鹿児島の住宅ローン相談窓口おすすめ人気比較10選!のサムネイル画像
※本記事で紹介しているサービスにはPRが含みます。
▼この記事を読んでほしい人 
  • 鹿児島に在住していて住宅ローンについて不安な方 
  • 住宅ローン相談窓口を知りたい方 
  • 住宅ローン相談窓口の選び方を知りたい方 
  • 住宅ローン相談窓口のメリットを知りたい方 
  • 住宅ローン相談窓口の注意点や流れ、よくある質問を知りたい方
  • FP相談おすすめはマネーキャリアの無料FP相談 
  • FP相談は強引な勧誘がないか確認することが注意点! 
  • FP相談はなるべく配偶者と行うと適切な判断がしやすい! 
  • FP相談前は、家計状況のわかるものを準備しておくことがおすすめ! 
  • マネーキャリアはリピーターが多く、満足度が高いので初心者におすすめ!
今すぐ住宅ローン相談する!
▼鹿児島でおすすめの住宅ローン相談窓口3選

鹿児島でおすすめの住宅ローン相談窓口を知りたいという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。そこでこの記事では、鹿児島でおすすめの住宅ローン相談窓口・住宅ローン相談窓口の選び方・メリット・注意点・住宅ローン相談の流れを徹底解説します。

この記事の監修者「谷川 昌平」

この記事の監修者 谷川 昌平 フィナンシャルプランナー

株式会社Wizleap 代表取締役。東京大学経済学部で金融を学び、金融分野における情報の非対称性を解消すべく、マネーキャリアの編集活動を行う。ファイナンシャルプランナー証券外務員を取得。
>> 谷川 昌平の詳細な経歴を見る

この記事の目次

鹿児島の住宅ローン相談窓口おすすめ人気比較10選


マイホームを購入するのに障壁となるのが住宅ローン。ほとんどの人が借りるとはいえ、いきなり何千万も組むのは不安ですよね。


しかし、個人で調べても情報が限られているので、どのように返済計画をたてればいいのかわからないのではないでしょうか。しかし、住宅ローンはライフプランに沿った返済計画をたてないと、老後資金や教育資金が足りなくなる可能性があります。


そんな時、まずは窓口でプロに相談しましょう。 今回は、鹿児島でおすすめの住宅ローン相談窓口10選をランキング形式でご紹介します。

鹿児島でおすすめの保険相談サービス:マネーキャリア 支部

マネーキャリアはの最もおすすめの相談窓口です。住宅ローンに限らず、パソコンやスマホであらゆるお金の悩みを解決できます。


特にファイナンシャルプランナーの質の高さに定評があり、顧客満足度は驚異の93%を誇ります。最大の特徴として、予約からヒアリングまでLINEでできる業界唯一のサービスを展開中です。


相談は何度でも無料なうえ、マネーキャリアのファイナンシャルプランナーは優秀なので、誰を選んでも納得するまで親身に対応してくれます。オンライン相談は時間も場所も問わないので、忙しい人にも最適です。


もちろん、強引な勧誘・営業もありません。それぞれのライフプランに応じてきちんとしたアドバイスが得られるでしょう。

マネーキャリアの公式HPはこちら

2.ほけんのぜんぶ

子育て世代に選ばれているほけんのぜんぶは、 日本コンシューマーリサーチによる「保険相談サービスを扱う10社を対象としたブランドイメージ調査」で
  • 信頼度
  • 安心して相談できると思う
  • 子育て世代のママ・パパにおすすめしたい
の3部門で1位を獲得した実績のある相談窓口です。

結婚や出産をきっかけにマイホームの購入を検討する人も多いので、子育て世代にとって心強い味方となってくれます。ほけんのぜんぶでは相談担当者全員がファイナンシャルプランナーの有資格者であり、お金のスペシャリストなので安心して相談できるでしょう。

24時間365日相談を受け付けているので、忙しい人でも隙間時間を活用して相談できます。 また、契約時は店舗に出向く必要はあるものの、相談は店舗以外でも可能です。

3.保険見直しラボ

保険見直しラボは、平均業界歴12.1年のベテランファイナンシャルプランナーが多いのが特徴です。

10年以上経験を積んだお金のプロばかりなので、初めての人でも安心して相談できるのではないでしょうか。担当者は指名できませんが、無料相談を予約すると、入力情報をもとにメールか電話で最適な担当者とマッチングさせてくれます。

