【横浜】住宅ローン相談をするのにおすすめな窓口は?無料で相談可能?のサムネイル画像
※本記事で紹介しているサービスにはPRが含みます。
▼この記事を読んで欲しい人
  • 横浜で家を買おうと思っている人
  • 横浜に住んでいる人で住宅ローン相談したい人
  • 住宅ローンの相談場所がわからない人
  • 住宅ローンを後悔なく契約したい人
▼この記事を読んだらわかること
  • 横浜でおすすめの住宅ローン相談ができる窓口
  • 住宅ローン相談の注意点 

横浜で家を購入するとなると、住宅ローンの借入額が大きくなり契約に不安を抱くかもしれません。住宅ローン相談は銀行や不動産業者など、複数の場所でできるため、どこで相談すべきか迷いがちです。今回の記事では、横浜での住宅ローン相談のおすすめ窓口を紹介します。

この記事の監修者「谷川 昌平」

この記事の監修者 谷川 昌平 フィナンシャルプランナー

株式会社Wizleap 代表取締役。東京大学経済学部で金融を学び、金融分野における情報の非対称性を解消すべく、マネーキャリアの編集活動を行う。ファイナンシャルプランナー証券外務員を取得。
>> 谷川 昌平の詳細な経歴を見る

この記事の目次

【横浜】住宅ローンの相談場所

横浜で家を建てたい、購入したいと考える場合、購入金額が高くなるため、住宅ローンを利用する人が多いかと思います。


場所や家の構造にもよりますが、家の購入代金が2,000万円、3,000万円を超えることもあり、その分、住宅ローンの借入額も大きくなります


借入額が大きくなると住宅ローンを契約するにあたって、きちんと返済し続けることができるだろうか、もっと良い住宅ローン商品があるかもしれない、など、不安や疑問を持つ人もいるでしょう。


住宅ローンの相談に行くと、不安や疑問を解消しやすくなります。


横浜でおすすめの住宅ローンの相談場所は以下の4つです。

  • 銀行
  • 不動産業者
  • FP
  • 住宅金融支援機構

それぞれの特徴に触れつつ紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 

銀行

横浜の住宅ローン相談場所の1つ目は銀行です。


住宅ローンの契約先は銀行以外にもありますが、多くの人は銀行で契約するため、銀行に相談に行くのはおすすめです。


特徴

  • 無料で相談できる
  • その銀行の住宅ローン商品について詳しく聞くことができる
  • 他銀行の住宅ローンはそこまで詳しくないことが多い
  • 住宅ローン相談会がある

銀行での住宅ローン相談は無料でできます。


相談に行く銀行の口座を持っていない場合でも、横浜で家を購入したく住宅ローンの相談に来ました、と伝えると対応してくれます。


住宅ローンについて知識が全くない人でも、担当者がわかりやすく説明してくれるはずです。


ただし、具体的な住宅ローン商品の説明に関してはその銀行が取り扱っているものが中心となります。


取り扱っている商品に関しての詳しい説明は期待できますが、他銀行の住宅ローンに関してはそこまで詳しくないケースが多いです。


複数の住宅ローンを比較したい場合は、それぞれの銀行に相談に行く必要があります。 

不動産業者

横浜の住宅ローン相談場所の2つ目は不動産業者です。


家を購入する人の多くは住宅ローンを契約するため、不動産業者でも住宅ローン相談ができます。


特徴

  • 住みたい家をベースに相談できる
  • 様々な銀行の住宅ローンの知識がある
  • 営業がある

横浜のどの地域で、どのくらいの広さで、どのような間取りで、など住みたい家のイメージをもとに相談できます


顧客の多くが住宅ローンを利用する関係で、横浜にある銀行の住宅ローンの情報収集も行っています。


そのため、不動産業者で相談すれば1度に多くのことを相談できる点でおすすめです。


ただし、不動産業者は家を売ることが目的で、基本的には相談と一緒に営業も行われるため、他の不動産業者で取引を検討している人は注意が必要です。 

FP(ファイナンシャルプランナー)

