新潟の住宅ローン相談窓口おすすめ人気14選!のサムネイル画像
※本記事で紹介しているサービスにはPRが含みます。

新潟県での住宅購入を考えたとき、多くの方が住宅ローンの利用を検討されます。

 一般的には、金利や返済プランなどの条件を比較して最適なローンを選ぶことが重要とされています。

しかし、複数ある住宅ローン相談窓口の中から、自分にとって最良のものを選ぶのは容易ではありません。どの窓口が信頼できるのか、どのようなサポートを受けられるのか、疑問は尽きません。

そこで、新潟でおすすめの住宅ローン相談窓口、選び方のポイント、利用するメリット、注意すべき点、そして相談の流れについて、わかりやすく解説する記事をご用意しました。

この記事は、新潟で住宅ローンの相談を考えている方、特に初めて住宅ローンを利用される方や、より良い条件でローンを組みたいと思っている方にお読みいただきたい内容です。

記事を読むことで、新潟での住宅ローン相談窓口の選び方が明確になり、自分に合った住宅ローンを見つけるための具体的なステップを踏むことができるようになります。

内容をまとめると

内容をまとめると 
  • 新潟での住宅ローン相談窓口を選ぶ際には、まずその窓口が実績を持ち、信頼できるかどうかを確認する。次に、所属するファイナンシャルプランナーの質が高いかどうかを見極めることが大切。また、自分のライフスタイルに合わせて、訪問相談やオンラインでの相談に対応しているかも重要なポイントとなる。最後に、口コミや評判を調べ、他の利用者の意見を参考にすることで、より適切な相談窓口を選ぶことができる。
  • 住宅ローン相談窓口で相談することには、いくつかのメリットがある。専門家による家計の状況に合わせたアドバイスを受けることができるため、自分にとって最適な住宅ローンを選ぶことが可能になる。また、中立的な立場から客観的な意見をもらうことができるため、より冷静な判断ができるようになる。さらに、住宅ローンに限らず、幅広い金融相談に対応してもらえるため、総合的な財務計画を立てる際にも役立つ。
  • 住宅ローン相談窓口を利用する際には、いくつかの注意点がある。まず、無料で提供されるサービスと有料のサービスがあるため、事前にどのようなサービスが受けられるのかを確認しておくことが重要。また、強引な勧誘を行う窓口も存在するため、無理な契約を避けるためにも注意が必要となる。さらに、相談には事前予約が必要な場合が多いので、計画的にアポイントメントを取ることが大切。
  • 住宅ローンを初めて利用する場合、プロに相談するべき。 どこで相談すればいいか悩んでいる人は、マネーキャリアでの相談がおすすめ。
この記事の監修者「谷川 昌平」

この記事の監修者 谷川 昌平 フィナンシャルプランナー

株式会社Wizleap 代表取締役。東京大学経済学部で金融を学び、金融分野における情報の非対称性を解消すべく、マネーキャリアの編集活動を行う。ファイナンシャルプランナー証券外務員を取得。
>> 谷川 昌平の詳細な経歴を見る

この記事の目次

新潟の住宅ローン相談窓口おすすめ人気14選

新潟で住宅ローンの相談をしたいと思ったときに、どこに相談したらいいか迷いますよね。


そこで今回は、新潟の住宅ローン相談窓口のおすすめ14選をランキング形式でご紹介します。

  1. マネーキャリア
  2. ほけんのぜんぶ
  3. 保険見直しラボ
  4. ほけんの窓口
  5. 保険市場
  6. ライフプランラボ
  7. 住まいのお金相談室
  8. 住宅相談センター
  9. 任意売却・住宅ローンお困りごと相談室
  10. ろうきんローンプラザ
  11. ファイナンシャルクリニックサービス
  12. 新潟ファイナンシャルデザイン
  13. ライフアシスト本社
  14. おうちの買い方相談室
記事の後半では、住宅ローン相談窓口の選び方やメリット、注意点についても解説するので、ぜひ最後まで読んで自分に合った相談窓口を見つけるきっかけにしてください。

