おすすめの美容室向け損害保険を比較!補償内容や保険料等も徹底解説のサムネイル画像

内容をまとめると

  • 美容室には人や物に対する様々な賠償リスクが存在する
  • お客様だけでなく、従業員に対するリスクも存在する 
  • 美容室経営には、店舗総合保険などがおすすめ
  • 美容室専用の損害保険が存在する 
  • 美容室向けの保険には個人事業主でも加入できる

美容室には、お客様に怪我を負わせてしまうリスク、火災のリスク、受託物の盗難や破損のリスクなどがあります。このようなリスクの対策として、美容室の経営者の方々は、美容室向けの賠償責任保険や店舗総合保険などの、損害保険に加入することをおすすめします。

この記事の目次

美容室の運営を取り巻くリスク

美容室を取り巻くリスク

美容室を取り巻くリスク

美容室を経営していると、さまざまなリスクを抱えます。また、予期せぬトラブルが発生します。 


上記のマップはリスクマップといい、経営において起こり得るリスクを可視化したものです。


美容室を運営する場合、店舗を抱えることによるリスクや、設備投資といった物に対するリスク、従業員がお客様に怪我や損害を与えてしまうケースなどがあります。


また、従業員が怪我をしてしまうというリスクも考えられます。


だからこそ、万が一から美容室を守り、事業を継続していく対策が必要といえます。

①お客様に怪我をさせてしまうリスク

美容室を経営していると、直接、お客様に被害を与えるリスクがあります。


特にカット中はハサミなどの、刃物を使用します。また、カラー剤やシャンプーなどお客様の肌などに直接ふれるものを多く使用します。


そんなときに考えられるリスクとして

  • カット中に、誤ってハサミの先が触れてしまいお客様に怪我を負わせてしまった。
  • シャンプーなどの液を目や口に不注意で入れてしまい、炎症などを起こした。
  • カラー剤をお客様の衣類にこぼしてしまい、弁償しなければならなくなった。
上記は一例であり、この他にも仕事の内容上、トラブルのリスクは非常に高いです。こちらが故意にすることはなくても起こり得ることは十分に考えられます。

また、その場合にはお客様に対して、賠償をおこなう必要があります。ケースによっては信用問題となり、事業継続の問題に発展する可能性も考えられます。

②施設や設備の不慮による事故のリスク

美容室で使用している設備などの不備が原因によって、お客様に怪我などを負わせてしまうリスクです。


例として

  • 店舗の床が濡れており、お客様が足を滑らせて怪我を負った。
  • 使用していたドライヤーが故障しており、お客様に火傷を負わせてしまった。
  • 店舗内の段差が原因で、お客様が転倒してしまった。
  • 施術用の椅子が故障しており、座ったお客様がそれを原因に怪我を負った。
など設備や店舗内における美容室側の不注意や不備でお客様に怪我を負わせてしまったり、持ち物を汚損してしまうことは絶対にないと言いきれないです。

また、予測しづらい事故も多く、事前にリスクを把握しておく必要があります。

③火災や爆発のリスク

店舗経営において、火災などの災害リスクは常につきまといます。


また、賃貸物件の場合にはオーナーに対しても賠償をおこなう必要がでてきます。


事故例として挙げられるのは

  • 火災事故を起こしてしまったことで、店舗内の設備の買い替えが必要になった。
  • 設備の使用ミスで爆発事故をおこし、借りている物件を破壊してしまった。
  • 店舗が火災によって焼失したことによって、建て替え費用が必要になった。
以上のように、火災などの事故は被害の規模が大きく、経営に大きく関わります。

また、物件が賃貸の場合には持ち主に対して賠償リスクが伴いますので、そのためのリスク対策が必須といえます。

④従業員の労働災害に関するリスク

美容室を経営するにあたって、美容師が自分だけでなく、規模によっては美容師を雇っているところもあると思います。その場合、働く従業員の労災に関するリスクも存在します。


従業員に起こり得るリスクの例として

  • ヘアカット中に誤って、自分の手を傷つけてしまった。
  • カラー剤などが原因で皮膚がただれてしまった。
  • 作業の途中で設備にぶつかり、転倒し怪我をした。
  • ヘアアイロンで火傷を負ってしまった。
など職業上、怪我のつきまとう仕事といえます。

そんなときに安心して、働き続けてもらうため、従業員の怪我や休業補償をする保険が必要となります。

⑤販売商品が起因となる事故のリスク

美容室ではカットなどの他に、シャンプーやトリートメントなどを自社開発などして販売している会社もあります。


ただ、その商品が原因でお客様に損害を与えてしまうケースがあります。


例として

  • 自社で販売しているシャンプーでお客様の皮膚がただれてしまった。
  • 自社販売の商品の不良によって、お客様が怪我をしてしまった。
などのリスクが考えられます。