横浜の住宅ローン相談場所の3つ目はFP(ファイナンシャルプラナー)です。


FPはお金に関する幅広い相談が可能なお金の専門家です。


特徴

  • 家計やライフプランから無理のない住宅ローンの返済計画を相談できる
  • 住宅ローンの相談と同時に家計の見直しも行える
  • 相談料が発生する場合がある
  • 住宅ローンが専門でないFPの場合、最新の住宅ローンに合わせた相談ができない 

FPに相談すると、住宅ローンの相談と合わせて家計やライフプランの相談も可能です。


家計の相談をすると、バランスを整えるためのアドバイスを受けられ、無駄な支出を減らせます。


また、ライフプランを相談すると、子どもの教育費や老後資金など、必要なお金を踏まえた上での住宅ローンの返済計画を立てられます。


注意点として、相談するFPによっては相談料が発生する点です。


無料で相談したい場合は事前に確認しましょう。


事前に確認する際に、住宅ローンを専門に扱っているかどうかも確認してください。


FPであれば住宅ローンの基本的な知識はありますが、専門でない場合、最新の住宅ローン事情に精通しておらず、金利に関する情報の提供や住宅ローン商品の比較などができない場合があります。 

住宅金融支援機構

横浜の住宅ローン相談場所の4つ目は住宅金融支援機構です。


住宅ローン商品の一種である「フラット35」を提供している独立行政法人です。


特徴

  • 中立的な立場からのアドバイスを期待できる
  • フラット35について詳しく聞ける
  • 店舗までが遠い

住宅金融支援機構はフラット35を取り扱っている組織ですが、販売は金融機関を通じて行われているため、営業が苦手な方でも相談しやすいです。


また、独立行政法人であるため、銀行や不動産業者のような民間企業ではないため、より中立的な立場からの意見を期待できます。


注意点としては、店舗が全国に10ヶ所しかなく、横浜で家の購入を検討している方の場合、東京まで足を運ぶ必要があります。


店舗に足を運ばなくても電話での相談も可能なので、横浜で家を検討している方でも住宅金融支援機構で住宅ローン相談は可能です。


対面での相談を希望する場合、銀行や不動産業者よりもハードルが高い点に注意してください。 

住宅ローン相談をする上で注意すべきポイント

横浜で住宅ローン相談できる場所がわかったところで、次に相談する上での注意点について解説します。注意点は主に以下の3点です。

  • 事前予約が必要かどうか
  • 何を相談すべきなのか明確にしておく
  • 必要書類を準備しておく

これらの点を確認しておくと、住宅ローン相談をスムーズに進めることができますので押さえておいてください。 

事前予約が必要かどうか

相談場所によっては事前予約が必要です。


当然ですが、事前予約が必要な場所に予約なしで行った場合、相談できず時間を無駄にしてしまう可能性があります。


そのため、必ず事前予約が必要かどうかを確認しましょう。


また、前もって相談に行く日時を決めている場合は、事前予約が不要な場合でも電話で連絡しておくことをおすすめします。 


予約なしで相談に行くと担当者の不在であったり、相談まで待ち時間が発生するなど、時間を無駄にしてしまう可能性が残るからです。


加えて、電話予約の段階で担当者からのヒアリングがあれば、住宅ローン相談がスムーズに進みやすいです。 

何を相談すべきなのか明確にしておく

住宅ローン相談で具体的に何を聞きたいか、という点も明確にしておきましょう。


相談内容を明確にしておくことには以下のようなメリットがあります。

  • 相談をスムーズに進められる
  • 聞き漏らしを防げる
  • 最適な場所で相談できる

知りたい内容やアドバイスが欲しい項目を事前に整理しておくと、相談をスムーズに進められます


また、相談内容によって最適な相談場所が変わります。


たとえば、住宅ローンについて全く知識がなく、1から知りたい場合は銀行やFP、住宅金融支援機構がおすすめです。


あるいは、単純に自分がいくらまでなら住宅ローンを借りられるか、という点を知りたい場合は、複数の銀行に相談に行くと目安がわかります。