店舗に行く時間がない、近くに店舗がないという人は、担当者が出張して相談にのってくれるので活用しましょう。また、オンライン相談も実施しています。

ただし、土日祝日は予約が集中しやすいので、早めに予約する必要があります。さらに今なら、オンライン相談の面談後アンケートに答えると食品や癒しグッズがもらえるキャンペーンを実施中です。

4.ほけんの窓口

ほけんの窓口は、アンミカさんが出演するCMで目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。ほけんの窓口では、全国806店舗と圧倒的な店舗数で、店舗相談しやすい環境が整っています。

どうしても店舗に行けない場合は、オンライン相談も実施しているので活用しましょう。また、家族連れや女性に嬉しいサービスが充実しているのもほけんの窓口の魅力のひとつです。

子供と一緒に来店しやすいよう、キッズスペースやベビーベッドがある店舗は予約不要かつ無料で利用できます。女性特有の悩みを相談したいときも女性の担当者を希望できるので安心です。 

相談はネットや電話で事前予約しておくとスムーズですが、空いていれば飛び込みでも対応してくれます。まずは最寄りの店舗をチェックしてみましょう。

5.保険市場

保険市場は、ユニークなサービスを提供する相談窓口です。保険業界初の試みとして、女性・男性のアバターに電話するかのようにチャットで相談できるアバターコンサルタントサービスを展開しています。

アバターコンサルタント以外にも、ほとんどの手続きをオンラインで可能にしたオンライン専用相談店舗などを展開しているのも魅力です。店舗に行く時間がないという人はぜひ積極的に利用しましょう。

在籍する総勢200名以上のファイナンシャルプランナーには、写真と共に口コミや詳しいプロフィールが掲載されており、相談者はその中から自由に指名できます。

実際に相談した人の評価を参考にでき、自分に合ったファイナンシャルプランナーをじっくり考えられるのは大きなメリットです。もし選べない場合は、AI診断でコンサルタントを選んでみてはいかがでしょうか。

6.SBIマネープラザ

SBIマネープラザは、SBIグループが展開する住宅ローン相談店舗。取り扱っているのは、住信SBIネット銀行の住宅ローンが中心です。


経験豊富な住宅ローンコンシェルジュが書類の準備から、プランの選び方まで丁寧にサポートしてくれます。何かとややこしい住宅ローンの手続きを一貫してサポートしてくれるのは大きな魅力です。


取り扱っている住宅ローンは金利が低く、団体信用生命保険などの保障が充実しています。「ミスター住宅ローンREAL」など、住信SBIネット銀行の対面専用住宅ローンもあります。


もちろん、住宅ローンに限らずお金の悩み全てに対応可能。相談できる店舗が限られているデメリットはあるものの、近場にある人はぜひ利用してみてください。

7.FPブレーン

「質の高い優秀なファイナンシャルプランナーがかかりつけでいてくれたらいいのに」と思ったことはありませんか?FPブレーンのファイナンシャルプランナーは、マラソンの伴走者のように相談者に寄り添うパートナーを目指しています。


メディア掲載の実績も、日本経済新聞や金融リテール情報誌など豊富です。住宅ローンはもちろん、資産運用の具体的なアドバイスが欲しい人にはぴったりの相談窓口といえるでしょう。


2022年で20年目を迎えた実務経験があるので、さまざまお金の悩みに的確に対応してくれます。料金は有料ですが、基礎から資産運用について学びたいという人にはおすすめ。


相談は公式サイトからウェブで申し込むか、電話で予約しましょう。

8.すまいのお金・鹿児島相談室

すまいのお金・鹿児島相談室は住宅購入の予算をどのくらいに設定したらいいのかわからい人におすすめの相談窓口です。


失敗しない家づくりのために、住宅専門のファイナンシャルプランナーが相談にのってくれます。


購入予算や、無理のない返済計画をプロに相談すれば、返済に追われる生活を避けられます。教育資金や老後資金をしっかり準備するためにも、適切な購入予算を知ることはとても重要です。