⑥受託物の盗難や破損のリスク

美容室では施術の際に、お客様の衣類や荷物を預るケースがあります。


ただ、このときに考えられるリスクとして

  • お客様から預かっていた持ち物が盗難にあってしまった。
  • お客様から預かった衣類にカラー剤などをこぼしてしまった。
  • 預かっていた物を紛失してしまった。
というようなリスクが考えられます。

特に貴重品など、お預かりする機会も多いことからこういったリスクは身近といえます。

美容室で実際に起こった事故の事例


これまで、美容室で考えられるリスクについて解説してきました。


ここからは、実際に美容室で起こった事故の事例について、解説をします。


今回、紹介する事例は下記の3例となります。

  1. 顧客からの要望と違った施術をおこなったことによる損害賠償請求。
  2. 配管づまりが原因での漏水事故。
  3. 従業員の労災事故
どれもリスクとして解説してきたものの実際に起こった事例です。

実例を知ることでより、経営上のリスクを身近に感じるでしょう。

事例1:顧客の要望との不一致による損害

最初の事例としてあげるのは顧客からの要望と実際の施術内容が違ったことによる損害賠償請求です。


内容

女性が、美容院にて施術依頼をしたのですが、実際の施術と違っていた上に、カラーリングによって、頭皮に円形脱毛のようなただれができてしまいました。また、カットミスが原因によりエクステンションをつける必要が発生しました。


この女性は接客業をしており、上記理由が仕事に支障をきたし、収入低下の原因になったとして、裁判をおこしました。


裁判所も言及をしていますが、カットイメージに関しては抽象的な部分も多く、個人差があることから範囲内である場合は認められないが、今回は明らかに逸脱をしており、また、健康被害が出ていると判断しました。


よって、今回のケースの場合は不当なクレームではなく、明らかな契約違反だとして、訴えを起こした女性の主張を一部認めています。


一見すると、ただのクレームのようにも思える事例ですが、実際にその主張が認められていることから、こういったリスクを事前に把握しておくことは必要です。


参考:美容室に対する損害賠償請求の事例

事例2:店舗で起こった漏水事故

2例目は、店舗にて起こった漏水事故の事例です。


内容

こちらで紹介する事例では、美容室を建物の2階で営業していました。営業中、シャンプー台のシャワー水栓が緩んでいることに気が付かず、階下の学童保育所に漏水しました。


結果として、天井・壁の修繕費用として、約110万円の損害賠償請求を受けました。


その他にも、同じような階下への漏水事故として、約150万円の損害賠償請求を負ったケースも事例としてあります。


美容室はシャワーなど水を使う機会の多い事業です。そのため、漏水のリスク対策は必須といえます。


参考:店舗での漏水事故

事例3:美容室で起こった労働災害

3つ目は、お客様ではなく従業員に起こった労働災害の事例の紹介です。


内容

施術中の事故としては洗髪作業の繰り返しによる疲労による労災事故があげられます。

美容師は肉体労働です。単純作業とはいえ、長時間の重労働が結果として労働災害に繋がりました。


その他にも、施術中以外での事故も事例としてあります。店舗の裏口から荷物を取りに行く際に、段差に足をとられ捻挫をしてしまったケースなどがあります。


また、労働災害は通勤中にも発生します。通勤中に事業所内に入ろうと、張ってあったロープをまたいだところ、足が引っかかってしまい、転倒しました。それにより負傷したという事例もあります。


参考:従業員の労働災害事故例

美容室におすすめの損害保険


ここまで、美容室を経営する上でのリスクと実際の事例について解説してきました。


ではどのような損害保険を検討するのが適切かについて解説します。


今回は下記の6つの保険を参考例としてあげます。

  1. 店舗総合保険
  2. 火災保険
  3. PL保険(生産物賠償責任保険)
  4. 施設賠償責任保険
  5. 受託者賠償責任保険
  6. 店舗休業保険
例としてこれらの保険について解説をしますが、数が多いことや、保険の内容によっては、補償範囲がダブっていることもあります。

また、この解説だけではすべてを理解することが難しかったり、時間がなかったりすることが経営者には多いです。

そんなときには「マネーキャリア」というサービスを利用することをおすすめします。

マネーキャリア」では法人保険や事業のリスク診断の専門家に無料で何度でも相談できることから利用した人の98.6%の方に満足いただいているサービスです。
自社に必要な保険を相談する

①店舗総合保険

店舗総合保険とは、火災保険や賠償責任保険などの経営に必要な保険を包括して加入できる保険です。


この保険を利用することで、複数に保険を分散することなく、まとめてリスクに対応ができることから非常に便利な保険です。


また、保険会社によっては加入する保険種類の数によって、割引制度があるなどのメリットがあります。


ただし、全ての保険を賄えるとは限らないことや、選択が難しいことから専門家に相談して、加入することをおすすめします。


店舗総合保険については、以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方はそちらの記事をご覧ください。