新潟でおすすめの保険相談サービス:マネーキャリア 北海道支部

新潟の住宅ローン相談窓口のおすすめは、マネーキャリアです。


マネーキャリアの主な特徴

  • 相談実績40,000件以上
  • 相談満足度93%
  • 3,000名以上のFPが在籍
マネーキャリアの主な住宅ローン相談内容の一例は、以下のとおりです。
  • 無理のない住宅購入予算の算出
  • 住宅ローンがどの程度組めるのか
  • 住宅ローンに合わせたライフプラン設計 など
マネーキャリアのFP相談は、住宅ローン以外にもライフプラン設計や家計の見直しなど、お金に関することならなんでも相談可能です。

相談は何度でも無料。オンライン相談にも対応しています。

相談申し込みは以下のボタンから30秒で完了します。LINEで詳しい相談内容のヒアリングを行ってくれるので、できるだけ相談内容を詳しく伝えてください。

3,000名のなかから、あなたの相談内容に合ったFPが担当してくれます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「知識がなく、住宅ローンの選び方が不安…」

住宅ローン全般の悩みを何度でも無料で相談できる

「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2.ほけんのぜんぶ

新潟の住宅ローン相談窓口のおすすめ2つめは、ほけんのぜんぶです。


▼ほけんのぜんぶの主な特徴

  • 子育て世帯からの相談実績15,000組以上
  • 所属FPのFP資格取得率100%
  • 現在のお金の状況を「見える化」してくれる
ほけんのぜんぶには、316名のFPが在籍しています。(2021年10月時点)

所属しているFPは全員FP資格を取得しており、それぞれ多彩な専門性を持っています

相談者一人ひとりのライフスタイルやライフステージに合わせた提案が可能です。

相談は何度でも無料。相談受付は24時間365日対応しています。

住宅ローン以外にも保険の見直しや家計相談にも対応しているので、お金に関することならなんでも相談できます。

3.保険見直しラボ

新潟の住宅ローン相談窓口のおすすめ3つめは、保険見直しラボです。


▼保険見直しラボの主な特徴

  • 全国展開の訪問型保険相談サービス
  • 所属コンサルタントは業界経験年数が平均12.1年
  • イエローカード制度を実施
保険見直しラボは、訪問相談を主とした保険相談サービスですが、オンライン相談にも対応しています。

住宅購入の際には、保険の見直しもセットで行うことが大切です。ライフステージが変化していくなかで、定期的に見直しをするようにしましょう。

保険見直しラボでは、イエローカード制度を実施しています

所属コンサルタントは、お客様の立場に立った保険相談を行うよう指導されています。もしも不快な対応があった場合には、担当者の変更もできるので安心です。

4.ほけんの窓口

新潟の住宅ローン相談窓口のおすすめ4つめは、ほけんの窓口です。


▼ほけんの窓口の主な特徴

  • 店舗相談以外にもオンライン相談が可能
  • 複数社契約もまとめてサポート
  • 取扱保険会社数40社以上
ほけんの窓口は、テレビCMや街中で一度は見かけたことがあるという人が多いのではないでしょうか?

店舗での相談はもちろん、オンライン相談にも対応しています。

オンライン相談の担当者は店舗で働いているスタッフなので、相談の質は店舗での相談と変わりません。

オンライン相談であれば、当日の相談も可能で19時以降の相談にも対応しています。

店舗を指定せずに相談できるので、30分ほどの気軽な保険相談を体験してみたい人にオンライン相談はおすすめです。

5.保険市場

新潟の住宅ローン相談窓口のおすすめ5つめは、保険市場です。


▼保険市場の主な特徴

  • オンライン相談実績9万件以上
  • お客様からの評価は5段階中4.6
  • 約300名のなかからコンサルタントを選べる
保険市場は、オンライン相談の相談実績が9万件あり、相談満足度も高いのが特徴です。

またオンライン相談であれば、約300名のコンサルタントのなかから担当者を自分で選べます。

プロフィールの詳細や得意な相談内容についても公式HPに記載されているので、安心して選べるでしょう。

相談形態はオンラインの他にも「店舗」「訪問」に対応しています。

取扱保険会社数は95社、349商品(2022年12月時点)のなかから探せるので、きっとあなたに合った保険商品が見つかるでしょう。

6.ライフプラン・ラボ

新潟の住宅ローン相談窓口のおすすめ6つめは、ライフプランニング・ラボです。  


▼ライフプランニング・ラボの主な特徴

  • ライフプラン作成・エンディングノート作成に対応
  • 初回相談無料
  • オンライン相談に対応
ライフプランニング・ラボは「ライフプラン作成・エンディングノート作成をとおして自分や家族の人生を具体的に考えるお手伝いがしたい」との思いで設立された相談窓口です。