すまいのお金・鹿児島相談室は第三者の立場から最適なアドバイスをしてくれるので、これからマイホームを購入する人にぴったり。料金は5000円(税抜)ですが、内容に満足できなければ全額返金してくれる返金保証制度もあります。

9.照国町のおうちの買い方相談室

おうちの買い方相談室は、理想のマイホームを購入するポイントを無料で教えてくれる相談窓口です。住宅会社から紹介料を得るシステムなので、相談者は料金が一切かかりません。


おうちの買い方相談室は、友人や家族にすすめたくなるような会社を厳選しており、しつこい勧誘もないのが魅力。完全無料で理想の住宅会社とマッチングできます。


いきなり相談に行くのはハードルが高いという人は、おうちの買い方相談室が主催する「おうちづくりイベント」に参加するのもおすすめです。参加費無料、少人数定員で毎週土曜日に開催されています。


住宅ローン以外に

  • なるべく安くマイホームを購入したい
  • 住宅会社の選び方を教えて欲しい
  • 土地探しにも悩んでいる

という人は、ぜひ一度参加してみてください。

10.住宅相談の窓口 イエタッタカウンター

建てる前と住宅会社に依頼する前に、住宅専門のプロに相談できるのがイエタッタカウンターです。一級建築士監修で、さまざまな住宅相談に対応します。


徹底的なヒアリングと、最適な住宅会社にリストアップが強みで、全国的にも珍しい住宅相談窓口です。毎月開催している「成功する、はじめての家づくり勉強会」での満足度も98%と高く、レベルの高さがうかがえます。


住宅専門メディアであるイエタッタが運営しているので、住宅会社のラインナップも豊富。住宅ローンをはじめとするお金の悩み以外に、家づくりのサポートも受けられます。


店舗は石川県、富山県、鹿児島県に限られていますが、オンライン相談も選べます。気になる人は、まず勉強会に参加するのがおすすめです。

住宅ローン相談窓口の選び方


住宅ローン相談窓口は数が多く、自分に合った相談窓口を選ぼうとしても、迷ってしまうのではないでしょうか。


そこでここからは、住宅ローン相談窓口の選び方を4つ紹介します。

  1. 実績のある相談窓口か
  2. 所属FPの質で選ぶ
  3. 訪問・オンライン相談に対応しているか
  4. 口コミ・評判は高いか

どの住宅ローン相談窓口を選ぶかで、今後の未来が大きく変わる可能性もあります。適当にせず、慎重に自分に合った相談窓口を選びましょう。

選び方①実績のある相談窓口か

まずは、実績が豊富な住宅ローン相談窓口を選びましょう。相談実績は在籍しているファイナンシャルプランナーや相談の質が高いのかを判断する材料になります。


住宅ローン相談窓口の場合、顧客満足度や、累計申込件数が主な相談実績です。実力がなければ、リピーターや契約の獲得にはつながりません。


実績を確かめる方法として、候補の住宅ローン相談窓口が決まったら、公式サイトを確認するのがおすすめです。実績がある相談窓口は、必ずトップページに大きく掲載してアピールしています。


反対に相談実績が乏しい、サイトに掲載されていないといった相談窓口はやめましょう。せっかく相談するなら、質の高い相談を受けられる相談窓口に行くべきです。

選び方②所属FPの質で選ぶ

実力の乏しいファイナンシャルプランナーがいる相談窓口は避けた方がいいでしょう。


ファイナンシャルプランナーは住宅ローンに限らず、あらゆる分野に精通したお金の専門家です。ひとことで「お金の悩み」といっても、保険、教育資金、老後資金など幅広く、そのすべてに的確に対応することが求められます。


しかし残念なことに、資格があるからといってファイナンシャルプランナーとしての質が高いことを意味するわけではありません。重要なのは、わかりやすく、親身になってくれる良いファイナンシャルプランナーなのかどうかです。


優秀なファイナンシャルプランナーに相談できるかで、今後の人生が大きく変わる可能性があります。ファイナンシャルプランナーの質は必ずチェックしてから相談に行きましょう。

