年収600万で選べるおすすめの車は?車の価格目安やローンも解説!のサムネイル画像

・この記事を読んでほしい人

  • 年収600万あるとどんな車を選べるのかについて知りたい人
  • 年収600万で買える車の価格目安はいくらなのか知りたい人
  • 年収600万の車選びのポイントは何かを知りたい人

・この記事を読んでわかること

  • 年収600万の人が購入できるおすすめの車
  • 年収600万の人が購入できる車の価格目安と借りられるローンの目安額
  • 年収600万の人が車選びで気をつけるべきポイント

マネーキャリアの無料FP相談の詳細はコチラ

内容をまとめると

  • 年収600万で購入することができるおすすめの車【国産車・外車】
  • 年収600万で購入できる車の価格目安は300万
  • 年収600万の人が借りられるカーローンの最大額
  • 年収600万の車選びのポイントは3つある
  • 年収600万・都内在住だと車は必要なのかどうか
  • 年収600万で車を買う前に知っておきたい家賃・生活費の目安額
  • FPの質が非常に高くおすすめの無料相談サービスはマネーキャリア 
  • マネーキャリアにはお金に詳しいFPが多数在籍している 
  • どんなに些細なことでもお金のことやライフプランに関する質問があるなら、いますぐマネーキャリアを利用したほうがよい 
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能! 
  • 相談場所も47都道府県・オンライン対応可能! 
  • マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して利用できる! 

年収600万で購入できるおすすめの車は?年収600万で購入する車の価格目安は?このような疑問をもつ方は多いでしょう。この記事では、年収600万の方の車の価格の目安額・おすすめの車種を紹介します。ローンや車選びのコツも解説するので参考にしてください。

監修者「谷川 昌平」

監修者 谷川 昌平 フィナンシャルプランナー

株式会社Wizleap 代表取締役。東京大学経済学部で金融を学び、金融分野における情報の非対称性を解消すべく、マネーキャリアの編集活動を行う。ファイナンシャルプランナー証券外務員を取得。
>> 谷川 昌平の詳細な経歴を見る

この記事の目次

目次を閉じる

年収600万で選ぶことができるおすすめの車を知りたい!

こんにちは。マネーキャリア編集部・FPの西田です。   


先日、50代の男性から次のような相談を受けました。

数年ほど前から、年収がようやく600万円にのりました。車の買い替えを検討しているのですが、おすすめの車について知りたいです。また、外車は難しいでしょうか?
リクナビNEXTによると、ビジネスパーソンのなかで年収600万円超700万円以下の人は全体の5%だといいます。 

経済の成長が伸び悩む日本において、年収600万円は高所得者です。 

年収600万円あれば、高級車を購入できないこともありませんが、車には維持費や税金もかかりますので、それらを考慮した上で決める必要があります。

本記事では、年収600万円で購入できるおすすめの車を解説したうえで、車の価格目安やローンについて紹介していきます。 本記事が、車をこれから購入される方の参考になりますと幸いです。

年収600万の方におすすめの国産車を紹介!【ケース別に紹介】


年収600万の方は300万円程度が車の目安額となります。


300万円あれば、デザイン性が優れ、かつ最新技術が搭載された高性能の車を購入できます。

国産車のなかでも人気の車、最新技術が搭載された革新的な車に乗ることも叶うでしょう。

また、お子さんが何人もいらっしゃる方は、家族が広々と室内で過ごせる車を選ぶこともできます。


以下、年収600万円の方におすすめの国産車をケース別に紹介していきます。 

①年収600万・独身一人暮らしの方におすすめの車

年収600万円で、独身一人暮らしの方には、高性能なコンパクトカーがおすすめです。

  • 日産ノート e-POWER(250万円程度)
ブルーのボディーがかっこいい日産ノート e-Powerは、見た目もハイセンスです。
ガソリンエンジンは発電用であり、駆動輪は100%モーター駆動となっています。
車間距離キープ、車線中央キープなど、運転をサポートしてくれる機能も付いています。
  • ホンダ フィット hybrid(200万円程度)
ホンダ フィット ハイブリッドは乗った時の快適さをウリにしています。
運転席に座った時の見晴らしの良さも魅力的です。
ボディのカラーも豊富にあるので、お好きな色をお選びください。
  • マツダ MAZDA2(180万円程度)
マツダ2はカラーバリエーションも豊富で、シックなカラーが特徴です。
走行のしやすさに重点を置かれた運転しやすい車となっています。

②年収600万・子供2人以上の方におすすめの車

年収600万円で子供が2人以上いる方には、ファミリーカーがおすすめです。

家族で旅行に行く時も、家族みんなが広々としたスペースでくつろぐことができます。

  • 日産 X-TRAIL(261万円程度)
NISSAN エクストレイルはスポーティーなデザインで、見た目もかっこいいです。
運転席に座ると視線が高くなり、見晴らしの良さもポイントです。
荷物をたくさん入れることができるので、お子さんのスポーツ用具や遊び道具などもしっかりとおさまります。
  • トヨタ BOXY(281万円程度)
BOXYは大家族にも嬉しい8人乗りです。お子さんが多いご家庭や、実家のご両親を連れてのおでかけにもピッタリの車です。
室内が広いので、大人数が乗車しても空間にゆとりがあります。
  • 日産 SYLPHY(202万円程度)
日産のシルフィは品のある落ち着いたデザインです。
車内も快適性を重視したデザインとなっているため、ドライブを心地よく楽しむことができます。