保険商品は販売しておらず、相談者が希望した場合にのみ専門家を紹介してもらえます。そのため、勧誘が不安な人も安心して相談できるのが特徴です。

初回相談は無料ですが、2回目からは相談料が発生します。詳しい料金やサービス内容については公式サイト、もしくは初回相談の際に説明してもらえます。

7.住まいのお金相談室

新潟の住宅ローン相談窓口のおすすめ7つめは、住まいのお金相談室です。  


▼住まいのお金相談室の主な特徴

  • 相談は有料(初回相談は無料)
  • 第三者の立場からアドバイスを行う独立系FP事務所
  • 「マイホーム購入予算診断サービス」を実施
住まいのお金相談室は、無料相談ではなく有料相談をしています。(初回相談は無料)

どこの企業にも属さない独立系FP事務所のため、相談者から相談料をいただくことで中立の立場で第三者の目線からのアドバイスが可能です。

「マイホーム購入予算診断サービス」では、相談者が購入しても大丈夫な「本当の金額」を具体的な数字で伝えてくれます。

相談形態は事務所または自宅への訪問があります。

8.住宅相談センター

新潟の住宅ローン相談窓口のおすすめ8つめは、住宅相談センターです。  


▼住宅相談センターの主な特徴

  • お試し相談(60分)は無料
  • 注文住宅・中古住宅の住宅診断を行う
  • FPによる住宅ローン相談も可能
住宅相談センターでは、FPによる住宅ローン相談を実施しています。

「自分がどれくらい借りれるのか」は、金融機関で試算すれば簡単にわかります。しかし本当に大事なのは、購入者にとって「いくらのローンなら安心なのか」を知ることです。

住宅相談センターでは、金融機関などからの立場ではなく、お客様の立場に立った最も良いローンについて提案してもらえます。

60分まで無料のオンライン相談も実施しており、60分を過ぎた分は30分ごとに5,500円(税込)で相談が可能です。

9.任意売却・住宅ローンお困りごと相談室

新潟の住宅ローン相談窓口のおすすめ9つめは、任意売却・住宅ローンお困りごと相談室です。  


▼任意売却・住宅ローンお困りごと相談室の主な特徴

  • 新潟県内で多数の任意売却実績がある
  • 提携弁護士による無料相談がいつでも可能
  • 任意売却後の再出発を最後までサポート
任意売却・住宅ローンお困りごと相談室では、新潟県限定で任意売却・住宅ローン返済などの悩みについて無料相談ができます

地域密着型の任意売却専門のため、新潟県内で多数の任意売却実績があります。今までの事例をもとに、相談者に合った具体的なアドバイスが可能です。

任意売却をした後には、債務返済計画や転居先の紹介などもサポートしてもらえます。

10.ろうきんローンプラザ

新潟の住宅ローン相談窓口のおすすめ10つめは、ろうきんローンプラザです。 


▼ろうきんローンプラザの主な特徴

  • 受付時間は平日18時まで
  • 土日の相談も可能
  • 店舗相談を実施
住宅ローンに関する相談はもちろん、カードローンや教育ローンなど様々なローンについての相談が可能です。

相談形態は店舗相談で、店舗数は以下のとおりです。
  • 新潟市:7店舗
  • 佐渡・下越地区:6店舗
  • 中越地区:9店舗
  • 上越地区:4店舗
新潟ろうきんは、営利を目的としない金融機関です。 新潟県に住んでいる人・新潟県に勤めている人であれば誰でも利用できます

住宅ローンや保険についても相談でき、無理のない返済プランについてアドバイスをもらったり、住宅ローン返済中に万が一のことが合った場合にも安心な保険を紹介してもらったりできます。