選び方③訪問・オンライン相談に対応しているか

また、店舗相談以外に、訪問オンライン相談に対応している住宅ローン相談窓口を選ぶといいでしょう。


相談窓口の多くは、ショッピングモールや街中といったアクセスしやすいところに店舗がありますが、鹿児島といっても広く、店舗が近くにないという人も多いのではないでしょうか。 また、仕事や子育てで忙しい人には店舗に行くのはハードルが高いもの。


その点、オンライン相談なら自宅からできるので、忙しくても利用しやすいというメリットがあります。訪問なら、担当者に都合のいい場所まで来てもらえるので、時間と交通費の節約になるのも魅力です。


また、オンライン相談はスマートフォンやパソコンがあれば時間や場所を問いません。効率的に相談するためにも、訪問・オンライン相談に対応している相談窓口がおすすめです。

選び方④口コミ・評判は高いか

口コミ評判の高さも相談窓口を選ぶときに必ず確認しましょう。公式サイトに頼りすぎず、比較サイトやブログで検索してみるのがおすすめです。


また良い口コミだけでなく、マイナスな意見も参考にしてください。率直な意見や感想は貴重な情報源になるからです。


悪い口コミが全くない、口コミ数が極端に少ないのに評価が高いといった場合は、サクラの可能性もあるかもしれません。TwitterなどSNSを利用して口コミをチェックするのもいいでしょう。


比較サイトやSNSで良い口コミが一定数ある相談窓口は、信頼できる可能性が高いといえます。自分だけで判断するのではなく、実際に相談した人のリアルな体験談を参考にすれば、相談窓口とのミスマッチを防げるはずです。


後悔しないためにも、ぜひ口コミ・評判は参考にしてください。  

住宅ローン相談窓口のメリット


おすすめの住宅ローン相談窓口や、相談窓口の選び方をまとめてきました。住宅ローンは長期にわたって支払うものであり、時には家計の大きな負担となる可能性を秘めています。


無理のない返済を続けるためにも、住宅ローン相談窓口の活用はとてもおすすめです。ここからは、なぜ住宅ローン相談窓口をおすすめするのか、メリットを3つご紹介します。


住宅ローン相談窓口のメリットは

  1. 家計の状況に合わせたアドバイスをしてくれる
  2. 中立的な意見がもらえる
  3. 住宅ローン以外の相談もできる

です。ぜひ参考にしてください。

メリット①家計の状況に合わせたアドバイスをしてくれる

ひとつめのメリットは、ひとりひとりの家計の状況に合わせたアドバイスが得られることです。住宅ローン相談窓口では、各家庭や個人のライフプランに合わせて、家計も考えながら相談にのってくれます。


いくら借り入れるのか、ボーナス払いも併用すべきかなど、住宅ローンに関する悩みは多種多様です。家族が増えたり、働き方が変われば、家計も大きく変化します。


家計が変わると順調だった住宅ローンの返済も滞ってしまうかもしれません。わからないからとそのままにせず、家計に変化があったときは積極的に住宅ローン相談窓口を利用しましょう。


現状はもちろん、将来も見据えながら的確なアドバイスをしてくれます。スムーズに返済が続けるためにも、家計の変化に素早く対応していくことが大切です。

メリット②中立的な意見がもらえる

住宅ローンの悩みはプライベートなことなので、周囲の人に相談しにくいという人も多いのではないでしょうか。住宅ローン相談窓口なら、ファイナンシャルプランナーから中立的な意見をもらえるというメリットがあります。


マイホームは人生の中で最も大きな買い物のひとつです。何千万もする買い物なので、間違うと家計が破綻しかねません。


的確なアドバイスを得られるのは大きなメリットといえるでしょう。さらに、住宅ローン相談窓口は無料で何度でも相談できるところも多く、悩みが出てくるたび、家計に負担をかけずにお金のプロからの意見を得られます。


家計はもちろん、老後や子育てにも関わってくる住宅ローンの問題は、第三者の的確な意見を取り入れるのが重要です。上手に相談窓口を活用してください。

メリット③住宅ローン以外の相談もできる

住宅ローン以外にも教育資金や老後資金、資産運用などさまざまなお金の悩みに対応してくれるのも住宅ローン相談窓口のメリットのひとつ。保険相談窓口にいるのは、お金にまつわるあらゆる相談に対応できるよう知識と経験を積んだプロばかりです。


