【つくば】住宅ローン相談をするのにおすすめな窓口は?無料で相談可能?のサムネイル画像
※本記事で紹介しているサービスにはPRが含みます。
茨城県つくば市で住宅購入を検討している人の中には、いくらまで借りられるか、借入後にきちんと返済できるかなどの不安を抱えている人もいるのではないでしょうか。

結論、お金のプロに相談しておくことで、住宅ローンに関する不安を取り除ける可能性があります。

本記事では、茨城県つくば市で住宅ローンの契約を検討している人に向けて、おすすめの相談窓口や事前相談のメリットなどを詳しく解説してきます。

住宅購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

茨城県つくば市で住宅購入を検討している人は、ぜひ一度住宅ローンの相談をしておきましょう。住宅ローン相談をすると、無理のある返済計画を立ててしまうといったリスクを回避できるかもしれません。つくば市で住宅購入を検討している人はぜひ本記事を参考にしてみてください。

この記事の監修者「谷川 昌平」

この記事の監修者 谷川 昌平 フィナンシャルプランナー

株式会社Wizleap 代表取締役。東京大学経済学部で金融を学び、金融分野における情報の非対称性を解消すべく、マネーキャリアの編集活動を行う。ファイナンシャルプランナー証券外務員を取得。
>> 谷川 昌平の詳細な経歴を見る

この記事の目次

【つくば】住宅ローンの相談場所


茨城県つくば市で住宅ローンの相談をするなら、次の4つの場所から検討してみましょう。

  • 銀行
  • 不動産業者
  • FP(ファイナンシャルプランナー)
  • 住宅金融支援機構
それぞれの場所で住宅ローンの相談をするにあたって、押さえておくべき特徴やメリットなどがあります。

下記で詳しく解説していきますので、住宅ローンに不安がある人はぜひ参考にしてみてください。

銀行

銀行で住宅ローンの相談をするメリットは次の3つです。

  • ローン商品の詳細な情報まで把握できる
  • 銀行開催の住宅ローン相談会に参加できる
  • 無料での相談が可能
住宅ローンを取り扱っている銀行に相談することで、ローンの詳細な情報まで把握できます。

また、銀行が開催している住宅ローン相談会に参加すると、将来起こりゆる不安などについても解消できるかもしれません。相談会は予約が必要なケースが多いため、銀行への相談時に参加の旨を伝えておくのがおすすめです。

また、相談だけなら無料で行えるため、気軽に住宅ローンについて問い合わせられるでしょう。ただし、窓口の営業時間に注意する必要がある点には注意が必要です。

相談時には、事前に予約を取っておくなどの対策が必要でしょう。

不動産業者

不動産業者で住宅ローンの相談をするメリットは次の2つです。

  • 購入を検討している住宅価格でローンの資産をしてもらえる
  • 住宅や住宅ローンの知識が豊富であるため総合的な知識を得られる
不動産業者は住宅だけでなく、住宅ローンに関する知識も多く持ち合わせている傾向にあります。そのため、住宅とローンの両方に関する情報を一度に収集できるでしょう。

また、購入を検討している物件があるなら、物件価格からローンシミュレーションをしてもらえるため、資金計画も立てやすくなります。

ただし、提携していない金融機関の住宅ローンについては詳しくなかったり、相談のためだけに利用するには敷居が高かったりするデメリットがあります。

気軽に住宅ローンの相談をしたい人には不向きな相談先といえるでしょう。

FP(ファイナンシャルプランナー)

FP(ファイナンシャルプランナー)に住宅ローンの相談をするメリットは次の3つです。

  • 無料相談、かつ中立的な立場での相談ができる業者が多い
  • 保険や資産運用に関する相談も同時に行える
  • 家計や収入の状況から最適なローンの相場を教えてもらえる
FPは無料で相談できるケースが多いため、気軽に利用しやすいです。また、中立的な立場からアドバイスしてもらえるため、無理な営業を受けるなどの心配がありません。

住宅ローン以外にも、保険や資産運用について詳しく知りたい人は、お金のプロであるFPからアドバイスしてもらえる可能性が高いといえます。

ただし、住宅ローンの全てに詳しいわけではなく、より詳細な情報を手に入れられにくい点には注意が必要です。

住宅ローンについて気軽に相談したい人には最適な相談先といえます。

住宅金融支援機構

住宅金融支援機構に住宅ローンの相談をするメリットは次の2つです。

  • 「フラット35」に関する詳しい情報を得られる
  • 一般社団法人であることから「民間機関」よりも相談しやすい
住宅金融支援機構とは、固定金利住宅ローン「フラット35」の提供元である組織です。知名度はあまり高くありませんが、全国に支店があるためどこに住んでいても相談しやすいでしょう。

変動金利に不安がある人や、固定金利のメリットを知りたい人は、フラット35について詳しく教えてもらえる住宅金融支援機構での相談がおすすめです。

ただし、窓口が開いているのは平日だけである点には注意しましょう。土日しか時間が取れない場合は、電話での相談が可能です。

住宅ローン相談をする上で注意すべきポイント


住宅ローンに関する相談をするときには、次の3つの点に注意しましょう。

  • 事前予約が必要かどうか
  • 何を相談すべきなのか明確にしておく
  • 必要書類を用意しておく
上記の点に考慮していなければ、時間を作って相談しに行っても窓口が開いていない、担当者が不在であるといったトラブルが発生するかもしれません。

