【江東区】住宅ローン相談をするのにおすすめな窓口は?無料で相談可能?のサムネイル画像
※本記事で紹介しているサービスにはPRが含みます。
▼この記事を読んでほしい人 
  • 住宅ローンを検討しているが、どこに相談すべきか分からない人 
  • 住宅ローンに関する基本的な情報を知りたい人
  • 住宅ローン選択の際に、銀行、不動産業者、住宅金融支援機構など、さまざまな相談先の特徴を比較検討したい人 
  • 自分に合った住宅ローンを見つけ、将来のライフプランに合わせた返済計画を立てたい人 

▼この記事を読んでわかること 
  • 銀行、不動産業者、住宅金融支援機構など、異なる相談先の特徴とメリット・デメリット 
  • FPに相談することで得られるメリット
  • 住宅ローンについては専門の知識を持った人に相談することが重要であること

住宅ローンに関する迷いや不安を解消するにはこの記事で、銀行、不動産業者、FPの違いを知ることができます。また相談するには無料のFP相談を受けて、ライフプランに合った住宅ローンを見つけることがおすすめです。夢のマイホームを手に入れましょう。

この記事の監修者「谷川 昌平」

この記事の監修者 谷川 昌平 フィナンシャルプランナー

株式会社Wizleap 代表取締役。東京大学経済学部で金融を学び、金融分野における情報の非対称性を解消すべく、マネーキャリアの編集活動を行う。ファイナンシャルプランナー証券外務員を取得。
>> 谷川 昌平の詳細な経歴を見る

この記事の目次

【江東区】住宅ローンの相談場所

 

 住宅を購入したい・・!そう考えて、住宅ローンを組むことになった場合、初めてのことですとどうしたらいいんだろうと悩んでしまいますよね。


東京都江東区で住宅ローンの相談が可能なところをそれぞれの特徴などをまとめましたのでぜひ参考にしてください。 


初めに、住宅ローンの相談場所についてです。 江東区でで住宅ローンを相談できる場所は以下の4つが挙げられます。 銀行 不動産業者 FP(ファイナンシャルプランナー) 住宅金融支援機構 それぞれの特徴とメリットデメリットを詳しく見ていきましょう。

銀行

銀行での住宅ローン相談は、実際にローンを取り扱っているということでありますので、専門的な知識をもった銀行員が多くおり、よくローン相談会なども開催されています。また相談は無料で提供され、気軽に利用できます。 

銀行に相談するメリット
 
専門知識と信頼性 
銀行の担当者は住宅ローンの専門家であり、適切なアドバイスをしてもらえます。信頼性が高い相談先といえます。 

多彩な選択肢 
銀行は自社の住宅ローン商品を提供するため、幅広い選択肢から最適なものを選ぶことができます。 

利用しやすさ 
銀行は一般的に多くの場所に支店を持っており、直接相談ができるため、利用しやすいです。 江東区であれば大手メガバンクなど複数の選択肢があります。

銀行に相談するデメリット
 
自社商品のプッシュ 
 銀行は自社の住宅ローン商品を提供しているため、当然自社商品の利用を勧められます。他の選択肢を検討したい場合は、他の相談先も検討することが重要です。 

銀行での住宅ローン相談は、専門的なアドバイスを受ける手軽な方法ですが、他の相談先と比較検討して、最良の選択をすることが重要です。

不動産業者

不動産業者は、その名のとおり不動産の取引に関する専門家であり、住宅ローンについても幅広い知識を持っていると言えます。不動産業者は、物件の情報と住宅ローンの提案を一緒に提供できるため、物件とローンをまとめて検討することが可能です。 

不動産業者に相談するメリット 

総合的な提案 
不動産業者は物件と住宅ローンの両方に関する提案をすることが可能なので、最適な条件を見つけやすいです。 

アフターサポート 
不動産業者は物件購入後もサポートをしてくれるので、トラブルの解決や必要な情報提供を受けられます。 

 不動産業者に相談するデメリット
 
利益追求 
不動産業者は、物件の売却に関心があるため、自社の利益を追求することがあるかもしれません。そのため、ローンの選択については注意が必要です。

不動産業者は物件と住宅ローンを1つのところで完結したいという人に向いていると言えるでしょう。 

FP(ファイナンシャルプランナー)