このように、知りたい内容によって最適な相談場所は変わってくるので、相談内容を事前に整理しておきましょう。 

必要書類を用意しておく

住宅ローン相談をスムーズに進めるためにはいくつかの書類が必要です。


相談場所によって求められる書類は異なりますので、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。


一般的にあると良いとされているものをまとめますが、全てが揃っていないと相談できないというわけではありません

  • 年収がわかる書類
  • 他の借入の残高証明書
  • 物件の詳細がわかる資料

住宅ローンでどのくらいの金額を借りられるか、という点を判断するために、年収がわかる書類が必要です。


源泉徴収票や住民税決定通知書などを準備してください。


奨学金やカーローンなど、他の借入がある場合は、残高証明書も必要になります。どのくらい借入があるかで住宅ローンで借りられる金額が変わるからです。


また、すでに購入予定の物件が決まっている場合は物件の詳細がわかる書類も用意しましょう。

【横浜】住宅ローン相談に行くメリット

最後に住宅ローン相談に行くメリットをまとめます。メリットは以下の2点です。

  • ライフプランに合わせた返済計画を立てられる 自分に合った住宅ローンがわかる

繰り返しますが、横浜で家を購入するとなると、住宅ローンの借入額が2,000万円、3,000万円を超えることも珍しくありません。


住宅ローンの契約後は20年、30年以上の返済期間があるため、できる限り納得した状態で契約することが大切です。 

ライフプランに合わせた返済計画を立てられる

住宅ローン相談に行くとライフプランに合わせた返済計画を立てられます。


そもそもですが、ライフプランとは人生の中で想定される大きなイベントから、お金が必要になる時期や金額を把握して計画を立てることです。子どもの教育費や老後資金が代表例です。


住宅ローンを契約すると、毎月一定額の支出が長期間続くため、貯蓄に回すお金を確保しにくくなります。


加えて、横浜で理想の家を購入したいとなると、借入額も大きくなりやすいため、毎月の返済額も大きくなりやすいです。


ライフプランを考慮せずに住宅ローンを契約すると、将来的にお金が必要になる時期にお金を準備できていない状態になってしまいます


そのため、ライフプランに合わせた返済計画が重要です。


専門家に相談しながらライフプランに合わせた返済計画を立てられる点は住宅ローン相談に行く大きなメリットです。 

自分に合った住宅ローンが分かる

住宅ローンは金融機関が様々な商品を出しているため、商品によって特徴が異なります。


銀行によって金利が違っていたり、契約できる団体信用生命保険の保障内容が違っていたりするため、希望に合う住宅ローンを探して選ぶ必要があります


借入額が大きくなるため、住宅ローン選びはとても重要です。


FPや不動産業者に住宅ローン相談をすると、横浜にある複数の金融機関の住宅ローンのうち、どの金融機関の商品が自分に合っているか具体的なアドバイスをもらえます。


ご自身でパソコンやスマートフォンを使って調べることもできますが、手間と時間がかかりますので、時間を作って住宅ローン相談に行くことをおすすめします。 

まとめ:横浜で住宅ローンの悩みは無料でFP相談するのがおすすめ

横浜で家の購入を検討している方には、一度住宅ローン相談に行くことをおすすめします。


家を購入しようと思ったタイミングで相談に行くと、住宅ローンでどのくらい借りられるか目安がわかるためおすすめです。


横浜で住宅ローン相談が可能な場所は銀行や不動産業者、FP、住宅金融支援機構になります。


特におすすめの場所は、無料で相談できるFPです。


FPに相談すると、ライフプランや家計に合わせた無理のない返済計画を立てられる点が魅力です。


住宅ローンを専門に扱うFPであれば、横浜の金融機関の住宅ローンを比較して、ご自身にあった住宅ローンの提案も期待できます。


住宅ローンの契約をより良いものにするために、住宅ローン相談にぜひ行ってみてください。