また、住宅ローンは、老後資金や教育資金にも大きく関わってきます。住宅ローンのことしか相談できないと、ライフプランに沿った無理のない返済計画はたてられません。


例えば、「住宅ローンを支払いながら老後資金を貯めたい」「教育資金をどのように準備したらいいのか」など時間がたつにつれて別のお金の悩みが出てくるはずです。


しかし、住宅ローン相談窓口なら、お金にまつわる全ての悩みを相談できるので、悩みが出てきたタイミングで相談に行けば解決できます。


このように、住宅ローンに限らず、お金の問題を総合的に解決できるのも住宅ローン相談窓口の魅力といえるでしょう。

住宅ローン相談窓口の注意点


ここまで読んで、住宅ローン相談窓口を利用したくなった人も多いのではないでしょうか。しかし、一見メリットしかないようでも、注意点がいくつかあります。


焦って相談に行く前に、十分理解しておきましょう。住宅ローン相談窓口の注意点は

  1. 無料と有料の窓口がある
  2. 強引な勧誘をする窓口も
  3. 事前予約が必要な場合もある

の3点です。後悔しないためにも、マイナス面も含めて理解した上で住宅ローン相談窓口に行ってくださいね。

注意点①無料と有料の窓口がある

住宅ローン相談窓口の料金は、有料と無料のどちらも存在します。特に初めて相談に行く人の場合、「有料=良い相談窓口」と勘違いしがちなので、注意してください。


では、無料と有料の違いはどこにあるのでしょうか。無料の窓口では、相談はもちろん、保険商品の提案から手続き代行など、さまざまなサポートが受けられるというメリットがります。


相談料の代わりに保険商品を販売し、相談者が契約すると自社や代理店から手数料をもらって利益を得るシステムです。有料の窓口では保険商品を提案しない分、手数料を得ることもありません。


有料の窓口の相談料は、5000円~10000円以上と幅広いです。また、有料の窓口は情報やアドバイスのみ欲しい人に向いています。


どちらが優れているというわけではなく、使い分けが大切です。

注意点②強引な勧誘をする窓口も

ほとんどの相談窓口ではクレームにつながる強引な勧誘はありませんが、中には強引な勧誘をしてくる場合もあるので注意しましょう。


強引な勧誘にのってしまうと、自分に合っていない契約を押し付けられてしまうかもしれません。いくら勧誘されても、内容に納得できないならきっぱりと断りましょう


また、1人で行かずに配偶者と行った方が断りやすくなります。冷静に判断するためにも、配偶者と予定を合わせて相談に行ってください。


強引な勧誘をしてくる相談窓口は信頼できません。別の相談窓口を利用するか、担当者を変更してもらいましょう。


また、 担当者の経験や知識によっては、十分なアドバイスが得られない可能性もあります。一度相談してみて合わない、頼りにならないと感じた場合はすぐに変更してもらうのがおすすめです。


もちろん、担当変更にお金はかかりません。

注意点③事前予約が必要な場合もある

住宅ローン相談窓口での相談方法は、 

  • 店舗来店
  • 訪問
  • オンライン

の3つが主流です。どの方法においても、事前予約が求められる可能性があるので注意しましょう。


また、相談窓口によっては相談方法が限られる可能性もあります。オンラインや店舗への来店の場合、空いていれば予約しなくても相談は可能です。


しかし、十分な時間を確保できず、物足りない相談になるかもしれません。 事前予約をしておけば、ゆっくり相談できるだけでなく、担当者も準備してくれるので内容も充実したものになります。


また、担当者が訪問して相談にのってくれる場合は、移動時間もあるため予約が必須。相談窓口のほどんどは、電話やネット、LINEといった色々な予約方法を備えているので、都合の良い方法で予約するといいでしょう。