11.ファイナンシャルクリニックサービス

新潟の住宅ローン相談窓口のおすすめ11つめは、ファイナンシャルクリニックサービスです。   


▼ファイナンシャルクリニックサービスの主な特徴

  • 独立系FP事務所
  • 相談者の不安、疑問、考えをしっかりと聴く
  • アフターフォローまでサポート
ファイナンシャルクリニックサービスでは、しっかりと一人ひとりの状況のヒアリングを行い、不安・疑問の解消や目的の実現のためにプランニングを行ってもらえます。

相談者の家計状況や収入・支出、家族構成や考え方により住宅ローン選びは異なります。

独立系FP事務所のため、中立な立場からの相談が可能です。住宅購入資金の相談から、税金、住宅ローンなどの幅広い分野でサポートをしてもらえます。

12.新潟ファイナンシャルデザイン

新潟の住宅ローン相談窓口のおすすめ12つめは、新潟ファイナンシャルデザインです。   


▼新潟ファイナンシャルデザインの主な特徴

  • 相談実績1,000件以上
  • 初回60分相談無料
  • 土日祝日や夜間の相談も可能
新潟ファイナンシャルデザインは住宅ローンやマイホーム資金計画専門のファイナンシャルプランナー事務所です。

住宅ローンや家づくり専門のFPが「安心・安全なマイホーム資金計画」をアドバイスしてくれます。

マイホーム計画を賢く進めていくためには、正しい順序で家づくりを進めることが大切です。

「売る側」や「貸す側」でのローンではなく、「自分たちに合った」ローン計画を中立な立場から一緒に作ってもらえます

13.ライフアシスト本社

新潟の住宅ローン相談窓口のおすすめ13つめは、ライフアシスト本社です。   


▼ライフアシスト本社の主な特徴

  • 創業16年の信頼と実績がある
  • 保有契約数8.2万件
  • アフターサポートも充実
ライフアシストは、来店型保険ショップ事業、訪販型保険事業、ファイナンシャルコンサルティング事業の3つを柱とした保険相談窓口です。

相談は無料で行え、相談形態は店舗相談、訪問相談、オンライン相談に対応しています。

ライフアシストでは「保険選びの主役はお客様」という考えを大切にしているため、スタッフにノルマを課していません。

そのため無理な勧誘が心配な人でも安心して相談できます

14.おうちの買い方相談室

新潟の住宅ローン相談窓口のおすすめ14つめは、おうちの買い方相談室です。     


▼おうちの買い方相談室の主な特徴

  • 相談は基本的に全て無料
  • 一部有料オプションもある
  • 住宅購入専門のFPが在籍
おうちの買い方相談室では、資金計画を含めた家計のアドバイスを行っており、具体的には以下のような内容を相談できます。
  • 住宅購入に向けた100年人生の予算作成
  • 最適な住宅ローンのアドバイス
  • 家計の見直しや貯蓄のしかた など
またアフターサポートも充実しているため、マイホームを建てた後にもさまざまなお金のアドバイスを受けられます。具体的な内容は以下のとおりです。
  • 減税などの申請手続きのアドバイス
  • リフォーム・修繕などの相談
  • 出費の見直し
  • お得なローン返済方法 など

住宅ローン相談窓口の選び方

「おすすめの相談窓口はわかったけれど、どのようにして選べばいいのかわからない」と思っている人もいると思います。


住宅ローン相談窓口の選び方のポイントは、以下のとおりです。

  • 実績のある相談窓口か
  • 所属FPの質で選ぶ
  • 訪問・オンライン相談に対応しているか
  • 口コミ・評判は高いか
それぞれのポイントについて、1つずつ詳しく解説していきます。相談窓口を選ぶ際の参考にしてください。

選び方①実績のある相談窓口か

住宅ローン相談窓口の選び方のポイント1つ目は、実績のある相談窓口かどうかです。


相談窓口のHPなどを見ると、相談実績数を公開している窓口があります。住宅ローン相談窓口を選ぶ際には実績数を公開しており、実績数が豊富な相談窓口を選びましょう


理由は、実績数が多いということはそれだけ多くの人が信頼して相談している証拠だからです。


相談実績が多い窓口では、それだけ多くの人の悩みを聞いているため、いろいろな悩みを解決してきた経験もあります。


豊富な知識と経験をもとにして、あなたの悩みを解決してくれます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「知識がなく、住宅ローンの選び方が不安…」