店舗総合保険についてのサムネイル画像

店舗総合保険とは?個人事業主で開業予定・運営している方におすすめ

②法人向け火災保険

法人向けの火災保険への加入は美容室を経営する上で必須といえます。


火災保険の対象として

  1. 建物に対して
  2. 設備・什器に対して
が主にあげられます。

まず建物ですが、自社の建物の場合ですと、建物を立て直す際に必要な火災保険の加入が必要です。

火災、以外にも爆発や、風災、水災など様々な自然災害に対応しています。

また、賃貸契約の場合には、通常の自然災害に関する責任はありませんが、火災事故を起こす原因などを作った場合には、貸主であるオーナーに対する賠償が必要です。そのため、借用不動産賠償責任保険への加入が必要となります。

また、法人向けの火災保険の特徴として、施設内の設備・什器への保険を掛けることが可能です。

美容室の場合にはシャンプー台など高額な設備が多くあることから、建物だけでなく、中の物に対しての対策が必要です。

法人向け火災保険については、以下の記事で詳しく解説しているので、詳しくはそちらの記事をご覧ください。
法人向け火災保険についてのサムネイル画像

法人向けの火災保険とは?個人との違いや補償内容等を徹底解説!

③PL保険(生産物賠償責任保険)

PL保険の正式名称は、生産物賠償責任保険です。


こちらは主に、自社での生産商品などが原因での、損害賠償金や初期対応費、訴訟費用などを賄うことができます。


例として

  • 自社商品を購入したお客様の皮膚がかぶれてしまった。
  • 自社製品にアレルギーなどを引き起こす原因などが含まれており、お客様が通院することになった。
などといった場合の損害賠償費用に対して、保険金をお支払いします。

また、特約としてリコール保険を付帯できるケースもあることから、商品開発・販売をおこなっている美容室には必要な保険と言えます。

PL保険についても、詳しくは別記事で解説しています。気になる方はそちらの記事をご覧ください。
PL保険についてのサムネイル画像

PL保険とは?適用補償や対策できる費用等をわかりやすく解説!

④施設賠償責任保険

施設賠償責任保険は、施設内において、構造上の欠陥や不備、施設に起因する事故に対しての損害賠償金を保険金としてお支払いする保険です。


事例にもあった、漏水事故や、お客様の転倒事故などもこちらの保険での対応となります。


施設賠償責任保険では損害賠償金以外にも、初期対応費用損害防止費用などのお支払いもおこなうことができます。


施設賠償責任保険については、以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方はそちらの記事をご覧ください。

施設賠償責任保険についてのサムネイル画像

施設賠償責任保険とは?支払い事例や保険料の相場などを徹底解説!

⑤受託者賠償責任保険

美容室で起こり得るリスクとして、お客様から預かった物が盗難にあったり、紛失する可能性を述べました。


そのリスクに対応するのが受託者賠償責任保険です。


美容室では、お客様の荷物や衣類を預かることが多いといえます。

そんなときに

  • 預かった荷物を紛失してしまった。
  • 預かっていた衣類を汚してしまった。
などといったリスクはつきものです。

そのための賠償をおこなうための保険として受託者賠償責任保険への加入をおすすめします。

受託者賠償責任保険についても別記事で詳しく解説しているので、気になる方はそちらの記事をご覧ください。
受託者賠償責任保険についてのサムネイル画像

受託者賠償責任保険とは?保険料や補償内容等をわかりやすく解説

⑥店舗休業保険

火災や自然災害などによって、お店の営業ができないということがあります。

そんなときに休業中の売上を補填してくれる保険が店舗休業保険です。


  • 台風によって屋根が破損して、修理中は営業ができない。
  • 火災によって設備・什器の破損が著しく、営業再開ができない
といった場合でも家賃や光熱費、人件費などのコストは日々かかります。

店舗休業保険に加入をしておくことで、そういった資金面での不安を解消することができることから、検討するべき保険の一つといえます。

店舗休業保険について詳しい内容を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
店舗休業保険についてのサムネイル画像

店舗休業保険とは?災害や盗難による休業損失の備えは必要?