住宅ローン相談の流れ

では、実際にどのように住宅ローンの相談をするのか流れを説明しましょう。まずは、どの相談窓口に行くかを決めてください。


来店、訪問、オンラインの中から相談方法を選びます。スムーズに進めるためにも、事前に予約をするのがおすすめです。


また、相談する前に事前準備を済ませておきましょう。準備として、相談したいことを整理して、収入がわかる書類や購入したい家の資料を準備しておきます。


あとは、担当者に直接相談するだけです。疑問や不安点はその場で積極的に聞きましょう。

住宅ローン相談に関するよくある質問


住宅ローンについて調べるほど、次々と疑問が出てくる人も多いのではないでしょうか。疑問のひとつひとつに対して、自分で調べていくのはとても大変です。


そこで、住宅ローン相談に関するよくある質問を3つまとめました。

  1. なぜ無料で住宅ローン相談ができるの?
  2. 事前準備・必要なものは?
  3. 強引な勧誘・営業を受けた場合は?

疑問をそのままにするのはおすすめできません。本記事を参考にあらかじめ解消しておきましょう。

なぜ無料で住宅ローン相談ができるの?

無料の窓口でファイナンシャルプランナーに相談すると、現在の家計状況や将来設計を考慮した住宅ローンの返済計画を立てるのにお金がかかりません。


「無料で住宅ローン相談ができる」と聞くと、

  • 後から請求されないのか
  • 利益はどこから得ているのか
  • いい加減な提案をされないか

など、不安に思う人もいるでしょう。


無料の理由は、相談料ではなく仲介手数料で利益を得ているからです。相談者が契約すると保険会社などから仲介手数料をもらうシステムなので、相談者がお金を支払う必要はありません。


また、何度でも無料で相談できます。知識と経験が豊富なファイナンシャルプランナーなら、お金に関わるあらゆる悩みを解決してくれるので、無料だからと遠慮せずに積極的に利用してください。

事前準備・必要なものは?

住宅ローンの相談をするときには、収入や物件情報が把握できる書類・資料を持っていくのがおすすめです。

  • 源泉徴収票
  • 各種ローンの残債証明書
  • 購入予定の物件資料(図面など)

資料があれば、担当者もより具体的にアドバイスできるので充実した相談ができます。相談の予約をする際に、何を持って行ったらいいのか聞くのもいいでしょう。


また、事前準備として最新の住宅ローン金利を調べたり、相場を把握しておくと、自分に合っている商品を見極めるのに役立ちます。住宅ローンにはさまざまなタイプがあり、家計やライフプランによってベストな選択は異なるからです。


何も知識がないまま相談に行くと、言われるがままに契約してしまい、後悔につながるかもしれません。トラブルを防ぐためにも、相談に行くことを決めたら自分でも勉強しておくのをおすすめします。

強引な勧誘・営業を受けた場合は?

悪質な相談窓口を選んでしまうと、強引な勧誘・営業を受ける可能性があります。そんな時は、きっぱりと態度で断るのが大切です。


どんなにしつこく勧誘をされたとしても、契約するのはやめましょう。いわれるがままにすると、自分に合っていない契約を結ぶ羽目になり、後悔する可能性が高いです。


断りにくいなら、「一旦落ち着いて考えます」と伝えて帰らせてもらいましょう。何度断っても担当者が強引に勧めてくる、信頼できないといった場合は、相談窓口に担当変更してもらうか、別の相談窓口に行ってください


また、そのような事態を防ぐためにも、事前に口コミ評判をチェックしておくのも大切です。言いなりになることだけは避けましょう。

まとめ:鹿児島で住宅ローン相談するならマネーキャリアがおすすめ!


本記事では、鹿児島で住宅ローンについて相談できる窓口についてまとめました。メリットや注意点を知り、住宅ローン相談窓口に興味が出てきたのではないでしょうか。

住宅ローンは無理のない返済計画をたてる必要があるので、第三者からの的確なアドバイスは非常に役立ちます。

お金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談すれば、現状と将来の両方を踏まえて中立な意見をくれるうえに、家計や老後資金といった悩みも解決できるのでぜひ活用しましょう。

FP相談の顧客満足度93%マネーキャリアなら、無料で何度でもお金のプロに相談できます。予約はLINE、面談もオンラインで可能なので、スマホやパソコンがあれば時間や場所を選びません

もっとマネーキャリアを詳しく知りたくなったら、ぜひ以下のボタンをクリックしてください!
無料で住宅ローン相談する