年収600万の方におすすめの外車を紹介【中古車を選ぼう】

年収600万円の方は外車に乗ることも十分可能です。

外車特有のハイセンスなデザインの車、高機能搭載の車を選べます。


年収600万円の方は、新車で外車を購入することもできるでしょう。

しかし、新車に選択肢を限定すると、選択肢は狭まってしまいます。

デザインやブランドを重視されたい方は中古での購入をおすすめします。


年収600万円の方におすすめの外車を紹介していきます。 

①年収600万の方におすすめの外車【新車編】

年収600万円の方におすすめの外車(新車)は以下になります。

  • プジョー208(255万円程度)
プジョー208はフランスの自動車メーカーであるプジョーが販売を行っています。
ビビットなカラーがおしゃれで、魅力的な美しいデザインです。
乗り心地もとても良く、快適に運転することがでいます。
  • アウディA1(295万円程度)
アウディA1の室内は、大人がゆったりとくつろげるほどに広々としています。
ボディーもアスリートを彷彿させるスタイリッシュ、かつスポーティなデザインです。

②年収600万の方におすすめの外車【中古車編】

年収600万円の方におすすめの外車(中古車)は以下になります。

  • PORSCHE Cayman/ Boxster 987(300万円程度)
ポルシェに憧れを持つ方もいらっしゃるでしょう。
ケイマンはデザイン性が高く、クラッシックなボディーが特徴です。
  • BMW M3クーペ E92(300万円程度)
MBWは高級外車のなかで高い人気を誇ります。
クーペE92にはオレンジやグレーなど魅力的なカラーもあります。
走行性能もバッチリなので、快適に運転できます。
  • LC 500 Sパッケージ マークレビンソン (300万円程度)
憧れのレクサスも中古であれば、数多くの種類のなかから選べます。
マークレビンソンは見た目の良さだけではなく、シートに冷暖房が搭載しているなど性能も抜群です。

マネーキャリアの無料FP相談の詳細はコチラ

年収600万で購入する車の目安額は300万!【年収の半分】


購入する車の価格の目安は年収の約半分が目安といわれています。

この基準で考えると、年収600万円の方が購入する車の目安額は300万円といえるでしょう。


「車の目安額は年収の半分」というのはあくまでも一般論です。

年収600万円であっても教育費、生活費などの支払いが嵩む場合は、購入する車の目安額を300万円以下におさえる必要があります。


年収600万で独身の方、車が好きでなによりも車にお金をかけたい方は、300万円以上の車を購入しても良いでしょう。


車を購入する際は、自分と家族のニーズ家計の状況をしっかり把握して決めてください。

車の目安額も判断基準になりますが、車のローンを差し引いても家計が圧迫されない金額の車を購入することをおすすめします。

年収600万の人が借りられるカーローンの最大額について解説!


金融機関が融資を認めるカードローンの限度額はそれぞれ異なりますが、年収の30%~40%が一般的です。


年収600万円の方は180万円から240万円のローンを組めます。

フリーターや自営業の方は、同額の年収であっても大企業勤務の方と比較して審査が通り難いこともあるので気をつけてください。


車のローンをこれから組もうと思っている方のなかには、住宅ローンを抱えている方もいらっしゃるでしょう。

住宅ローンを組んでいても、車のローンを組むことは可能です。


しかし、ローンが通ったとしても月々の返済が負担になることが心配されます。

毎月の返済額を少なくするために、頭金を多めに用意しておくことをおすすめします。

年収600万の車選びのコツを3つ解説!


年収600万円あれば、購入できる車の選択幅は広いです。

しかし、車には維持費保険などの諸経費がかかることを忘れないでください。


また、年収600万円の方の車の目安額は300万円と言われています。

しかし、ローンを他に組んでいたり、お子さんの教育費が高額であったりする場合は、300万円程度の車を購入すると家計に負担がかかるかもしれません。


車は購入したら、返品することはできませんので、後から支払いに困らないように、購入する前に家計状況についてきちんと考えるようにしましょう

①車の維持費・ローンの金利がかかることを考慮に入れる

車を購入したら、毎月維持費がかかります。

毎月、車の購入費にプラスして、維持費ローンの金利が必要になります。


車にかかる年間の維持費はだいたい次のようになります。

排気量1.5ℓのコンパクトカー軽自動車
自動車税3万500円1万800円
自動車重量税1万6400円3300円(3年に1回9千900円)
自賠責保険料1万775円9千865円(2年に1回1万9730円)
自働車保険料約8万円約6万円
燃料費約10万円約5万円
合計23万7675円
13万3965円
上記の概算は低く見積もっての金額になります。
これ以外にも、メンテンス代などがかかります。