美容室向けの保険や共済を比較


ここからは美容室向け専用の保険や共済について解説します。


今回、紹介をするのは下記の3つです。

  1. サロン店舗賠償責任保険
  2. 美容業店舗保険
  3. 美容所賠償責任補償制度

それぞれの違いやメリットについてみていきます。

①サロン店舗賠償責任保険

まず始めに、サロン店舗賠償責任保険について解説します。


こちらは美容室だけでなくマッサージや、スポーツトレーナーなどのサロン向けの保険となっており、以下について補償がされます。


  • 施術行為に起因する、身体障害や財物破壊
  • 施設の不備などが原因での事故
  • 店舗での販売・提供物による身体障害や財物破壊
  • お客様から預かったものを紛失、破損などした時の補償
  • 賃貸物件に関する、オーナーへの賠償
  • プライバシーの侵害などに対する補償
  • 日本国内での施術中・サロン内・サロン隣接の道路上での事故への補償
これら以外にもオプション付帯によって、補償を手厚くすることも可能です。

ただし、加入の際には特定団体の会員向けのケースもあることがあるので注意が必要です。

②美容業店舗保険

続いて、美容業店舗保険について、解説します。


こちらの保険は賠償責任保険に絞った基本プランと、それにプラスして、火災保険が付帯した総合コースが設けられています。


それぞれの特徴として

賠償お手軽コース

  • 施設所有(管理)者賠償責任保険
  • 受託者賠償責任保険
上記に対する補償を備えています。

一方で

火災総合コース

こちらは上記のお手軽コースの内容に加えて
  • 火災・水災・盗難等
  • 休業損害
  • 借用不動産賠償責任
がプラスされており、より手厚い補償になっています。

また、どちらのプランもオプションでサロン従業員災害補償という、従業員の怪我等に対する補償を付帯することができます。

③美容所賠償責任補償制度

最後に紹介する美容書賠償責任補償制度は共済となっている点が上記2点とことなります。


こちらはもしものときに組合員同士が拠出した掛け金から保険金が支払われます。


そのため、加入をするにはまず、全日本美容業生活衛生同業組合連合会の会員になる必要があります。


その上で、補償内容について解説します。

  • 身体・財物賠償
  • 受託物賠償
  • 施設・設備による身体。財物賠償
これらに対して、保険金をお支払いします。

また、保険金の掛け金に関しては1店舗あたり1,600円ほどとなっています。

美容室運営者が損害保険に加入する方法


ここまで、様々な補償について解説してきましたがここからは美容室経営者が損害保険に加入する方法について解説します。


損害保険に加入するには保険会社に直接、問い合わせるか取り扱い代理店への問い合わせをすることで可能です。


ただし、上記で紹介した専用保険や団体保険の場合には保険会社ではなく、窓口となるのは団体や協会となるので、そちらに問い合わせることで、加入について知ることができます。


ただ、その前にご自身の美容室にとって、必要な保険や補償を知りたいという人もいるでしょう。

また、保険料についても気になるという人にもおすすめなのが「マネーキャリア」というサービスです。

マネーキャリア」とは法人向け保険や事業のリスクの専門家に無料で相談できるサービスです。

相談したからといって、保険に加入しなければいけないということはなく、何度でも無料で相談できますので、安心して利用することができます。

自社のリスク対策を相談する

個人事業主でも加入することができる?

法人向け保険として紹介をしてきましたが、美容室向けの保険は個人事業主でも加入は可能です。


一部、加入できる保険金額の上限額などに違いがあることなどありますが、基本的には法人であっても個人事業主であっても同様の保険に加入することが可能です。


実際に加入が可能かどうかが心配な方は「マネーキャリア」に相談してみるのもよいでしょう。

「マネーキャリア」では、事業規模を問わず、自社にあった保険提案やリスクの洗い出しをしてくれます。


自分の美容室はどうか、心配な方は「マネーキャリア」を利用することをおすすめします。

まとめ:美容室を取り巻くリスクと保険について


ここまで美容室を取り巻くリスクと保険について説明をしてきましたが、如何だったでしょうか。

美容室を経営する上でのリスクと保険の大切さについてご理解いただけたと思います。


今回は下記を中心に解説しました。

  • 美容室には人や物に対する様々な賠償リスクが存在する
  • お客様だけでなく、従業員に対するリスクも存在する
  • 美容室経営には、店舗総合保険などがおすすめ
  • 美容室専用の損害保険が存在する
  • 美容室向けの保険には個人事業主でも加入できる
美容室は人に直接触れる職業です。
そのことからも、様々なリスクが考えられ、その対策を怠っていると、お客様の信頼を失うだけでなく、倒産につながることもあります。

そういった点からも、リスクを分析し、被害を最小限に抑えるために保険加入は必須と言えるでしょう。

しかし、経営者が自分自身で、自分の事業リスクの分析や、必要な保険をおこなうことは非常に難しいことです。

また、同じ美容室でも規模や従業員の数などによって、必要な保険は変わってきます。

そんなときに利用をおすすめするのが「マネーキャリア」のサービスです。「マネーキャリア」では法人保険や事業リスクの専門家に無料で何度でも相談することができます。

また、対面だけでなく、オンラインでも気軽に相談することができることから利用した方の満足度は98.6%となっています。ぜひ利用を検討してみてください。
自社のリスク対策を相談する