住宅ローン全般の悩みを何度でも無料で相談できる

「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

選び方②所属FPの質で選ぶ

住宅ローン相談窓口の選び方のポイント2つ目は、所属FPの質で選ぶことです。


FP資格には、国家資格と民間資格があります。

資格名
国家資格FP1級〜FP3級
民間資格CFP資格・AFP資格

FP1級とCFP資格は上位資格であり、より深い知識を持っている証です


相談窓口のHPを見ると、所属FPの詳しいプロフィールを公開している窓口があります。プロフィール文を読み、FP1級やCFP資格を所持しているFPがいるかどうか確認してみましょう。


またFPには得意分野があります。分野の一例は「住宅ローン」「保険」「税金」などがあります。


住宅ローン相談窓口を選ぶ際には得意分野が「住宅ローン」のFPがいる窓口を選びましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「知識がなく、住宅ローンの選び方が不安…」

住宅ローン全般の悩みを何度でも無料で相談できる

「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

選び方③訪問・オンライン相談に対応しているか

住宅ローン相談窓口の選び方のポイント3つ目は、訪問・オンライン相談に対応しているかどうかです。


住宅ローン相談をする際には「自宅での訪問相談」と「オンライン相談」がおすすめです。


理由は、第三者に話を聞かれるリスクがないからです。


たとえば店舗での相談やカフェなどでの相談の場合、周りに人がいるため話を聞かれてしまう可能性があります。


住宅ローン相談では個人的な金銭情報を話すこともあるため、他人には聞かれたくないと思う人も多いと思います。


自宅での訪問相談やオンライン相談であれば、担当者以外に話を聞かれてしまうリスクはありません


周りを気にすることなく相談できるため、きっと満足のいく相談になることでしょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「知識がなく、住宅ローンの選び方が不安…」

住宅ローン全般の悩みを何度でも無料で相談できる

「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

選び方④口コミ・評判は高いか

住宅ローン相談窓口の選び方のポイント4つ目は、口コミ・評判は高いかどうかです。


住宅ローン相談窓口を選ぶ際には、実際に利用した人の口コミや評価が高い窓口を選びましょう


実際に利用した人の感想は、HPを見ただけではわからないリアルな内容がわかります。


もちろん口コミにはいい内容も悪い内容もありますが、感じ方は人それぞれです。


たとえば熱心に説明してくれる担当者に対して「丁寧に説明してくれた」と感じる人もいれば「押し売り感があった」と感じる人もいるでしょう。


口コミや評価はあくまで1つの参考ではありますが、相談窓口を選ぶ上では一つの目安になります。


いい評価も悪い評価も総合的に判断して、相談窓口を選んでください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「知識がなく、住宅ローンの選び方が不安…」

住宅ローン全般の悩みを何度でも無料で相談できる

「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

住宅ローン相談窓口のメリット

住宅ローン相談窓口で相談するメリットは、以下のとおりです。

  • 家計の状況に合わせたアドバイスをしてくれる
  • 中立的な意見がもらえる
  • 住宅ローン以外の相談もできる

ここまで読んでいる人のなかには「どうして住宅ローン相談窓口に相談するのがいいのだろう」と疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。  


住宅ローン相談窓口に相談するメリットは、簡潔に結論をお伝えすると自分たちの状況に合ったアドバイスを受けられることです。


それぞれのポイントについて詳しく解説します。

メリット①家計の状況に合わせたアドバイスをしてくれる

住宅ローン相談窓口のメリット1つ目は、家計の状況に合わせたアドバイスをしてくれる点です。


住宅ローンの相談をすると、収入額などから「いくらまでならローンが組めるのか」という視点でローンの金額を教えてもらえます。


しかしこの金額は、あくまでも「支払い可能額」であり「無理なく支払える額」とは違う場合があるのです。


住宅ローン相談窓口に相談すると収入やライフプランを見通したうえで、家計の状況に合った「無理なく支払える額」を一緒に考えてくれます。


住宅ローンは長期にわたって支払い続けていく必要があるので、無理のない金額でローンを組めるようにアドバイスがもらえる点は、住宅ローン相談窓口に相談する大きなメリットといえます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「知識がなく、住宅ローンの選び方が不安…」