②家族の人数・ライフプランを考えた車選びをする

車を購入する際には、子供にかかる教育費・養育費をしっかりと考えた上で、車の予算を決めてください。

子供を私立の中高に入れたい、子供を県外の大学に入れたいという思いのある方は、年収600万円あっても300万円前後の車を購入することが難しくなります。

車を購入するときはデザインやブランドだけではなく、家族のニーズも考えることをおすすめします。

たとえば、家族が多い場合は大きい車、子供の送迎が必要な場合は2台持ちも考慮に入れる必要があります。

③自分が住んでいる地域の環境に合った車選びをする

車を選ぶ際、自分が住んでいる地域の環境に適した車を選びましょう。


車によって、燃費の良し悪しは異なります。

高額な車(高級車)であっても燃費が良いとは限りません。

通勤にも、日常的な買い物にも車を使う方は燃費の良い車を選ぶことをおすすめします。


また雪の多い地域にお住まいの方は、雪に強い車を選ぶことをおすすめします。

デザイン重視で選んだ場合、車が思うように走行せずに冬に後悔することがあるかもしれません。

年収600万・都内在住だと車は必要?都内でおすすめの車は?

「車は地方に住んでいたら不可欠であるが、都内に住んでいたら必要ない」と言われることも多いです。

都内で車を持つメリットとしては、移動したい場所へ公共交通機関を頼らずに行けることや、子供、お年寄りなどと行動しやすいことが挙げられます。

一方、デメリットとしては、駐車場が高い賃貸物件を探すときに駐車場のある物件に限定されるといったことがあります。

日常生活において車は不要であっても、家族の誰かが病気やケガをしたときに車があると便利です。


都内在住の方にオススメの車を2種紹介します。

都内で乗る車はオシャレ、かつコンパクトな車がおすすめです。

  • トヨタ yariscross
ヤリクロスはカラーが豊富で、落ち着いたカラーからビビットなカラーまであります。
見た目はコンパクトですが、室内は広々としており、荷物を運ぶのにも便利です。
  • 日産 kicks
キックスは個性的なデザインが目を惹く、粋のあるボディーの車です。
キックスには駐車支援などの先進技術も搭載されています。

マネーキャリアの無料FP相談の詳細はコチラ

参考:年収600万の家賃・生活費の目安は?

年収600万円稼ぐ人は労働者の5%程度ですので、高所得者といえるでしょう。


年収600万円といっても、600万円すべて手元に入ってくるわけではありません。

各種保険・税金を差し引いたら、470万円~490万円が自由に使えるお金となります。


独身の場合、ある程度自由にお金を使うことができ、比較的贅沢な暮らしを営むことができます。

服、食事などにもお金をかけられますし、車についても高級車(新車)を購入することも叶うかもしれません。


一方、家族がいて世帯年収が年収600万の場合、暮らしに余裕があるとは言い切れません。


夫(サラリーマン)、妻(専業主婦)、子ども2人という家庭の1ヵ月の家計簿は以下のようになります。


1ヵ月40万円(月収+年2回ボーナス込み)


支出金額
家賃・住宅ローン11万円
食費6万円
光熱費2万円
通信料2万円
貯金5万円
子供の教育費5万円
その他3万円
合計23万円


4人家族の場合、毎月23万円程度は暮らしを営むにあたって必ず必要になります。


生活費を差し引くと17万円程度残りますが、車のローン、電化製品、衣服、美容、通院、娯楽、旅行などにかかる費用もここから支払う必要があります。

そう考えると、ゆとりがある収入とは言い切れないでしょう。

【年収別】車にかける金額やおすすめの車種・車の選び方を解説!

まとめ:年収600万の方は300万を目安に車選びを考えよう

記事のポイントは以下の通りです。

  • 年収600万で車を購入する場合、車の価格目安は300万円
  • 300万あると、ハイスペックな国産車、外車、スポーツカーにも乗ることができる
  • 年収600万だと、住宅ローン・カーローンをどちらも返済するのは大変
  • 年収600万の車選びのポイントは、ライフプランと家庭の支出


年収600万円の方が車を購入する際、300万円が購入目安額といわれています。


購入する車の目安額が300万円であれば、ハイスペックな国内車外車スポーツカーの購入も可能です。


しかし、住宅ローンの支払いが大変な方、お金をかけているものが他にある方が300万円前後の車をローンを組んで購入すると、返済が大変になるかもしれません


車を購入する際は家族のライフプラン家庭の支出についてよく考えてから購入しましょう。

高級車、外車に乗りたい方は中古車も選択肢に入れることをおすすめします。


中古車を選択することで、自分の好みの車に乗ることができ、かつ一家の余剰資金にゆとりを持たせることができます。


マネーキャリアでは、他にも読んでおきたいお金に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

マネーキャリアの無料FP相談の詳細はコチラ