FP(ファイナンシャルプランナー)に相談することは、住宅ローンに関するサポートしてもらうにはおすすめです。FPはそれぞれの財政状況と目標に基づいてぴったりあったアドバイスをしてくれます。 

FPに相談するメリット 

カスタマイズされた計画 
FPは一般的な情報だけではなく、各個人ごとの財政状況と目標に基づいて、最適な住宅ローンプランを策定します。 

総合的な財務戦略
FPは住宅ローンだけの計画ではなく、ライフプランやライフステージにあわせて長期的な財務計画を策定するお手伝いをします。

節税効果
FPは税金についても詳しいので、住宅ローン控除などその他税金を節約するためのアドバイスも的確にしてくれます。

FPに相談するデメリット 

質のばらつき
複合的に対応できるのは基本ではありますが、得意分野があるのも事実です、宅ローンに強いFPに相談できるとよいでしょう。資格や実績を確認し、信頼性のあるFPを選ぶことが重要です。

住宅金融支援機構

住宅金融支援機構は、住宅ローンに関する専門機関で、住宅購入を支援するための情報やアドバイスをしてもらえます。 住宅金融支援機構は独立行政法人であり、信頼性が高い情報とアドバイスを提供します。 

通常、住宅金融支援機構のサービスは無料です。これにより、誰でも気軽に相談できます。 

住宅金融支援機構に相談するメリット
 
信頼性 
公的機関であるため、提供される情報やアドバイスは信頼性が高く、中立的です。 

法律や制度の解説 
住宅金融支援機構は住宅購入に関連する法律や制度について詳細な説明を提供し、消費者の権利を保護します。 

相談料は無料 
サービスは無料で利用でき、予算にやさしい選択肢です。 

住宅金融支援機構に相談するデメリット 

店舗が限定的 
住宅支援機構は全国に9店舗しかありません。東京都江東区ですと東京都文京区にある本店エリアとなります。距離的には問題ありませんが店舗が少ないので混雑が予想されます。

住宅ローン相談をする上で注意すべきポイント

ここからは住宅ローンを相談するうえで注意すべきポイントについて解説していきたいと思います。住宅ローン相談は人生で最も大きい買い物の一つであり、それなりの時間と労力がかかるものです。

少しでも無駄なく、無理なく相談をすすめ、目的の住宅購入に向けて具体的に話を進めていきましょう。 そのうえで注意すべきポイントは以下の3点です。 

  • 事前予約が必要かどうか 
  • 何を相談すべきなのか明確にしておく 
  • 必要書類を用意しておく 

事前予約が必要かどうか

住宅ローンを相談する際に注意しておくポイントの1つ目は「事前に予約が必要かどうか」ということです。 住宅ローンを相談する相談先が決まったら、そこでは予約が必要かを確認しましょう。 

住宅ローンの相談をする場合、予約が必要な場合もあります。 とくにコロナ禍以降は予約なしで突然の相談に対応してない場合もあります。 

予約なしで出向いた場合、担当者がいないということや、ほかの相談者が終わるまで待っていなければならないなど無駄な時間になってしまうこともあります。

また担当者がいたとしても十分な時間が取れなかったり、準備がされていないので十分な情報が得られないなどということも考えられます。 

予約できない場合を除いては希望の時間や日程を決めて事前に予約をしてから出向きましょう。

何を相談すべきなのか明確にしておく

住宅ローン相談をする際に注しておくポイント2つ目は、「何を相談すべきなのか明確にしておく」という点です。 

具体的には、以下のような点を整理しておきましょう。 

  • そもそもの住宅ローンの仕組み 
  • 現在の住宅ローンの状況 
  • 今後の返済計画 金利タイプ 
  • 希望する住宅ローン商品 
  • 様々な住宅ローンの比較 
  • その他、気になる点 