住宅ローン全般の悩みを何度でも無料で相談できる

「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メリット②中立的な意見がもらえる

住宅ローン相談窓口のメリット2つ目は、中立的な意見がもらえる点です。


住宅ローン相談窓口は、独立系FPが相談に乗ってくれます。


FPには2種類あり「企業系FP」と「独立系FP」に分かれています。「企業系FP」とは名前のとおり企業に属していて、所属会社の金融商品をおすすめしてきます。


一方で「独立系FP」とは特定の企業には属さず、中立な立場で相談者の立場に立ったアドバイスが可能です。


独立系FPは複数社の商品のなかから相談者に合った商品を提案できますし、相談者としてはより多い選択肢のなかから選べるのが魅力です。


そのため、住宅ローンについての相談を希望する場合には独立系FPに相談できる住宅ローン相談窓口に相談するのがおすすめです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「知識がなく、住宅ローンの選び方が不安…」

住宅ローン全般の悩みを何度でも無料で相談できる

「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メリット③住宅ローン以外の相談もできる

住宅ローン相談窓口のメリット3つ目は、住宅ローン以外の相談もできる点です。


FP資格を持っている人は、住宅ローン以外にも保険や家計の見直し、ライフプラン作成などの知識も豊富に持ち合わせています。


お金に関する深い知識を持っている人が住宅ローン相談窓口に在籍しているため、住宅ローン以外の相談も可能です。


たとえば子どもが生まれたら将来必要な学費を計算したうえで、無理のない住宅ローンを組める金額を考えます。


また、教育資金だけではなく自分たちの老後資金のことも念頭において、月々の返済額を設定することも可能です。


自分たちの家族構成家計の状況に合わせて住宅ローン以外の相談も一緒にできるのは、相談者の立場からみても家計の状況を把握できるのでおすすめです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「知識がなく、住宅ローンの選び方が不安…」

住宅ローン全般の悩みを何度でも無料で相談できる

「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

住宅ローン相談窓口の注意点

住宅ローン相談窓口には注意点もあります。

  • 無料と有料の窓口がある
  • 強引な勧誘をする窓口も
  • 事前予約が必要な場合もある
住宅ローン相談窓口のメリットをお伝えしましたが、注意点もあるので気をつけましょう。

納得のいく住宅ローン相談にするためには、これらの注意点についてもしっかりと頭に入れておく必要があります。

それぞれのポイントや対策について、詳しく解説していきます。

注意点①無料と有料の窓口がある

住宅ローン相談窓口の注意点1つ目は、無料と有料の窓口がある点です。


FP相談には、無料で相談できる窓口と有料相談の窓口があります。両者の違いは、ビジネスモデルの違いです。


無料相談の場合は、契約している保険会社や提携FPから報酬を得ているため相談は無料で行うことができています。


一方で有料相談は、相談自体にお金が発生しています。そのため、商品を勧められることはほとんどの場合ありません。


どちらが良い・悪いというものではありません。


まずは無料で気軽に相談したい人や商品選びまでを含めてサポートして欲しい人は無料相談を、お金を支払って相談をメインで利用したい人は有料相談に申し込むとよいです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「知識がなく、住宅ローンの選び方が不安…」

住宅ローン全般の悩みを何度でも無料で相談できる

「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

注意点②強引な勧誘をする窓口も

住宅ローン相談窓口の注意点2つ目は、強引な勧誘をする窓口もある点です。


最近では、強引な勧誘を禁止している相談窓口も増えてきました。


理由の1つには、SNSが浸透したことにより、強引な勧誘をしてしまうと悪い口コミがすぐに広がってしまうことがあげられます。


また本当の意味で相談者の立場に立って解決策を考えたい、という窓口も増えていることもあるでしょう。


しかし、なかには強引な勧誘をしてくる人もゼロではありません。


これに対する対策は、相談窓口を選ぶ際には「強引な勧誘はしない」と明記している窓口を選ぶことです。


また万が一不快な対応を受けた際には担当者を変更してくれる窓口もあります。


このような相談窓口を選ぶことで、安心して相談できますよ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「知識がなく、住宅ローンの選び方が不安…」

