接種・検査陰性の確認について

都民である証明が必要

「もっとTokyo」は東京都民限定の制度ですので、都民である証明が必要です。

ここでいう都民の概念は身分証で東京都民であることが証明できる人なので、例えば学生で東京に住んでるけど住民票を移しておらず、身分証で都民であることが証明できない人は対象外となります。

また、団体の場合は代表だけではなく、全員が都民であることを証明する必要があります。


身分証明として利用できるものは、以下のようなものがあります。

詳しくは身分証明書等一覧をご覧ください。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(表面)
  • 住民票

1回5泊まで、全行程が都内であることが条件

宿泊を伴う旅行は、1回につき5泊までが割引対象です。回数制限はありませんので、予算上限に達さなければ何度でも利用することができます。 

また、宿泊の全行程が都内である必要があります


例えば、複数日程の旅行をする際に、1日目は都内を観光して都内に宿泊し、2日目は都県境をまたいで観光した場合、2日目は都内ではないのでもちろんのこと、1日目の都内での観光や宿泊も対象とはなりません。

注意事項に気を付けてお得な旅行をしよう

「もっとTokyo」を利用するためには注意事項もありますが、とてもお得な制度です。

国や自治体から助成を受けながら、旅行できるチャンスですので、公式サイトや旅行会社で概要や注意事項、利用手順を確認のうえお得な旅行をしましょう!

記事監修者「谷川 昌平」

この記事の監修者谷川 昌平
フィナンシャルプランナー

東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。