また、相談する内容を事前に明確にしたり、必要書類を把握しておくことで相談時間を充実させられるでしょう。

注意するべきポイントについて詳しく解説していきますので、相談を検討している人は参考にしてみてください。

事前予約が必要かどうか

住宅ローンに関する相談をするときには、事前予約が必要かどうか確認しておきましょう。銀行や不動産業者など、店頭にて相談する場合には事前予約が必要になるケースが一般的です。


事前予約せずに相談窓口へ行くと、担当者が不在で相談できない可能性があります。せっかく時間を作っても相談できなければ日を改める必要があるため、二度手間になるでしょう。


また、相談担当者側も相談にあたって資料などの準備をしておきたいと考えている場合もあります。お互いの準備が万全な状態で住宅ローンの相談をするためにも、事前に予約が必要か確認しておきましょう。

何を相談すべきなのか明確にしておく

住宅ローンの相談をするときには、相談内容を明確にしておきましょう。いざ相談するときに何が聞きたかったのか忘れてしまうと、肝心なことを聞き漏れるかもしれません。


本来なら1回の相談で済ませられても、重要なことを聞き忘れてしまうと何度も相談することになる場合があります。


相談したい内容が頭に思い浮かんだ時点で、スマホや手帳にメモを残しておくのがおすすめです。


なお、相談内容の参考として、次のような内容が挙げられます。

  • 住宅ローンの審査に通過するコツはあるか
  • 現在の家計状況において節約できるものなどはあるか
  • 無理なく返済できる月々の返済額はいくらか
  • 適切な住宅ローンでの借入額はいくらか
  • 住宅ローン控除でどれくらいの節税効果を得られるか
住宅ローンは生活に大きく関わるものであるため、気になることは積極的に質問しておくのがおすすめです。

必要書類を用意しておく

住宅ローンの相談をするときには、必要書類を用意しておきましょう。住宅ローン相談時に必要になる主な書類として、次の4点が挙げられます。

  • 身分証明書・認印:事前審査に申し込む場合
  • 収入証明書類:源泉徴収票など
  • 残債証明書:既存のローンがある場合
  • 購入物件に関する書類:購入物件が決まっている場合
住宅ローン相談時には、いくらまで借りられるかの相場を把握しておくことが重要です。また、家計の状況にも考慮して返済額を決めるためには、毎月の支出も把握しておくべきでしょう。

手取額がわかる給与明細書や、家計簿などがあるとより具体的なローンシミュレーションができるかもしれません。

なお、相談先には事前に必要な書類や用意しておくべきものを聞いておくと、スムーズに話を進められるでしょう。

【つくば】住宅ローン相談に行くメリット


つくば市に在住している人が、住宅ローンの相談に行く主なメリットとして、次の2つが挙げられます。

  • ライフプランに合わせた返済計画を立てられる
  • 自分に合った住宅ローンが分かる
住宅ローンは生活費に大きく影響を与える支出となるため、ローンに関する知識を得たり返済額がいくらになるのかについて事前に把握したりすることが重要です。

何も考えずに住宅ローンを組んでしまうと、思わぬ出費に対応できず「住宅ローン破産」をしてしまうかもしれません。

計画性を持って住宅ローンを組むなら、住宅ローン相談には必ず行きましょう。

ライフプランに合わせた返済計画を立てられる

住宅ローン相談に行くと、ライフプランに合わせた返済計画を立てられます。ライフプランとは、何歳でどんなライフイベントが発生し、どれくらいのお金が必要になるかについての計画です。


例えば、結婚してこどもがいる場合は、学校への入学時に大きな費用が発生することが考えられます。また、夫婦の老後も無理のない返済計画を立てられるのか、何歳までに完済できるのかについても把握しておくと良いでしょう。


このように、ライフステージに応じて必要になるお金も変化するため、柔軟に対応するためにはライフプランは重要な指標となるのです。


住宅ローン相談をすると、お金のプロと一緒に無理のない返済計画を立てられるため、ローン破産などのリスクを最小限にできます。

自分に合った住宅ローンが分かる

住宅ローンを契約するときには、自分に合っている住宅ローンを組むべきといえます。住宅ローン相談をすると、自分に合った住宅ローンが分かるでしょう。


いくらまでの借入額なら無理のない返済計画を立てられるのか、完済時の年齢は収入を得られているのかなどを把握しておくことで、自分に合っているローンか判断がしやすくなります。


例えば、収入(手取額)の3割を超える返済額であったり、完済時の年齢が65歳を超えていたりすると、返済が困難になるかもしれません。


契約時の収入や年齢に考慮して、自分に最適なローンを組むためには、事前にお金のプロへ相談すると良いでしょう。

まとめ:つくばで住宅ローンの悩みは無料でFP相談するのがおすすめ

茨城県つくば市で住宅ローンの相談をするなら、FP相談がおすすめです。お金のプロであるFPに相談することで、適切な住宅ローンの選択するためのサポートをしてもらえるでしょう。


なお、おすすめのFP相談窓口として「マネーキャリア」が挙げられます。マネーキャリアとは、3,000名以上の提携FPがおり、40,000件以上の豊富な相談実績があるFP相談窓口です。


相談料は納得できるまで何度でも無料ですし、自分の好きな場所で相談できる点も魅力といえます。


住宅購入を検討しているなら、ぜひ一度相談しておくことをおすすめします。