住宅ローン全般の悩みを何度でも無料で相談できる

「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

注意点③事前予約が必要な場合もある

住宅ローン相談窓口の注意点3つ目は、事前予約が必要な場合もある点です。  


住宅ローン相談窓口では、当日相談ができる窓口もありますが、事前に予約が必要な場合が多いです。


その理由は、事前に日程を決めて相談者の悩みや不安をヒアリングしておくことで、相談当日がより良い時間になるよう考えられているからです。


また事前予約をしておくことで、相談者が相談したい分野を得意とするFPとマッチングさせることが可能です。


「事前に個人情報や悩みを詳しく話すのは不安…」と思う人もいるかもしれませんが、できるだけ事前のヒアリングは具体的に伝えておくと、自分の納得のいく相談にできることでしょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「知識がなく、住宅ローンの選び方が不安…」

住宅ローン全般の悩みを何度でも無料で相談できる

「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

住宅ローン相談の流れ

住宅ローン相談の流れは、以下のとおりです。

  1. 相談したい内容をできるだけ詳しく考える
  2. どこの相談窓口に相談するか検討する
  3. 相談予約をする
  4. 相談に必要なものを準備する
  5. 相談当日を迎える
相談を申し込む際には、自分が何を相談したいのかを明確にしましょう

もちろん「なんとなくお金に不安がある」といった漠然とした悩みでも大丈夫ですが、なかでも何に対して不安なのかだけでも言語化できると、相談の質が上がります。

たとえば「老後資金が心配」「住宅ローンは本当に自分にも組めるのか不安」といった具合です。

住宅ローン相談に関するよくある質問

住宅ローン相談に関するよくある質問を3つまとめました。

  • なぜ無料で住宅ローン相談ができるの?
  • 事前準備・必要なものは?
  • 強引な勧誘・営業を受けた場合は?
住宅ローンの相談をしたいけれど「わからないことがわからない」という人もいると思います。

初めて相談するという人がほとんどだと思いますから、当然のことです。

上記のよくある質問に対してひとつずつ詳しく回答していくので、参考にしてください。

なぜ無料で住宅ローン相談ができるの?

先ほど「無料相談と有料相談の違い」の段落でもお伝えしましたが、無料相談の場合は相談者が契約をすると、その契約先の会社から相談窓口に紹介料が入る仕組みになっています。


また提携しているFPから手数料をもらっている場合もあります。


もちろん相談者の保険料が上乗せされて高くなっているわけではありません。


無料相談窓口のFPは独立系FPですから、特定の企業・商品に偏ることなく相談者に合った商品を提案しています。


住宅ローンに関する内容は複雑なので、お金の専門家であるFPへの相談が無料でできるというのは、相談者にとって大きなメリットといえます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「知識がなく、住宅ローンの選び方が不安…」

住宅ローン全般の悩みを何度でも無料で相談できる

「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

事前準備・必要なものは?

FP相談をする際、事前準備で必要なものには以下のものがあります。

  • 年収・勤め先がわかるもの(源泉徴収票など)
  • 社会保険に加入していることがわかるもの(健康保険証など)
  • 支出額・貯金額がわかるもの(家計簿・通帳など)
  • 年金加入履歴がわかるもの(年金定期便など)
これらの書類があると、無理のない借入可能額をスムーズに計算することができます。

すでに購入物件が決まっている場合、以下の書類も必要です。
  • 購入物件の場所や規模・値段がわかるもの(物件チラシなど)
  • 重要事項説明書・売買契約書
物件がまだ決まっていない場合には「住宅ローン以外に契約しているローンの残高がわかるもの」(ローン残高証明書など)があれば準備が必要です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「知識がなく、住宅ローンの選び方が不安…」

住宅ローン全般の悩みを何度でも無料で相談できる

「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

強引な勧誘・営業を受けた場合は?