このように事前に自分の中でも確認ポイントや疑問点などを整理しておくことで話があちこちに拡散してしまうことなく、スムーズな相談ができます。 

何を聞きたいのかを整理するだけで相談した内容の回答への納得感も上がってきます。
有意義な相談となるためには事前の準備をしっかりとしておくことがポイントです。 

必要書類を用意しておく

住宅ローンの相談をする際に注意すべきポイントの3つ目は「必要書類を用意しておく」ということです。 住宅ローン相談をする際には、必要書類を準備しておくことが大切です。
具体的には、以下のような書類が必要です。 

  • 源泉徴収票などの収入がわかる書類 
  • 購入希望の住宅の情報が載っているチラシなど(すでに希望の住宅がある場合) 
  • 借入残高の状況がわかるもの(その他借り入れが現在ある場合) 
  • 本人確認書類 など 

これらを事前に準備しておくことで、スムーズな相談ができます。とくに現在の収入がわかる書面を用意しておくことで借り入れできる金額や返済のシミュレーションなど、具体的な相談が最初から可能となりますので、1回の相談で有意義な時間が過ごせます。  

【江東区】住宅ローン相談に行くメリット

住宅ローンとはどこで、どんな準備をして相談するかはご理解いただけましたでしょうか。ここでは住宅ローンの相談にいくメリットとはなんなかということに焦点を当てていきたいと思います。 

考えられる大きな2つのメリットは以下の点です。 
  • ライフプランに合わせた返済計画を立てられる 
  • 自分に合った住宅ローンが分かる 

住宅の購入は、人生で大きな買い物の1つです。しっかりと納得いくまで相談をしていきましょう。  

ライフプランに合わせた返済計画を立てられる

住宅ローンの返済計画は、約10年から35年ほどの購入した住宅に対する長期の返済期間を設定するということです。長期の返済について最適な計画を自分だけで考えて決めるのはのはなかなか難しいものでしょう。 

住宅ローン相談を受けると、専門家は具体的な収入やその他の経済状況、ライフスタイル、今後のライフプランの計画に合わせて、最適な返済計画を提案してくれます。これにより、しっかりと返済可能な範囲で住宅ローンを設定できるようになります。 

また、専門家は、低金利の選択肢や返済期間の調整を通じて、住宅ローン全体の利子支払いや総支払額を最適化するアドバイスをしてくれます。これにより、費用を節約できます。 

このように住宅ローンに相談に行くことで、自分に合った最適な返済計画を策定できるということです。

自分に合った住宅ローンが分かる

住宅ローンは、多くの種類や条件が存在し、選択肢が豊富です。しかし、専門家でない限り自分にとって最適な住宅ローンを見つけることは難しいものです。 

住宅ローン相談では、専門家が各個人にあわせた経済状況、ライフスタイル、および住宅購入の目標に基づいて、最適な住宅ローンを提案してくれます。これにより、自身のニーズに合ったローンを選ぶための近道になります。

相談場所に応じて提案内容は異なりますので、提供される様々な住宅ローン商品を比較し、金利、返済期間、返済方式などの条件を精査します。これにより、最も有利な条件を選択することができるでしょう。 

このように住宅ローン相談に行くことで、自分に合った住宅ローンの情報を収集ことができるのです。専門家のアドバイスを活用して、上手に住宅ローンの選択を行いましょう。

まとめ:江東区で住宅ローンの悩みは無料でFP相談するのがおすすめ

東京都江東区で住宅ローンの悩みの相談について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。 様々な相談方法の選択しがありますが、住宅ローンの悩みは無料でFP(ファイナンシャルプランナー)に相談することがおすすめです。 

FPは個別のニーズに合わせた返済計画を提案し、最適な住宅ローンを見つける手伝いをしてくれます。FP資格所有者は総合的な金融の知識を持っているので、住宅ローンや税金、その他今後のライフプランに至るまであわせて検討が可能です。住宅ローンについても中立的なアドバイスをしてくれます。 

無料で利用できるFP相談はマネーキャリアがおすすめです。相談予約もLINEで簡単に可能ですので、まずは一度お気軽にマネーキャリアに相談してみてください。