強引な勧誘を受けた際には、キッパリと断りましょう


とはいえ「対面で人に対してキッパリと断るのはできないかもしれない…」と思う人もいるでしょう。


そのような人におすすめなのはオンライン相談にしておくことです。


オンライン相談であれば強引な勧誘を受けて断れなかったとしても、オンライン相談の画面を閉じればそこで話をする必要はなくなります。


加えて大切なことは、

  • あらかじめ勉強し、多少の知識を付けておく
  • 「強引な勧誘はしない」と明記している相窓口を選ぶ
  • 「不快な対応が合った場合には担当者の変更が可能」と明記している窓口を選ぶ
このようなことがあげられます。

相談を途中でやめても、ペナルティーが発生することはないので安心してください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「知識がなく、住宅ローンの選び方が不安…」

住宅ローン全般の悩みを何度でも無料で相談できる

「マネーキャリア」


▼マネーキャリア(丸紅グループ)の公式サイト

https://money-career.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どの住宅ローンが適切なのか気になる方におすすめのサービス

以下では「どの住宅ローンが自分に合っているのか分からない」と悩む人におすすめのサービスを紹介します。


住宅ローンに関する詳細はインターネットで調べれば、ほとんどの情報がわかります。しかし、金利やプランの詳細を把握しても「どのプランが自分に合っているか」の問題を自分で判断することは非常に難しく、後悔の残る選択をしてしまう場合も多いです。


そこで使うべきなのがファイナンシャルプランナーへの無料相談サービスマネーキャリアです。プロと一緒に、住宅ローンに関する問題を相談できることはもちろん、状況に合わせたオーダーメイドの提案を受けられるので、無理のあるローンを組んで将来的に困窮してしまうリスクを防げるのです。


とくに、無料で何度でも相談が可能なマネーキャリアは、納得がいくまで住宅ローンの悩みを相談できます。フラットな目線で最適な住宅ローンに関する提案が受けられるので、80,000人以上の多くの方が利用しています。

住宅ローンに関する相談が何度でも無料で可能:マネーキャリア

<マネーキャリアのおすすめポイントとは?> 

・お客様からのアンケートでの満足度や実績による独自のスコアリングシステムで、優秀なFPのみを厳選しています。

・保険だけではなく、資産形成や総合的なライフプランの相談から最適な解決策を提案可能です。

・担当する専門家のFP資格保有率は100%であり、満足度98.6%、相談実績も80,000件以上を誇ります。


<マネーキャリアの利用料金> 

マネーキャリアでは、プロのファイナンシャルプランナーに 「無料で」「何度でも」相談できるので、相談開始〜完了まで一切料金は発生しません。

30代女性


住宅ローンのローン形態、借入先、金利タイプがわかりやすかったです!

住宅ローンの他にも投資信託のことまで分かりやすく教えて頂きました。こちらが質問したことにも丁寧に教えてくださり面談して良かったです!

30代女性


住宅ローンを中心としたライフプランの相談もできました!

たまたま見つけて申し込みをしたのですが、親身になって色々と相談に乗って頂きました。無理してローンを組もうとしていたのを思いとどまることができ、とても感謝しています。ありがとうございました!

40代男性


自分に最適な住宅ローンの借入額がわかりました!

住宅ローンの利用にあたり、現在の家計簿見直しを合わせて相談させてもらいました。自分で試算していて不安を覚えた部分が相談により解消でき、モヤモヤがなくなりすっきりしました。

無料でマネーキャリアに相談する▶️

まとめ:新潟で住宅ローン相談するならマネーキャリアがおすすめ!

ここまで相談窓口の紹介と選び方、相談窓口のメリットからよくある質問まで色々と相談窓口に対する情報をお伝えしてきました。


結論として、住宅ローンを初めて利用する場合、プロに相談するのがおすすめです。


しかし、相談窓口に関する情報があまりにも多く、どの情報を基に選べば良いのかわからなかったり、どの相談窓口が自分のニーズに合っているのか見極めるのが困難だったりするため、「結局どこで相談したらいいの?」と思っている人もいると思います。


どこで相談すればいいか悩んでいる人は、マネーキャリアでの相談がおすすめです。


マネーキャリアは何度相談しても無料の住宅ローン相談窓口です。


提携FPは3,000名以上で、女性FPも多数在籍しています。


時間や場所を選ばずに相談可能なオンライン相談にも対応しているので、まずは一度気軽に申し込んでみてください。


無料相談への登録は1分で完了するので、ぜひ気軽に相談して自分にあった住宅ローンを見つけましょう。

無料でマネーキャリアに相談する▶️
【関連記事】住宅ローンの相談に関する記事
【関連記事】住宅ローンの借り換えに関する記事
【関連記事】住宅ローンの審査に関する記事
【関連記事】住宅ローンの既契約者におすすめの記事